目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

805 / 956ページ

下地町の井戸と水の神さま

11月13日

毎回のことですが、、私が祈る場所は、現地へ来てから誰かの口を借りて、天から告げられることがほとんどです。今回は、Iさんの口を借りて、この地上の大切なエネルギーバランスを保つ祈りをすることになりました。この日まず、訪れたのは、来間島に渡る手前にある下地町の井戸の神さまに呼ばれました。この井戸は、今でも地元の人に大切にされているということですが、なぜか、Iさんからぜひ、見て欲しいと言われたからです。

Iさんと私の二人だけで、入口にご挨拶して入ってみると、すぐ右手に水が枯れてしまった井戸があります。そこには、男の神さまがいらっしゃいました。手を合わすと、「少しの水を分けておくれ!」と私に頼みます。奥にも大きな井戸がありますが、その男の神さまに、「中に入ってもいいですか?」と尋ねると、「入るな!いや、入らないで〜」と、少し淋しそうな声で言うんです。

それではと、急いで水を持ってきてもらい、男の神さまの井戸に水を注ぐと、その神さまは、とても喜んでくださいました。この神さまは、自分の水が枯れてしまい、村の人たちの役に立てなくなったことをとても嘆いておられたんです。下地町の方々は今でも、遠方から帰ってくると、まずこの井戸へお礼のご挨拶をするそうです。そしてこの井戸の神さまに対しても、毎年きちんとお祭りをして、その水の大切さを子供たちへ教えているそうです。

井戸の男の神さまが喜んでくれたことで、奥の大きな強いエネルギーを発する井戸へ入っていいと感じたので、足をすすめて階段を降りていきます。この井戸は石段で降りていくのですが、風雨のせいで石段が見えなくなるくらいに木や土で埋もれて、とても足元が悪い状態になっていました。一歩間違えると、下まですべり落ちそうなくらいです。奥の井戸にはちゃんと水がありますが、なぜかそこを守る大きな女性の神さまは、悲しんでおられました。

下までなんとか降りて、その神さまにご挨拶すると、実は、前の枯れた井戸は、自分の息子さんなんだそうです。村のみんなのために、息子の神さまに前の小さな井戸を守ってくれるよう頼んで出したのに、水が枯れてしまったので、息子の悲しみと同時に、その責任を感じて、お母さん神さまは、泣いていらっしゃったのです。

神さまが泣くとその場のエネルギーは、輝きません。だから淋しい霊たちが集ってきていたのです。私が呼ばれるのはいつもこういう場所が多いですが、それは、きちんと霊払いをして、祈り上げをできる人が近くにいないからなのでしょう。まず、その場の霊を払い、邪気を払い、光を当てて、祈りを始めました。

「これからも村の人たちがこの井戸の奥の神さまを大切にするように、水が枯れた息子さんの井戸も大切にすると約束をして。」

どうぞ、この下地町に、お知りりあいの方がお住まいでしたら、ぜひ、これからは、手前に井戸の枯れた井戸も、同じように大切に祈ってあげてくださいとお伝え下さい。そして手前の井戸の神さまには、水を捧げてください。すると、奥のお母さん神さまも、とても喜んでくださいます。どうぞ、よろしくお願いします。

私が祈る場所は、なぜだか水に関わる場所が多いです。それは、青龍の神様が身体に入っていることと、白龍の神さまがこの地にいることを教えてくださったことから始まり、今は白龍さまが、身体に入っていると言っていいくらいにそのエネルギーを感じています。

現在、ホテル てぃだの郷の代表をなさっているIさんも、実は、今、金龍の神さまにしっかり守られている女性なのです。この金龍の神さまは、北海道の最高の聖地である然別湖の神殿の前で、今まで守っていてくださったご先祖の守護神さまに下がってもらい、新たに、これからの大きなお役目ができる神様と入れ替えさせていただいたときに、入ってくれた神さまなのです。

このときその場で一緒に祈り上げをしてくれた20名ほどの方のなかに、その情景が見えていた方があとから詳しく教えてくれました。私が祈り始めて、天上界の扉が開き、すべてが光の世界とつながったとき、そこには、天上界の150神ほどの神さまがこちらを見守っていたそうです。

今まで守っていただいていたご先祖様にお下がりいただいたあと、私は、このIさんのこれからの大きなお役目がまっとうできますよう、必要な神様にお守りくださいと、天の意思にお任せしました。そのとき降りてこられたのが、金龍の神さまなのです。金龍の神さまのお働きは、龍神すべてのお働き(水・火・風・土の守護)に加えて、お金や未来を照らす喜びなど、すべてこの世の人間が喜び、そして神さまも喜ぶために働いてくださるとても素敵な神さまです。

私も毎回、ホテル てぃだの郷へ泊まらせていただく度に、ホテル てぃだの郷 が神々からとても強く守られている大事な聖地であることを知り、四方の神さまに、しっかり祈りとご挨拶をしています。今、宮古島や伊良部島に訪れる方たちの目的が、少しづつ変わってきています。それは単なる観光としてではなく、21世紀を照らす神光(かんこう)を求めていらっしゃる方が増えているのです。

沖縄諸島の癒しブームは、単なる心の癒しではなく、現代の日本人が忘れた大切なご先祖信仰から始まる、 おじーやおばーたちを神の化身として扱う大切な日本人の心やつながりを思い出す土地なのです。そして、そのおじーやおばーたちは、自分たちが苦しいときに、ご先祖様やもっと大きな神さまが守ってくださっていることをよく知っていたのです。

今回、伊良部島で読ませていただいた伊良部の語り部たちの言葉を書いた神話の本にも、たくさん龍神さまのことが書いてあります。また火の神さま、水の神さま、風の神さま、土地の神さまのこともです。でも人間は、いつも自分の都合のいいように物事を解釈するくせがあります。ご先祖様が許してくれても、もっと大きなものを守っている神さまの許しを得ないと、この世の出来事は、うまくいかにようにできているのです。

日本全体における意味でも、地球全体における意味でも、この琉球の地がなぜ、龍神様に守られているのか、なぜ、琉球=龍宮と呼ばれているのかをよく考えてみてください。大きな大きな神は、あなたの小さな願いごとや我欲を成し遂げるために、あなたたちを守っているのではありません。

もっと大きな、もっと大切なものを守り続け、それを未来の子供たちへ引き継いでいくことで、未来が輝くことを知っているからです。その神光の道先案内をしてくださるのが、日本全国をガイドとして回っていた猪子立子さんなのです。

神の道案内をしてくださるこの素敵な女性は、伊良部の地に生まれ、奈良に家族と住まいを持ちながら、神の御業の導きで、この伊良部の地や宮古諸島の地を光輝かすために、単身、伊良部島に戻ってきて働いて下さっている方なのです。これから神の光を求める者たちは、この伊良部の地に必ず感謝の祈りを捧げなくてはいけないときがくることでしょう。

あなたが祈るのに必要な場所は、神光の神さま 猪子立子さんがご案内してくださることでしょう。そのときは、必ず、宿泊費とは別に、神さまに祈りのお礼を捧げてください。これからは、地元のみなさまやこの島を訪れる方たちが誰でもわかるように、龍神さまの大切な目印を設置していかなければいけないと地元の方とも話しました。その資金としてご商売とは別に、神のお志を管理してくださるよう猪子さんにもお願いしました。これから、皆さんにももっともっと伊良部にいる神様の意味がわかるときがきます。

どれくらいすばらしいところなのかは、まず、あなたがこの地に足を踏み入れたときから、感じるものがあるはずです。伊良部に生まれ、伊良部に住んでいる人たちは、神どころの伊良部島を守ってくださる方たちですから、全員、神さまの使いです。だから私は、いつも細心の注意を払って、地元の人に喜んでもらえるよう心がけて、この地に足を踏み入れています。

ここ宮古諸島は、あなたのご先祖神のすべてを守ってくださっているルーツの島でもあります。この意味は、いづれ解き明かすときがくるでしょう。

聖地を汚すなかれ!

これは、この島を訪れるすべての皆様へのお願いです。ありがとうございます。

2006.11.13 Mon


御霊上げは ゴミ拾い!!

11/12は、風が強かったので一日ゆっくり海を見て過ごしてから、午後、ピカピカの太陽が美しい渡口の浜の海に足をつかって、全員が子供心に返りました。そしてふと、あの白龍の写真を写した 木泊部落 があった浜にいってみたくなってので、龍神ツアーの皆さんをお連れしました。浜に着いてまず驚いたのは、浜のゴミの多さと、この浜にいる霊たちの悲しんだ声です。

海に向かって瞑想をしながら何ができるか考えてしました。みなさんも一人一人、それぞれがこの浜の悲しみを感じているようでした。この木泊部落があった浜は、「星の砂」が拾える場所なんです!



みなさんにそのことを教えてあげると、それぞれが砂とにらめっこしなが、星の砂を見つけて大切に拾って帰りました。今の自分にできること・・・・、ずっとそのことを考えていると、私は、自然に、ゴミを拾いはじめったくなりました。心の中で「ありがとうございます。すべての御霊の御上がりますことを感謝いたします」と唱え続けながら、ひとつひとつのゴミを拾わせていただきました。するといつのまにか、全員の人が何も言わないのに、自然にゴミを拾い始めてくれていました。

用意したゴミ袋がなかったのであまり多くは拾えませんでしたが、そのゴミを拾えてことで、少しだけ霊たちの悲しみが癒えたようです。”ありがとうございます。”ゴミを拾わせていただいた全員が、同じ気持ちを感じていたようです。夜、久しぶりにホテルてぃだの郷の代表 猪子立子さんと話をしていて、彼女も今日、久しぶりにあの浜へお客さんをお連れしてゴミの多さに驚いたと言っていました。

神さまのことを大切にしている島の皆様一人一人の生活のなかの、ほんのひとにぎりの方の心ない行動が、観光客や子供たちへ何を伝えていくのでしょうか?私たち龍神ツアーは、この島へ来るたびに、あちこちのゴミを拾わせていただいていますが、今回は、本当に未来を守り創る大切さな子供たちへ、何を伝えるべきか、ひとつだけわかった気がしています。

心のなかで理由のわからない悲しみを感じながら、明日からの祈り場所が見えてきました。明日は、来間島の神さまにご挨拶にいくことにしましょう!

2006.11.12 Sun


神様のお話し会 伊良部島

久しぶりに伊良部島の港に降りるときに、目があった女性から声をかけられました。「吉岡さんですよね?ブログ、いつも見ていますよ〜!」

とてもうれしいことです。この伊良部島に初めて足を踏み入れて早や3年、やっと地元の方に認知していただけるようになったかと、自分のしてきたことが間違っていなかったのかなあと、一人で自己満足の世界に満ち溢れながら、那覇の祈りの疲れも忘れてニコニコ顔になりました。

お迎えに来てくれてホテルてぃだの郷オーナーからの第一声は、「おかえりなさーい!!」です。ホテルについても、Iさんのお父さんも、お母さんも、私の顔を見るなり、「おかえりなさ〜い」でお迎えしてくれて、本当にこの島の人の暖かさには癒されます。車のなかでIさんの口から、「前回、お話した地元の人との神様のお話会は、今夜、することにしましたのでよろしくね!」です。ありがたいことです。一歩一歩、自分のしている神様のことを地元の方と一緒に情報交換できるなんて、最高に感謝の出来事です。

ホテルに入るとます、私より先に伊良部島に入った7人の北海道の龍神メンバーから、昨日の11/11の祈りの報告をしてもらいました。祈る場所は、「通り池のなべ底で!」とだけ伝えてありましたし、私と一緒に祈ったことがある経験者が4人もいるので今回は、安心して任せていました。全員がなべ底の”胎動くぐり”をしてくれたようですし、さらに、火の神、水の神、風の神の祈りもしてくれたと報告を受けました。さらに感動したことは、なんと、このなべ底の神様の数が増えていたのです。

今年の3月に行った「龍が立つ日」の祈りのおかげで、この場所は完全に愛の場所になりました。すると波動が上がったのを感じて、さらにこの伊良部を守る神様が力をあわせて入ってきてくれたようです。新しい神様は、女性の観音様のようなすてきな神様です。さらにもっと奥のほうにも、違う神様が増えているようですと、数人の人が教えくれました。私自身が行くのは、また後日の予定ですので、そのときしっかり確かめてきたいと思います。7人のすがすがしい顔を見ていると、本当にその場の空気が伝わってきます。ありがとう、みなさん!

夜になって急に、声をかけたのに集まってくれた「神様のお話会」には、8名の島の方が参加してくれました。



参加者の皆さんと話をしていて一番驚いたのは、ほぼ全員の出身部落が違うために、言葉がまったく違う人だということでした。これは本当に、”神はからい”だと感謝しましたが、そのおかげで、北区と呼ばれる佐良浜地区(池間添・前里添)の方と、南区(残りの5区)の先祖の出身の違いや、まもなく行われる豊年祭(ゆーくい)も、7部落ごとにルールが違うことなど、細かい決め事の違いがわかりました。

この情報は、私もとてもうれしい情報ですが、一番、驚いたのは、実は、参加者の皆さんのような気がします。伊良部島に何年住んでいても、まず、他の部落の豊年祭に行くことはないでしょうし、このルールの違いを比べあうことも、今まで必要がなかったからです。この島では、神様ごとについて、昔からとても厳しくおじーやおばーに教えられて育っていますから、神ごとに関して勝手に物事を判断して行う人は、まず、いません。

その大切に守り継がれている神意識とは反対に、現実の問題として、若い世代がどんどん島を出てしまうことで、その大切な神ごとを守る人が減っていることも大きな問題のようです。こういう現実のなかで、これからどう神意識を守り続けていくかは、琉球諸島すべての問題だと言っても過言ではないでしょう。

全体の島々の問題として、大切にしているウタキを守る”司おばー”がいないウタキや、守り継ぐ後継者がいなくて閉めてしまたウタキもありますし、さらには、神人になりたい人が減っていて、強い霊力で地域を守る神人が少なくなっていることも問題でしょう。もう一方の島の方の神ごとの取り組み方として、神ごとをあまりに大切にしすぎて、、ですぎたマネをするなと閉鎖的した結果、何を守り継いでいけばいいのか、若い世代に正しく伝えていける大人が減っていることも問題のようです。

私がお会いした皆さんにお話したことは、まずそれぞれの細かいルールも大切ですが、、ほとんどのウタキの神様は、過去の勇者や村に貢献した”人間を祭っている神さま”だという事を理解して欲しいということです。それと実は、もっと高い次元の 人間ではない天上界の神様がこの伊良部島を守ってくださっているということです

何度もいいますが、この伊良部島は、龍宮城そのものなのです。だから龍のことは昔から、おばーたちの伝説にも多く残っているのです。今回は、出会った人から聞いた話の他に、「伊良部の民話」という語りべたちの大切な伝記本を読みましたし、「伊良部村史」にも今、目を通しています。これからこの最高神の龍神の扱いや理解も含めて、島の皆さんもしっかり守っている自然神の火の神・水の神・風の神

さらには、増えた観音様のような神さまたちを理解して、私たちに何ができるかを考える必要がありそうです。まもなく始まる豊年祭ゆーくい)に、島の方々とお話できることをとても楽しみにしています。わざわざ、足を運んでくださって島の皆様、本当にありがとうございます。吉岡も、神の使いとして何ができるかわかりませんが、一緒に知恵を出して、神様に喜んでもらえる島にしていきたいと思っていますので、御協力・ご指導をよろしくお願いいたします。

2006.11.12 Sun


沖縄本島神事 首理城の祈り

11月11日 首里城祈り


これから私がこの沖縄諸島で天のお役目として行う仕事は、琉球諸島全ての心あわせ、力あわせのための祈りを捧げに動きますので、そのことを正式に、琉球王朝の王様にご報告するための祈りが始まりました。

今回は私に時間がないこともあって首理城のなかにある拝所を、那覇の神人 上原小夜子さんの口をかりた神のご指導のとうり、5箇所の拝所をめぐることになりました。


最初の場所は、園比屋(ソンヒャ)ウタキです。



この場所は、琉球の王様が久高島に渡る際に、必ずご挨拶した大切なウタキだそうです。これからすることを神さまにご報告すると、その神様は私に大きな大きな巻物をくださいました。それは、両手いっぱいほどの長さと、太さも直径15センチもあるほどの大きなものです。神さまからいただく物に意味なくいただく物はないので、懐に入れて、ありがたく頂戴いたしました。


2箇所目は、学問の神様と言われる円覚寺です。


この日が大安だったために、地元の方も供物を持ってここにお祈りに来る方が、後を絶ちません。仕方なく、通りの道で、ご挨拶することにしました。

3箇所目は、円覚寺の真向かいにある同じく学問の神様の弁財天です。




この弁財天は、池のまん中に祈る建物があるのですが、その場所に足を踏み入れただけで、それはもう喜びがあふれてきて、素敵なやさしい神様が守ってくださっているおかげで気持ちが軽くなる場所です。

この場所は、女性の方たちにぜひ来て欲しい場所です。何か辛いことがあったりしたときに、ふと、この神様にご挨拶して手を合わせているだけで、心が軽くなる素敵なヒーリングスペースです。私の祈りを終えて左の方を見ると、鶴が2羽、ツガイでこちらを見ていました。




実は、この鶴は、神様なのです。真っしろな鶴と、灰色の鶴は、仲良く並んで、身動きせず、こちらをじっと見ていました。全員でその神さまにご挨拶とお礼をして次の場所へ移動しました。

4箇所目は、龍桶(りゅうひ)という首理城から湧き出ている水の神さまのいる場所です。


私自身にも龍が入っているために、龍の場所や神様には、とても、ゆうずうがききます。みんなで祈ったあと、その湧き出た水を少しいただき、祈った皆様の身を清めていただきました。

5箇所目は、首理の王様がいらっしゃる本殿です。この本殿に向かって階段を登っていくと広場がありますが、その広場の中央付近にひとつの建物があります。





道案内をしてくださったSさんは、この場所でつい先日、私に似た雰囲気の白髪のおじいさんからメッセージをいただいたそうです。見るからに強く守られている場所でしたので、ご挨拶の祈りをしました。すると、このお城のなかで初めて、下から溢れる強い力で守っている神様がいらっしゃいました。腹を据えて、力を込めて、これからのことをご報告すると通る許可をいただきました。

こういう大切な場所には、必ず強くて大きな門番の守り神さまがいることを覚えておいてください。門番に正式にお目通りの許可をいただないで立ち入ると、あとで大変なことになることもあります。

この日同行した伊良部島出身の女性が、偶然、同じ伊良部島出身で現在那覇にいる神人のおばさんに出会ったので話を聞いてみると、なぜか、その神人も同じように、この場所に祈りに来なければいけないと神様に言われてきたそうです。

本殿の広場に入ると、その真ん中に立ってみたくなり、場の雰囲気から過去の情報を読み取りました。すると、この中央で幾人かの人が、首をはねられていることがわかりました。琉球王がその権力を誇示するために、はむかう島の長(おさ)や神がかり(かんがーり)の人たちをはねていたんです。




歴史はいつも、政治と権力の表と裏があります。
王がそれを望まなくても、権力を誇示したい人たちにとって、削除したい力を動かす人たちがいたことの現われです。

それでは本殿に入りましょう。
右側の入り口から廊下を渡り、そして階段を登り、いつくもの部屋を越えて、先ほどの広場の正面に上に位置して据えられているのが、王様が座っていた大きな椅子です。

その大きな椅子の前に一人歩み出て、これから琉球諸島全体の愛と調和のために自分と地元の仲間たちと動くことをご報告させていただきました。




王様への口上を終えて、お返事を待っていても、言葉がありません。言われるのは、「こっちを見るな、こっちを見るな」と繰り返すだけでした。私は祈るとき、目を閉じていますので当然見えませんので、どうしようかと思いましたが、最初の園比屋(ソンヒャ)ウタキでいただいた巻物を思い出したので、王様に献上させたいただきました。

すると、「あい、わかった!」と力強いお言葉をいただいたので、これでこれから私の行うことのすべての許可が降りたことになりますので、ありがたくお礼をいい、ご挨拶を終えました。

目を開けて見ても何もありませんが、そのときの王様の言葉の意味が、時間とともに少しづつわかってきました。なぜ、王様が悲しんでおられたのか・・・・?

それはいくつも理由がありますが、まず、今の沖縄全土での自分の力が及ばす、荒れ果てさせてしまったことの悲しみです。

そして、もうひとつは、私の神の役目のことなのですが、実は、私が王様に挨拶しに来たことは、ある意味、竜宮の代表(天竜=白龍)としてと来ていますし、もう一方では、宮古諸島のウタキの神様の代表(ウハルズの神)として来たことになりますので、そのことに対して申しわけなくおもっている部分があるからです。

なぜ王様が申し訳なく思うかというと、実は、昔々、宮古諸島は、琉球王国からはずされていたという歴史の経緯があったのです。

なぜ宮古諸島が、琉球王の管理下からはずされたかというと、当時、裏で工作された根も葉もない疑惑にまどわされてしまい、王様の判断したことで、宮古諸島の代表が追い込まれてしまい、苦しいぃ結末に追い込んだことがあったのです。

この宮古諸島の代表は、王様に何度も直訴しにいきましたが、王が一度、決めてしまったことを覆すことはできないために、島の人たちに申し訳ないと、最後は、裏門を出たところで自害したのです。

この場所もすぐわかり、お払いをして祈りあげをしておきました。


この人を祭ったのが、昨日ご挨拶した”白川神社”の神さまなのです。

だから王様は、宮古諸島の神々や民衆に、申し訳ないという気持ちがあったのです。

その宮古諸島の神々を代表して、私がこれから行う琉球全土の神の統一は、首理の王さまも実はしたかったことだったからです。

最後の祈り場所は、世界遺産にのなっている首理の王族だけのお墓の玉殿(たまうどん)に行きました。ここはお墓なので写真は残しませんが、きちんとご挨拶をしておきました。

私の動く場所は、神のご挨拶とともに、神につながる人や天のご縁から素敵な出会いがたくさん起きています。

今回、那覇のサポートをしてくださったお二人の女性は、今年3月に一緒に、八重干瀬(ヤビジ)祈りに参加してくださった方で、那覇の神人以上に、毎日、神に祈り、全知全能の神々の僕として祈ってくださっている方です。

そして、私が会った神人 上原小夜子さんの魂本来のお役目は、「光の柱を立てる」役目の方なのです。この方のご先祖は、もともとこの沖縄の地で、天と地を結ぶ光の柱を守る数名の最上格の神格の一人でした。

昨日、私に出会い、いろいろな話をして、嫌がっていた自分の神人としての役目をまっとし、この琉球の地に、もう一度、光の柱を立てることを宣言してくださいました。

私もこの方に出会えたことを感謝していますし、これからはそのときの数名いた光の柱を守る人たちに出会うことを楽しみにしてます。

最後に、上原さんの口から、こんな言葉が出てきました。

「吉岡さんがこれからすることを考えると、ご挨拶したほうがいい神の島がいくつかあります。そこには、私も同行させていただきます。」

上原さんの言った島の名前は、伊是名島・久高島・久米島など、他にもいくつもの島の名前を教えてくださいました。

そして、私も、また新たな決断をしました。

この琉球の地が輝くために、必要なところへは、全てご挨拶しにいくことを!

ありがとうございます。  

2006.11.11 Sat


沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 

昨日、北海道から直行便で那覇に降りたって、初めて沖縄本島の地元の方たちと正式な祈りをしにいきました。

場所は、白川神社と呼ばれる宮古島の開祖が祭られている神社です。(この神社についてまだ詳しいことは調べていません)お連れしてくれた方によると、私が宮古諸島の神ごとをしているんだからと連れていってくれたところです。

まず、ひととおり全体を見てみると、入り口に”陽の守り番”として大きながじゅまるの樹があります。そして、そのすぐ奥には、土が盛り上がった大きなその神様の場所に"陰の守り番”がいましたので祓い清めて感謝の祈りをしてきました。

そして奥にある祈り場所に行くと、誰かが祈った線香の束がそのまま放置されていたんです。さらに、悲しいことは、このすぐ下の坂では、何本もの木が切り倒されていたのです。

これが今の沖縄の現状だと見せ付けてくれたようですが、正式にお払いをしてから、ひとつひとつ神様にご挨拶をして、奥の場所にも、ご挨拶の祈りに行きました、


一緒に来てくれて神人と、神ごとを神人以上にきちんとしているステキなお二人の方も、その場の祈りの情景を見て、感動してくれました。入り口で私が祈り始めると、「あっ、龍だ!」という人や、神さんに向かっている神人は、直接、神様から「正式に受け入れられました!」という声を聞き、彼女も私を迎え入れるための準備をしてくれたほどです。

夜の交流会には、地元の記者を含めて8名の方が集い、これから沖縄全体の神様や、神人の導き方、そして、人と人の付き合い方をもう一度見直すための話で盛り上がりました。私も今回の祈りから、この沖縄諸島全体を、○のエネルギーゾーンにするために、何度も足を運ぶことになりそうだと感じています。

そんな話を神人に話していると、午後の伊良部に行く飛行機の前に、「では明日は、吉岡さんに、首里城の祈りをしていただきましょう」いうので、今日、これから出かけます。首里の祈りの大切な5箇所祈りをして、正式に王様にご挨拶にいくということなのです。心して祈って参ります。

これから出会うすべての皆様の魂が喜ぶ道をお手伝いできますことを感謝いたします。ありがとうございます。  

2006.11.10 Fri



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について