閉じる


プロローグ

 

 庭園の池に浮かぶ島で、楽師が雅楽を奏でる音色が聞こえてくる。

青々とした芝生の上に、着物の裾を広げて腰を下ろした女性が、優雅に水面でも眺めているんだなと想像した。

 天然の岩壁を挟んだ反対側には高貴な庭園とは対照的に、荒磯を表した大きな池と、芝桜が花を咲かせているだけの殺風景な庭園が広がっていた。

 池の中州でヴレイは体術の構えを保っていた。

 ヴレイと向き合っている少年も、その時を待っていた。

 二人の手首に巻き付く金色のブレスレットが、鈍く陽を反射した。

 庭園に流れ込んだ通り風は池に静かな漣を立てる。一匹の鯉が飛び跳ねた瞬間、水を打ったような静けさは破かれた。

 ヴレイは地面を蹴って、相手の顔目掛けて拳を突き出した。

 瞬時に相手の拳が殴りかかってきたので、ヴレイも拳で弾き返した。

拳の打ち合いが続いた後、両者の脚がお互いの腹部を蹴り上げる。

相打ちかと思われたが、ヴレイの脚は相手の脇に捕らえられた。

だが相手の脚は、肩を直撃する前に、腕でガードした。

 激しい息づかいを繰り返したまま、しばらく睨み合いが続いた。

「いつまでやってる、そろそろ時間だ」

 長身の男が二人を乱暴に呼びつけてきた。

「続きは俺達が戻ってきてからだ。遅刻すると団長にどやされるからな」

「どやされるほどの仕事じゃないじゃん、どうせ俺達は留守番だろー」

 パッとヴレイの脚を離した少年は、口の中の血を唾と一緒に吐き出した。

 十歳のヴレイより三歳も年上となると、頭一個分の身長差は仕方ないのかもしれない。

唾を吐く姿でさえ、かっこよく真似できない、ギュッペェと変な音を立ててヴレイは唾を吐き出した。

「つまり、ザクロさんをお守りする大役は、自分達には楽勝すぎてやりたくないと、団長に伝えておくよ」

 ヴレイと少年は襟足を鷲掴まれ強引に引きずられた。あまりにも男の腕力が強かったので、どうにか抵抗しようと少年と一緒に、子犬のように騒いだ。

「いやぁ、それはないぜー、留守を任されるほど頼られてるってことだろ、やっぱり留守番って立派な仕事だぁ、なヴレイ」

 苦笑いの少年が男に向かって上目遣いした。

「そ、そうそう、立派な仕事だね、僕たちにしかできない仕事だからね、って強く掴まないでよぉ、痛いよ首っ、もっと手加減してー」

 あまりにも強く首根っこを掴むので、ヴレイは男の腹部を本気で殴るがビクともしなかった。

 見えない鎧を殴っているみたいで、殴る拳がジンジン痛くなった。

「お前らずいぶん態度がデカくなったなぁ」

「だろ、いつまでもガキじゃないんだぜ、時間通りに帰るからさ、なあヴレイ!」

「うん。絶対に遅れないからさ。次こそザイドに勝てそうだったのに!」

「お前のへなちょこパンチじゃあ俺に勝てるわけないよ」

「そんなことないよ次は絶対に勝てるよ。パンチのスピードにだって追いついてるもん」

 ヴレイとザイドは口ケンカしながら、男に問答無用で連れて行かれた。

 反対側の気品ある庭園に着いてから、「ほらよ」と犬を離されるが如く、自由の身になった。

 池と池を結ぶ橋の麓で、着物姿の女性がヴレイとザイドの姿を見つけるやいなや、花が咲いたような眩しい笑顔を見せて、小走りで駆け寄って来た。

「やっと来てくれたのね、待ちくたびれたわ」

「ザクロ様聞いてよ、今日も途中で止められて勝負がつかなかったんだぜ!」

 唇を尖らせたザイドはザクロの手を握って、滝壺が見えるいつもの浮島へ歩みを進めた。

「そうなんだよ、今日こそはと思ったのに!」

 ザイドと同じように唇をすぼませたヴレイも、ザクロの手を引いた。

 やることはいつもザイドと同じで、いつもザイドより一歩遅くなる。

「そうなの、でもあなた達はお友達同士なんだから、傷つけ合わないようにしなきゃ、いつも戦ってばかりじゃない」

「大丈夫だよ、こいつ結構丈夫だし、俺のパンチも避けれるようになったんだぜ、なヴレイ」

「当たり前だよ。いつか僕の拳でザイドに参ったって言わせてやるんだ!」

 すると何故か、やれやれと言った感じで肩を落としたザクロが、自分たちと同じ目線になるように膝を折った。

「確かにお互いに磨き合うのはいいことだけど、お友達を傷付けることは、決していいことではないのよ、かけがいのない大事な人なのよ、それを忘れないこと」

 お互い目を合わせて、なんとなく恥ずかしくなり、歯に噛んで笑った。

「「はい」」

 似たようなことを何度言われたのか分からないが、何度もザクロの言葉を胸に響かせては、絆の大切さを実感していた。

 

 時は流れ、ザイドとの決着がつかないまま三年が過ぎた頃、ヴレイの元に使者が現れた。

 黒背広の男達と、軍服に身を包んだ女は全てを見知ったような顔をしていた。

「ヴレイ! ここから出ていくって本当か? 団長はなんて」

「了解済みだ。ザイドも「アゲハ」から退団しろ、いつまでも匪賊やるつもりないだろ」

 頭一つ背の高いザイドは表情を曇らせた、ヴレイには渋る理由が分からなかった。

「今はまだ匪賊として仕事はしてないけど、いつかやらされるんだぞ。殺しや窃盗なんて、したくないだろ?」

「まあな」とザイドは頭を掻いた。

「いつか抜けるよ」とだけ答えると、縁側から外へと出ていった。

 ザイドの広い背中を見送ったヴレイは、それ以上の言葉を掛けなかった。

「じゃあな、またどこかで」

 届かないとは分かりつつ、ヴレイは親友にささやかな言葉を送った。


1.

 

 時代と共に変化を重ね、時代の流れの中で生きる。

 機械文明が発展し、科学技術を極めた大陸インジョリックサークには二つの大陸が存在する。その一つ、東側のリンボーン大陸の最北端に位置するジルニクス国。

 何も変わってないなぁ、とヴレイは車の窓から外を眺めた。

 故郷だと思ったことは一度もない、脳裏に焼き付けたくなるような、良い思い出もなかった。

 高層ビル群が街の中心部に密集し、幾本もの都心環状線によって繋がれている。

 首都近郊の住居区は高層建築が周流で、やや勾配のある市街地を巡回している路面電車は日常生活には必需機関だ。

 首都圏に張り巡らされた大陸の大動脈は首都に集まり、大陸最大規模を誇る商業地帯を支え、世界各国から人が集まる首都ピポロードルを、今日まで栄えさせている。

 栄華を誇ってはいるが、相変わらず、ゴミゴミとした狭苦しい街並みだ。

 街のいたる所には、冬季の間にだけ花を咲かせる樹木が植えられていた。賑わいを増してきた蕾はどれも薄紅色に膨らみ、微かに甘い香りを放っていた。

「三年ぶりぐらいかしら、久しぶり、ヴレイ。私のこと覚えてる?」

「――ソラ、さん。すいません」

 ソラの横顔を一瞥した。赤い口紅がよく映える白い頬は相変わらずだ。

久しぶりに見る軍服は仰々しいものがあった。

「アゲハ」のアジトからここまで、ソラは一言も発しなかったので、機嫌を損ねているのかと思っていた。

「どうして謝るのよ。声も三年前より低くなってる、背も高くなったし」

 ソラの声色は不機嫌とは真逆の、上機嫌だった。今にも鼻歌でも歌いだしそうなぐらいに。

「だって、勝手に、家でしたから」

 プフっと漫画みたいにソラは小さく吹き出した。

「まぁ、心配はしたけど、当時十歳の少年が、もう十三歳か。とりあえず、おかえり」

 快く迎えられて、寧ろ心苦しくなった。

「あ、そうそう、到着までに、これに目を通しておいてね」

 渡されたのは手の平サイズのダグノートとイヤホンだった。

 ヴレイは耳にイヤホンをつけて、電源のスイッチを入れた。モニター越しに映し出された文字を見て、クッと眉根に力を入れた。

「セイヴァってジルニクスの防衛機関、どうして」

 ソラの横顔を視界の隅で窺ったが、ソラは黙って運転を続けたままだった。

 数分間の映像を見終わり、胸の奥から息を押し出したヴレイは首筋を掻いた。

「どうして、そんな映像を見せたのか。着けば分かることなんだけど――」

 細く開いた窓から十一月の風が冷たく入り込んでくる。

「本来なら訓練校を経て入隊試験を受けるの、でもあなたは総司令長官直属の命令でセイヴァに入隊することが、正式に受理されたのよ」

 今更、何なんだよと、吐き出したい想いを、ダグノートを掴む手に込める。

「三年も放っておいたのに、どうして今更って気持ちは、分からないでもないわ」

 何気ない励ましだとしても、人の気持ちなんて、実際分からないじゃないかと、ヴレイは心の中でツッコんだ。ソラがへそ曲がりなガキに気を遣ってくれているのかと思うと、もうちょっと大人にならなくちゃとも思った。

「ヴレイ、ちゃんとお父さんと話すのよ、じゃないと気持ちも考えも、なかったことになる。そんなの悲しすぎるでしょ。おかえり、ヴレイ」

 心のツッコみを聞かれたのかと思って、ちょっとビックリした。

「うん、分かってる。――た、ただいま」

 横目でチラッとソラを見ると、フフンと満足そうに笑っていた。

 生き物みたいに成長したビル郡の街を走り抜け、車は次第に都心から離れて行った。

 セイヴァへと続く高速道路は真っ直ぐ伸びていた。


2.

 有無を言わさず半強制的に連行されたヴレイは総司令執務室で、唐突に父親と再会した。

 喜ばしい親子の再会とは無縁の、重力を感じるかのような、重い空気だった。

 約三年間、野放しにされた過去を今更どうこう文句をぶつける気はないが、素直に喜べない自分がいた。

「アゲハ」のアジトに迎えが来たってことは、居場所は把握していたのだ。余計に虫唾が走る。

「元気そうだな。『妖源力』は制御できるようになったんだろ」

 先に沈黙を破ったのは父親の方だった。

 黒レンズの眼鏡をかけた男の姿に、ヴレイは父親と言う認識を持てずにいた。

「一応、だけど」どうしてそんなことまで、ずっと見張られていた?

「自ら出て行ったお前を無理に連れ戻したわけではない、お前にはここでやるべき事があるから呼んだまでだ」

 父親の言葉はあまりにも傲然としていて、目の前の人物だけには逆らえないことを本能的に感じさせる。

「やるべき事って」

 嫌な緊張で、喉が渇いて掠れたような声になった。

 微動にしない威厳さが昂然と人を見下している。その視線に萎縮するヴレイは気付かれないように生唾を飲み込んだ。見えない巨大な手で、体を締め付けられているような窮屈感だ。

 父親の存在に重圧を感じていたヴレイにとって彼の元に引き戻されることは、悔しさより屈辱的な感情の方が強かった。

「第一艦隊スピリッチャー隊所属、ディウアース専属パイロットに任命する」

 平然と言い放った言葉をヴレイは理解できていないまま、総司令長官は続きを話す。

「始めは三週間交代で各部の研修を行い、その後スピリッチャーとディウアースの訓練を行う。試験を経た後、正式なパイロットに任命される。尚お前には各学科の講師を付ける、何故か分るな、学校教育が足りないからだ。最低限の単位は取ってもらう、そうでなければ話しにならない」

 選択の余地はない、と言ってるような冷徹な口調だった。

「さっきも言ったが、お前には『妖源力』が備わっている、もちろん知ってるな」

 ドクッと鼓動が高鳴った。

 腿の横にぴったり付けていた左手を軽く握った。

「知ってる、それと入隊にどう関係してるの?」

「『妖源力』を動力源とする搭乗型の戦闘機、ディウアースに乗れるのはお前だけだ。妖源動力システムはうちにしかないシステムだ。だからお前を呼び戻した。それを知った上で入隊するか否か、今決めろ。それとも「アゲハ」に戻るか?」

 驚愕でもあったが、言われた言葉が脳内でうまく処理できない。

 決めろと言われても断る動機もなかったヴレイは必然的に受け入れるしかなかった。

「分かりました。乗ります」

「必要なものはすべて寮に運ばせる。何か質問は」

 唾で喉をうるおし、唇を舐めてから口を開いた。

「俺には、他にやりたい事があるんです」

 数秒してから父親の眼鏡が上を向いて、続きの言葉に耳を貸しているようだった。

「村の皆と、母さんの仇を追いたい。見つけ出して、この手で」

 爪が食い込むほどに、ヴレイは拳を強く握った。


3.

 ノア・シェルトリーに出逢ったのは、入隊して二年が経った頃だった。

 日々の喧騒にかまけ、一度決意した仇に対する怒りも風化し始めていた。そんな自分に情けなさも感じながら、復讐心にかまう余裕もない日常にヴレイは苛立ちすら感じていた。

 輸送船から降りると、湿った海風が第一艦隊の甲板に強く吹き抜けていた。

 甲板を踏みしめた彼らの面前に、長身の女性がヒールの音を響かせて歩んできた。

「スピリッチャーの納期が遅れたせいで、君の迎えもずれ込んでしまって悪かったね」

「いいえ、お出向かいに感謝します、スカイ副長官」

「早速、皆に紹介しよう、彼女が」

 腰まで落ちる赤銅の髪が激しくなびいた。腰に手を当てて昂然たる姿で女は続きを言った。

「昨日から第一艦隊作戦部に所属しました。第二等少佐。ノア・シェルトリーです。現在二十三歳、皆さんよろしくお願いします」

 威勢のよい自己紹介に頼もしさを感じたのか、皆は快く握手を交わした。

 横に倣えでヴレイもノアと握手をした。

 適度な筋肉がついたそのしなやかな体躯を、男性少佐と同じ型ではあるが、色は女性用の深紅色の制服を身につけている。左肩の徽章から伸びる革紐は左胸の金ボタンに繋がっている。

 艶のある黒革スカートに映える白くて長い脚に、隊員達は瞬きもせず見入っていた。

「では作戦部員の紹介をしよう、後から艦長と補佐官にも会わせる」

 スカイ副指令は同行させた隊員の紹介をすると、最後にヴレイに視線を向けた。

「彼はスピリッチャー部隊のディウアースパイロットだ。作戦部と最も縁の深い部署だ、特にシェルトリー君はディウアースを見るのも初めてだ。軽く自己紹介を」

 続きを促されたヴレイは下唇を少し噛んで、恐々とその女を見上げた。

「ヴレイ・リルディクスです。ディウアースのパイロットです」

 ヒールの高さを考慮しても、ノアの方が頭一つ分は有に高い。

見下してくる眼光には乙女らしさのかけらも感じられなかった。寧ろ、攻撃的で初っ端から険悪なムードだ。睨まれる理由がわからなくて、ヴレイは早々に目を逸らした。

「へぇ、貴方が司令長官の息子さんね、この世界じゃあ有名人」

 悪気があって言ったわけではないようだが、気分を害したヴレイは否応なく不愛想に対応した。

「そうですか、でも、俺には関係ありません。どうも、よろしく」


4.

 ジルニクス近海を航行中の第一艦隊の甲板は、夜の海風を受けていた。

 ヴレイはデッキ通路の手摺に寄りかかっていた。

 艦が波を切って進む音が心地よい。

 ほどかれた漆黒の髪が潮風に乗って踊る。潮臭くなりそうだが、そんなのどうでもいい。

 雲の合間からちらちらと漏れる星の光をながめながら、力なくヴレイは目を瞑った。

「おや、そこにいるのは誰かと思えば、最年少のパイロットかな」

 静かな夜に水を差され、ヴレイは否な予感を胸に、声がした方を横目で窺った。

 さほど高くもない声色を響かせたノアは歩み寄ってきて、身体をくの字に曲げて顔を覗き込んできた。

「な、なんですか」

 近寄るなオーラを声に載せると、喉で笑ったノアは手摺に体重をかけて身を乗り出した。

「ちょっと、危ないから」と声を掛けると、クルッとノアが振り向いた。

赤銅の長い髪が大きく舞った、月明かりに照らされて艶やかさが半端なく際立った。

「おっと、そうだね。つい、気持ちよくって」

 昼間の時とは違い、気さくで上機嫌なノアにヴレイは不思議と緊張感が和らいだ。

「そうだ。私まだあれ見てないの、ちょっと付き合ってくれない」

「え、ちょっと! 何だよいきなり!」

 拒否する間もなく、手を引かれて連れてこられた所は戦闘機スピリッチャーが積まれている格納庫だった。

 そこにはまだ傷一つない新型のスピリッチャーが何十機と格納されていた。

 第一艦隊はこの新型スピリッチャーを、セイヴァ本部へと海路で輸送してる真っ最中だった。

 基本的にスピリッチャーは全体的に丸くなだらかな曲線を描いている。乗り込む際は、湾曲になった屋根が上に開く。どことなく飛び魚に似た形だ。

「装備は従来と同じマシンウイルスね」

 沈黙するスピリッチャーを眺めながら得意げにノアは言い放つ。

「改善された点は戦闘機の生命維持システムを作動させ、強制的に母艦へ帰還するようプログラムされた、ちなみに開発チームは全員ドミロン出身だ!」

 ノアが自慢げに言うのも無理はなかった。

 主に開発を担当しているのはノアの出身でもあるドミロン国だ。もちろん共同開発も行っている。それを輸入して実践しているのが連合国のジルニクス国だ。

ついでに今回はスピリッチャーと一緒にノアも移送中というわけだ。

「それと新たに安全ロックなしの熱粒子砲が搭載された。でもその為の制御プログラムを載せたため、従来の機体より若干重くなったようね」

「それって軍法では使用禁止されてるだろ、使用許可があるのはマシンウイルスだけだ」

 パイロットの端くれとして、見過ごせないワードだ。

「それは限られた範囲での戦闘時でだ、戦争ともなれば大陸軍法評議会がそれを決定する。有事の際いち早く戦場で能力を発揮するのがこのスピリッチャーだ」

「でも、戦争なんて。そう簡単に勃発するもんじゃないし、大げさな……」

「軍人でしょ、そのぐらいの覚悟は当たり前だろ!」

 脳天に響くようなノアの怒鳴り声に、「ウっ」とヴレイは思わず半面を引き攣らせた。

「軍人か」と小さく呟いたヴレイは踵を返して格納庫を出た。

「戦争用に使われる兵器の搭載許可を下ろしたのは幹部連中だ。わざわざ戦争を起こさせるような武器を載せるなんて。損害が減ればそれだけ費用だって、ケガ人だってでないのに」

 後に続いて格納庫から出てきたノアは憮然に息を吐いてから答えた。

「戦いは血を流すものだと考える人もいる、評議会にも幹部と同じ考えを持つ者はいるはずだ、数年以内に対ディウアース戦闘機が各国で建造される、その開発には評議会の裏金が回っていたりするのも事実」

 手摺を強く握ったヴレイは飛沫をあげる波をにらみつけた。

「何故、あなたここに入ったの?」

 平凡な質問ながらもヴレイは数秒間沈黙してしまった。

「自分から入隊したわけじゃない。呼ばれたから帰って来てやっただけだ」

「ふうん。ディウアースの開発者ってあなたの母親でしょ、優秀な生物工学者でセイヴァの技術開発部に所属していた、どうしてあれを造ったと思う?」

 ぺらぺらとよく喋るなと、胸の奥からヴレイはノアを感心した。

「あれに乗って戦えってことだろ、それでしか俺の能力は役に立たない。戦争は嫌だけど、お袋が体を張って造った兵器だ、俺はこの力で戦うしかない」

「本当にそう思う? スピリッチャーの納期が遅れたのは、司令長官が安全ロックなしの熱粒子砲搭載に異議を唱えたからよ」

 親父が? と顔をゆがめたヴレイは、月明かりで艶めくノアの瞳を凝視した。

「司令長官が何故異議を唱えたと思う、戦争用兵器を反対しているからでしょ。奥さんも司令長官と同じ考えを持つ人だったからディウアースを作ったんじゃないの? ディウアースはスピリッチャーと同じで、敵船を破壊したりしないでしょ」

 笑みを作ったノアの頬に笑窪があるのが見えた。夜空の中で明瞭に浮かんだノアの姿は精悍で、ちょっとだけ神秘的だった。

 ノアの言い分は分かるが、残念ながら、乱流が起きれば、船だって破壊する。決して、安全とは言い切れない。

「何の為に力を揮うのか。ご両親は分かってほしいんじゃない? ――偉そうなこと言ってごめん。じゃあおやすみ、また明日ね、ヴレイ」

 ノアは身を翻して艦内へ戻って行く。喉まで出かかった言葉を、口の中で転がしながら、ヴレイは目で追いかけた。

「ノ、ノア! また、話せる?」

 振り向いたノアは少し驚きながらも微笑んで頷いた。

 咄嗟に出た言葉にヴレイ本人が驚いていた。

その場で放心したまま、先ずは大きく深呼吸する。

 ノアの残した言葉が頭の中で呪文のようにリピートしている。

 月光を浴びたノアの顔を思い出したヴレイは頭を掻きむしった。

 不思議な感覚に鼓動が高鳴り、湧き上がった寂寞な想いが胸の奥から吐き出された。

「なんでドキドキしてんだよ」



読者登録

yuumaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について