twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション , 歴史・時代 作者 藍岩堂
価格 無料
タグ 藤九郎の島久生十蘭漂流記ノンフィクション歴史
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

38 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
11ページ (PDF)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
享保4(1719)年の秋、九十九里浜(千葉県)付近で嵐に巻き込まれ漂流した船がたどり着いたのは、藤九郎(アホウドリのこと)だらけの無人島だった。
漂着から21年後の奇跡の帰還までを描く、日本版ロビンソン・クルーソー。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話...

ビジネス・教育・社会

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベ...

小説・ノンフィクション

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とあ...

小説・ノンフィクション

この本を開く

人差し指と中指の間に入る感情線の持ち主は...

小説・ノンフィクション

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山...

趣味・生活・芸術

もっとみる