閉じる


まえがき

まえがき:12年間を振り返って

今から約12年前の2000年12月に私は当時のサティヤムジャパン株式会社の門を叩きました。20世紀の終わりの他民具で自分もちょうど30歳。何かを変えるのはこのタイミングかと思い、転職をしました。今振り返って勝算が確実にあったかというとそうではありません。当時は興味の方が先に立っていました。まだ若いので失敗しても何とかなるだろうという変な開き直りもありました。まさかその会社に12年もいることになろうとは当時は夢にも思いませんでした。

 

12年間の旅路は決して楽しいことばかりではありませんでした。どちらかというと苦しいことの方が多かった気がします。それでも辞めずにここまで来たのはそれを上回る喜びや楽しさがあったからなのだろうと思います。ただそれが何かというのは明確ではありません。ただ気がつけば日本人でインドのIT企業で働いている人間としては最長になりました。

 

今回このように今までの12年間を振り返ってみようと思ったのは、インドの会社で働いてきたというこの貴重な経験をぜひ共有してみたいと思ったからです。この12年間で日本にもグローバル化の波が強く押し寄せました。海外の人と働くというのはもう決して珍しいことではありません。ただここまでどっぷり浸かって働いた人はあまりいないかもしれないので、今までに自分が経験してきたことを共有することで、何か皆さんに共感いただけることがあったり、参考になることがあれば嬉しく思います。

 

この12年間に起きた様々な出来事、その時に起きた他の人とのやり取り、またその時に自分が感じたことを思い出しながら書いています。ビジネス書のように書くのがいいのか、エッセイのように書くのがいいのか迷いましたが、結局はその混合のような形になっています。時にはシリアスな書き方をしてありますし、時にはおもしろおかしく書いています。いろんな楽しみ方をしていただければと思います。

 

サティヤムでは様々な人々との交流の中で仕事をしてきました。全員について語ることはできないのですが、皆との交流のによってこの物語は紡がれています。そんな皆さんに感謝を込めてこの本を書かせていただきます。

 

 

 


« 前の章