閉じる


試し読みできます

 

 

 

雛がたり(ひながたり) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

雛がたり[1]

 いろいろなひながある―女夫雛めおとびなは言うまでもない。そのほかに桜雛さくらびな、柳雛、の花雛、桃の花雛、白と深紅しんくと、むらさき色のすみれ雛。田舎いなかには、つくし、たんぽぽの雛。相合傘あいあいがさをさした春雨はるさめ雛。小波さざなみを軽く立てながらそでぐ、長唄『浅妻船あさづまぶね』の調しらべにならった雛。五人囃子ごにんばやしに、官女かんじょたち。ただ、あの犬を連れた狆引ちんびき官女というものだけは、形もひんもよくないので、ない方がいい。紙雛かみひいな、島の雛、豆雛まめひいな、土で作られた安物の一文いちもん雛と挙げてみても、みなしおらしくいとおしい。
 黒棚くろだな廚子棚ずしだな書棚しょだなの三つがそろって積み重なったものは、われわれ町人の家の雛壇ひなだんにはちっと立派りっぱ過ぎるであろう。金の高蒔絵たかまきえ、銀の金具かなぐかざられた箪笥たんす長持ながもち挟み箱はさみばこ。小指くらいのその小さな抽斗ひきだしを開けると、中があかいのも美しい。一対いっつい屏風びょうぶの絵は、一枚がまだらに雪の消え残った小さな松に、丹頂鶴たんちょうづるの雛鳥。もう一つは曲がりくねって流れる小川の、群青ぐんじょう色の水に浮く桃のさかずきと、桃のようなともした絵雪洞えぼんぼり、…そこに舞扇まいおおぎがちょっと風情ふぜいえている。
 白酒しろざけの入れられているのは、柳と桜の模様をかしりした硝子がらすうつわ。さて、おさかなには何がよいかとなると、『あわび、さざえか、うにがよい、』といにしえ歌謡かようにあるとおり、皿のふち栄螺さざえはまぐりった姿が自然と目に浮かぶ。白魚しらうおもいいし、小鯛こだいもいい。深紅しんく毛氈もうせんつかわしいものには、柳鰈やなぎがれいというのがある。業平蜆なりひらしじみ小町蝦こまちえび飯鮹いいだこも好ましい。どれも小さいほど愛らしく、器もみな可愛かわいいものほど風情ふぜいがあって、そんなたいかれいの並んだところは、雛壇の奥座敷おくざしきそのもの、竜宮りゅうぐうを見る思いである。
(もしもし、それはいったいどこで見た雛なんですか。)
 いや、実際、私が六歳むっつ七歳ななつぐらいの時だと記憶している。その母親の雛を思い出すと、はるか遠い竜宮で見た、幻のような気がしてならない。
 その故郷ふるさとも、いまでは山の彼方かなたの遠くなのだ。
 どれも、高価なものではないのだろうけれども、紅糸べにいとで底をわえたおもちゃの猪口ちょくや、金米糖こんぺいとうつぼ一つも、馬で抱き、駕籠かごかかえて、江戸から長い旅路を持って行ったと思えば、千代紙ちよがみで作られた小箱に入った南京砂ガラスだまも、雛の前では紅玉ルビーである、緑珠エメラルドである、みなたえなるぎょくである。
 北国の三月は、まだ雪が消えないから、桃の節句せっくは四月にしたらしい。冬の間ずっとざされていた窓がいて、のきひさし雪囲がこいが取りのぞかれると、北風に吹かれて轟々ごうごうと鳴り通していた荒海あらうみの波の響きも、春風の音にかわって、梅、桜、椿つばき山吹やまぶき、さらには桃もすもも一斉いっせいに開いて、女たちのまゆくちびる、それに着物のすそ脇明わきあきの色もみな花のように、はらりと咲く。羽子板はごいた手鞠てまりもこの頃から遊ばれる。で、羽根をつきあう音、手鞠の音、いくつもの唄の声が聞こえてくるのだ。
   …ついて落といて、裁形たちかた袖形そでかた御手おんてに、
    ちょうや…花。…
 このような時季に、柳、桜、くれいない色の桃のしげり咲く小路こみちを、うららかな日にそっと通る、とかすみいろどり照らす陽射ひざしのうちに、どことははっきりせず、雛の影、人形の影がさまよう、…
 月がぼんやりかすんで見える夜には、くれないそで萌黄もえぎ色が、おもてに出て遊ぶであろう。
 ―もうお雛様を出しますよ。お急ぎなさい。
 と細い段の深紅の毛氈もうせんの前から母が声をかける。そしてきりの箱さえもなつかしそうに、抱きしめるように持って出て、指し蓋さしぶたを、すっと引き上げると、吉野紙よしのがみかすみの中に、お雛様とお雛様とが、紅梅白梅こうばいはくばいのような姿で、ほんのりと現れて、口元くちもとをにっこりとほころばせなさる。それを目にして、うれしそうにひざえて、じっと見つめながら、黄金こがねかんむりの紫のひもぎょくかんざししゅの紐をお結びなさる時の、あの、若い母のその時の、面影おもかげが忘れられない。
 そんなら親孝行をすればいいのに―
 私はねずみの番すらもしなかった。したことといえば、毒のある胡蝶こちょうのように、ただ台所で音のする、り豆のに小鼻をひくつかせ、牡丹ぼたんの形の有平糖あるへいとうねらうくらい。あとは立ち姿の官女かんじょささげたやりを抜いてはしかられ、お囃子はやしかむった侍烏帽子さむらいえぼうしをコツンと突いて、また叱られる。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について