目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

783 / 956ページ

2007年 マスターメッセージ

この静かな夜に眠る大宇宙の星たちのことを、創造してみてください。

星たちが集うこの宇宙空間には、数億兆個にもなる星が集い、その全ての銀河系宇宙全体でさえ、無限宇宙のなかのたったひとつの存在として、今も静かに呼吸しつづけています。

今日、あなたが眠りにつくとき、星たちも自らのサイクルで、そっと眠りにつく瞬間があります。

「眠り」、それは永遠に目覚めないかもしれないという危険な賭けにも似た、魂のやりとりの時間。

この肉体や魂を与えてくれた宇宙全てのおおもとの存在(マスター)は、私達一人一人の人間も、宇宙に存在する大切な魂のひとつとして、いつも見守ってくれています。

ある星では、新たな命を生み出す準備をしています。

また、ある星では、命を終えるために、静かに、”そのとき”を待っています。

もしかすると、命を終えることと、命を与えられることを、完全宇宙の自然摂理に合わせて生きている星たちのほうが、”進化”してるのかもしれません。

人間に与えられた”魂”と、星たちに与えられた”魂”は、何が違うのでしょう?

宇宙の存在の摂理に反して、自らの意図を持ち、すべてを自由に操れると勘違いするのが目的ではなかったはずです。

また、神と呼ぶ存在をあがめて、宇宙の雑絶なる力の加護を手にいれるためでもなかったはずです。

なぜ、星たちの寿命のように、私達人間の肉体にも、”限り”をもうけてくれたのでしょう?

それは、”命の尊さ”を問う前に、”魂の尊さ”を知ることを学ばなくてはならないでしょう。


1億年生きる星の”魂”と、3時間だけ生きる人間の子供の”魂”は、魂の価値が違うと思いますか?

宇宙全てのおおもとの存在(マスター)は、なぜ、あなたに、無限の力や無限の勇気や無限の自信を与えてくれなかったと思いますか?

それが・・・・・・・・自らの存在価値を知る唯一の方法だからです。

宇宙の星たちも、私達人間も、家族から引き裂かれたライオンの子供も、地中のなかで眠るアリでさえも、自らの存在の価値を、自分一人では見出すことはできません。

自らの存在の理由や目的を知るためには、あなた以外の誰かの存在が必要なのです。

もうひとつ、限りある肉体に”魂”が、入る理由は、大いなる宇宙の役目を担うことが目的です。

そして、人間にだけ与えられた最高のプレゼントが、創造力 なのです。

明日、何をするか創造することができるように、あなたは、未来を自分で決めることができます。

これが実は、”神の意図”と呼ばれるものと同じ力なのです。

ある人は、明日、誰かを攻撃するための方法をこっそり創造している人もいるでしょう。

またある人は、明日、誰かを笑顔にするための方法をこっそり創造している人もいるでしょう。

地球の未来は、後者の創造をする人の数で決まります。

自分がどんなに辛くても、どんなに悲しくても、人を喜ばせることや楽しませることを考え続けることができる人たちが、明るい地球の未来を創りだすことができます。

でも、そうできない人たちの苦しみや悲しみは、いつ頃から始まったのでしょう?

宇宙の創造主が、人間に最初にインプットしたと本当に思っていますか?

私達の知識の中にある”天国や地獄”、”神様や悪魔”は、誰が教えたのでしょうか?

それは、すべて”親”です。

ではなぜ肉体が生まれ代わるときに、過去の魂の記憶を消すのかをご存知でしょうか?

唯一、まっ白な記憶喪失の魂のおかげで、善悪を判断せずに、すべてのことをもう一度、新鮮に感じるためなのです。

生まれたばかりの子供は、ものごとの善悪も知らず、人間の常識も知らず、倫理も知らない分、すべてのことを新鮮に感じられる”純粋な魂”が宿っています。

でも、まだ何も知らないはずの赤ちゃんが、親のやりとりやテレビを見ていて、初めて見る出来事に涙ぐむときがあるのは、赤ちゃんの頭の知識ではなく、魂の記憶の奥底で感じている”宇宙のおおもとの”とのつながりの涙なのです。

知識として何も知らないことをいいことに、勝手なルールや、脅しやごまかし方を教えるのも、全て、親です。

その教えられた親のルールが、”絶対”だと信じているからこそ、子供は大切にしたいものを守れると信じていますが、あるとき、”絶対”だったはずの親が、そうではないことを知る時がやってきます。

そういう子供は、親に押さえつけられた分、ウソを教えられた分、”魂の葛藤”が始まります。

生まれたばかりのときに、真っ白だったはずの赤ちゃんが、なぜ今のあなたのようになってしまったのでしょうか?

それは単に、あなたの親が悪いわけではありません。その親でさえも、魂が未熟だったのです。

そして、その親の親でさえも、魂が未熟だったのです。

すべての人間の先祖の魂の記憶をさかのぼると、その未熟さゆえに起してきた行動の悲しみや苦しみの記憶が、たくさんインプットされています。それが、皆さんのカルマの原因です。

もともと純粋だった魂が、輪廻を繰り返して、また人間に生まれてくる目的は、そのカルマそ避けて、人間として巧みに生き抜くためではありません。

また、自らの苦しみを乗り越えられずに、誰かを攻撃したり、責めたりするためでもありません。

全ての人間に与えられた魂の目的は、過去の全ての出来事を許すために生まれてきたのです。

それが、自分の責任ではないことも含めてです。

そのために、 私達のこの地球は、今日も、存在することを許されています。

戦争をし続け、水を汚し続け、自然を破壊し続け、生態系を壊し、人間同士でも人を恨み、ねたみ、足を引っ張り、陰口をいい、人に責任を押し付けて生きている人間の存在さえ、今も、許し続けてくれているのです。

あなたにもし、子供がいるなら、あなたが過去してきたことをすべて正直に話せるでしょうか?

もしすべて正直に話せるのなら、あなたは、自らの魂を完全に癒せた(許せた)人でしょう。

でも、都合の悪いことを話さず、あるべき正論だけ話すのなら、あなたは、また、自分の親にされたように、自分の子供にも、苦しみのカルマを繰り返されることになります。

この地球に生まれた人間で、完全な人など、誰もいません。

完全なら、生まれる必要はないからです。

不完全な魂同士の人間だからこそ、許し愛、認め愛、助け愛を実践できるのです。

人間だけは、勝手に生き物の頂点と勘違いしてきた分、自らの歩いてきた道の責任(カルマ)を、自らの責任だと認め許すまで、繰り返し起り続ける、「鏡の法則」があります。

これは、自分が人にしたことは、必ず、自分に返されるということです。

21世紀を生きるように設定して生まれた私達は、自分のしてこなかった過去の地球上の全ての罪の責任も背負いながら、新しい人間になるために、この地球に生まれてきました。

さらに、この地球上で、とても豊かな日本という国に生まれてきた魂たちは、過去の地球上の全てのマイナスを、プラスに持っていくため役割を持って生まれています。

どんなに辛いことや嫌なことや嫌いなことがあっても、前を向いて、愛に、許しに進むために日本という霊性の高い場所に生まれてきたのです。

苦しくて辛い人たちを助けながら、もう一方で、誰かと戦うことをしている人が、自分の子供に教えることは、本当の愛なのでしょうか?

私はそれを、自らが自らを癒せて(許せて)いないことから生まれる「苦しみの情」だと感じています。

それを繰り返してきた結果が、今の地球です。

もうこの地球は、あなたが個人としてのカルマを清算するために費やす時間はありません。

あなたは、あなたのために生まれてきたのではないのです。

まもなく始まる2007年という年は、21世紀の第三ステップとして、エネルギーがさらに大きく上昇します。

あなたがわかっていても許せない苦しみの感情や、思っていてもできないカルマの繰り返し人生は、都合のいいことも悪いことも含めて、100倍のエネルギーで、自分に返ってくる時代になることを覚えておいて下さい。

私は、これからの自分の生き方のテーマを 『ゼロに生きる』 と設定しました。

永遠に、完全にはなれない人間だからこそ、これからもたくさんの失敗もすることでしょうし、たくさんの人にご迷惑をかける人間かもしれません。

だからこそ、その度に、素直に反省するところは反省し、自らの不を認められる素直さを持ちながら、自らを許すように人を許し続け、自分を責めないように人を責めず、”ゼロに生きる”と決めました。

あなたも、どうぞ、新しい2007年の新しい生き方を見つけて下さい。

無限なる宇宙の愛を、すべての皆様へ。

2006.12.31 Sun


煩悩とカルマ

スピリチュアルな世界に、カルマと言う話題は多く出てきますが、カルマの本当の原因をご存知でしょうか?

これは私もつい最近、色々なことが起きてこそ気付くことができたメッセージです。

通常、カルマは、過去世の記憶の感情記憶による反応と、今世で自分が経験したことの感情記憶反応が大きく影響していますが、実は、実は・・・。

もっと強い影響を受けているマイナスの原因がわかりました。

それは,「土地」です。

私達が今、立っているこの大地には、過去、生きて存在した全ての生類の感情や想いと合わせて、その亡骸(なきがら)や物が埋められています。

そこに残っている不浄御霊の想いも合わせて、土地に、「不のエネルギー」がしがみついていることが原因です。

肉体を持つものはやがて、土になり、植物の生態系の循環の一部となり、私達は今も、その土地からの”食べ物”という命(死の循環)の恵みをいただいて生かされています。

宇宙のおおもとが、この地球という星を創られたときにも、まず、大地がありました。

そして、宇宙からの風によって舞い降りたあらゆる細菌やバクテリアが、生き物すべての最初の始まりです。

そして、火(カ)と水(ミ)が与えられました。だから人間は太古の時代から、火や水を神とあがめてきたのです。※神仏の漢字の意味

そして,この地球上で、土・風・火・水をつかさどっている存在が、龍なのです。

古事記や古神道、仏教や全ての古来からの宗教の神の概念も、この自然神でした。

私達は、普段、感情の琴線に触れてしまうことが起きると、反発し、逃避し、衝動で人を傷つけたり、また、その悲しみのあまり、相手を責めたり、自分を責めたりしますが、原因は、あなたが立っている土地からの”不の感情エネルギー”に大きく影響されているからなのです。

あなたが生きてきたなかで、ふと考えた感情や欲のことを”煩悩”といいますが、108個あるその煩悩を一年の最後に、鐘の音とともに祓い上げるのが、仏教の教えです。

でもこれからは、あなたが住んでいる土地や生まれた土地への感謝も、どこかで必ずしてください。実家へ帰ったときに、仏壇へ向かってでもいいですし、神社や祈りの場所でもいいので、その土地の住んで、命を終えていったすべての御霊に感謝の祈りを捧げて下さい。

人間は、ご先祖カルマを生きるために、生まれてきたのではありません。

人間は、いつも過去の失った命から新たな命をいただいて生きていきます。

だから、食事をいただくときに、「(命を)いただきます」という感謝の言葉から始まり、”死”さえ、「今まで生きてくれてありがとうございます」という感謝で終えることができる人間として、”感謝の生き方を実践するため”に生きているのです。

「ありがとうございます」こそが、カルマに振り回されず、愛に生きるための道具として、与えられた天の言霊です。すべてのことに、ありがとうございますを言える人になってください。

苦しみのおかげで、人間は成長できます。いじめてくれたおかげで、強くなります。

足を引っ張ってくれたからこそ、何が一番大切なことかを気付けます。

そのすべての人に、感謝することから始めましょう。

生きているときだからこそ、魂の成長ができるためのできごとなのです。

生きている間だけしか、私達は、魂を成長させることができないのです。

だからこそ、たくさんのご先祖が、あなたを見守ってサポートしているのです。


あなたの魂は、家族を、生まれる場所を、時を選んで生まれてきました。

あなたがこの人生で唯一できることは、”選択”だけなのです。

するかしないか、右か左か、感謝か後悔か、苦しみか喜びか、あなたの人生は、あなたの選択しだで、その生き方の舵を切り開けます。

どうぞ、その学びをお互いにしようと決めてきた、全ての人との出会いに感謝してください。

そしてこれからは、まず、自分が立ってる土地に感謝することを実践してください。

あなたが全ての煩悩とカルマを越える愛の存在になることこそ、この地球を救うことなのです。

愛は、あなたから始まります。

明日は、あなたが決めることで創ることができる 唯一の一日なのです。

私の祈りは、過去のすべての土地への非礼を侘び、人間の行動を侘び、今、存在させていただいていることの感謝だけなのです。

永遠に完全になれない人間だからこそ、今日、変化する!と決意する自分が、明日を変えられるのです。

あなたにとっての幸せも、愛も、あなた自身の感謝から、始まります。

まず、この一年を感謝しましょう。そして、今日、自分は変わる!と宣言してください。

私もまたひとつ、学びを得たことに感謝しながら、自らの役目の道を進みます。

愛を与えることこそが、人生最大の喜びです。

感謝を言える相手がいることが、人生最大のあなたの存在の証しなのです。

地球に感謝、土地に感謝、過去、亡くなった全ての御霊に感謝と愛を贈ります。

2006.12.30 Sat


2007年へ向けて

今日から2007年のエネルギーが流れています。皆さんの魂の目覚めへ向けて、もう一度、大切なことをお伝えしたいと思います。

地球創生という大きな活動は、私個人だけに与えられた特別な役目ではなく、皆さんの魂の記憶のなかに眠る”今世 生まれた意味”の奥底に眠る魂の本質からのメッセージなのです。地球を新しく創造するということは、「人間一人一人(自分自身)が変わる」ということです。

このメッセージは、日本全国でも、世界のスピリチュアルな世界においても、たくさんの方たちが天や宇宙のメッセージとして受けとり、20世紀からも活動されています。

ではなぜ皆さんが望む魂の本質からの想いが、この地球上で何度、挑戦しても実現しなかったのかというと、それは、私も含めて、男女の性を持つ人間という完全ではない心と肉体を持って生まれてきたことの”罪意識”が理由です。

今世、この世に生まれて経験してきた辛い経験や苦しい経験は、自虐的感情や劣等感や被害者意識を生み出し、その結果、自己犠牲に陥るか、反対に、誰かを否定する行動として現れます。

今世の自分が誰かと経験した感情と記憶は、過去世で出会った人(魂)の記憶と重なり合い、今世でもまた、関わるすべて人(魂)同士のカルマ(苦しみ)が、お互いに同調しあっているからです。

ときには、それが強い感情となって現れて、大切なものを守りたいという想いから、結果的に、誰かを非難したり、社会批判や個人攻撃をすることで自分を守る、「戦う」という方法を使うことで、自分自身から”争い”を起こし続けてきたことが原因です。

これを繰り返さずに、真実の愛(許し)に生きることを学び実践するために、私達は、この地球にまた、生まれてきたはずです。

人間が生まれて死に、また、生まれ変わるという輪廻転生の最大の理由と目的は、自分自身を許す・他人を許すことであり、それがまだできない魂の持ち主たちが多いことが原因で、今でも社会のなかで戦いを起し続けていますし、今まであった素晴しい文明さえも、崩壊の道へ導いてきた理由なのです。

全ての魂の根源が、”ひとつ”であるように、人間の男女の魂でさえも、もともとは、”ひとつ”から発生(分離)したものでした。この分離感は、”不安”を引き起します。

その”不安”を互いに埋めあう為に、男女という役割の二分の役割や、親からの分離(自立)、会社からの分離(自立)があるのです。全ての愛は、”分離して愛を学ぶ”ようになっているのです。

なぜ、この男女・オスメスという分離をする必要があったかというと、宇宙の根源は、もともと愛そのものであるからこそ、それ以上にも、それ以下にもならないからです。

分離の意味を会社にたとえると、ある人が、一人の意思で起業した事業は、自分がそれを辞めない限り、完全に自分自身(ひとつ・完全)の証し(存在そのもの)です。

でも一人でいくら頑張っても、時間と、できることに限りがあるために、人を雇ったり、別会社を起したりして、自分のできることを広げていきます。まだ自立できない人を雇い入れることで、新しい和を生み出し、学びあい、そして、最後には、それぞれの自立の道へ進むためなのです。

このことを学んだ人たちは、相互幇助(そうごほうじょ)・相互扶助(そうごふじょ)の精神を持って、生きて存在させてもらっている大きなものへの大儀を守ろうとします。この別会社や誰かを雇い入れて、助けてもらうことが、自分一人ではできないという”個人の分離(わかち愛)”の始まりです。

男女の性の存在も同じで、そのお互いの役目を知り、互いの性の存在理由以上に、もともと”ひとつ”であったことを想いだし、お互いの愛と調和を大きくするために、誰かを愛し続けて、そしてその行動の全てを許し続けることが必要なのです。

輪廻転生の記憶に、男と女の記憶があるのも、その両面を学ぶために、何度も生まれて互いの感情を体験してきたはずです。しかし、今でも世の中の争いごとの裏側で、多くの女性たちの悲しみの想念が渦まいています。

いつの時代も女性は、男性の苦しみを受け入れる受け口として、影の役目をし続けてきたことが、ひとつの原因です。だからと言って、男性を一方的に攻めないで下さい。男性は、そのことを知っているからこそ、大義名分のために命を差し出せるのです。

もし男性が女性のように、悲しみの感情で戦いに挑めば、お互いの人間同士の苦しみの原因をなすり付け合う戦いになりますから、カルマ戦争そのものになり、この世に、愛の地球が訪れることはありません。

”自由のために戦う”ことや、”女性を守るために戦う”という西洋のブラックな魔法に掛かってから、人間は、もともと大切にしてきた大義名分(存在の意味と役割)を、自分で持たなくても生きられるのだと勘違いさせられてしまいました。

その結果は、宇宙の存在意味や役割も、神の存在理由も役割も、男女が存在している理由も役割も、人間として生きることの存在理由や役割さえも、親が子へ伝えられなくなってしまいました。

今まで地球上で人間がしてきたことやあなたの家族が経験してきた苦しいことが、すべて、誰かの犠牲の上に成り立ていると考える人には、真実の愛は、ありません。犠牲という言葉を生み出したのも、人間だからです。

この大宇宙でも、この地球上でも、今、この瞬間に、誰かの命が消滅して、どこかで、新しい命が命が生まれています。

女性が、子宮を持ち、命を生み出し、子供や地球や自然界を育む役目と目的を持っているからこそ、自分が大切にしてきた命を守ることに必死になります。

ほとんどの母親は、子供の命に関して、いつでも、命を差し出す準備が自然にできているはずです。妊娠期間は、その新しい守るべき命との付き合いを学ぶための期間なのです。でも昔から、この女性の大切なものを守るという強い意識が、反対に苦しみに動くときがあります。

自分の子供の命を失った悲しみや、自分の子供を死なせてしまった悲しみを持つ女性は、この命の責任を自分で取れないことを苦しみ、いつの時代でも”負の想念意識”としてうごめいています。

この女性達の苦しみや悲しみの部分を、あるダークな男性たちの意図にのせられて、すべての原因が、一方的に男性にあると思わせることで、大きな社会運動や政治批判、また個人攻撃による目的破壊を影であやつっている存在が、昔からいます。

いつの時代にも、この女性の悲しみの負の力を利用して、戦争や政治を影で動かしている人たちがいることを知っておいてください。賢い人間は、一方的に誰かを責めることはしません。ものごとには、何ごとにおいても、そうほう言い分がありますし、全ての行為は、関わる相互責任で行われていることを知っているからです。

ましてや、直接、自分自身のことではない人のことを、人助けのように、旗をふる人たちの行動には、気をつけなくてはいけません。そこに関わる責任も、あなたにはあるからです。体制批判も、社会批判も、個人批判も、勝利のあとには、必ず、負けがやってきます。

男性を批判すると、女性の存在意味を非難することにもなりますので、結果、女性の存在意味も否定せざるを得なくなります。

女性の存在理由と、人間としての存在理由を、履き違えて混同してしまうと、何のために男女が存在していて、何のために分離したのかを学ぶことはできません。

人の意識を動かす闇の権力者たちは、いつも自分達の意図を動かす為に、誰かを犠牲者にして、争いの火種を燃やし続けてきたのです。でもこの闇こそが、自分自身のなかにあるものだと、気付いてください。親でさえ、子供がしたことの責任を負える時間は、20才までです。

そのあとは、一人の人間として、責任を負わせなければ、永遠に誰かに助けてもらう生き方をしますし、永遠に、誰かのせいにするという犠牲者を生み出してしまいます。

私個人も人間としても、男としても不十分な点があることを知っていますので、常々、現実に問題が起きたり、物事がうまくいかないときに、今の自分が自己反省するべき点を素直に学び、心を改めることを繰り返し続けています。

私は生まれてすぐから、霊的現象が続いていましたのでほとんどが苦しみの日々でしたが、14歳のとき、ふと、人間の真理を、星を見ていて悟ることができました。それは、「人間が生きる目的は、死である」という学びでした。

この死は、生きることの裏返しです。生きることを知るために死があり、死ぬ為に生きることがあるのだと知ったのです。そしてその目的が、自らの経験したカルマの解消であることもわかりました。でも、苦しい自分の過去世をまた、この世で体験して実践するのが、嫌で、死を選択しました。でも、その行為さえ、神さまに、止められました。

”生きて、すべてのカルマを経験して、苦しみの地獄の底から上がってこい!”と言われた気がしました。だからまだ人間の部分の私は、苦しんでいます。でも、その苦しみを心の闇に隠すことを許さないように、学ぶべき、許すべきテーマを与えてくださいます。

いつも、私は、自分に問います。

私は人間として生きてきた経験のなかで、どれくらいの人を傷つけてきたのだろう?

そして、自分自身も、どれくらい傷つけてきたのだろうかと・・・?

苦しい経験をした人は、その分、相手を受け入れてあげる器があります。でもその苦しみの器が小さくて、あふれ出たときには、今度は、誰かにその部分をぶつけて戦いたくなってしまいます。

私は、自分が経験した苦しみの器を大きくすることが”愛”だと思っています。

でもまだ十分な人間ではないからこそ、毎日、自分の反省を繰り返しながら今日も生かされています。

こんな不十分な私が、朝、目が覚めて、まだ生かされていることに気付くと、神はまだ私に生きて、するべきことをしろと言われているのを感じます。

20世紀を人間として生き抜いてきた人たちは、自分一人でどうにもならない権力やルール、また強い力に弾圧されたり、押しつぶされそうになって、自分が苦しみもがいた結果、その場から逃げたり、反対に、誰かを攻撃して傷つける事は、間違いだと気付いたはずです。

21世紀になった現在、この地球上での戦争や、人が人を責める戦い が無くならない理由は、自分の守りたいものを傷つけられたという”被害者意識”と、もう一方で、人を苦しめたことのある自分の心のなかの”加害者意識”の両面から、過去世のカルマを繰り返し続けているからです。

もうこの地球上に”争いや勝ち負け”がなくなり、愛が溢れるためにも、苦しいあなたの心の中での戦いをやめてください。私もまだ、自分を許さなければいけない悲しみが残っています。今日、一緒に、自分を許しましょう。

2006.12.25 Mon


沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)

今日は、雨ですが、”東の祈り”から始めます。浜比嘉(はまひが)島と平安座(へんざ)島に向かうと、すごいエネルギーが、浜比嘉島から立ち上っていました。この島が神の守る島なのは、誰でもすぐわかることでしょう。しかし、この浜比嘉島を守っているのは、実は、平安座島なのです。ご挨拶の順番としては、まず、平安座島からいくべきでしょう。

この島に入ると、どこかに守っている場所があるのがわかりますが、場所がわからないので、同行した方が地元の人に聞いてくれました。私は、偶然見つけた戦没慰霊碑を守っている霊(神)に、聞きにいきました。「そこを曲がってすぐ右にある!」と教えてくれたとおり、普通の駐車場の一角に、神祈りのための岩がありました。




でも、祈りの口上を述べても、なかなか、こちらの言うことを聞いてくれません。不思議に思って、よくまわりを見ると、きれいに見えても、周りにゴミがあります。神様は、自分達のことを大切にしてくれないことを一番、嫌がります。ゴミ拾いのあと、お詫びと御礼、そして、もう一度、ご挨拶です。すると、何とか、浜比嘉島へ行く許可が下りました。

浜比嘉島への橋を渡ってすぐ車を止めて、まず、島の神さまへご挨拶しましたが、「全員の顔を見せろ!」といわれたので、皆さんに車から出てきてもらって、雨のなかをご挨拶です。神さまに島に入る許可をいただき、左の道を進んでみると、井戸があります。まずは、清掃、そして祈りです。






水の神さまが、水が汚れて泣いていらっしゃいましたので、私達がいただいた神の水、七龍(ななたき)の水と、神人の持ってきた水を注がせていただきました。祈りを終えると、Iさんから、「こっちの神さまが、挨拶に来て欲しいと言ってるよ」と、林で見えない奥にある大きなウタキを見つけてくれました。このウタキは、ものすごく強いエネルギーで守られていますので、こういう場所では、手順と順番を間違えることはできません。厳しい手順を守りながら、お礼を言わせていただきました。



この道を進むと、龍宮神の場所があります。岩の下に女性の神さま、上に、男性の神さまがいると神人が教えてくれました。まず、女性の神さまへご挨拶すると、竜宮のカギを要求されます。伊良部島の猪子さんは、実は、以前、神さまから、ある竜宮のカギをいただいていますので、それを、奉納させていただきました。すると・・・今度は、沖縄全体の龍宮神のカギ(マスターキー)を代わりにいただけたのです。これでIさんのお役目も増えることでしょう。



この岩の上に登る道を進んで行くと、突風が吹き荒れるこの島の先端に、しっかり”東”を守っていらっしゃる神さまがいます。この神さまと色々なことをお話しましたが、実は、この神さまの名前は、源頼朝(みなもとよりとも)だったのです。神人は、この場所を”大和とのつながりを祈る場所”だと教えてくれましたが、その意味が、やっとわかりました。どうりで、祈りの場所の形が、沖縄らしくない形をしていると思いました。





この浜比嘉島は、実は、源氏が守っていたのです。そして、先ほどの平安座島は、平家が守っていたのです。だから、なかなか、平家が、よい返事をくれなかったのです。

沖縄は本当にたくさん歴史の傷跡が残っています。私は歴史に詳しくありませんが、確かに、東の場所にいるのは、源頼朝です。

歴史的に彼が来たのかどうかはわかりませんが、彼の御霊は、今でもそこにあります。そして、「東=陽の出場所」を、東向きに守っているのが、この大きな岩です。まるで何かの動物が、ひざをついて、座っているかのように・・・。




私の役目も世の中を照らす東の役目ですので、この神さまの喜びと共感して、とても素敵な場所に感じられました。一緒に同行したSさんは、神さまへ”踊り”を奉納したようです。神さまを喜ばすことができるのも、巫女舞いができるのも、すべてお役目です。皆さんで、感謝の撮影!



もうひとつ、新しい発見がありました。龍の産道を見つけたのです。この場所のエネルギーは、誰もが気持ちいい!と声をあげるくらいに、繊細で素敵な場所です。ここは、子供をおろした人や子供に恵まれない人たちのために、使って下さいと、神人にお願いしました。

亡くなった御霊も成仏しますし、新たな命をいただくこともできる場所です。男性と一緒にくれば、子授かりの場所になるでしょう。でも、勝手に入らないで下さいね。この場所は、龍の子宮と産道がつながっている場所ですので!必ず、神人に”祈り”を立ててもらってから行ってください。龍の神さまが、私に教えてくれた素敵なプレゼントです。地元の皆様のためになれて、私もうれしいです。





この場所の祈りを終えて帰ろうとするとき、地元で問題になっているある宗教団体の車がありました。この団体は、どういう意味かわかりませんが、ウタキの木を切り、大切な物を壊す活動をしているそうです。昼食をしながら、どういう組織か聞きましたが、私達に、神が問いかけているのは、「地元の人間が、大切な場所をどう守っていくかを学ばないといけない」という結論になりました。

誰かを批判したり、困らせることは、簡単なことですが、それでは、意味がありません。地元の人は、自分の利益でウタキを壊しますし、土地も売ります。それと何が違うのでしょう?私達に、この姿を見せて、神が問いただしているのですから、一緒に、学んでいかなければいけません。

私は伊良部の方たちにも言いましたが、形にこだわって、大切なものを引き継げないのなら、意味がないですよとお話しています。形は、いつか、壊れることもあるでしょう。でも、大切にしてきた精神を壊してはいけません。子供達へ何を伝えるか、今、問われているのです。私の祈りは、地球の古来からある「自然神=宇宙神」の信仰ですから、形にはこだわりませんが、でも、責任を持って地元を大切にしてきた人たちは、神さまと同じように大切に扱っているつもりです。


東親(アガリ)を守る場所をどうするのかは、日本にとっても、とても大切なことだと思います。次は、”南の祈り”です。実は、私自身は、一番、行きたくない場所なんです。理由は、「ひめゆりの塔」を代表として、たくさんの御霊が今でも生きているからです。でも祈りですから、仕方がありません。その場所に足を踏み入れると、すぐ、左の岩にたくさんの御霊がいるのがわかります。




皆さんにも覚えておいて欲しいのですが、霊を自分で払ったりできない人は、むやみやたらに、淋しい場所で手を合わせないことです。私も以前、自分が、かわいそうと思った場所で手を合わせて、とても強い霊体にのられて、苦しんだ記憶があります。この場所の祈りは、悲しみも喜びも全てを調和する祈りにしました。全てを海に流して、新たな命が生まれますことを祈らせていただきました。




次の中心の祈りの場所は、自衛隊 那覇駐屯地の中にあるミーヌシン(目の神さま)です。どしゃぶりの雨になってきましたが、私の祈りは、一度やると決めたら、どんな状況下でも、最後まで行いますので、その覚悟を感じてくれている皆さんも、最後までついてきてくれました。







この神さまは、「判官さま」と呼ばれるくらいに厳しい神様だと聞いていましたが、私たちには、なんと、素敵な供物や丸い素敵なエネルギーの玉をくださいました。これから皆様が行う、琉球諸島の全体の祈りの旅に、必要になってくるのでしょう。判官さま、愛をいただき、ありがとうございます。

今日の最後は、”西の祈り”です。雨は土砂降り、身体は、ずぶぬれ、強風にあおられながら、瀬長島(せながじま)へ入ります。これで最後の祈り治めになりますので、しっかり場所を探さないといけません。車で島を何度もぐるぐる回りながら、祈りの場所を探します。私は、地元の神人が準備してある祈りの場所では、あまり祈りません。

理由は、神にギリギリ近づく祈りをするためにも、自分を追い込む位の場所をいつも神が設定してくださるからです。今回は、真っ暗に近い海の端ギリギリで、祈ることになりました。強風で、お酒の一升瓶が、吹き飛ばされてしまいました。それも、神の怒りなら、私がすべてを受け止めます。西の方角は、「死の方角」です。御霊が、戻る方角でもあります。だからこそ、厳しくあって当然でしょう。この方角を祈るとき、自らの魂の力と向き合うことになります。



強風の中、道路に正座して座り、海を目指して祈る全員の心は、強い決意を共感しあいました。祈りながら、目をつむっていても、神の意図が、光で教えてくれます。すべての祈りの口上が終わったとき、海から飛行機が下りてきて、あたりを照らしてくれました。神の許可が下りたということです。同時に、国四鎮(くにゆちん)の成功の証です。

今回の祈りは、沖縄本島を統一することが目的の祈りでしたが、出あったたくさんの方たちの心あわせと、これから出会うたくさんの方達との心あわせも、重要な課題になってきました。2007年4月17日の八重瀬干(やびじいのり)の祈りは、宇宙では、もう準備ができています。

何があっても、すべての祈りを終えてから、望まなくてはいけません。この1000年に一度しかないチャンスを私達に与えてくださっているのです。私は、いつも、自分のできることをさせていただくだけです。神が、誰かを試すほど、もう、この地球に、時間は、残されていません。

私に出会う全ての人が、神の意図を自らが聞き、魂の使命に生きる時代がきています。神のご加護と祈りの成功と、一緒に心と手を合わせてくださった地元の参加者の皆様に、心から熱く御礼申し上げます。

最後になりますが、大和の国に住まいするものの代表として、この沖縄諸島全ての神々、人々に、今までの非礼をお詫びさせていただきながら、これから新たに創ろうとしている新しい日本、新しい地球、新しい宇宙の調和のために、心を合わせていただくことをお願い申し上げます。ありがとうございます。

2006.12.21 Thu


沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮

12月20日 午後

祈りの2箇所目は、この琉球王国のもとになった中国の方たちが持ってきた「カラハイ軸」という羅針盤が治まっている場所です。このなかには、羅針盤と火の神さまが、奉ってありました。琉球王族の血を引く島尻さんに先頭になっていただいて、うっそうと茂った草むらに足を入れてみると、すぐおかしなエネルギーになります。原因は、門でご挨拶をしていなかったことが原因でした。全員でもう一度、その場から出て、入口の見えない門番にご挨拶してから、入りなおします。

ウタキやご神所・拝所の入口や中には、この門番があちこちにいますので、目に見えないからこそ、存在を感じる力が必要です。感じられない方は、前の方の礼を見ながら進まないと、あとで大変なことになります。中に入ると、ハブがいるかもしれないという声もありましたが、私は神さまに聞いて、「出ない」と教えていたたので、安心して入りました。まず、全員でゴミ拾いをしてから、祈りです。





琉球王族や龍王に関わる血を持つ方たちと男性は羅針盤へ、火の神さまには、残りの女性と神人に祈りを捧げていただきました。帰り際、最後に火の神さまから「どうして女性は別なの?」と聞かれます。私はこう、答えました。これは、男女差別ではなく、その神に対して責任を取ることができる人だけが手を合わせることだからですよと。

この羅針盤は以前、説明書きの石があったそうですが、誰かが持ち去ったようです。でもおかげで、この羅針盤の操作方法は、わからないのでいいのですが、私達の祈りの目的を達成する為に、新たに、この次元を動かす盤を操作しました。




祈りのあとは、羅針盤の操作方法がわからないように、すべてを消しました。この盤を動かせるのは、王族とつながっている血縁者か、それ以上のつながりを魂で持っている方だけです。母なる中国の大地へ、感謝を込めて。

次の祈り場所は、なんと、オクマビーチの先にある米軍基地内にある「赤碕龍宮」です。ここは、”国龍宮”とも呼ばれる場所なのですが、なんと、アメリカに許可をいただいて入る拝所なのです。海の中に突き出たその岩は、神さまそのものです。まず海に感謝してから祈る場所を見つけます。二箇所ありました。でも、奥の祈り場所は岩からは危険なくらい強いエネルギーがでているので、龍王の責任を持てるIさんだけに、そのメッセージを受け取っていただきました。






Iさんいわく、岩が真っ赤になっていたということです。それは、私も目をつぶっていて、見えました。目の前が真っ赤に、なるくらい強い神様です。「赤崎龍宮」という名前もここからきているのでしょう。この岩の上にも、神さまのいる場所があるというので、行ってみました。沖縄本島の人は、「弁財天様」がいらっしゃるということですし、伊良部の猪子さんは、農耕の知恵の神さまとして、クワや斧の知恵を授かった神さまが降り立った地として、先祖からの声が聞こえていました。あの伊良部島の英雄「うずぬしゅう」も神さまとして、この地へ遊びにきているそうです。





手前にみえる穴は、神(人)が降りた地で、今は、向かいの岩に鎮座しています。ここは、これからも「知恵の神さま」として、大切にされることでしょう。空が、雲が、私達の祈りを祝福してくれています。


そのすぐ下の林をアメリカ軍は、壊して何かを創る準備をしていますが、実は、その場所は、見てすぐわかる神の場所です。タタリが起きることは、はっきりしていますが、私には、どうにもできません。この聖地に手を入れる責任をどうぞ、おとりください。




次の場所は、「美ら海水族館」の近くにある「備瀬(びせ)龍宮」です。この場所に着くと、九頭竜のことが思い出されました。この島は、その中でも一番強い力を持つ”黒龍”のいる場所です。この備瀬龍宮の神様を昔から大切に守っているのが、浦崎芳子神人でだと地元の紙人から聞きしました。





この島は、普段、潮が引いているときに、反対側の拝所で祈りをあげるのですが、もう潮が満ちてきていますので、海に足を入れて、水つなぎをしながら祈ろうかと思うと、「海には入るな!海には入るな!」と、天から声が聞こえてきます。あとでわかったことですが、この地は潮が引いているときだけ、神が祈りを許した時間なのです。普通の場所より、引いている時間が短いのも、大切な地を守る神の意志なのです。

この場所は、4箇所祈りました。まず海に、そして、黒龍の島の裏門へ、そして、島の拝所の先にある大きな台座へ、そして、海のさきに見える伊江島の山の上のかみさまへ。この台座は、いつかすべての祈りを終えて、宇宙神界の神さまを降ろすときがきたときに、私が霊媒体となって載る台座です。神や宇宙や大和やあらゆる島につながるこの備瀬龍宮のカギを持っているのが浦崎芳子神人です。
さらにこの場所の龍宮の神さまは、島根県の美保神社へつながっているそうです。この琉球王朝の地と大和の地のつながり、神道や天皇家と琉球王朝と宮古諸島のつながり、源氏平家のつながり、中国と日本のつながり、そして、アイヌと琉球民族のルーツにもつながる意味を少しづつ、少しづつとき明かす祈りの旅となりそうです。














北の祈りと龍宮神の祈りを2つ終えて、一気に、南下します。天上界では、私達の祈りを祝福するように、素敵な夕陽を見せながら、雲で、天上界の鳥居を皆さんに見せてくれました。









今回、沖縄本島を回るまでは、それほど大き島だと思っていませんでしたが、なんと島の端から端まで移動すると、混むと3時間近くかかるそうです。12/20の朝9時から移動して、もう暗くなってきましたが、沖縄本島の中心を守る「北谷新宮(ちゃたんしんぐう)」の神さまは、私達を待ってくれているようです。

本来、私の祈りは、決して闇のなかでは行いません。闇には、霊たちが集り、悲しみの悲鳴を聞いて欲しくて集ってくるからです。でもU神人が、この地の神さまの許可をいただいてくたおかげで、その場所をやすらかに守ってくれていました。写真には写りませんが、薄明かりの中、うっすら見える島には、確かに神さまがいらっしゃいます。20名弱の参加者全員が、今日の祈りと、人の出会いに、一人一人感謝を捧げます。






この島に最初に住んでいた人たちは、裸で、岩場の隙間で生活していました。その人たちの場所もすぐ横に残っていましたので、命をつないで下さったお礼と感謝の祈りを捧げます。

大いなる祖先は、私達に命を与えてくださいました。
そして、大いなる神々は、自然界から、食べ物や知恵を与えてくださいました。

その存在の全てに感謝して今日(12/20)の祈りを終えます。ありがとうございます。

2006.12.20 Wed



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について