twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 , 雑誌 作者 フリースタイルな僧侶たち
価格 無料
タグ 宗教仏教彼岸
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

674 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
12ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」第16号(4月1日発行)を発行いたしました。

今号の特集は、若手僧侶のなかでもひときわ注目を集める一人、インターネット寺院「彼岸寺」を開基された松本圭介さんを迎えてお届けしました。

テーマは「多様な視点から見る仏教」。仏教の根付き方は地域によって様々です。あるいは、仏教に向き合う人々の数だけ、そのかたちはあると言っていいでしょう。

(p2特集記事リード文より)
若手僧侶たちの間では、仏教のあり方を見つめ直す動きが広がりつつある。
そのなかでも特に注目を集めるのが浄土真宗本願寺派僧侶、松本圭介さん(32歳)だ。 松本さんは超宗派の僧侶たちが集うブログサイト「彼岸寺」を設立するほか、お寺での音楽会「誰そ彼」や、お寺カフェ「ツナガルオテラ 神谷町オープンテラス」(写真上)を運営し、「気軽に足を運べる寺空間」をプロデュースしてきた。 また、南インドのビジネススクールにMBA留学した経験を活かし、〝一人ひとりの人と社会を変える存在 〟としての寺院運営を考えた「未来の住職塾」を開講 、なおかつ執筆活動にもいそしむという八面六臂の活躍ぶりである。
輪番編集長を担当した私増田将之も、同じ世代を生きる一人の僧侶。 模索の仕方は違っても、寺院・僧侶と世間とのつながりのカタチを再構築しようという問題意識は、きっと通底する。 松本さんを迎えてのディスカッションでは、お寺と人々との縁の様々なつむぎ方に話が及んだ。

「フリースタイルな行者の精進生活」なども好評連載!

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

もっとみる