目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

843 / 956ページ

宮古諸島神事 東平安名崎

八重干瀬(やびじ)から平良港へ戻ってきて、宮古島のエネルギーつなぎのために、東へ向かいます。東の大切の場所は、観光名所で有名な、東平安名岬(ひがしへんなざき)の近くにあります。

宮古のユタがたどり着いた場所が少し違うと感じたので、私が気になる場所まで案内しました。実は、2004年に偶然、自分で降りた砂浜がそうだったんです。


この砂浜に下りるとすぐにわかりますが、右側は普通の砂浜で、左側は、別世界になっています。大きな石がごろごろしていますが、実は、この巨石の空間エネルギーは、宇宙に直接、つながっています。あまりにも癒される場なので、この中に入ると、みなさんの意識もボーとしてきました。もし神事でなければ、何時間でもこの空間にいたくなってしまうでしょう。

入る手順をお伝えしますが、砂浜へ出て左へ歩いていくと、まず、大きな石があります。これは、別世界の入口であり、門番と言えますので、皆さんでご挨拶しました。




大きな石の中をどんどん進むと、さらに大きな石が正面にあります。これは陽の石です。


その陽の石のすぐ左側に、石が二つ寄り添った場所があります。実はここの奥に、神さまがいらっしゃるのです。


私はこの場所を守ってくれていることに感謝の祈りを捧げながら、皆さんにも祈っていただきました。これからは、ここから宮古島の愛のエネルギーが日本を貫いて、北海道に向けて流れていきます。

ウタキの神さまも、「私がいることをようやく気がついてくれましたね」と、喜んでくださいました。地元の人もこの場所を知らないで、ついゴミを捨ててしまう場所ですが、実はこの砂浜には、まもなく海ガメが産卵にやってきます。海ガメも、この高い次元の愛の波動を感じているのでしょう。

地元のみなさま、どうぞ、この場所を海がめと共に、きれいにお守りくださいますようお願いいたします。

私たちはこの空間にいることに感謝が溢れてきたので、みんなでゴミ拾いをしました。愛のゴミ拾い、させて頂きましてありがとうございます。




南→北→東ときて、最後の祈りつなぎの場所、宮古島の西であり、宮古諸島の中心にある漲水御嶽 (ハリミズウタキ) へご挨拶に行きました。

また船の時間がないので簡単にすませましたが、「ご苦労様でした。またどうぞ、いつでもお越し下さい」と神様がおっしゃって下さいました。

愛に溢れたこの3日間の神事に、心からお礼申し上げます。夕陽に迎えられた伊良部島の神さま、ありがとうございます。


ホテルてぃだの郷に戻るとなにやら心が喜ぶ音楽が・・・。そういえば、今日は、沖縄芸大OBの演奏会の日、みんなで踊って、神様に感謝いたしましょう!


次回の書き込みは、この宮古島の祈りの流れにとても大切な石庭の新城さんとのやりとりのご報告と、今回のすべての体験の総まとめをさせていただきますので、どうぞ、お楽しみに!  

2006.04.01 Sat


宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006

旧暦3月3日 (新暦3月31日)


北海道を出る前に用意した国土地理院の地図には、現在の八重干瀬(やびじ)の全体図が載っています。八重干瀬(やびじ)とは、島になり切れなかった島と思って下さるとわかりやすいのですが、宮古諸島全体も、実は、サンゴ岩が隆起した島なので、海面との高低差で、こういう形になって残っています。


その現れる小さな島々には、ひとつひとつ名前があります。そして、その八重干瀬(やびじ)の一番大きな神さまのいる場所の名前は、フジ岩(フデ岩)と呼ばれています。ユタの話によると、富士山の形をしているそうです。あとで横を通ってわかったことですが、今は、小さな灯台があるので、すぐその場所はわかりました。

平良港から八重干瀬(やびじ)行きのフェリーに乗り込み、宮古のユタと確認をした事があります。実は、厳しい「赤碕ウタキ」と八重干瀬(やびじ)に、唐の神(とうのかん)のつながりがある場所を事前に地図で見せてもらっていたので確認したかったのです。ユタが教えてくれたその大切な場所は、「フッサ・ビジ」と呼ばれているとのことです。

宮古諸島のご先祖は、中国・シナ・台湾に命を救われた経験があります。だから、ユタたちは、その繋がりを大切にしています。ウハルズウタキの神さまから言われた「ヌーシの神さまにもよろしくな!」の意味は、実は、ウハルズの神も、唐の神(とうのかん)のつながりがあるからなのです。今日の最後に、お礼参りをする予定です。

平良港から90分で八重干瀬(やびじ)に着きました。まだ、干潮に時間があるために、船は八重干瀬(やびじ)をぐるぐる回ってみせてくれました。

















下船準備をしているときに、見つけた注意事項!


普通のカーフェリーに約400人ほどをビッシリ詰め込んでいますので、皆さんは床に座りながら下船の準備をしています。私も、八重干瀬(やびじ)に降りてから、正式な服装にしようと降りる順番を待っていましたが、また、天から教えが降りました。

この八重干瀬(やびじ)自体が「天座」なので、正式にご挨拶してからでないと入れないとわかったので、皆さんの一番前に出て神事用の白いジャケットに着替えて祈りを始めました。

船から八重干瀬(やびじ)を見ると、今どこにいるのかは、ほとんどわかりません。船もそのときの波次第で、降りれるところが決まっていないということですので、全ては天がいいように計らってくれることでしょう。

降りた地点から、どの場所で、どの方向へ祈るかは、見てすぐにわかりました。白装束の集団数名は、他の観光客に混ざりながらも、ひとつの地点に集まりました。

宮古のユタを先頭とする3人は、宮古島に向かって祈りを始めていました。伊良部島のユタに、「あなたはどちらの方角に祈りたいですか?」と訪ねると、「大神島」を指しました。ウハルズの神が、陽の代表とすると、大神島には、この宮古諸島の最高の陰を守る強い神様がいます。そのウタキは、現在、閉じられていますが、ユタでも、絶対に入れないというくらいに恐ろしい場所です。


私の透視で、このウタキを見てみると、そのウタキは、直接、地獄までつながっています。ここだけは、私でも、ご遠慮したいものだと感じるくらい苦しい場所です。しかし、その陰を守っている神様のおかげで、裏の世界が安定していますし、そのおかげで、表の世界が安定しているのですから、そのことを知っている人だけでも、感謝しなくてはいけません。

この三次元は、全て陰陽の世界です。そして、裏があるから表があるのです。だから、どこでも陰を担当する裏の門番や、神さまの力は強いのです。

私が大天使ルシファーから転じて、大天使ルシエル役になったのも、この陰の世界を引き連れて、陽の世界と一体化させて、宇宙全体の調和に結びつけることが役目だからなのです。私の祈る方角は、決まっています。鬼門と呼ばれている東北です。

鬼門(東北)には、神道(しんとう)でいう丑寅の金神様(うしとらのこんじんさま)と呼ばれている、最初に、この地球をお造りになった神々さまの6番目の神様である、国常立尊(クニトコタチノミコト)が居座っています。

この国常立尊(クニトコタチノミコト)は、地球に神を下ろすときに、5番目の神さまが作ったものを、民衆のために一度大きく壊して、再生したことで有名です。だから、それまでの5人の神さまに、身体をバラバラに切り刻まれて、埋められた方角が、東北(鬼門)なのです。

鬼の門とも呼ばれるくらいに、強いその力で守られている門は、この地球にいる全ての神々が集まったとしても、開けることはできません。

天地天命、宇宙創造の絶対神として、この地球に居座るその場所は、永遠に誰も空けることができない扉で閉められています。今回の神事の意味の中でも、私の最大の役目は、「地球創生」です。

それはこの日本の陰を守ってくれている場所、宮古諸島の波動を上げるために、守り神のユタの力を合わせながら龍神の神々、ウタキを守る神々、ご先祖を守る神々の統一した最高の御神所として、この八重干瀬(やびじ)に同調のエネルギー場を作り、そこへ鬼門から直接、宇宙のおおもとへつながる光が降りる場としての祈りを捧げることが目的です。

さあ、全員で、鬼門に向けて、祈りを始めましょう。今回だけは、参加者全員に、供物を用意させました。この祈りの力と光が、すべての天命に向けて働きますことを感謝しながら…。

鬼門に祈り始めても、その天の扉は、真っ黒で閉じたままでした。

私は、今回の祈りの意味、そして、今日まで執り行ってきた様々な神事のご報告、そして、私自身の天命の役目に掛けて、この全宇宙の中で、地球が果たす役目をまっとうできまうように、ここ八重干瀬(やびじ)を祈りの場として、光が降りてきて下さることを心からお願い致しました。

すると、一光が、黒い扉の間から差し始めました。その光はどんどん大きくなり、ついには、その大きな鬼門の扉が、開いたのです。その門の先には、全宇宙の根源につながる光の道があります。強く、そして、やさしいその大きな光は、私たちの御霊、すべてのおおもとの存在でへ繋がる道です。

私が宇宙のおおもとにお願いしたことは、ここ八重干瀬(やびじ)の場を、龍座(龍が座れる場)、神座(宮古諸島の神が座れる場)、そして、宇宙の根源神たちが、集える天場として、年に一度だけ、天上界の方たちが降りてきて、大事な事を話せる会議の場所として扱うことの許しをお願いしました。


それは、全宇宙の中でも、重要な拠点にしかないポイントの場で、宇宙全てをコントロールしている方たちのトップ会談の場として、認めてもらうことになります。

しばらくして、宇宙のおおもとから、許可がおりました。その座に登れる全ての神意識の担い手たちに、知るべき大切なことを伝えることが私の役目とおおせつかりながら・・・。

どれくらいの時間、祈っていたのかは、わかりませんが、全てのやりとりが終わると、鬼門の大きな扉は、スーと閉じていきました。来年、またこの場に、私も登ることを約束して・・・。




祈りを終えたあとの、ユタや参加者の皆様の顔には、感動と興奮がさめやらぬ表情をしています。





一般の皆様は、1時間の時間を楽しく遊んでおられました。




この八重干瀬(やびじ)でしか見られない生きているサンゴの美しさをどうぞ堪能して下さい。


















船に乗り込むと、泡盛とお魚が、みなさんに振舞われていました。私たちの心身の疲労は、逆にハイテンションにさせていましたし、そこへ大好きな泡盛を飲んでしまうと、もう止まりません。

みんなで祈りの成功を祝い、演奏にあわせてクイチャーを踊り狂う、変な白装束軍団と化していました。



後で地元の人に、「おまえたちがあんまり楽しく前で踊っているので、演奏の人たち以上に目だっていたぞ!」と笑いながら教えてくれたそうです。

全ての神々さま、大宇宙の大神さまたち、そして、この最上階の八重干瀬(やびじ)の座で、一緒に祈っていただけた皆様に、心から感謝いたします。

無限無限の感謝を込めて、しばし、おやすみなさい。




つづく  

2006.03.31 Fri


宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島

池間大橋の手前にある島の大門番にご挨拶をすると、天から「どうぞ、お越し下さい」と、何度も声が聞こえてきます。あ〜、ご挨拶の許しをいただけたと感謝しながら、大主神社(別名:ウハルズウタキ)に車を走らせます。

初めて見たこのウハルズの神さまへの道の狭いのには、驚きました。普段はもっと遠くに車を止めて、みなさん歩いてこられるんでしょうけれど、本当に、時間がないので、鳥居の横まで車を乗り付けさせていただきました。



車を降りて、皆さんにまず指示したのは、水で、口、手、足を清めてから、素足のまま入っていくということです。ユタも同様の意見だったので、皆さんは急いで準備にとりかかかりました。

まず、ユタにご挨拶してもらいます。正面で手を叩き祈りをして、私にゆずってくれました。鳥居の前の薄い石段の下で軽くご挨拶してみると、左右に門番がいることがわかりました。両側に、3人づつ、いらっしゃいます。

まず左の3人へ、お一人づつのご挨拶、次に、右の門番へ、お一人づつご挨拶。そしてやっと、正面の神さまへ、正式なご挨拶ができました。

私たちが急いでるのを知ってか、「どうぞ、お入り下さい」と何度も言われます。しかし、どんなに言葉で許していただいても、そのことに甘えることはできません。地元の人や、神人(カミンチュウ)へ迷惑や失礼だけは、絶対にできないからです。

私が先頭になり、次に、神人、そして、供物を持つ3人、そして、参加者の順に一列になって、鳥居をくぐります。コンクリートで整備されたこのウタキの道は、道の真ん中だけが整備されて盛り上がっていますので、とても歩きやすくなっています。

神道の神社では、普通は、正面を歩いてはいけません。正面は、神さまの通る道だからです。でも、ここは、許可の得た神人・司しかはいりませんので、これでいいのでしょうね。

鳥居をくぐり、頭を下げながら歩き始めてみても、正面を見ることはできません。自分の足元の少し先だけを見ながら、ゆっくりゆっくり進みます。

なぜかというと、両側に、ものすごい数の人たちが隙間なく、私を見定めるように並んでいるからです。結界ともいえる所も何箇所かあります。その両側には、こわい門番が、こちらをにらみつけているのがわかります。いつもなら、きちっとご挨拶をするのですが、神様が「どうぞ、お入りなさい」と言ってくれているので、一例だけして、進みます。

上り坂の長い道を歩いていると、やっと最後の門が見えました。ご挨拶をしてから、ユタに供物は普段はどこに置くのか聞きました。その場所へ、酒、塩、米を供えます。これでやっと正式なご挨拶の口上を話す準備が整いました。

今まで2日間の伊良部島のなべ底の祈りから始まった龍神の神さまつなぎと、伊良部のウタキの神様つなぎ、そして、伊良部と宮古のウタキの神様つなぎのご報告をしました。

さらに明日、八重干瀬(やびじ)へ登り、やびじの神さまへご挨拶しながら、龍神様と宮古諸島を守るウタキの神さまの祈り合わせをすることのご報告もさせて頂きました。そして、赤碕ウタキで頂いたここへの証文の巻物を供えさせて頂きました。

自分の口上を終え、ウハルズの神さまを心の目で見てみると、なんともゆったりとした雰囲気で、とても笑顔でリラックスしている姿に見えました。きっと見える方にとっては、怖い顔の時もあるのでしょうけれど、今回の私たちの神事の行動をとても喜んでくれているのが、わかります。ウハルズの神さまは、こう、おっしゃいました。


あなたがしようとしていることは、実は、私も前から気になっていて、いつかは、したいと思っていたことなんです。だから、あなたのしてきたことには、とても感謝している」と。

うれしいお言葉です。ただこの一言のために、今までがんばってきたともいえるくらいに、喜びがこみ上げてきます。すると・・・「明日の八重干瀬(やびじ)の祈りには、私も協力したいので」とおっしゃっると、すーと私の体の中に入ってきて、頭の先から足もとへと抜けていらっしゃしました。

正面の椅子に座りなおすと、「では、明日の件、よろしくお願いします。そして、ヌーシの神とハリミズの神にもよろしく!」とおっしゃいました。

フェリーの時間も無いので、ゆっくり世間話はできませんでしたが、大切なことは終えたと感じたので、深々と礼をして退散させて頂きました。帰り道も、背中を向けることは、できません。絶対に、最後の鳥居をくぐり終えるまでは、神の座に足を踏み入れた人間のすることではないからです。

最後の鳥居をくぐり終え、急いで車に乗り込み、猛スピードで平良港へ2台の車が向かいます。車中、運転をしてくれているユタに、「神さまは何とおっしゃってましたか?」とたずねてみました。

彼女も、神さまの喜ぶ姿を見ていたようで、神様が踊っていらっしゃったと言います。一瞬、そんなわけないだろうと思いながらも、神さまは、ユタの彼女に、プレゼントとして見せてくれたようです。

今日一日で最高の笑顔で、私にありがとうございますを言う彼女の目からは、涙が溢れていて、本当に今日の祈りをやりとげられたことに感動しているようでした。

実は、池間の橋を渡る前のお店で、ある事件があったんです。

今回の参加者のなかに、現在、ユタ修行中1年半の女性がいました。その女性が私に、「ウハルズの神さまに供物をあげなくていいのですか?」と聞いたことがキッカケでした。私も実はお昼ごはんに、お腹は空いていたのに、また、肉なしおそばを頼んでいました。

おにぎりも2つ頼んだのですが、どうも、1個の半分くらいしか食べられそうも無いと感じていると、このおにぎりは、神さまに持っていったほうがいいと感じて、用意していました。

私の気付かないことを、神さまが誰かの口を借りて話すことは、よくあります。だから、その女性には、一応、「私はおにぎりを用意しています」と話をしていました。すると、ユタの女性が、そのことで、修行中のユタを厳しく叱り始めました。

相変わらず、地元の人たち同士の会話は、大事なことは方言で話しますので、何を言っているか詳細はわかりませんが、気持ちは伝わってきます。ユタがその女性に言いたかったことは、こういうことです。

「私も供物の準備は、全てしてあるけれど、今日は、どこの場所にいっても、自分のお供え物を出していいとは感じられなかった。今回の神事は、吉岡さんが仕切っているのに、あなたが自分の判断で相手を迷わすことをしていはいけない」と、言っていたのです。

この世界は、とても厳しいんです。実は、自分の供物を捧げるということは、口上を述べたり、お願いごとができたり、自分の祈りをさせていただくことの宣言の意味もあるからです。

そして、実はユタが私に、ぼそっと言った言葉に、「今日は本当はやめようかと思うくらい朝、身体が辛かった」と言っていました。その彼女に私が言った言葉は、「この神事は、本当は、私一人でもやり切れます。しかし、この神事に参加するということは、あなた自身の霊格が上がり、担当次元の領域が変わり、あなた自身の幸せを感じる世界も変わる大切な神事ですから、辛くても、必ず、やりとげて下さい。」と話していました。だからこそ、彼女の涙の中にある喜びの深さは、私にも同じように伝わり感動しました。

車の中で、本当にウハルズの神さまのあの態度と空気には、驚きました。皆さんに、わかりやすく言うと、宮古諸島から琉球諸島の全体を占めるヤクザの親分みたいな感じの神さまです。椅子に座り、ひざを組んで、笑顔で、「よう来た!よう来た!」と喜んでいる姿を想像してみて下さい。

3年前から知っていた神様の位の高さや序列は、下の人が上を見あげても何も見えません。今回の神事でもなれば、外部の私が、同格のように扱ってもらえることはないことでしょう。

明日の八重干瀬(やびじ)が本当に楽しみです。最後の祈り、最後のご奉公、誰にも言っていない本当の祈りの意味を実現する準備が整ったからです。

港へ今日最後の船が出る時間まで、あと10分しか、ありません。普段ならとうてい無理とあきらめるでしょうが、明日の準備もありますし、やはり、伊良部のホテルへ戻れなければ困ります。ここまでやりきったので、珍しく神さまにお願いをしておきました。

「どうか、全員を船に乗せてください。」

6:40分発のフェリー乗り場の入口に着いたのが、6:40。目の前で一隻のフェリーが出ていきました。「あー、いっちゃったー!」あきらめかけて、一応、乗り場へ向かってみると、実は、もう一隻、船があったのです。ユタは飛び降りて、「船を泊めてきます!」と走り出てくれました。

精魂、尽き果てた私も身体は、急には、動けません。みなさんに荷物を持っていただきながら、船に乗り込みました。今日、一日の出来事、今日、お会いしたすばらしい神々さまたち、そして、最後のウハルズの神さま、本当にありがとうございます。私たちは、明日、必ず、最後の八重干瀬(やびじ)神事をやり遂げます。


2006.03.30 Thu


宮古諸島神事 宮古島 四方祈り

伊良部島を一周してから宮古島に向かいましたが、船が宮古島に近づくと、あまりの海のきれいさに、みんなが歓声を上げます。





港に降り立って、宮古島のユタに紹介された最初の祈りの場所は、下地町にある「赤名宮(あかなぐう御嶽」です。このウタキは、伊良部島に直接つながっていて、昔、この浜から伊良部島へ行き来していたとのことです。




ユタにまずご挨拶していただき、続いて私がご挨拶をすると、「もっと中へ入りなさい」というので、言われるままに奥へ奥へと進みました。ユタが立って祈った横に立ってみると、「もっと、前に進みなさい」といわれます。

ウタキの一番奥には、小さな社殿があります。その社殿の前に、ひざますいて祈ろうとしても、「もっと、もっと前へ!」と言われます。さすがに、その社殿の階段の一番上には登れないので、遠慮しばがら一段目にひざを掛けて、お祈りさせていただきました。

すると、神さまがううれしそうに何かを差し出してくれているのです。手に乗せてくれるのかと思うと私の右の袖の中へ、5つのきれいな玉を入れてくれました。赤、青、黄色、白、あとひとつは金でしょうか?最後の色は、よくわかりませんが、きっと何かに使いなさいということなので、ありがたく頂いておきました。

私は伊良部島のウタキでも、いろんなものを頂きました。でも、決して自分のためにほしいと思ったものは、ありません。理由は、何を頂くと必ず、責任が伴うことを知っているからです。

でも神さまがくださるということは、何か大切なことなので遠慮もできません。さあ、この玉は、どこに使う時がくるのでしょう?


赤名宮の神さまは、地元の皆様がとても大切にしているおかげでとても愛想よく、ここまでの話を聞いて下さり、これからすることをご報告すると喜んでくれていました。今回の私の神事については、「本当にご苦労様です。私も一緒に、あなたをお守りさせて頂きます」と言って下さいました。

きれいな海を見たあとですし、昨日の厳しい神事の後ですから、本当に、この神さまの優しい言葉には、喜びが溢れます。世界の誰も、私のしていることを理解してくれなくても、ここの神さまが喜んで下さっている。私には、ただそのことだけで、さらに頑張る勇気が溢れます。

正面祈りを終えて、帰ろうと思うと、伊良部島の方角に向かって、お線香を立てる場所があります。そして、ここには、とても強いエネルギーが伊良部島とつながっているのを感じました。みんなで伊良部島からのエネルギーに、感謝をこめて祈ってきました。



昼食のあと、下地神社(別名:ツノジウタキ)へ行きました。



このウタキは、とても大切なウタキです。宮古島の全ての神さまの最高位にいらっしゃるのは、池間島の大主神社(別名:ウハルズウタキ)ですが、ここは、ユタもしくは、司おばーしか入れないと決められているくらいに、とても霊格の低い人間が入れるところではありません。

2004年に一度、ご挨拶にきましたが、見えないものを感じる人間にとっては、けっこう厳しい場であることがわかりました。


大主神社(別名:ウハルズウタキ)の代わりに庶民の表玄関として、この下地神社(別名:ツノジウタキ)が用意されています。

まず先に、ユタを歩かせて、ご挨拶をしてもらいました。そのあと、ご挨拶に入ろうとすると、あらゆる結界が貼られているのを感じます。お線香を立てる場所へ行くまでに、実に、7段の結界があることがわかりました。

私の龍神ツアーに参加した方には、口をすっぱくして話していますが、絶対に、私の前に出ないこと、そして、私の通りに祈っていれば、間違いを犯すことはないと教えています。ですから、私の後の皆さんは、ちゃんとこの7段の結界でご挨拶をしてくれました。

結界とは、次元の変わり目のことです。さらにそこには、実は、両側に門番がいます。その門番は、何もいいませんが、ご挨拶を怠ると、一番最後の神さまにすぐ、報告がいきます。それはつまり、一番上の神さまに、ご挨拶ができなくなるということです。

地元の皆様は、多少の失礼があってもまだ許されますが、私たちのような他人は、決して失礼なことをしていはいけないのです。それは、地元の大切にしているものを冒涜することになるからです。

実はこのウタキに入る前に、少しと問題が起きていました。

それは、今回の祈りの参加者の中に、喪が明けていない人が3人いたからです。(宮古島・伊良部島の正式なルールでは、親族が亡くなってから3年間は、神事や祝い事に参加することができません)

その心配がたたってか、朝から宮古のユタの身体がおかしくなっていました。実はとても苦しいのを我慢していたんです。神さまの怖さを知っているユタにとって、神さまを怒らせるとどんなことになるかを痛いほど身にしみているからです。実はこのユタのご主人は、神様にさからったことで命を取られていることも原因になっています。

これからどんどん厳しいウタキに入りに行くのに、そんなことでは頭がおかしくなってしまうので、除霊して身体を調整をしてあげました。

これは偶然、私がしたことなのですが、このウタキに入る前に、私は自分が祈るのに供物を持っては歩けないので、3名の方に、塩、酒、水を持ってもらっていました。その3人を選んだおかげで、実は全員が入ることができたのです。

私も知りませんでしたが、実は、その3人が、喪が空けていない人だちだったのです。供物を持つというお役目をいただいたので、その3人が入ることを許されたわけです。自分で決めた事ながら、神さまのご解慮は、いつもすごい!と感動しました。


ウタキの一番奥にご挨拶へ行くと、ウタキの神さまはこれまでの祈りに感謝してくれました。これからいくべき道を、私も守ってあげるとも言ってくださいました。あちこちの神さまに守られるのは結構うれしいものですが、今まで誰もできなかったことを成し遂げようとしているので、どんな覚悟でも出来ています。



次に行ったのが、赤崎ウタキ

実はこのウタキは、この下地神社(別名:ツノジウタキ)の本殿にあたるウタキです。つまり、本当に強く守っている神さまがいるということです。



霊気を感じる方には、見ているとすぐわかると思いますが、とても強い気をだしています。なぜかここだけは写真を写すように私が指示していたので、不思議に残っていますが、実は、ウタキの写真は、写してはいけないことになっています。

私たちのように霊媒体質の方や霊感がある方が写すと、必ず何か別なものが写ってしまいますし、その写真には、霊体エネルギーが転写されてしまうからです。だから、この時の撮影は、魂の一番きれいな方に写してもらいました。

注)こういう理由で、私のHPのウタキの写真は、あちこちのネットから拾ってきたものです。神さま、どうぞ、お許し下さいませ。

このウタキは見るからに厳しいのがわかると思いますので、ユタに、「入れるの?」と聞くと、「途中までなら大丈夫だと思います」と言われましたが、どうも、ピンとこないので、神さまに聞いてみて下さいといいました。ユタの答えは、同じです。でも、私自身が腑に落ちないので、鳥居の前にひざまづいて、自分で聞いてみることにしました。すると・・・

数人の門番に囲まれてながら、「お前は何をしにきた!?」と、問われます。

かくかくしかじかと、神事のことをお話して、あちこちのウタキの神さまもご協力いただいていますと申し上げても、「じゃあ、お前は、何を持ってきたのか?」と、さらに問われます。

これから先、大主神社(別名:ウハルズウタキ)に何としても入らなければ、明日の八重干瀬(やびじ)の神さまに、合わす顔がないと懸命に入ることをお願いしてみました。

今、目に前に、お酒とお水と塩があるのに、まだ、何かを差し出せというのかと少し驚きましたが、言葉だけではどうやらダメみたいだと感じたので、何か無いかと考えていると、ふと、先ほど、赤名宮でいただいた5つの玉のことを思い出したので、その5つの玉を差し出しました。

すると、御嶽の奥から巻物を差し出してくるので、それを頂いてご挨拶を終えました。

この巻物は、実は、大主神社(別名:ウハルズウタキ)に入るための証文だったのです。前にもお話しましたが、この地域の神さまには序列がありますし、それぞれの役目もはっきりしています。ここの赤崎ウタキは、会社でいえば、一番うるさがたの取締役部長といったところでしょうね。

許可の巻物はいただいたものの、この赤碕ウタキの厳しさにはちょっと、ショックでした。

昨日から今日までの祈りで、自分の気が付かないうちに、どこかの神さまに失礼をしていたのかもしれないと反省していました。すこし落ち込みながら車のほうへ歩いていると、ふと右側に、海へつながる道が見えました。私は、その海へ急いで歩いて行きました。

実は、あの赤碕ウタキは、第二次大戦時に浜に流れ着いた兵士たちの命を守ってくれて生き延びたたくさんの兵士たちから大切にされているウタキだと鳥居の前の看板に書いてありました。

これを読んだとき、本当は、すぐその海へお礼参りをしたいと思ったのですが、きっと浜までは遠いだろうと思っていたのです。でも、この海を見てすぐそのことを思い出しました。

心新たに、この巻物を頂いたことと、この浜にたどり着いても残念ながら亡くなった方の御霊を一斉に、あげさせていただきました。

「御御霊、この全ての祈りをここに捧げます。」




この祈りのおかげで、心がすっきりしました。浜の御霊も成仏できて、喜んでくれています。そして、赤崎の神さまも、私のことを本当に理解してくれたようです。ありがとうございます。


次は、池間島の入口にある「龍の門」を開ける祈りです。

ここは、龍に関わる方しか知らない場所ですが、実は、池間大橋の池間側の右側の林の下のおおきな割れた岩が、龍門なのです。写真の左下にある草むらの下にあります。




ユタにこの場所に連れてきてもらってすぐ、この岩の後ろ側が気になりました。先に階段を降りて、砂浜に出てみると、潮がどんどん満ちてきています。靴が濡れるのは仕方がないとあきらめて、じゃぶじゃぶ海を渡って岩を覗いて見ると、「これは、まずい!」。

この門には、表と裏があります。そして、どちらもしっかり守られていて、特に、この裏門は、厳しく守られているので簡単には開けてくれません。

さらに、裏門には、強い霊が集まっています。こういう危険な場所は、他の皆さんには危険なので、見えないところで待っていてもらいました。

まず、お塩で清めて、お酒で清めて、魂にしっかり力をいれて、祈りを始めますが、うー、厳しい!!!先ほどの赤碕ウタキなど、かわいいと思えるくらいに、厳しい言葉が返ってきます。

「お前は、何のためにここへ来たのか?」
「お前は、そのために、何を差し出すのか?」

「あっ!さっきの5つの玉は、ここようだったんだ、あー、どうしよう・・・」

私の後ろで祈ってくれているユタには、何もできませんので、私が決断するしかありません。

どうすれば、この厳しい門番が門を開く許可をいただけるのか・・・・・考えました。そして、私は、こう答えました。

「では、この私の御霊をここへ差し出します。どうぞ、その扱いについては、すべてお任せいたします。」と。

すると、「あい、わかった!」と、答えてくれたと同時に、暗いその裏門に光が差し込みました。ありがとうございます、やっと、裏門をあけてくださった・・・。お礼もそこそこに、今度は、表門の祈りのために、全員で橋のほうへ回りました。

橋から池間島へ向かって歩くと、伊良部島とその岩の両方がよく見える場所があります。

全員に一列にならんでもらって、昨日の伊良部島で開けたエネルギーをここへつなぐ祈りの方法を教えました。私のかけ声とともに、一斉にエネルギーを動かします。

伊良部の龍のエネルギーをこの表門へ向けて・・・・。愛と感謝の光です。

昨日のなべ底、潮吹き岩(スーフツミ)、そして、今日の「龍の台座」や伊良部島全体のエネルギーを体中で感じて送ります。

表門に、光が通りました。龍門が開いたのです。喜びもひとしおながら、ゆっくり日が暮れてきています。

伊良部島に帰る船の時間もあるし、大事な大主神社(別名:ウハルズウタキ)のご挨拶が残っているので、急がなければ・・・。

自分が先頭に立って、池間の方へ戻ろうとすると、天から「止まれ!」と言われます。立ち止まっていると、今度は、「進め!」と言われます。また、2、3歩歩くと、「止まれ!」、そして、「進め!」。

3度目の「止まれ!」が聞こえてたち止まっていると、「左を向け!」と言われます。素直に左を向くと、さっきの龍門の反対側に、大きな岩があります。その岩を見ていると、「あー、これは、大主神社(別名:ウハルズウタキ)の門番だ!」とわかりました。

実は、池間島で一番大切な門番がここなのです。よく自衛隊の敷地の前にいるあの門番のように、しっかり魔を食い止める役目をして下さっています。

皆さんにそのことを伝えて、ご挨拶の祈りをしてから急いで車に乗ろうとすると、ふと、大主神社(別名:ウハルズウタキ)に入るには、すべてを清めてからしか入れないことを気付きました。

道先案内約のユタは、先ほどの下地神社(別名:ツノジウタキ)の一件いらい、私によけいなことを一切しゃべらなくなりました。それは、私にしか聞こえていない、見えていないものがあることがよくわかったからです。

私は、売店でありったけの水を買うようにいいつけました。そして、急いで車に乗り込み、大主神社(別名:ウハルズウタキ)に走り出しました。

 つづく  

2006.03.30 Thu


宮古諸島神事 海から眺める大龍門



3/30の午前中は、今まで島の神人・ユタも観たことがない伊良部島を船で一周しながら祈りを行いです。10人乗りのクルーザーで海から大龍門や大切な場所を祈るために、スタートしました。朝、港へ出て空を見上げると、龍のお腹が空いっぱいに溢れています。





港を出て左周りですぐ見えるのが、この岩です。この岩は、港の海人(ウミンチュウ・漁師)たちや、海の仕事をする方たちを守っている神さまがいる守り岩です。皆さんで、参拝。次に見つけたのが、この岩場。



この割れ目は、ムー大陸のエネルギーにつながる場所で、次元が違います。太古の歴史のエネルギーを持ちながら、大宇宙までつながっています。

次は、島の周りに大きな大切な穴が8つあって、それが龍宮城の中心から四方八方に伸びて、日本や世界のエネルギーポイントにも、つながっている穴です。





サシバ(鷲・鷹)の見晴台が見えてきました。ここは、漁に出る人や、遠くへ出かける人を見送る大切な場所でです。サシバは、遠くまで渡ることができるので、自分の代わりに、大切な人を見守っていてほしいと願いも込めて、建てられています。





これは、龍の出入り口のひとつです。



これは、青龍の台座(休むところ)です。



私自身に青龍が入っているので、この場所からは、「いつでももどっていらっしゃいね」と声が聞こえてきました。そして、台座の大きさが、実際の龍の大きさです。後で、白龍の台座も出てきますが、大きさの違いがよくわかります。

ここには、以前、人が住んでいました。


太平洋戦争当時、伊良部島は、弾薬庫であったり、隠れ家だったり、今でも、島の周りのあちこちに、その後が残っています。

これは、龍の出入り口。


このポッカリ空いた穴の上の岩場の先端は、2004年に私が助けた2匹の龍の子供たちが足を挟まれていた場所です。この下の穴のことを地元の人は、「大龍門」と呼んでいます。



この穴も、龍の出入口です。(子供用)



ここが潮吹き岩(そうふつみー)の入口の穴です。



伊良部島の周りは、サンゴ礁のリーフが広がっていて、なかなか近づけないところも多くあります。その先をぐるっとまわって、初日に見たあの通り池へ向かいます。すると・・・・



これは実は、「天座」と呼ばれる神様が降りるところなのです。あまりの美しさと、神々しさに、一同、大きな祈りを捧げました。この天座は、龍神を司るもっと格上の神さまが、降りるところなのです。特別なときにだけこの池に下りて、隆たちを導いているようです。ありがとうございます。その先にある「通り池」の先端に移動してみると、なんと、そこには、白龍の台座がありました。




この台座を撮影したのは私ですが、なんと、こんな写真が撮れてしましました。


白龍が、姿を現してくれたのです。私をここまで導き、全ての神事をさせてくれたお礼でしょうか?ありがとうございます。感動の祈りのあと、島を一周してくれることになりました。すると、島からは見えない美しい景色がこの島には、溢れています。
















雲にも龍が、現れてくれました。



気付くと、船の潮吹雪も、龍が出てきました。



感謝、感謝と手を合わせる事が自然になって、みなさんの心と顔が幸せそうです。






最後に、めったにみれないヤマトブー大岩を海から眺めながら、いざ、宮古島へ向かいましょう!


蛇足ですが、このすばらしい海からの眺めを、ぜひ皆さんにも体験させてあげたいと思いましたので、今後の龍神ツアーには、この伊良部島1周クルージングを組み込みます。どうぞ、お楽しみに! つづく  

2006.03.30 Thu



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について