twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 白水銀雪
価格 32円(税込)
タグ 泉鏡花いずみきょうか若菜のうちわかなのうち現代語訳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

101 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
7ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
若菜のうち‐泉鏡花 現代語訳集別冊14



【あらすじ】

彼岸もかなり前に過ぎた暖かい春の日、修善寺の新井という温泉宿からぶらぶらと散歩に出た筆者夫婦は、まるで夢の中で若菜を摘んで歩いているような、うっとりした顔の幼い姉妹と出会った。

その子らに蕨の生えている場所を聞き、首尾よく獲物を手にした二人は、その帰り道で先の姉妹から嬉しい贈り物をもらう。

そして後に、もう一つ、同じような小さな姉妹との邂逅で、思わずほろりとなる経験をするのである。

場所も同じ修善寺、季節は秋のことだった。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧