目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

883 / 956ページ

2006年旧暦3月1日に龍が立つ!

この情報は、宮古島の神人(カミンチュー・ユタ)の女性からお聞きした情報です。

2005年の11月に伊良部島と宮古島へ私が足を運んだ理由も、また、次の2006年の出来事から時代が大きく変わることを感じています。

少ない人数かもしれませんが、また、北海道から神の聖地へ足を入れることになりますので、どうぞ、神様、そして、地元を深く愛すrる皆様、どうぞ、快く受け入れてくださいますよう、よろしくお願いいたします。感謝

2005.12.13 Tue


地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて

12 月3日(土)の札幌で行われた第3番・第4番の上映会は、ボランティアスタッフ20数名のおかげで、無事、終了することができました。観客動員数は、なんとか赤字にならずにすむ670名ほどの方がみえられたと思います。

私とこの地球交響曲という映画の出会いは、8年ほど前になりますが、人に教えられて、見たくて見たくてずっと待っていて、やっと見れたのが、その3年後でした。

なぜこの映画が、レンタルビデオ屋にも置いてないし、知らない人が多いのかということも、4年前に、上映のボランティアスタッフに参加してみてから、初めて納得しました。

この映画を初めてみたときの感動は、今でも忘れません。こんな映画が、世の中にあったんだ〜。こんなメッセージをダイレクトに伝えることが、許される時代になったんだなあと、じわじわ喜びを感
じたものです。

私自身、生まれつきの霊媒体質のおかげで、目にみえない霊的な世界のことを、周りに理解してもらえないことが、人生最大の苦しみでした。

今でも、目に見えないことを、周りの人に話すことを躊躇する方は、少なくないでしょう。それは、自分が周りにどう思われるとか、社会的地位や社会的な責任が重くのしかかっているからある面、仕方がないでしょう。

社会や団体生活の中では、ほとんどの人が、まず自分の居場所を守るために、傷つくことを恐れます。だから本能的に、安全な言葉や、さしさわりのない態度で接します。

でも、私がこの映画を観てまず考えたことは、この映画は10前に世の中に出た事実や、その映画が、延べ200万人も観ている人がいると知り、やっぱり本当は、みんな目に見えない世界を信じたいし、、認めて欲しいのだと感じていました。

この映画の製作にあたった龍村仁監督が、私の知人に伝えたメッセージは、「魂を語ることを恐れるなかれ!」でした。

龍村監督自身、20世紀の高度成長の時代を生き抜く戦士であったことを考えると、そのメッセージは、自分自身が、社会的な批判や軋轢(あつれき)に押しつぶされた経験から、物語っていると感じられます。

2005 年現在で、50代の半ば以上の方の共通意識は、ある意味、過去批判と自己批判、そして、社会批判を繰り返してきている世代です。

理由は、個人の意識や価値感よりも、もっと大切なものがあると、抑え続けられてきた世代でもあるからです。

混沌・破壊・意義・思想etc自分の意見を言うたびに、大きな責任を負わされてきた時代を経験して
きているからです。

そしてその方たちが、悩んだあげくに自分の求めていたものが、「愛」だと、今、知ったのです。

そのことはまず、自己愛から始まりました。今までの自分を認めて、許してあげることに、どれくらい長い時間を要したことでしょう。

「だれも、本当の自分のことをわかって、くれてはいない」

「だれも、本当の意味で、この私を認めて、くれてはいない」

この苦しみを根底に抱えた人は、無限に”愛”を求めて、ある意味、自分や周りを傷つけてきています。それは、私自身も同様の生き方をしてきているから、よくわかります。

自分の心のなかにある大切なものを受け止めてもらえない苦しみは、苦しみのすべての根源とも言える大きなものです。

ある意味、今の若い世代の悩みや問題も同じかもしれません。

どう考えても、今の時代をそのまま受け入れなさいとは教えられないですし、うまく生きるコツや、生きぬく方法を教えないと、強く激しいこの時代の隙間に、取り残されてしまいそうで、自分をごましても、ウソをついてでも、現実をうまくやることしか、思いつかないのだと思います。

でもどんなに悪いことをしてきた人にも、人間として生まれた人に、魂や心が無い人は、いません。人を殺したり、自分を傷つける人でさえも、そうです。

では、そういう人たちには、何が足りないのでしょう?

私は、やはり、”愛”だと思います。

でも、皆さんが考える愛とは、少し違うことをご説明しておきます。

まず愛には、たくさんの種類がありますし、愛と言いながら、たくさんの情をやりとりする”愛情”と勘違いされている方がたくさんいらっしゃいます。

ここで必要な愛を言い表すと・・・

厳しい愛、やさしい愛、きつい愛、うるおう愛、なごむ愛、受け入れる愛、あきらめる愛、見放す愛、拾う愛が、必要です。

社会のすべての人が、自分にできないことを人のためにすることで、自分の役割を見つけるための人間関係だと、まず、あなたが誰かに教えてあげなければ、どんなに上手な生き方のすべを子供たちに教えても、自分で生き延びる知恵には、ならないからです。

皆さんにとって、多分、一番難しいのが、「見放す愛」だと思います。

ここで、あえて”見放す愛”書いたのは、みなさんは、”見守る愛”をご存知だからです。

でも、他人の子供や大切な人には、それができても、自分の子供には、ついつい、小言や説教、自分の情の思いをぶつけたくなります。だから、あえて”見捨てる愛”と表現しました。

人や周りに見放されたと感じた人が、それからの人生に、反発して、抵抗して、自分や周りを傷つけて生きてきた過程こそが、実は、愛を学ぶためだと、もし誰かに知らされていたら、今まで誰かを傷つけきたとわかったときに、大切なことを学べる時期が、もう少し早くやってくることでしょう。

こういう人は、恋愛でも、結婚でも、仕事の上でも、自分の存在価値を認めて欲しい行動に出ることが、多いものです。そのときに、誰か一人が、わかってあげるだけで、ものすごい自信になりますし、生きる勇気が沸いてきます。

受け入れる愛をしてくださるのが、妻や夫、母や父の場合、うれしいのでが、まだ、一人で社会に受け入れたれたという勇気には、なりづらいのです。

だからこそ、他人の誰かが、「あなたは、すばらしいですよ。周りのみんなが何と言ったとしても、私はあなたを信じていますからね!」と、言ってくださる人に逢えることは、神に出会えたようなものなのです。

もう一方で、今、苦しんでいる我が子の未来を信じてあげて、社会の荒波に押し出してあげるときの親の気持ちが、どれほど苦しいものかも感じますので、それは私自身も心が痛みます。

でも親は、我が子に対して、ある時期、すべてを知っていながら、大きな意味で、”見てみないふり”が必要なのでは、ないのでしょうか?

昔から、私の親も、子供の私のすることを、たくさん「見て見ないふり」をしてくれました。

盗み食いをしたときも、そっと、財布から50円を盗んだときも、学校帰りに寄り道して、イタズラしたときも・・・。

でも、自我が目覚めて、大人になる過程で、今まで、人を傷つけないで生きてきた人は、誰一人いないのです。

だからこそ、その経験をした親たちが教える最大の教えは、「人に迷惑だけ、かけない人間になりなさい」と言います。自分ができなかったことを、しなさいと教えるわけです。

だから、子供は、自我の表現を失い、迷います。

私の尊敬する母は、そのことを私にこう言い換えて教えてくれました。

”自分がされたら嫌なことは、人にするんじゃないよ!”

そんなすばらしい母の教えをいただいた私でも、今まで、たくさんの人を傷つけて生きてきました。だから、今の自分は、その罪滅ぼしの時間だとも感じていますし、そのことをさせていただけることに心から感謝しています。

この世では、自分のしたことは、必ず自分に返されるというルールがあります。

そのこと知りながら、覚悟して悪いことをするのなら、必ず、自分で起き上がる知恵を身につけることができるはずです。

また、この世に親という役をいただいた人で、死ぬ最後まで、自分の親役を忘れる人は、いません。

相手のことを信じてあげる心、自分にはどうにもならないことさえも、自分の責任と、覚悟できる強い心。それは、この人間という弱く幼い生き物だからこそ、学ぶべき最大のテーマなのでしょう。

そのためにも、まず、人とのつながりや、家族以外の人とのつながりを信じれて、利害のない、責任のない人でさえも、自分を本当に愛してくれているということを経験する必要があります。

そのためには、お互いの心や未来、また相手の思いを受け入れてあげられる大きな愛の大人たちが、増えていって欲しいと切に願います。

愛は、あるのに、見えない。

だからこそ、あなたの愛が必要なのです。

あなたの傷ついた心と想い、そして、それを乗り越えたすばらしい力。

そのためにたくさんの出会いと経験をさせてきてくれたことへの感謝を教えることが、今、一番必要な時代なのです。

苦しむのは、心が苦しいからです。辛いのは、心が泣いているからです。

その大切な心や、感じるものを信じてあげられない人は、この世にいないと私は思っています。

2005.12.07 Wed


隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん

 

このにこやかな女性が、中木喜三重さん(82歳)です。このホテルを守って30年、とってもたくさんの人に愛されています。

中木さんは、今回、私たちの”第3回 龍神ツアー”を快く受け入れて下さり、過去に経験したことがないくらいのおもてなしをして下さいました。

私と中木さんの出会いは、まだ、数年ですが、今では、本当に大切なことを気づかせたくださる日本の、地球の、魂の”母”となる存在です。

このホテルの最上階に造られている”神殿”は、どの宗教にも属さず、自分が生きていること、この仕事をさせていただいていること、そして、たくさんの方に見守られていることに感謝するために、亡くなられたご主人がプレゼントして建てたものです。

だからこそ神殿にあるものすべてが出逢った人からいただいたものだと教えて下さいました。

その中に、今年奉納した伊良部島の白龍のパネルが最高の場所、床の間に飾られています。



私がいつも中木さんにお会いして思うことは、自分がもし、あの年齢まで生きていられたとしても、あそこまで、自分に厳しく生きられるだろうかと、深く日々の自分を反省しています。

そのおかみさんの大好きなな言葉は、”足るを知る”です。

永遠に自分は未熟である、まだまだである、だから、日々精進しなさいと、自分にいい聞かせる人生をまっとうされています。

そのお上さんの愛溢れる笑顔と、研ぎ澄まされたお言葉からは、参加者全員の心に、今後の生き方のうえで、深く刻むべきお言葉を、たくさんいただきました。

2005年の神事として行った”然別湖への龍のパネル奉納”・”伊良部島の豊年祭参加”など、たくさんの経験と出会いをさせていただいた白龍さまのご縁と、その白龍さまをを奉っているこの場所の人間の神様である、このおかみさんに、お礼をすることが今回の最大の目的でありましたし、そしてそれは、また新たな展開の決断の場ともなりました。

同行した16人は、これから北海道全土で「自然分娩と命の素晴らしさ」を伝える仲間としての宣言も確認し合いました。命を育む女性たちの素晴らしい気づきの為に出来る事をしていきます。

大母、中木喜三重さん、ありがとうございます。

2005.11.29 Tue


母と子が輝くお産

 2005年11月20日、北海道の苫小牧市で、新しく立ち上げた「響き(ひびき)」という素敵な奥様たちの主催する講演会に特別ゲストで参加させていただきました。

今回の講演のメインゲストは、”自然なお産”を推奨している助産師(お産の家 吉村医院 元婦長)のスライド写真を見せながら説明してくださるお話がメインです。

私も初めて助産師さんのお話と、出産を終えたばかりのお母さんと子供のスライドを見せていただきました。そこには、言葉にならないくらいに輝いている、子供の深い瞳の輝きと、お母さんの安心した顔で一杯でした。

そして、こんな印象的な場面がありました。

○妊娠中に「無能症」と宣告されて、周りの医者・助産師から、堕胎を勧められても、あくまで自然に産むことを決意し、16時間だけの子供の命を、この世で、まっとうさせてあげたお母さんの愛の決断。

○17歳の母になる女性は、シンナーづけで、社会的にも無理と思えるこの出産を、しっかり自然分娩の準備過程から学習していき、周りのみんなに、愛と生きる勇気を与えた女性。

○妊娠中の子供に、”安心”を与えてあげられなかった母は、出産後、あまりに泣きやまない子供の姿から、その不安の原因を反省し、もう一度、子供との愛と感謝を確認した女性。自然分娩では、みなさん、素敵な経験をしています。そして、その周りのみなさん全員が、命の扱い方を一緒に、学んでいます。

助産師さんがもっとも、強く言われていたのは、「お産は、病気じゃないんです!」

だから、「産科」と、「婦人科」は、まったく違うので、病院だけに頼りきらないでください!出産とは、生き延びれない子供が死ぬ可能性もあることを、受け入れる覚悟が必要だと。」

私も、同感です。一人で生きられない弱い人間をどうにかしようとすると、その人間は、本当に大切な自分や周りの人さえ傷つけたり、苦しみに落としいれる危険があるからです。

動物社会では、群れの足並みについていけない弱い動物は、群れから置きざりになって、他の動物の餌になるか、餓死します。

そのおきざりになる子の母親は、当然、深く悲しみますが、その分、今、生きている他の兄弟や家族を必死で守り、早くひとり立ちできるように、その責任をまっとうします。

どの動物社会も、群れで暮らしている動物は、一番、弱いものにあわせて生活しています。(人間も同じです)

だからこそ、ある時期が来たら、一人で生きることができるかどうかを判断して、本人に、その後の決断をさせていかないと、群れ全体が、生き残ることができなくなるのです。

私がよく、「愛と、愛情は違います」という理由も、この一番大切な弱い生き物に合わせて生きているからこそ、”自立”を教えなければいけないのです。

たくさんの愛情で育てた子供を、愛に導くためには、まず、あなた自身が、愛そのものになることが必要なのです。愛には、情けがありません。

そして、愛には、甘えがありません。だから、ある一面、冷酷にも見えるところがあります。でも相手を信じて、ただ見守るその強さを持つことから、本当の愛は、始まるのです。

そして、命の大切さを学ぶということは、出産という「光」と、死という「闇」を、受け入れることでもあります。

どんなに短いこの世の命でも、亡くなったあとは、魂は、天にあがり、次の転生のための準備に入ります。それは、この世に生まれることの最初の意味が、親の魂の学びためであり、それが、さらに、強く大きな愛の学びになるからです。

だから、人間の自由裁量の領域を超えている”死”という意味は、この世でその人の魂の役目をまっとうしたことを表しています。だからこそ、今、生きていることのすべての意味を、愛に、変えていくことが、私たちの役目なのです。

私たちは、今、生きていることに感謝して、どんなに苦しいことでも、愛に転換して、より大きな光を生み出す人になることが、人間としての努めなのです。

今回の講演の最後に行った、”今後の活動に向けた座談会”の参加者は、学校の先生・市議会議員・セラピスト・現在、母の立場や、おばあちゃんの立場の方など20名ほどが集まり、熱い意見交換ができました。

そこで出たある問題定義は、今、産院の医者が激減しているということです。理由は、産科の訴訟が一番多いことと、勤務が24時間体制になるからです。

これは、社会の問題です。

子供の命を、誰の責任でまっとうするのか?誰が支え見守るのか?それは、やはり、産む母親が、ひとときも子供と離れず、その周りには、家族が見守り、すべてその家族の愛の中で、出産や死を受け入れることが、大切なことなのです。

昔々の産婆さんたちは、この現実を見守る人たちでした。そして、命の有無を、誰かのせいには、決してしませんでした。それは、天が決めていることだからです。

訴訟をするよりも、子を失った親が、もっとも学ぶべき大切なことは、命の出産には、死ととなりあわせだということを、お互いの信頼と責任の中で、まっとうすることなのです。

そういう命の大切なことを伝えていくことは、男性も、子育てを終えた方も、高齢の方でも、社会のみんなで、若い世代に伝えていくことが、これから一番大切なことなのです。

今から新しくセックスを経験する子供たちにも、今、男女の付き合いをしている人たちにも、誰かが伝えていかなければいけないことなのです。

どうぞ、みなさま、あなたがその一人として、「自然分娩という愛の形」を伝えていってください。すべての生きる命にも、亡くなる命にも、大きな愛と感謝を込めて。

2005.11.21 Mon


アクエリアスの時代

今日、PROJECT GAIA で紹介されていたメッセージの中に、アクエリアス(みずがめ座)の時代がやってきたと書かれていますが、理解できないみなさんのために説明のページをご紹介しておきます。

世界の歴史は、常に同じ時期に同じようなテーマで動いていたことをまず、ご理解ください。(それが、時代のカルマのことなのです)

1) 来るべきアクエリアス時代と宗教革命
皆さんは、アクエリアス(水瓶座)の時代という言葉をご存じでしょうか。これは、古くは哲学者プラトン、新しくは心理学者のカール・ユングなども唱えている、占星学の考え方です。

魚座の時代、水瓶座の時代について検証した心理学者ユングの言葉より地球は自転するときに「首振り運動(歳差運動)」を起こしている。地球は自転していますが、いわゆるコマの首振りのような歳差運動をしています。

そのため、毎年の春分の日に太陽の方角にある星座は、約2万5860 年の周期で、12 の星座を一周することになります。そして、各時代の文明の特徴が、その時代に太陽の方角にある星座の特性と一致しているという考え方が、長らく唱えられてきました。
 
『現代占星術教科書』(The Modern Txtbook of Astrology)を著わし、現代占星術を大いに普及させたマーガレット・ホーンなどによると、次のように、各時代の星座と文明の特徴を対応させることができるとしています。

【牡牛座の時代】Taurus 紀元前4000〜前2000 年ごろ
【牡羊座の時代】Aries 紀元前2000 年〜紀元元年ごろ
【魚座の時代】Pisces 紀元元年〜2000 年ごろ
【水瓶座の時代】Aquarius 紀元2000 年〜4000 年ごろ
【牡牛座の時代】紀元前4000〜前2000 年ごろ

◎不朽の建造物
牡牛座は不動の大地の星座である。したがって、エジプトのピラミッド、バビロニアの城壁都市など、堅固な大建造物が多く造られた。また、この時代は、後の歴史の土台とも言える四大文明(エジプト・メソポタミア・インダス・黄河)の発祥の時代である。

◎ギリシア:クレタ文明(紀元前三〇〇〇〜前一四〇〇年ころ)
エーゲ海のクレタ島で栄えたクレタ文明では、牛が神聖視されていた。発掘されたクノッソス宮殿には、牛を描いた壁画があった。ギリシア神話では、クレタ島の初代の王であるミノス王は、神々の王ゼウスと人間の娘エウロパの子であるとされる。ゼウスは、エウロパをさらうために、牡牛に化けた。ここにも牛との関連が見られる。ちなみに、エウロパはヨーロッパの語源である。また、ミノス王の王妃と、ポセイドンが送った白牛との間に生まれたのが、牛頭人身の怪物ミノタウロスであった。

◎インド:インダス文明(紀元前2500〜前1800 年ごろ)
インダス川流域を中心に展開したインダス文明では、牛を護符に象{かたど}るなどして神聖視していた。印章にも多く牛が描かれている。◎バビロニア:メソポタミア文明(紀元前3000〜前2000 年ごろ) 現代の星座区分のもとになったバビロニアでは、春分点のあった牡牛座が極めて重視された。この時代のユダヤの牛崇拝は、バビロニアに由来している。

◎エジプト古王国時代(紀元前2780 年〜前2280 年)
古代エジプトの首都メンフィスでは、その守護神プタハの聖牛アピスが崇拝された。プタハ神殿のなかでかわれていた聖なる雄牛アピス。プタハの化身とも見られていた。【牡羊座の時代】紀元前2000 年〜紀元元年ごろ

◎英雄・強力な指導者の時代
 牡羊座は火の星座であることから、征服といった意味が出てくる。この時代の王国は領土を大きく拡大した。ギリシアからペルシアまで征服したアレクサンドロス大王、中国全土を統一した秦・漢王朝などがその典型例である。また、英雄・強力な指導者の時代を表わし、未知の分野に先鞭を付け得る開拓精神と、人々と新天地へ導く指導力を特色とする。仏陀釈迦牟尼・ソクラテス・孔子・モーセといった精神的指導者は、いずれもこの時代に登場した。

◎エジプト:新王国(紀元前1600〜1100 年)
 古王国時代には牛崇拝だったエジプトも、新王国時代に入ると、牡羊崇拝が始まる。新王国時代の王にアメンヘテプ(1〜4世)、ツタンカーメン、アメンメセスがいるが、彼らの名前に含まれる「アメン」とは、「牡羊」を聖獣とする羊頭アメン神のことである。美術モチーフもアメン神の牡羊が増え、アメン神を祭るカルナック大神殿の参道には羊の頭を持ったスフィンクスが並んでいる。王の神殿にも「天空を渡る牡羊のための高貴なる広間」といった記述が見られるようになった。

◎ユダヤ教
 ユダヤ教を崇拝するイスラエル民族の祖はアブラハムで、ちょうど紀元前2000 年ころに登場した。ユダヤ教は、小羊をいけにえに捧げる宗教である。 モーセは、神から授かった十戒が刻まれた石板を持ってシナイ山から下ってきたが、エジプトからモーセに付き従ってきたユダヤの民は、前時代/異教の象徴である「黄金の子牛」を拝む祝祭を行なっていた。怒ったモーセは子牛の像を破壊した。

◎古代ペルシア
 紀元前3世紀ごろ、ペルシア起源の契約・友愛の神ミトラを崇拝する「ミトラ教」が広まった。ミトラ神は羊飼いの姿で描かれる。そして、前時代の象徴である牛と戦うモチーフが描かれている。
【魚座の時代】紀元元年〜2000 年ごろ

◎犠牲と愛、二極分化
 ギリシャ神話では、怪物テュポーンから逃げるため魚に姿を変えた愛の女神アプロディーテーとその息子で性愛の神エーロースを示す。2匹の魚は尾のところでつながれているが、それぞれの向いている方向は別々である。このことから、魚座は、犠牲と愛欲の時代、二極分化を表わし
ている。

◎原始キリスト教
「イエス・キリスト、神の子、救済者」という意味のギリシャ語の頭文字を並べると「イクテュス」となり、これは「魚」という単語になる。そのため、古代キリスト教会ではイエスを魚で象徴させている。
◎キリスト教における魚の象徴表現 イエスの最初の弟子たちは漁師である。“ イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのをご覧になった。彼らは漁師だった。イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた”(マルコによる福音書1:16〜17)福音書には、イエスが五個のパンと2匹の魚によって5000
人の食事をまかなったというエピソードが書かれている。イスラエルの「パンと魚の増加の教会」の床には、5世紀ごろのモザイク画が保存されている。これは、少年の持っていた5つのパンと2匹の魚で、イエスが5000 人以上の人々を養った奇跡を記念するものである。

 魚座の時代は、魚を象徴とするイエスの誕生をもってその始まりとしており、それに先行する牡羊座は、いけにえの子羊として十字架上でほふられたその死をもって終わったとされている。

ユングは次のように書いている。

「ところでキリストは新しい時代(アイオーン)とみなされたのであるから、占星術に通暁{つうぎょう}している者にとってはっきりしていたのは、キリストが一方では双魚宮時代の最初の魚として生まれるとともに、他方では去ってゆく時代(アイオーン)の最後の雄羊(arnion、新約聖書の小羊)として死ななければならなかったということである」(ユング『アイオーン』)概論編 アクエリアスの時代

2) 来るべきアクエリアス時代と宗教革命
そして、今始まろうとしているアクエリアスの時代が大きな注目を集める理由は、それが“ 黄金時代”とも言われ、素晴らしい時代になるだろうと予測されているからです。この時代には地上のすべての悪が一掃され、世界に平和と人類愛がよみがえってくる時代であるということである。またこの時代には、今までの一切の思想や観念や宗教、国籍や人種の差異に影響されない、水晶(クリスタル)のように清浄な魂と透明な精神をもった人類――水晶人種が出現するといわれている。(ルル・ラブア『占星学の見方』)

 “ 水瓶座”の特質が示すのは、「権威主義(縦社会)への反抗と革新」、「自由な発想と個性尊重」、「発明と科学・技術、友情と連帯(フラットな関係重視)」などです。21 世紀は“ 精神と科学”の調和したすばらしい社会が実現するでしょう。(瀬尾泰範『来たるべきアクエリアスの時代』) 思想・宗教の区別、国籍・人種の差別がなくなり、新しい人類が生まれ、精神と科学が調和する――。これは、すべての人にとって理想の社会でしょう。

< C・G・ユング>
 そして、それはいつ来るのでしょうか? これには諸説があります。というのは、天球上のどこまでが魚座で、どこからが水瓶座なのは全くはっきりしないからです。よって、二十世紀に既に始まっているという説と、二一〇〇年以降であるという説まであります。わたしは、魚座と水瓶座がだぶる部分もあるでしょうから、少なくとも、水瓶座の時代の要素が徐々に出てきているはずだと考えています。
 この点について、心理学者のユングは『アイオーン』の中で、「星座の境界設定は周知のように任意であるために、これの生じる時点は非常に不確定である。占星術的には次の時代(アイオーン)の開始は、出発点をどこにおくかの違いに応じて、西暦2000 年から2200 年の間に当たっている。a113 星を基礎にすれば、1997 年となる。(1997 年は)プトレマイオス『アルマゲスト』に記されている星々の経度表示に一致する」

「ちなみに、天地創造のはじまりをB.C.4000 年10 月23 日午前9時と定めた『欽定訳聖書』にキリスト教でいう世界の寿命年数6000 年を加えると、キリスト教世界の終末は1997 年10 月22 日となり、キリスト教の呪縛から解放された新しい時代は翌1997 年10 月23 日からスタートするこ
とになる」と述べています。

 そして、占星学の専門的分析はさておき、現実の二十一世紀を見れば、現在の文明が明らかに行き詰まろうとしていることがわかります。だからこそ、今世紀こそ、そういった新しい時代、新しい文明の到来が待望される時代だとわたしは思います。

そして、これからの新しい時代をつくるのは、皆さんの意識しだいだということです。どうぞ、すべての悩みも、苦しみも、喜びも、すべて他の人にも、つながっていることを理解して、新しい自分を常に、創出してくことに専念されるようお願いいたします。

2005.11.11 Fri



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について