閉じる


試し読みできます

 

 

 

若菜のうち(わかなのうち) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

若菜のうち[1]

 春の山歩き―と、ことさら大袈裟おおげさに、言い出すほどの事ではない。単なる我々流われわれりゅうのぶらぶら歩き、それで辿たどる、彼岸ひがんもかなり前に過ぎた、四月上旬の田圃路たんぼみちは、少しのぼせるほど暖かい。
 修善寺しゅぜんじ新井あらいという温泉宿から、―着て出た羽織はおりは脱ぎたいくらい。しかし脱ぐと、ステッキを持った片手のさらなる荷物にもつになる。れの家内かないが持ってやろうというけれど、年が二十か、三十そこそこで二人とも外見がいけんがよければ、野山に景色をえることにもなるのだが…実際は着ている物も、上から下へ次第に濃く紫に染めた紫裾濃むらさきすそごでも、小桜こざくら文様もんようりばめた小桜威こざくらおどしでも何でもない、ただの茶縞ちゃじま綿入わたいれときては、すみれや、蓮華草れんげそうにも恥ずかしい。…第一、そこらにひらひらしている、そでのようなはね蝶々ちょうちょうに対しても、狩衣かりぎぬを着た幸せな身分ではない、粗末そまつな衣装の者がおともなどしては、出しゃばり過ぎであろう。
 で、汗ばんだ短い首の上のかぶと、ではなく、古い中折なかお帽子ぼうしを脱いで、薄くなった折り目を気にして、そっとでて、つえに引っ掛けて、ひょいと、かつぐと、
「そこでついでにお着物のすそ端折はしょりなさいな、じんじんばしょりして、ほおかぶり。」
 と、うしろからおんながひやかす。
「それ、きつねがいるぞ。」
「いやですよ。」
 何をふざけたことを、こいつら…大みそかの事を忘れたか。いくらこれが新春の読みものだからといって、少し暢気のんき過ぎるようだ。
 田畑をへだてた向こうの、桂川かつらがわの瀬の音も、小鼓こつづみのように聞こえて、一方、なだらかな山懐やまふところには、桜の咲いた里の景色が広がっている。
 薄い桃の花もじっていた。
 その時、近くにはわら屋根の家も見えないのに、その山裾やますその草のみちから、ほかほかとして、姉妹きょうだいらしい二人づれの…時間を考えても、まだ小学校へ入る前と思われる―女の子がやって来て、手には、すいば茅花つばなも持ってはいないけれど、まるで夢の中で若菜わかなんで歩いているような、うっとりとしたその顔と、みちかどで出会った。
「こんちは、おねえちゃん、わらびのあるところを教えて下さいな。」
 こう家内が尋ねると、女の子は肩に耳がくッつくほど、右へ顔を傾けて、も一つ左へ傾けたから、いま一度、
「わらび―…小さな、かわいらしいのでもいいの、あなたのような。」
 この無遠慮ぶえんりょ小母おばさんに、妹は驚きあきれたが、姉の方はわかったらしくうなずいた。
「はい、これでお煎餅せんべいでも買いなさい、でも、少しですよ。…お二人でね…」
 こう言って、お駄賃だちんに、懐紙かいしに包んだのはもちろん白銅製のものだと思ったが、それは何と銀の小粒こつぶで…宿の勘定かんじょうもまだ済ませてないというのに、とんでもなく気前がいい。
 女の子は、半分気味きみが悪そうに、また狐につままれでもしたように、駄賃を手のひらに受けると―我々二人を、山裾やますそのこの坂の登り口まで、導いて、上をゆびさしした―そして、その来た時とおんなじに妹の手を引いて、少し急ぎ足に元のみちを、何だか、ふわふわと浮いたようにく。…
 さて、我々二人のその帰り道でのことである。―女の子に教えられた坂をのぼると、なるほど小さい、白魚しらうおくらいの、そのかわり、根の群青ぐんじょう色に、薄くあい色をぼかしてさき真紫まむらさきの、美しいわらびが五、六本あった。何、牛に乗ってはいなかったものの、仙境せんきょうわらわし示しである…もっと山高く、草深く分け入れば、さらにたくさん見つけられたであろうけれども、そうするにはこの陽気ようきだ、へびの姿に出くわすに違いないという障害があって、蕨を望む者の方には、それを乗り越えてやろうという思いが足りない。で、その小さなのを五、六本だけ、園女そのじょの『鼻紙はながみあいにしをるるすみれかな』という句にならい、そのすみれに恥じながら懐に入れて、もとの野道へ出ると、相変わらず小鼓は響いての花はまばゆい。人影はない。―あすこに、路傍みちばたに咲き残っているのは、紅梅こうばいか。いや桃だ。…いずれにせよ、近くに行ったら、花が自分で、言って教えてくれるだろう。
 その町の方へ、近づくと、やはり桃である。その根元に軽くきずかれた草堤くさづつみかげから、黒い髪が、ひたいが、鼻が、口が、おお、赤い帯が、おなじように、そろって、二人出たかと思うと、先ほどの姉妹きょうだいが、黙って…少しばかり、まりが悪いのか、肩をもじもじさせながら、姉が二本、妹が一本、蒲公英たんぽぽの花を、すいと差し出した。
「まあ、おねえちゃん。」
「どうも、ありがとう。」
 私も今はかぶっていた帽子を取って、その二本の方を欲張よくばってとった。
 こう冗談じょうだんめかして言うが、本当に何となく胸に響いた。響いたのは、形容でも何でもない。実際、川の音がタタと蒲公英たんぽぽを打って、花の上で日の光が動いたのである。濃くかおる、その幾重いくえ花弁はなびらうちに、幼児おさなごの姿は、二つとも吸われて消えた。
 …物事ものごとには順序がある。それを正確に述べよう―胸のせまるほど、我々二人が―思わずじっと姉妹の顔を見守った時、突然背後で―もお―と鳴いた。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について