目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

714 / 956ページ

日本人のルーツを探る

歴史を学ぶことがもっとも苦手な私に、時々、引き込まれるように、文明や民族の名前が心に引っかかるときがあります。そういうときは、まずネットサーフィンをしながら、自然にたどり着く情報を眺めてみます。ネットの情報を読んでいると、自分の気になることや過去の記憶の探求が得意な方たちがたくさんの本を読み、歴史書を調べ、あらゆる観点から、過去の情報の解読をされています。こういう人が書いた文字を読むと、その人が無意識が書いているのか、意識が書いているのかが、すぐわかります。さらにその無意識はどこからきているのかによって、情報の信用度というか、自分にとって、今、必要かどうかを判断するようにしてします。これは皆さんも普通のことですよね。

では今日の本題に入ります。

私がずっと気になっている第一の疑問は、「なぜ、これだけ沖縄に導かれるように私は祈りにいくのか、それはどこの何の意図がなのか?」ということでした。私自身は、1998年から「宇宙調和・地球調和・自然界調和」のことだけを考えて行動していますので、宇宙との対話以外、信用していなかったというのが本音です。だから余計に、歴史の紐解きに興味がなかったようです。

この疑問を紐解くカギは、ここから見つかりました。(3/4ヒッタイト民族・シュメール民族のこと)

シュメール民族から、ここへたどり着きました。(日本人は、どこから来たのか?)

そして、「天孫族」というキーワードから、ここへ導かれます。

※この情報は私個人の興味で見つけたものですの、内容に関するご判断はご自分の責任で判断して下さい。

私はいつも、その土地に足を付けた瞬間に、その土地を守る大きな存在からメッセージがやってきます。反対に、飛行機に乗ると、空間と次元を一気に超えるために、宇宙や大きな神たちからメッセージが降りてきます。

沖縄の島々に立つと、まずその土地の大きな神と対話して、人間の知恵は神信仰の形やお祭りに表れますので、その土地の人にお話しを聞いたり、その土地の霊たちと話したりすることで色々な情報をいただきます。

この4年間で私が感じたことは、

1、日本人に流れている民族ルーツと概念のひとつに、ユダヤの血と意識が入っていることや、天皇家一族が強くそのことを守っている血縁なのは、皆さんもご存知のことでしょう。その一族がたどり着いたのが、伊平屋島、伊是名島、伊良部島(字伊良部を中心とする5部落)です。世界中に広がるこのユダヤの血は、それぞれの時代に、その土地の人と子を残し、変化しながら世界に広がっています。これはアジアと呼ばれる東洋民族の根幹にながれる神意識に類似しています。

2、またイエスキリストを代表とする西洋神信仰も、黒潮にのって与那国を経由してから、長崎や青森までたどり着いています。与那国にたどり着いた代表的な3つの民族は、オランダ・ポルトガル・台湾です。このポルトガル民は、のちに、来間島・池間島へ移住し、”池間民族”として3つの地域に分かれたのが現在の池間島、宮古島の西原、伊良部島の佐良浜地区(2部落)です。この部族が守ってものを引き継いだのが、今は「出雲」だと感じています。

3、この宇宙を創造したと言われている”リラ星”の意識の方たちをはじめ、プレアデス星などの宇宙の星のカルマ意識は、20世紀後半に一気に地球、特に、日本に降りてきて、1890年頃に強い神がかりになった”出口ナオ”さんから始まった大本教(出口王仁三郎氏)や新興宗教の活動家、また、”日月神示”を含む精神世界のなかに多くいらっしゃいます。こういう方たちは、宇宙カルマの清算をするためにこの地球に舞い降り、肉体を持って、新しい宇宙の調和をこの地球から創り出すことを目的に動かされていました。

4、世界の歴史に残る有名な神がかりの力を持つ人たちは、強い霊力も含めてこの地球や宇宙を再生するために降りてきた強い宇宙意識が入った肉体でした。しかし、数千年をかけて、築いてきたこの文明や文化さえ、一瞬で崩壊した経験を持つ、マヤやアトランティスの意識は、常に、そこのとに注意しないと私達をさとしてくれています。

5、今までこの地球上では、大きく2度、全ての文明が消滅しました。現在の文明は、三度目のチャンスなのです。しかし、いつの時代にも、人間が望むものが互いに相違すると感じる理由は、すべての存在のおおもととの分離感が、自らの守りたいもととの相違意識を強くさせ、その結果、争いを引き起こしてきたからです。

6、沖縄にたどり着いた色々な世界のあるゆる意識を持つ民族の方が、なぜ、この東の果てまでやってきたのか、それは、ここに理想郷がある、ここには、宇宙から最初に地球に降りたエネルギーの場所があることを知っていたからです。

7、私が今までの経験から学びながら、今、大切にしていることは、過去のカルマ(魂の苦しみ・人間としての苦しみ)を持ったまま、宇宙や地球の調和を実現することは難しいということです。私自身も、たくさんのカルマを背負い、たくさんのおろかな人間行動もしていますが、人間である以上、決して、神そのものにはならないからこそ、その高い調和意識を肉体があるうちに、現実化するための行動をしてきました。世界中にも、今、たくさんすばらしい方が、愛を語り、調和の道を開き、指導者ではなく、一般の人たちが気づくための活動をされています。

8、この日本に生まれた私達は、世界の過去の歴史のカルマをすべて背負って生まれてきた民族が集結した場所であり、さらに、宇宙のカルマも背負い、その目的を果たすために生まれた民族なのです。だからこそ、今、すべてのカルマ(苦しみ)から愛と調和を学び、新しい地球の調和、あなたの回りの人との調和を作ることができなければ、この大切な地球自体を消滅の道へ進ませることになるのです。

9、2007年3月12日 地球の核(天の岩戸神事)を開けたことで、過去の宇宙カルマのすべてが転換・天昇したと言ってもいいでしょう。だからもう、気づいて下さい。あなたと私は敵ではなく、同じ目的を持った味方です。この地球に生まれたすべての人間は、同じ目的を達成するために、それぞれの役目として、生まれる土地を選び、必要な経験をし、必要な記憶を思い出しながら、生かされているのです。どうぞ、その大切な目的と共通意識を想い出してください。あなたには、あなたにしかできない役目と役割があります。

悪も善も、天国も地獄も、天も地も、そのすべて意味も、人間が作りだしたものなのです。だから、私達で考えて、新しい意味を設定し直しましょう。私達全員に与えられたすばらしい力は、創造主と同じなのです。一切のことを否定しない生き方、どうしたいのか、どうするべきなのかを、あなたの言葉と行動で、子供達にわかりやく教えてあげてください。あなたの子供の目が輝けば、きっと、それを信じてあなたを守ってくれるでしょう。

もう一度言います。

あなた自身が、すべてのものごとと調和していなければ、一切、調和や愛を実践することはでません。否定からは、愛は、生まれないからです。すべてのできごとを認め続けてくれいるこの宇宙の創造主の意図をあなたも理解することができる日を待っています。


そのためにも、まず、7/17 午後8:11からの1時間の祈りに参加してください。

祈りは、創造を現実化する最大の力なのです。    感謝

2007.07.14 Sat


与那国神事の気づき

与那国島には20時間も滞在できなかったのに、14箇所も大切な祈り場所へ祈りを捧げることができたのは、島の神を守る男性や神人(かみんちゅう)、そしてそのご家族のサポートのおかげです。すべてが大きな神の導きとして、私達が歩く道を導いてくださることは、宇宙の神が望むことを叶えるのも、この肉体を持った神(人間)だからこそと新たな感謝が溢れます。

与那国島で人や神々と対話して、書物に残っていない日本人の民族ルーツがまた深く理解できました。当時、与那国島にたどり着いた人たちが伝え守りたかった神の意思を理解していくと、地球を守り、宇宙を守る役目が、私達、日本人の役目であり、存在意味だということに再度、気づきます。

この地球に舞い降りた人間の魂の記憶には、宇宙のある星にいたときの記憶から魂の役目に気付くことがあります。しかしこの宇宙の星の記憶さえ、たくさんの宇宙空間のなかで起きたさまざまな宇宙の歴史の記憶も持っています。そういう宇宙の記憶を持つ人(魂)が目覚めたとき、その過去の宇宙の歴史や地球上で人間として経験した記憶から、もう一度、魂本来の役目をするために行動する人たちが増えてきています。

地球上の歴史に残る過去のさまざまな文明(アトランティス・ムー・シュメール・インカ・マヤ・エジプトなどなど)は、この宇宙の星の記憶をもつ人たちが動いた歴史でもあり、その星の記憶には、この地球の人間というすばらしい能力を持った存在(神)に、もう一度、全宇宙の調和を整えるチャンスを与えてくれていることを感じました。

私達人間の魂の記憶には、人間として輪廻転生したカルマの記憶の他に、エネルギー体(意識体)として宇宙の星にいたときの記憶も、時々、思い出すことがあります。つい最近、チェーンメールで宇宙のメッセージのごとく「神の目」という名前で画像やメッセージが出回りましたが、あれは、宇宙にもともとある星団の映像ですので、宇宙メッセージでも何でもありません。ただ何かを読み取ろうと意識すれば、昔昔の星の記憶を思い出す方も居るかもしれませんが、それもその星に居た仲間達へのメッセージなのでしょう。


宇宙に地球と言う星が表れたとき、今ほど地球の存在意味は、重要な星ではありませんでした。その理由は、地球という星に与えられた役目と同じ星が、他の宇宙空間に2つがあり、互いの星のどれかが消滅しても、その情報を相互補完できるように、宇宙空間ネットワークサーバーのような形で宇宙の重要な機密が守られていたからです。

地球が「水の星」と呼ばれる最大の理由は、実は、この水(真水と海水)にすべての宇宙の記憶とデータが入っているからです。宇宙空間のデータを「水」という物質にしたものとは別に、今でも宇宙空間に存在する空間記憶データのことを地球交響曲第五番に出演したアービン・ラズロー博士は、「アカシックレコード」という名前で紹介しています。

1995年頃にスピリチュアルな世界で有名になった本として「アガスティーの葉」がありますが、その「アガスティーの葉」には、人間一人一人の生まれた意味と人生すべての経験が書かれていることで有名になりましたが、それさえも、このアカシックレコードの情報のほんの一部の部分情報なのです。

2007年3月に、、”地球の核をあける祈り”をしたことで、この宇宙空間のどこかにあるといわれていた全宇宙の情報も、地球の核の中にあることがはっきりしました。

それ以前までは、私は全宇宙の創造主(マスター)が、その宇宙情報のおおもとであることを知っていましたが、この情報を公開しても人間全体の集合意識がまだ準備できていないと感じていたことと、そこへアクセスすることが簡単にできないようになっている理由を理解して、情報の一般公開を伏せてきました。

しかし、今年3月からこの地球が、全宇宙の中心となり、宇宙全体を照らす”光の星”となった今、この地球で創造主にも似た知恵と能力を備えた人間本来の役割に気付く人のために、もう一度、信頼を前提として、重要な情報の公開をします。


1、まず人間の身体の70%以上が水である理由は、宇宙の全情報が、この水に入っているということです。その塩分濃度は、真水でもなく、海水でもない特別な塩分濃度で調整されていて、重要な宇宙の情報を守り継ぐために精神と肉体を持って存在しているのが人間だということを理解してください。

2、真水の力に秘められた力は、創造性です。そして、地球にあるもうひとつの水の海水の力は、意思や知恵・記憶を守り受け継ぐ役目をもっています。

3、真水を男性の精子に置き換えるとわかりやすいのですが、男性がいくつになっても子供のように無邪気なのは、「夢や創造性」を司さどることが本来の精子を持つものの役割だからです。

4、海水を女性の羊水に置き換えてみると、すべての命を生み出す「羊水」を持つ女性の役目は、すべての意思と知恵・記憶を守り継いでいくことが女性本来の役割であることを表しています。

5、神や宇宙意識に一番近い生き方をしていたと伝えられる先住民族の知恵や神を守る沖縄の”神ごと”を女性が守り継いでいる理由もそうですが、北海道の先住民族(アイヌ)たちも、この男女本来の役割を重んじて、部族の知恵の伝承の「語りべ」と「先祖供養」役は、必ず、女性が担当しています。

6、北海道のアイヌの場合、”フチ”と呼ばれる高年齢の霊能者が、長老たちの何日も続く話し合いをまとめる役目として、エカシ(酋長)よりも重要な役目を担っていました。

7、この地球で人間や男女本来の役目を担うためには、魂のおおもとの記憶を呼び覚まし、宇宙における人間(神)の役目に目覚めることが急がれています。そうできなかった場合、この全宇宙は、必ず、消滅します。

8、最後に、私達がいる太陽系を含む宇宙空間のほか、60兆個を越える宇宙が全宇宙空間に存在していますが、その全宇宙空間にも外側があるということもあなたの記憶にいれておいてください。いつかそのことを詳しくお話する時期がくるときを私も楽しみにしています。注)このことを考えすぎて意識が飛び過ぎないようにご注意を!

こういった事実と自分自身の気付きを踏まえて、今後の地球のため働く人たちが目覚めるためにどうしたらいのかを考えてみますと、まず、マインド(心)・スピリッツ(精神・魂)・ボディ(身体)の3つのバランスと整えるためのボディワークと、魂の記憶の奥底に眠る宇宙の星の記憶までさかのぼるための「アカシックレコード・アクセスワーク」を行う必要性を感じました。

以前から前世療法ができるのに、私が積極的にやらなかった理由は、人間として繰り返してきた魂のカルマをどうにかしようとするよりも、もっともっと以前のあなたの魂が”宇宙のおおもと”から分離して生まれたときの記憶まで想い出して、全宇宙における魂本来が役目を、この肉体があるうちに行動してしてほしいと願い続けているからです。

この「アカシックレコード・アクセスワーク」は、神が私に与えた霊視という力を使い、意識の無限チャンネルへのアクセス権でさまざまな壁や次元を超えて行うワークのため、私自身も大量のエネルギーを消費しますので、完全ご予約制とさせていただきます。公開をどうぞ、お楽しみに!

2007.07.10 Tue


与那国島神事 二日目  日本最西端の地 

6/24、一日目の祈りを終えた夜、与那国の方たちが部屋へ集ってくれました。そこに来てくれたある男性は、実は、この島で最大の神を背負う(守る)家系の方でした。地元の神人も認めるこの男性は、30代にして脳梗塞になり、右半身の自由が利かない身体ですが、神のことや与那国の歴史のことは、あらゆることを知っているすばらしい方でした。一般的にも、霊媒体質の方が、大きな病気やけがをすることで、さらに大きな霊力が宿ることがありますが、そのもっとも代表的な例の方です。

そのことがわかってから、神と直接、会話するように、与那国島の歴史のことや神々のことを詳しく聞くことができました。この島は、ポルトガル・オランダ・台湾の方たちの文化や血が入って、大きくその信仰のなかで神の存在が伝えられています。特に、オランダからは、宣教師が多く入り、現在の日本で作られている野菜のほとんどのルーツを伝えた島だということもわかりました。最も驚いたことは、宮古諸島にまだ人が住んでいない時に最初にたどり着いたのが与那国の人たちで、一番、最初にたどり着いた島が”来間島”だったということです。ここでやっと、私が呼ばれた伊良部島・宮古島とのつながりが出てきました。
民族の交流からわかることは、その民族が守っていた精神・神・文化を通して、日本という島にたどり着いた人たちの目的や思いが現代の日本人の意識の根っこにもつながっているということです。古事記や日本書記でも書物に残される内容のほとんどは、常に、公開できない部分を削除し、当時の政府に反感をかわないよう歪められているものがたくさんあります。大切なことはその土地に住み続けている方たちと直接、話をすることで、その方の知識を越えた後ろにいる先祖や神たちから、直接、その当時の情景を見せてもらうことができます。

この男性(神)といろんな話をしていて、この土地を守る神が望むものを叶えてあげたいと思いましたので、「何かして欲しいことがありますか?」と尋ねると、この島の神々でちゃんと立っていない神を起して欲しいということと、自分達では手を付けられないところがあるのでどうにかして欲しい場所を教えてもらいました。また、龍の神を奉っているところにもご挨拶することになったので、急遽、明日は、朝食抜きで、朝、7:00から祈りを開始して、直接、空港に行くことになりました。

6/25 AM7:00〜11:00 与那国祈り二日目
島の守り神の男性は仕事を休んで一緒に道案内してくださいました

1、海を守る龍宮神&金毘羅様の神を立たせる祈り

素晴しいこの場所の龍と金毘羅さまは、私達の祈りをとても喜んで下さいました。大きな力を与えさらに大きな役目ができるよう、大きな神々とのつながりを復活させました

2、西の番(西を守る大きい岩)

この岩は、イースター島のモアイ像とつながりを持ち同じ役目をしていた石です。全宇宙の本来の存在意味を理解している方は、この石が与那国にある意味とムー大陸のつながりを感じてください。


3、龍門(龍の入口)へご挨拶

すばらしいエネルギーが流れているこの龍門は、島の神を守る彼が開いた場所です。

4、ヌル願(ノロたちが航海安全を祈る場所)へ挨拶

人々の願いを叶える祈りのみを仕事としていたノロたちは、王様任命の最高クラスの神人として、沖縄のどの島でも大切にされてきています。しかし、大きな役目だからこそ、その裏にはとても悲しいで事実が常にあったということを理解してください。人が人に願いをすることで起きるさまざまな人間感情のもつれは、今も、まったく変わっていませんね。”祈り人の霊性”と”人間性の部分”をもっと自然に受け止めて学んで欲しいものです。

5、久部良バリ(くぶらばり)・・御霊上げ

ここはとても悲しい事実があった場所です。流球王朝時代、人頭税が厳しく取り立てられたために、ほとんどの子供たちにも税がかかり、家族の食料さえ守れない辛い時代がありました。そのとき、島の人間を増やさないために、身ごもった妊婦たちを中心にこの岩場に連れてきて、岩から岩へ飛び越えなければ生きることを許さないという「人べらし」の場所がここでした。反対側に飛び越えられずに、落ちて登れずに死んでいって人たちの悲しい思いとその御霊たちは、この岩場全体に張り付いていました。その数、数百対を越える御霊たちです。岩の割れ目の真ん中で、赤く光っているエネルギーが、御霊たちの集ったものです。





唯一、救いになったのが、ここの御霊たちの思いを感じてみると、苦しい・辛いとは言ってきますが、自分達が犠牲になって、家族が生き残ったことを知っているために、犠牲になったことで誰かを恨んだりはしていないことです。

「水を下さい」と言われたので、たくさんの水を割れ目に入れてあげました。そして、大きな犠牲になった御霊たちに感謝し、その思いを大切に伝え守り継ぐことを約束して、この場所を新しい命が生まれる場所として場のエネルギーを大転換しました。

この島の人たちはこの事実を知っているからこそ、誰も手を付けられなかったと話してくれました。自分達が生かされていることは、誰かの、たくさんの人の犠牲があったことを知っていてその土地に住み生き続けている人たちです。過去を批判することは簡単ですが、そのおかげで現在生きている人たちがいることを、感謝で伝える生き方をしなければいけないと強く感じました。

6、龍の角(つの)・・・金龍の場所・平家がたどり着いた浜
この浜には今でもたくさん平家の落人たちの霊が集り、その姿を霊能者たちに見せているそうです。この場所を守る金龍・銀龍のつながりを大きくしながら、悲しみでたどり着いた平家の人たちの辛い思いを天昇させる祈りを捧げました。



7、山にある三つの岩(台湾にも同じものがあり互いに向き合っている)

この岩は、真ん中が王様、左が王妃、右が側室の御霊の意味を持っています。男性と女性が力を合わせて、互いの役目を守る意味と、日本と台湾のつながりをつないでいる力の証とも言えます。流球王朝時代にも、大和の時代にも、現在の日本国になっても、ほとんど守ることをされなかったこの島を影で守ってくれていたのは、実は、台湾だったことをこの神の守る力から理解することができます。




8、地球の軸(北牧場の中にある岩)

宇宙につながり、地球の底(すく)にもつながるこの岩は、地球を安定させる軸として、この島の北にあります。地球を守る「地軸」の役目と理解しておいてください。つながりに感謝の祈りを捧げました。



9、西崎(いりざき)・・日本最西端の祈り

与那国島から沖縄本島の距離は、沖縄本島から九州までの距離に似ています。昔から与那国にたどり着く外国の船も、与那国から遠く離れた日本の島々に渡る船も、黒潮本流の流れにのって移動していました。ですから古来の文化の大切な情報や知恵は、潮の流れに沿って移動しながらあちこちに残っているのです。北海道の先住民族アイヌたちも、実は同じ方法で、世界中へ航海していました。先住民族の知恵は、星や海や風や太陽からメッセージを感じながら、生きるすべを大切にしていました。忘れかけたその知恵は、私達の魂に生きていることをどうぞ思い出してください。





10、不老長寿の水

この島の神々が守りついでいるもののなかに、「不老長寿の水」があります。それは、西洋からの神と中国から神が守ってきた知恵の大切な場所です。この水が豊富な島の水は全て軟水ですが、唯一、この水だけが硬水の水として湧いています。地元の人でもわからないこの場所を教えてくれた神の男性から私たちは光の水をいただくことができました。

11、水龍が守る「天の岩戸・月読の神」の場所

白く光っているのが、この場所を守る水龍の頭です。龍をこの場所から開放
して、自由に飛び回るようにしてあげました。この最後の場所のすばらしい水のエネルギーに全員が癒されました。

2007.07.07 Sat


与那国島神事 一日目  日本最西端の地 

2007.07.05 Thu


6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007






伊良部島から沖縄本島に戻り、ホテルのTVをつけてみると、明日が「沖縄慰霊の日」ということで、おじーおばーたちの思いが画面を通して伝わってきました。その日(6/23)に、伊是名島へ渡る意味を考えました。明日の予定は以前から決まっていましたが、この沖縄慰霊の日は偶然の一致ですので、全ては”必然の神の配慮”として自分のできることをしようと朝を迎えました。

伊是名島へ渡るために運天港に着いた途端、すぐに、神人(かみんちゅう)の身体に霊体が憑依してメッセージを伝えてきました。とても苦しくて悲しい口調です・・・。

「私の子供の御霊がまだ成仏できないでいるので、どうか、どうか、助けてください」

先月、北海道で全ての御霊を上げる祈りをしたのにと思っていましたが、よく考えてみると、自分で亡くなったことをわからない幼い御霊や天へ戻ることを知らない御霊がいることもあるわけですから、そのお母さん御霊には、伊是名島できちっと御霊上げをする約束をして戻っていただきました。

車中ずっと、御霊上げの場所を考えていましたが、こうはっきり霊が伝えてくるということは、大きな決断をしなければいけなくなりました。伊是名島のどこで御霊上げをすることが一番いいのか、その場所を神人(かみんちゅう)に尋ねてみると、「戦没慰霊碑」がありますとの返事。

御霊上げをこういう正式に奉られた場所で祈る場合、そこに来られている方たちの悲しい思いともに亡くなった御霊が集りやすい場所になっていますので、大量の御霊を呼び集めて祈ることになります。これは一緒に祈って下さる方の身体への影響もありますので、実施にあたり皆さんに相談しました。

もうひとつ、戦没慰霊碑の場所を何番目に祈るかによって、皆さんの身体の辛さが変わるからです。皆さんの気持ちを聞いてみると、身体はきついかもしれないけど、御霊たちが一番喜ぶ形を優先することで意見が一致しました。

さすが私の祈りに参加される方たちは、自分のことより、地球や魂全体のことを大切にする素晴しい方たちなので感謝しました。この素晴しい決断の分、神人二人には、特に、たくさんの御霊を背負う覚悟をしてもらいましたが・・・。

当初、伊是名島にきた最大の理由は、3/12に地球の核を開けて、「天の岩戸開き」をさせていただくまでの大切な導きをしてくださった大きな大きな神さまへお礼を捧げることが最大の目的です。

この島の祈りの手順として、神人が導きをしてくださいます。まず全員で海へ身体を入れて清めてから、この島に湧き出ている場所の水の神さまにご挨拶して地下水をいただいきました。

ちょうど地元の方が清掃に来られていたのでお話を聞いてみると、ここは、産井(うぶがー)として使っていた水で、新しい命が生まれたときに、まず最初に身体を清める最高の神水として大切にされている水だったのです。

今でもその水の神さまへのお祭りは続いているそうです。その水をいただいて、地球の核を守るすばらしい神さまの場所へ行きました。

一人一人が神さまに直接触り、お礼の祈りをしたあと、ウタキの前で歌を歌い、酒を飲み交わし、食べ物を食べて、神の歓びを自分の身体で感じながら神と一緒に祝いの宴をさせていただきました。ありがとうございます。

この場所を公開しないことはこのウタキの神の望んだことですので、どうぞご理解下さい。

私達、龍球王国創立メンバーで責任を持ってお守りさせていただきます。

そして次が、戦没慰霊碑の場所です。この場所は海側に見える大きな岩が女性神、慰霊碑の後ろの山が男性神として、一対で、この場所を守っています。この場所へ慰霊碑を建てたということは、また新たな命を生み出すことへの願いと希望を添えているのでしょう。



まず全員で”御霊降ろし”の祈りが始まりました。

「全ての不浄御霊たちよ、戦没慰霊碑に書かれている魂たちよ、

その後を追って死んでいった全ての家族達よ、

子を失った母達よ、

親を失った子供達よ。

その全ての悲しみと苦しみを終わらせるために、

魂のおおもとへ戻る祈りを捧げよう。

だから全ての不浄御霊たちよ、

私達の身体に乗りなさい」

そう心の中で祈り言葉を唱えると、空中で待っていたたくさんの御霊たちが一気に私の身体に入ってきました。ゴボッ、ゴボッ、ゴボゴボゴボ・・・。

霊が身体に入るときは、背骨の首のところから入り、尾てい骨まで入ります。

身体の中心に”不のエネルギーのかたまり”がいくつも入り、さらに発しているオーラ体の光のエネルギーの上に次から次へと載ってきます。

その数、数千体〜1万体くらいでしょうか。

この日のおかげで、沖縄全土の戦没慰霊たちを一気にまとめて上げることになりました。

祈りを終えると、神人から、「吉岡さん、大丈夫ですか?」とき聞かれるほどの御霊の量の多さです。みんなの身体も気になりましたが、自分に載っている霊たちの重さに耐えることで精一杯なので、祈りを終えると無口になってしまいました。



次は、この伊是名島から出た第二尚氏の王として有名な尚円王のお城(グスク)と家族のお墓(玉殿)へご挨拶祈りです。

ここでは尚円王の家族の御霊たちから色々な思いが伝わってきました。

祈りを捧げるとまず、尚円王がすぐ来てくれて、先日の首里城の祈りのやりとりや今後の龍球王国創立についてお礼を言いにきてくれました。

神人には、尚円王の家族の御霊からの思いを引き継いでもらい、悲しい出来事が二度と繰り返さぬよう私達が行動で示すことを約束しました。






次は、宇天(うてぃん)=宇宙へつながる龍宮神の場所です。

ここで先ほどの御霊たちを一気に”宇宙のおおもと”へ戻すための祈りをします。

小高い山を登ってみると、龍を守るために弁天様が向かいに祭られていました。

まずは、そこへご挨拶。そして龍宮神へ。



天と地を光の柱でつなぎ、身体中に入っている御霊の感情の全てを感じながら、天へと送り出します。光のつながりに乗りながらあふれ出る今までの悲しみ、苦しみ、辛さ、恨み、つらみ・・・・。

魂たちが身体を通過するたびに、一緒にその感情を感じます。

全てのことを感じてあげることが、最大の供養であり、そしてその気持ちの理解してあげて、望む道へ導いてあげることが、私や神人のような霊媒体の体質として生まれてきた人間の役目のひとつだと感じています。

霊媒体質の方は、幼い頃から自分の好むとこの好まざるに関わらず、常に、霊体たちの思いを聞かされながら生活してきています。

このことに苦しみ悩んだ時間が多いからこそ、誰かに、また、霊たちに喜んでもらえることが、唯一、自分の苦しみを開放し歓びを感じられる時間です。


御霊上げができるまでには、強い精神力をまず持たなければできません。

霊の声が聞こえる周波数(チャンネル)は、あなたが一人で悩み苦しんでいるときに似ています。

だからこそ、私達のような役目を持たされていない方は、どんなに辛い人生だったとしても、明るく元気に生活して欲しいと私達は願っています。

祈りや御霊上げも天から与えられた役目として、神人と神子たちも全力で祈り合わせをしてくれました。


祈りを終えて誰かが、あの場所で祈っていると、身体が宙に浮く感じがしていたと言い出し、その言葉に数名が同調しました。

それもそのはず、あの場所自体が、もう、宇宙につながっていますので、あの場所に立ったときから次元が違うのです。

地球の底(すく)と宇天(宇宙)につながる天地のつながりを持つ島、それが伊是名島です。


すべての祈りを終えて海に向かいました。海は、産みの母であり、すべての循環を終えて戻る場所でもありますので、今日の出来事に感謝して、全てを洗い流しました。

祈りをした夜は、毎日、参加者たちと今日の出来事で感じたことを意見交換し自分が感じたことの意味を深く広く理解するための時間を大切にしています。


これが、沖縄の方言でいう気付きを深める「サニワ」の時間です。

聖地に足を運んだ方は、必ず、何かのメッセージを受け取りますので、どんなメッセージも自分だけのメッセージではありませんから、互いに共有しあうことがとても大事なことなのです。

世界中で素晴しいメッセージを受け取る人たちも、ひとつの役目ですので、そのメッセージや気付きをたくさんの方たちと共有し合い、個人の意識を集合意識に変えていくことが、世の中を変える一番重要なことだと感じています。

もう一度、皆さんにお伝えしますが、あなただけの特別なメッセージは、この宇宙にはありません。

大きな大きな存在からのメッセージであるほど、それは、あなたの周りの人へ伝えるためのメッセージなのです。それはあなたの人生の役割といえるほど、重要な役割なのです。

自分だけのメッセージだと思ってその思いを掴んでいると、”おごり”出たり、他の人と分離感を生み出します、あなたが素晴しい神だと思って聞いている存在のことばで、あなたの自我が喜ぶような言葉を言ってくれたとしても、それは何の意味があるでしょう?だれもこの世の中に特別な人はいません。

1998年に「地球を救いなさい」と言われた私は、全くどうしていいのかわからないまま、一歩一歩、色々な経験をしながら気付いてきましたが、その意味を本当に理解するまでに、10年の年月がかかっています。

人生を修行と思うと楽しくありませんが、私がこの10年で気付いたことは、「自分だけ」という個の概念自体、宇宙にはないということに気付きました。

だから、何ごとも共有し合い、確認し合い、学びあい、助け合い、そして、それを大切な人へ伝えていくことが私達、魂の伝承の役目を持った存在(人間)の役目なのです。そのことをどうぞお忘れないようお願いいたします。

どこの神さまの前に行っても、まず、言われることは、
「時間がありません」  です。

地球が、宇宙が、生類が、人間が、生き残る為に今するべきことをする時間があまりないのです。何かを気付いたあなた自身が、今、すぐに行動を始めることを神々も願っています。

社会や政治や民族の争いが変わらなく続いていても、あなた自身の意識と行動が変わると、あなたの周りが変わります。

そういう人たちが100人、1000人、10000人になると、その周りに居る人への影響は、ものすごい数になるでしょう。

未来は、いつも、「今の意識」が創り出します。だから今、あなたが感じたことがとても重要なことなのです。

結果を恐れず、あなたの魂の声に素直に行動してください。新しいものを産み出すことは、今までの概念を壊すことでもあります。全ての結果を自分の責任で行動できて、相反する人さえも批判しない人たちが増えることを心から願います。

私達は、伊是名島の「サニワ」でとても重要なことがわかりました。新しい地球のために新たにすることが出てきたので、いずれ、皆様にも結果をご報告させていただきました。

素晴しい海と空、そしてすばらしい神々の祝福に感謝しながら、伊是名島を後にして船で沖縄本島へ戻り、そのまま与那国島へ向かうために飛行場へ移動しました。

日本の最西端、与那国島、そこは、神様が地球に降りた根っこの島でした。


2007.07.02 Mon



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について