twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー 作者 alonealpha
価格 無料
タグ 青春スポーツテニス大学恋愛
ダウンロード

この本には、PDFファイルとePubファイルが存在していません。

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
行きたい大学も見あたらず、探そうともせず、ただ受験というイベントを迎えようとしていた自分が、いきなり住んでいる関東を離れて、関西にある大学に行きたくなったのは、この本を読んだためです。
大学生活で起こる様々な出来事を通して、傷つきながら生きていく主人公が描かれていたこの物語は、御都合主義で書かれた幸せすぎる主人公の話などとは全く別物で、現代の作品に足りない大切な要素を色濃く残した名作だと思います。

コメント一覧

『青が散る』。この文章を読んで、この本を読んでみたくなりました。宮本輝さんの文才は前から芸術の域と感じていたので、これを機会に『青が散る』を書店で探します。大学は確かに文学の舞台には持って来いの場所ですね。大学に行かなかった私は、大学のシーンだけは描けない。こればかりは実際に学生を経験していないと、取材や想像で書いても実際とはズレると思います。ともあれ読んでみたいと思ったのですから、レビューが優れていたのだと思います。
ブラックサワ : 2012-05-26 20:44:12

facebook コメント一覧