閉じる


<<最初から読む

3 / 17ページ

試し読みできます

1ページ

 

                 一粒のしずくは、知っていました。

 

         自分が、はかない存在だという事を・・・。


試し読みできます

2ページ

 

                    いつも誰にも気付かれずに

   

           その役目を終えます・・・。


試し読みできます

3ページ

 

                    それでも一粒のしずくは、願います。

  

            この一枚が、どうか潤いますように・・・。


試し読みできます

4ページ

 

                      すると突然、雨が降り始めました。

                 

            一粒のしずくは、雨粒となって

 

             流れていきました。


試し読みできます

エピローグ

 

                   さあ、ゆっくり目を開けましょう。



読者登録

こころ絵本作家  こころ和み庵さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について