目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

924 / 956ページ

伊良部島 ヌーシの入り江

午前中に行ったあの「ヌーシのウタキ」の近くに、「ヌーシの入り江」と呼ばれる場所があります。ここは昔、海から流れる潮に合わせた自然な形の浜辺で、漁をする船が出入りしていた場所ですが、今では、コンクリートで固められた塀で、道路に潮がふきあがるのをふせぎ、船を出す為の場所もコンクリートで固められています。

その場所に着いて車を降りて、コンクリートの船着場にでてみると、左手には、きれいな砂浜が海岸線まで見えていて、右側には、コンクリートに囲まれた橋と壁が見えます。ユタの話を聞いてみると、ここは、昔、「龍のお休み処」だったのですが、人間が色々造作したために、今では、龍が休めないと怒っているというのです。加えて教えてくれたのが、すぐ右手の下にある茂みは、実は昔は、ウタキだったというのです。

本当に人間は、いつも勝手に神様を祭って、勝手に、やめたりするので、霊や神様の行き場所が、わからなくなってしまっているという典型的な場所だと思いました。そう話してくれたあと、その場所から動かないユタと猪子オーナーを見ていると、「あー、またかい、」という気持ちとは裏腹に、「いいよ、僕がやるから!」と、私はその茂みの所に下りていきました。

その茂みに向かいあってみて、先ほどのゴルフ場とは、まったく違う霊なので、安心して、天へ召されるための祈りをささげました。そして、すっかりその場が、落ち着いたので、もうひとつの仕事、「龍のお休み処」の件を解決しようと思いました。

以前お話したとおり、私には、数年前から、青い龍の父親が入っています。だから、ほかの龍とは、ある意味、兄弟みたいなところもあります。そこで、まず、その入り江全体の、龍のエネルギーを感じながら、人間がこの地を荒らしたお詫びをしました。そのあとで、この場所にいた龍に、ある場所に移動してくれないかとお願いしました。その龍は、「人間の所存次第」だと言い残すと、その場所を離れることの了解をくれました。

ここで問題です。この場所の代わりに私が龍に教えたお休み処は、どこだと思いますか?それは、「ホテル てぃだの郷」があるあの、「佐和田の浜」です。このことを、猪子オーナーへ告げると、とても喜んでくれました。そして、ユタの女性も、「なんだか、ここが、軽くなりましたね。」と言ってくれました。

龍も、人間も、全てが、大切にするべきものを大切にしていけば、災いを引き起こす必要もないとは思いませんか?人間の浅知恵は、いつの時代も、大切なものを見失いがちです。時に、災いが起きてから、そのことを思い出すのも、歴史が繰り返すなかでは、普通のことだとしか私には、いえません。

どうぞ、みなさまも、目に見えない大切なことに気づき、その付き合い方を学んでください。生きている人間も、全ては、霊体であり、また、神の化身でもあるのですから・・・・・。

2005.04.20 Wed


気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場

飛行場をあとにして、車の中で「本当によかったわ。私が一番気になっていたことろだから。」と、ユタが喜んでくれたことは、うれしかったのですが、次に、案内された場所だけは、参りました。そこは、伊良部島にある唯一の町営ゴルフ場です。道路からゴルフ場のクラブハウスに近づいたとたん、どんよりした空気を感じます。ユタが車を降りて、案内してくれたのは、そのクラブハウス左にある小さな池でした。

そこを見た瞬間、「こりゃあ、いけない!」「こりゃあ、だめだわ!」とつい、口から出てしまうくらいに、とてもまずい場所です。詳しい理由はわかりませんが、たくさんの霊のたまり場になっています。そして、霊の数もそうとう多いうえに、その中には、とても強い怨念の霊がいるのを感じます。こっちも見て下さいとさらに連れていかれたのは、クラブハウスの裏側にある大きめの池でした。

「あー、もうだめだわ!どうにも、できないわ、これは!」と本当に、この場所から少しでも早く離れたいと思うくらいに、強くて、とんでもないエネルギーが流れてきます。身体にも、どんどん不のエネルギーが進入してきて、手足が冷たくなってきます。

僕は当然、全能の神ではありませんし、人間の所業は、神や霊のことを何もしらないせいか、ときに、とんでもないことをしたりします。その理由を説明したとしても、欲で、神のことを聞かない人間に、災難が起きることがあったとしても、それは仕方がないといえるでしょう。

これだけ強いものが集まると、一人の霊能者がいくらがんばっても絶対に無理です。僕が彼女に教えたことは、この場所に大きな石碑を立てて、その石碑で、この地を守り、全ての霊を挙げる祈りをしなければ、無理だと伝えました。(※でも、それだけ強い祈りを上げられる霊能者がいるかどうかは、わかりませんが・・・。)これは、現在の日本の都会のあちこちでも、起きている現象です。

私は霊を見ないと決めたおかげで、よけいなものを見なくてすみますが、体質は敏感なので、身体はその不のエネルギーを感じます。札幌市内でも、北海道でも、本州でも、自分が行ったことがあるところの中には、なるべく行きたくない場所もあります。

だいたいそういう場所は、昔、お墓があったとか、人が変な死に方をした場所とかが多いので、霊が見えない方でも、なんとなくいやだなあと思うところには、いかないことをお勧めします。よく若い頃に、面白がって、そういう場所に出かけていって、大変な目に逢った人も、何人も知っています。好奇心は、わかりますが、自分が変になってから人に迷惑をかけることまでは、考えていないようですね。

話を戻しますが、このゴルフ場では、きっと、プレイ中に、腰や足のケガが多くあると思います。あなたの友人に、ゴルフをする人がいたら、そっと、教えておいてくださいませ。その場を、さっさと離れたあとは、また、ユタが気になるという場所です。

「この流れからすると、ちょっと、覚悟しなきゃいけないかな?」と、考えていました。

2005.04.20 Wed


伊良部島 滑走路の御霊上げ

私のブログを読んでくださっているみなさんは、魂のことを少しは理解してくれていると思います。魂とは、実は霊でもあり、エネルギー体であるということを。今回の体験も、私にしかできないことなので、ここに連れてこられたんだということが、よくわかる体験ばかりです。ユタの女性とお昼をご一緒してから、猪子オーナーと私は、また、ユタが気になる場所へご一緒することにしました。

着いた場所は、下地島の飛行場の滑走路のそばです。現在、下地島には、パイロットの訓練学校があります。その3000mの滑走路を造るときに、ある大切な流れがあった場所をせき止めてしまっていたのです。ユタの女性は、以前からそのことが気になっていて、きっと、このままでは、滑走路内で火花が散ると周りの人に言っていたそうです。

その水路のような溝が続いているずっと先が、滑走路のど真ん中へ垂直にぶつかっています。そして水路の途中には、誰かが設置した「お祓いのあと」がありましたが、そのお払いの場所の作り方があまりにも中途半端なので、よけいなことをしてはいけないとユタの女性が怒っていました。

最初に、私がその水路を見たとき、ものすごく強いエネルギーがあるのを感じました。猪子オーナーに、その場所の意味を尋ねてみると、その水路は昔、海水が海まで流れていた場所だそうです。

そこから移動して、数百メートル先に見える滑走路のそばまで来たときに、ユタが、僕に聞きました。「吉岡さん、この辺でどこか、気になる場所は、ないですか?」私はあたりを見回してから、滑走路の周りの金網み近くにある「しげみ」が気になるといいました。

その場所に着いて車を降りようとすると、ユタの身体が、また動かなくなってしまいました。猪子オーナーと二人で、その場に立ちすくんで離れているの確認してから、私は気になるしげみの方へ、近づいていきました。

近寄ってみると、その茂みの中のひときわ大きい木の下には、たくさんの霊が集まっているのが感じられます。これではいけないと思い、私はすぐに、御霊上げの祈りを捧げました。少しして、一応、霊たちのバタツキが収まったので、今度は、滑走路の反対側へ連れていって下さいとお願いしました。

※実は、この場所のことは、ユタの女性と最初に出逢ったときに、この伊良部島のいろんな話を聞いているときに、どうすればいいのかわかっていたからです。

滑走路の反対側は、さっきとはまったく違う風景で、草木に覆われいて、て少し離れたところに道路が平行しています。その道路に車を止めて、まわりを見渡してみると、滑走路とは反対の方角に、海が見えます。私は、この海へ霊たちを帰してあげれば、天に上がれると確信しました。

猪子オーナーに、先ほどの祈りを奉げた場所の方角を聞いてから、早速、魂たちを海へ導く為の「結界」を造る準備を一人ではじめました。方法は、周りの道路から大き目の石を2つ選んできて、結界の出口の門を作ります。道路と平行にひとつめの石を置き、塩とお酒で清めてから、数メートル離して、もうひとつの石にも同じことをします。

門が出来上がったので、早速、門を開ける祈りをしようと、その2つの石の中央に立ってみましたが、これから流れてくる「不」のエネルギーの量を考えてみると、自分自身が危ないと思い、考えなおした私は、結界の門の外へ出て、全ての霊たちを海へ導く為の祈りを奉げはじめました。

しばらくして祈りが終わると、チョロチョロっと、少し霊が動き始めました。しかし、あの「不」のエネルギーの量にしては、これはあまりに流れが悪いと感じたので、私の自分の最大霊力でもう一度、エネルギ0を動かしました。

そこまでして、この場所をきれいにしようと思った理由が、実は、この水路のもともとの役目が、「水の流れ」、「気の流れ」、「霊の流れ」に合わせてもっとも大切な、「龍の通り道」でもあったからです。私はもう一度、門の外側に立って、魂に力を入れ直してから、祈りの言葉を唱えはじめました。

最後に、エネルギーを一気に動かす為に、自分の右手を水路の方角から海へ向かって大きく、「エイッ!」と手を振り払うように、右手を振り放したところ・・・・・

その瞬間、右手にいつもしているお守りの「水晶のブレス」が、「パーン!」とはちきれて、道路や、周りの草むらに飛び散っていきました。一瞬、「あー、持ってかれたー・・・」と思いましたが、そのあとに、流れ出てくる不のエネルギーの量と、その魂たちが喜んでいるのを感じていましたので、仕方がないよなあと、一人でつぶやきながら、とぼとぼ、遠くで私を見守っているユタと猪子オーナーのところへ、戻りました。

この状況を見ていた猪子オーナーは、不思議そうな顔をして、「こんなこと、よくあるんですか?」と聞かれたので、私は、「いつもでは、ありませんが、たまには、ありますよ」と話しました。ついでに、この滑走路について、大切な今後のことを話しておきました。

「これで、空港の滑走路の下に、霊たちの通り道ができました。だからすぐにトラブルは無いと思いますが、地上の部分の波動を、もっと上げておかないと、いずれ滑走路で不祥事が起きるかもしれませんので、ぜひ、空港の関係者に、この事を教えてユタたちと一緒に祈りを捧げtください。」とお願いしました。

※これは、結果としてのことですが、全てを終えて、那覇空港へ帰るときに、空港関係者のAさんと偶然、隣の席になり、さらに、那覇空港で時間があるからと一緒に食事をしながら、私が直接、このことをお話するようになったことも、神の意図だと感じています。


ここで私に同行してくれたユタの女性のことを、もう少し詳しくお話しておきます。彼女は、5年前に、ユタになりました。ユタになることを自分から望む人は、ほとんどいません。なぜかというと、とても苦しい3年間の生活の中での修行があるからです。彼女は、子供の頃から、霊感があり、自分の生きる道を求めて、あちこちの宗教団体に所属していた事もあるそうです。

一番長く関わったのが、キリスト教だと話していましたが、自分がユタになって、神と直接つながるようになると、昔の宗教で教わった話に嘘があることに気がついたそうです。私自身も宗教の存在は、認めています。でも私自身は、どの宗教にも、所属したことも、習ったこともないし、教えをいただくつもりがないのは、同じ理由だからです。

ども宗教でも、人間が人間の都合で、解釈をまげている部分が、必ずあるからです。

そして昔昔、この地方には、仏教も、神道もありませんでした。ですから、その当時は、ユタが、葬式まで仕切っていたそうです。でも今は、仏教のお坊さんがこの島に来たので、ユタも、日常の生活の支えと、神の教えと、ご家族が亡くなった時などに仕事があるそうです。

ですから当然、私の知り合ったユタは、霊媒体質で霊が見えたり、感じたりはしますが、自分から進んで、浄霊や交霊をしたりはしません。地元の家族の誰かが亡くなった時の霊に対しては、7日、49日と大切な交霊会が、残された家族と行いますが、私のように、見も知らない霊たちを上げたりはしないようです。

※後日、猪子オーナーに聞いた話ですが、現在、沖縄本島以南の全ての島にいるたたくさんのユタの中でも、このユタの彼女は、3本指に入るくらいに霊力があると有名で、毎日毎日、列をなして彼女の家を訪れている人が多いそうです。

2005.04.20 Wed


伊良部島 ヌーシウタキ

「ヌーシウタキ」のある場所は、伊良部島の中で最高にきれいなビーチの入口にあります。足元の真っ白な砂浜は、左手に海までカーブして続いていて、正面の海のブルーの色変わりをみながら、右手に、川状になって流れ込んでいる入り江のそばに近づいて、海の中をのぞいてみると、写真でよくみた真っ青な熱帯魚たちが、群れをなして泳いでいます。

その美しい海のすぐそばにあるのが、「ヌーシウタキ」です。

この「ヌーシウタキ」は、とても意味のあるウタキだと、ユタが話してくれました。「昔昔、中国・シナ・台湾からこの島に船に乗った男たちが、米俵と野菜と果物も持ってこの場所に上陸しました。目的は、島の女たちです。作物が思うように取れないこの島の人たちにとって、、それは心からありがたい品物でした。

島の女たちは、やってきた男たちと交わり、子供を宿しました。その子孫たちが生きながらえたおかげで、今の島の住人がいるのです。だから、その男たちのやってきた、私たちのご先祖の住む、中国・シナ・台湾に、感謝するための大切なウタキなんです。」

私は、この島が隆起したサンゴの島のために、通常の作物がとれず、土の部分も極端に少ないことを知っていますので、当時の生活の苦しさもよくわかります。ユタは続けて、「ただ、残念なことに、このウタキは、今、閉ざされてしまっているんです」

驚きのあまり、「エ〜!」と声を上げてしまいました。ご先祖を大切にするこの島の人たちの生活の中で、一番大切なことのはずなのに、なぜなんですか?とユタに詳しく話を聞きました。

するとまず、「ウタキ」は、必ず一人の「ユタ(女性)」が、担当で守っています。だから自分がユタだからと言って、人様のウタキの場所で勝手な行動はできません。さらに、ユタ一人に、「司(つかさ)」と呼ばれる、55歳から60歳の女性が、毎年の祭りのたびに、2人任命されます。

この3人が、ウタキを直接管理をしていて、このヌーシのウタキは、その70代のユタの女性が、なぜか、ずいぶん昔にこのウタキを閉めてしまったんです。

この土地を管理している神様も、あまりに村人たちが自分たちを大切にしてくれていないと怒っているし、私も直接、そのユタの女性に逢って話をしてみましたが、理解してもらえず、残念でしかたがないと話していました。そういったあとユタが、祈りを奉げに鳥居に歩み寄ったので、私も後に続き、鳥居の前に座りました。

今までの人々の間違いを謝り、自分にできることをさせて欲しいとお願いしました。すると、目をつむって祈っている前の方から、「光の玉」が、ゆっくり現れてきました。

その玉は、ウタキの奥のほうから、しだいに私に近づき、どうやら私に下さるように感じました。遠くから見ていると、水晶の玉のように見えていた玉を、両手で頭の上で受け取り、自分の身体の中に収める前に眺めて見ると、それは、「金の玉」たどわかりました。

それが、何の意味かはわかりませんが、きっと、これから使うことがあるからだろうと思って、一応、受け取っておきました。そのことをユタに話すと、すぐに、「あなたの前にきれいな女性が出てきましたよ。その女性が、あなたに、玉を授けたのです。私もそれを見ていました。」私は実は、この玉は、龍をつかさどる「金の玉」だとわかっていましたし、だからこそ、本当は、この地元を守るこのユタの女性に、後であげようと思っていました。

お昼が近づいたので、一旦、「ホテル てぃだの郷」へ戻って、食事をしながら、午前中に起きたことをユタの女性と話し合っていました。話の中心は、、あの閉ざされたヌーシウタキのことです。私は、この琉球王国の流れがあるこの土地で、この島々の問題に、直接、関わることは、しないほうがいいだろうとも考えていました。

理由は、様々な事があった結果の上に生活している人たちの責任は、自分が取れないと考えていたからです。しかし、こと、ユタのに関してと、神に関してだけは、別のようです。それは、同じ世界につながっている人ですから、意識レベルは別として、当然、目的は、同じはずです。もし、その人たちが、道を間違っているとしたら、私が直接、大きなエネルギーを動かしてでも、気づかせてあげようとて思っていました。


ここでウタキのことをもう少し、詳しく説明しておきます。

前回、ウタキのことを、神社のようなところと言いましたが、もっとわかりやすいイメージでは、神社とお寺の両方の機能を備えていると考えてください。年に一度のお祭りには、その中にの庭で、踊りや唄を行ったりしますし、祝事、仏事に関わらず、必要に応じて利用しています。

さらに、この「ヌーシウタキ」には、その中央の大きな庭の横に、こんもりした森があって、その部分の奥に、中国・シナ・台湾へつながる祈りの場として祭られていたウタキだけが、閉ざされてしまっているのです。

人間はいつも、自分たちが楽しむ為の都合のいいところだけを利用して、ご先祖の歴史の扉にふたをしてしまっている形です。本土でも同じですが、人間は、いつも自分たちの都合のいい解釈と、理由をつけて勝手な行動をとってきています。

災害や天災の時こそ、大切なことを思い出すチャンスなのに、いつも、対処の方法ばかりを考えていて、大切なことを学ぼうとしていません。苦しい歴史や、辛い過去があったからこそ、「今」があるはずなに、過去にあった出来事に感謝できない人間の未来が、幸せに暮らせるはずはありません。

現在、伊良部島には、未来に関わる大きな問題が降りかかろうとしています。それは、沖縄にある米軍基地の移転先の予定地として、なんとこの伊良部島の名前があがっているのです。今も沖縄本島のある港に、新しく米軍の滑走路を作ろうという動きに反対して、地元市民や全国から集まった人たちが、反対運動と座り込みをしています。

これに困ったアメリカは、伊良部島にあるもっとも長い滑走路(離着陸の訓練用に3000mもあります)に目をつけて、つい先日、移転先は、沖縄の那覇だけにこだわっているわけではないというメッセージをアメリカの政治家がTVで会見しました。

敗戦当時、このアメリカの基地を設置する背景には、当時の敗戦国日本の縮図があります。冷戦問題や、アジアの脅威、そして経済支援を前提としたときに、受け入れなくてはいけない事情があったからです。でも現在の日本は、アメリカが恐れるくらいの経済大国になり、世界への影響も大きい国に成長してきています。

ではなぜ、日本が完全に撤退を要求しないのかというと、沖縄を見ていてわかるとおり、地元にも大きな経済効果があることも事実だからです。ですから実際、地元で争っているのは、地元の人同士なんです。経済人、有力者、政治家などの大きな力を欲しがる人たちと、さらに一般市民の中で、今よりお金を欲しがる人たちがいます。反対に、歴史から学び、同じ事をくりかえすな!と叫ぶ人たちもいます。

沖縄の問題は、ある意味、北海道と似た過疎地域の問題で、国の支援金を多く必要としていた地域です。でも沖縄の人たちにしかない特別な感情は、実は、敗戦のときに、日本に見捨てられた国として、復帰までに長い時間、放置されてきました。この感情は、北海道のアイヌの人たちも、受け入れてきて知っていますが、決してお金だけでは解決できない深い問題があります。

私は自分のことを考えてみて、今、幸せに暮らせている日本のほとんどの人は、こういう一部の人たちの犠牲において成り立っていることを、歴史から学ばなければいけないと思っています。そして、その恩返しの時期が、今、来ていると感じています。

伊良部問題に戻りますが、このまま進むと、沖縄の那覇基地と同じ問題が、この伊良部島にも起きてしまいます。確かに、経済が豊かになることはいいことですが、それが歴史や過去の偉人たちの業績を塗りつぶすものであってはいけないと思います。

さらに、この伊良部島は、現在の空港を建設するときに、もともとあった小さな「下地島」という島を、沖縄県が買い取ってしまって、住人たちを立ち退きさせた結果、今の下地島に住んでいるのは、ガソリンスタンド1軒しかありません。

私の大好きな「ホテル てぃだの郷」は、町営だったから、下地島に今でもありますが、働いている人全てが、伊良部島の方から通っています。地図によっては、この下地島という名前が載っていない地図さえあるほどです。

人間の欲は、過去の歴史を消してしまう事もあるのです。こんな状況で、私は自分に何ができるかを、もう一度、考えました。そして、すぐできることがあるとわかりました。そして、これは、みなさんへのお願いでもあります。

日本全国の皆さんから、伊良部島の町長さんへメールをして下さい。自然を守ってほしいとか、アメリカ軍の空港施設反対とか、神様の場所を守って!でもいいです。現地に行かなくても、みんなができる行動で、それは、過去の歴史のいしずえになってくれた人たちへの恩返しだと思います。

今、町長のリコール問題も起きています。それは、未来を決める大切な時期だからです。最後の決定は、あくまで地元の皆さんしかできませんが、私たちが沖縄の人たちへできる、唯一の方法だと考えています。どうぞ、皆さんが何かを感じられましたら、伊良部町へ、メールをしてみてください。

宛先:沖縄県宮古郡伊良部島町観光課 


ユタと、ウタキの神様から、たくさんのことを教わりながら、次第に、今回、自分に求められている役目の大きさを実感しはじめていました。

2005.04.20 Wed


伊良部島 仲地ウタキ

 仲地のウタキ

私たちは、龍門を開けた達成感とその周辺のエネルギーの変化を感じながら、ユタの女性が案内してくれる次のウタキへ移動しました。

この「仲地ウタキ」の鳥居の前でも、前回と同じようにまずユタが挨拶をし、私の順番になりました。私は龍門の件のご報告とそれを自分にさせていただいた感謝、そして本気で、この地のエネルギー解放・上昇するために動く決意を改めて神に告げました。

そしてここでは、神の言葉を聞くというよりも、自分の本気さを伝えることが大切だと感じていたので、心の中で、何度も何度も、そのことを繰り返しつぶやいていました。ご報告が終わって、ユタと話をしようとすると、彼女の口から、一気に神の言葉が降りてきました。

それは、ここ琉球諸島周辺の7つの島の名前を言いながら、「おまえは、その7つの龍門を開くためにこの地へ訪れたのだ。それが、お前の役目だと。」

「エ〜!」と思わず、私は言葉を発してしまいました。
私がその七つの島々を全部一人で回って、その島々の大切なウタキ巡りをして、さらに龍門を探してまわらなきゃいけないのか?と思ってしまったからです。

もし実際にそのことをするとしたら、(やりたいのは、山々なんですが)、とても長い時間と、体力とお金が必要になるし、現実問題、ちょっと〜・・・・と思っていたからです。さらに、ユタは言葉を添えました。「お前だけは、どこの島のウタキにもでも、自由に入っていいと。

「知ってるわい!(とは、いいませんが、なんて、都合のいいタイミングの言葉なんだよ」と、心の中で思いながら、そんなの知ってたもん!と一人で心の中でつぶやきました。


私が今回、この伊良部島に舞い戻ってきた理由は、この島が日本、いや、世界のエネルギーを動かすためのとても大切な役目を果たしていると感じたからです。でもどう考えてみても、私がその島々を回ってお祈りをしなくても、別の方法でもできると感じていました。

でも今の所その方法が、みつかりません。困った顔をしながら考えていると、ユタは、「では次のウタキへ行きましょう。次の場所で、必要なことが教えられるかもしれませんから。」と言われたので、答え探しは、次のウタキへと持ち越しになりました。

2005.04.20 Wed



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について