twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー , 文芸 作者 堀田耕介
価格 無料
タグ 白洲正子
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

54 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
12ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
私が影響を受けた一冊とはなんだろう。そのことを考えながら、昔のことを思い出していた。今の私は、子どものころの何重もの読書体験から成っている。しかし今現在の私になったきっかけの一冊、それが私が影響を受けた一冊かもしれない。それは今なお、『私が影響を受けるべき一冊』であり続けている。それは白洲正子『名人は危うきに遊ぶ』だ。パブー・エッセイコンテスト応募作品。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

もっとみる