閉じる


ピアノの音色を含む小品集 pert1


大好きなギターを弾けば、大好きな君の歌声が聴こえてくる。夢見ているドラムを叩けば、夢見ている君の鼓動が聴こえる。愛しているピアノを弾けば、愛している君の笑顔が弾ける。全ての放射能を音楽に変えよう。全ての原子力発電所を楽器に変えてしまおう。
私たちは海を眺めながら、ピアノを弾いていた。ピアノの脚は波に浸されている。私たちの脚も、潮の満ち引きを感じている。ピアノの和音は、太平洋の波音と、かもめの鳴き声と一緒に、夜の海に満ちている。星が見えなくなるまで、私たちはピアノを弾く、明日も、明後日も、ずっと。
3月11日になった。僕は走り出した。海を越えて、津波を超えて、原発を超えて、一台のピアノがおいてある未来に向かう。君がピアノを弾き始めると、動物と植物は子どもを作り始める。今年も、来年も、再来年にも3月11日はある。その度、僕は走り出し、君はピアノを弾くだろう。
2012年の3月11日が何事もなくもうすぐ終わる。人類は、2012年に宇宙の旅に出ることはなかった。2012年の人類は地球に残り、不況と地震と政治の混乱に戸惑っている。私はピアノを弾き、宇宙に音楽を届ける。ピアノの音は、宇宙に旅していけるから。

読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について