twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , 文芸 作者 中祭邦乙
価格 100円(税込)
タグ 竜馬龍馬脱藩歴史幕末勤王尊王攘夷開国天皇幕府薩摩長州土佐武市久坂西郷島津公武志士朝廷小説
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

46 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 28ページ (Web閲覧)
57ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
草莽崛起の叫びが志士を奮い立たせた。薩摩の上洛に合わせて志士が京へと向かう。そして竜馬も藩を飛び出し、己の意志で動き出す。残された坂本家は・・・。勤王党は土佐を動かすべく起死回生の暗殺を決行する。公武合体した幕府と朝廷に対して、薩長土はどう出るか。日本を正すため、尊王攘夷の志士は、竜馬はどう動くのか。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第25章。現代社会が失った人の心、その復興と善き発現を求めて、坂本龍馬を中心に青年達が命を賭した明治革命の真実を追う。竜馬は西洋の策略に気付くか、手を組むか。神国日本を食い物にしようとする西洋諸国は天皇という現人神と如何向き合っていくのか。その裏で何が蠢いていたのか・・・。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧