目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

691 / 956ページ

見える世界の虚像

私たち人間がこの地球の重要な時期に肉体を持ち、この星に生まれた本当の意味に気づきたいのであれば、まず、あなたが”現実世界”だと思っている「目に見える世界の虚像」に気づき、大切なことを勘違いしている”思い癖”に気づく事から始めなければならないでしょう。

あなたの目に見えている”現実世界”が、今、うまくいっていると仮定して、今後も確実に安心だと思っているあなたの心の中にさえ、決して他人が消すことはできない「不安」が常に存在しています。経済社会においては、その「不安」を消すことが大きなビジネスになりますので、常に、たくさんの情報や物が世の中に産み出されています。そのたくさんの情報の波に流されて、真実や大切なことが見えなくなっているのも、自分(の神性)を信じるという魂の本質との対話ができていない方が多いからなのでしょう。

私は現実世界で起きる全ての物事を認めて感謝していますが、今回は、あえて、その視点を変えてお伝えします。

1、紙幣・株・証券・保険などの紙に書いてある内容を信じて動いている世界の経済自体を不思議だと感じたことはありませんか?誰が最初、それを信じたのでしょうか?最近では、インターネットの普及で、パソコンの中に書かれている内容が、すべて事実だと思いこんでいる人がほとんどでしょう。でもその精査や事実可否についての判断の責任は、実は、皆さん自身に問われているのです。

2、肉体はいずれ消滅するものだと知りながら、永遠なる命や健康を求める目的は何なのでしょう?人間は何のために生きているのでしょうか?

3、人生の成功や喜びを、あなた自身は、何を基準にしていますか?それは50年前と50年後、変わらないものでしょうか?もしそれが変わってもいいものであるならば、変わらないでほしいものは何ですか?

4、人生で意味のある事と意味のないこと、それは誰の価値観で判断するものなのでしょうか?お金が儲かるかどうかが一番大切なことですか?人に喜ばれているかどうかでしょうか?自分自身が幸せと感じているかどうかでしょうか?あなたはその答えを持っていますか?

5、自分の幸せと他人の幸せの価値観は違うと知りながら、自分の幸せの価値観を人に押し付けることを知らない間にしていたとしたら、その相手はどうやって自分の幸せの価値観を見つけたらいいのでしょうか?それが親子や学校や社会の中で、もし、今行われているとしたら、それをどうすれば変えることができると思いますか?

人間は一人では不安だからこそ、その確証を求めてたくさんの情報や仲間を集めたがります。周りの人がいいと言ってくれれば、それを信じ、自分の思いは正しいものだと思いこむ動物の癖を利用したビジネスも、今はたくさん出ていますが、人間にもあるその動物的な気質も、あらゆる文化を受け入れてたくさんの経験を積んできたからこそ、高い知恵と高い精神性を産み出します。その高い精神性とは、種族が生き残る本能の知恵を要(かなめ)としながら、互いの本能が共有しあう道をいつも知恵者が探っていました。その対話こそが、自らの神との対話の始まりです。

日本人に「保険」というものが入ってたとき、今ほどなじめませんでした。しかし現在、保険にこれだけ大きくお金を出している理由は、皆さんが「不安」だからです。昔、保険が無い時代は、お互いを信用することで、その部分を補っていました。信用・信頼が希薄になると、そこがビジネスになるのです。物々交換以外のあるゆるすべての商売には、その信用を第一に掲げながら、実は、不安を売り物にしているものがたくさんあります。

不安は、人間が「無」から創りだす創造です。その反対の「安心」や「信頼」も同じです。同じ「無」から産み出すエネルギーの意識なのに、この差は、どうして起きるのでしょうか?そこには、誰かの「意図」があるからです。その意図を見抜く力は、人生を長く経験しなくても、本来、私たち人間は持っていました。

しかし、現実優先社会・物質優先社会の方向性に誰かが導いたおかげで、現在のように、自分を信じられず、人を信じられない人たちがたくさん生まれてしまったのです。でも本来持っている人間の神性に気づけば、必ず、その方向の違いを見つけることができると私は信じています。

だって地球上の全員が望んでいることは、大昔から同じです。

ただそのことを大切にして生きていさえすれば、誰かが都合よく作り上げたルールや掟よりも、さらに進化したものを私たちは産み出せるはずです。

見える世界をただうのみにして信じるのではなく、その裏側にある見えない世界を見る力も思い出して下さい。大切なこと、真実、守るべきもの、残すべきもの。それは、1000年たっても、不変なはずです。私は、あなたの目覚めを待っています。

2007.09.16 Sun


黒岳 頂上神事

9/11(新月)気温25度 曇り

   札幌から車で3時間 当麻鍾乳洞 経由 層雲峡着

   ロープーウエイ&リフトで7合目到着、登山開始

   登り1時間 祈り 下り40分

9/12 層雲峡の滝祈り、比布宇宙祈り、比布神社、カムイコタン、音江ストーンサークル



東京から帰った翌日は、今年の北海道の山の祈りを納める場所を男の山「黒岳1984m」と決めていましたので、早朝5名で出発しました。

羊蹄山は、北海道の母山・女山として守っていますが、8/13の登ったエネルギーを黒岳につなぎ、北海道の山の神々の和合を人間がつなぐ目的でした。

車中、この黒岳の神や宇宙からのメッセージを降ろして、私たち一人一人が、さらに認識すべきことを確認しました。人間のため、自然界のため、地球のための祈りや神事が、宇宙全体の役目となって動き出していることを、登山を終えた全員が確認しました。

宇宙の大きな役目を持って生まれたすべての人間の目覚めのために、私たちに降りた宇宙メッセージを原文のまま公開いたします。

山にある中の光は、いくつもの宇宙につながっています。その中の玉(光)は、まあるい形をしていて黒光をしています。黒は、いにしえから守られてきた大切なもの。それを今回、皆さん世の光として表に出す役目なのです。

無限に広がる宇宙において、黒い光や闇は、命そのもののことを表しています。その命を与えられた地球、北海道、黒岳の役割に気づいて下さい。北海道が宇宙の始まりなのです。

その意味は、宇宙のバランスを表す(※図形)を納めた場所であり、その振動は常に宇宙全体へと共振しているのです。釧路にある要(かなめ)=チャランケシャシは、その番人の場所として、アイヌも、縄文人も、大切にしていました。

チャランケの響きは、宇宙の音霊(おとだま)として鐘を鳴らし、いつも合図を送っています。その鐘の音は、地球を守る存在たちに届けられて、それぞれの役目を果たすよう指示が出ます。

黒岳は、どんな役割かというと、その頂点を守っているところです。「漆黒の黒」というか、黒=闇=宇宙を照らす黒光の頂があります。

今回のあなたたちに与えられたミッションは、その頂点の光をあらゆるところへつなぎ、大きな振動を動かし、全宇宙へ伝令することにあります。

私たちは、神々の承認とは別に、全宇宙の調和を守る役目として、あなたたちを選びました。”その時”が来るまで、どれくらいの時間や意識や人間、神が、現れて消えていったかを想い出して下さい。

”その時”がきたのです。もう宇宙全体は動きはじめなくてはいけない時期に来ています。宇宙にも、命があります。つまり、期限があるのです。だから、生まれ変わりの儀式として、あなたたちの命の水を捧げて下さい。

上(天)へつながるその水=意識は、私たちすべての活動エネルギーとなり、それぞれの役目を果たすよう動き始めます。

”水は命”、それは、人間のためだけではなく、宇宙すべての命そのものであることを忘れないでください。あなたたちの栄光ある活躍に心から感謝と愛を送ります。ありがとうございます。ホーキ星カオリ星





☆黒岳(大雪山連峰)※日本の紅葉はここから始まります

※カムイミンタラ(アイヌ語)=神々が集まる所

”宇宙のおおもと(マスター)”の存在意味には、本来、陰陽も、善悪も、相対も、カルマもありませんでしたが、分離相対意識が生まれてからこの宇宙に存在するすべての存在たちは、そのすべての経験を記憶し続けて今、人間の形となってこの地球に現れています。

その目的は、宇宙のおおもとの本来の意図に気づき、活動するためなのです。

私たち人間は、人間のカルマという輪廻転生の記憶のもっと以前に、宇宙カルマとも呼ぶべきいくつもの星の経験をしています。その記憶のひとつひとつには、肉体を持たない存在として経験したことも、肉体を持って存在した経験もあります。

もし、自らの星の記憶や使命を「正」とすると、その時、対峙した相手への感情は、「悪」や「分離」を産み出し互いが、同じ目的で生まれてきたことに気づかずに、自分を正当化することが、さらに分離意識を進めてしまうことに気づいていません。

私たち人間が肉体を持ち、魂が転生する際に与えられている「過去の記憶を消す」作業は、宇宙のおおもとが唯一、与えてくださったやさしさであり、愛なのです。その意味は、”もともとは、何もなかった”ことを教えてくれています。

私も人間としてたくさんの苦しみを経験したおかげで、その攻撃する相手のつながりからも学びをたくさんいただきました。もしこの地球上で永遠に、相対、つまり、戦う相手を見つけ続けて活動している人間が、まだいるのなら、愛や調和が現実化することはないでしょう。

しかし、すべての人間の本来の御霊は、たったひとつの存在、”宇宙のおおもと”からの分霊であることに気づけば、何のための相対であったかを学びとれるはずです。

そのことに気づくには、自分自身の心のなかで、自分の許せない相手や嫌いなこと=”相対”を認める許す感情の統合=”宇宙意識の統合”が必要なのです。

私たちの肉体は、消滅するすることが目的で存在しています。その肉体を借りて経験する魂の目的が何であるかを、肉体があるうちに想い出さなければ、自分自身に与えられている最大の愛にさえ、気づくことはできないでしょう。

愛という言葉は、相対のすべてを統合した形、つまり、好き嫌いなどの感情を超えた世界から生まれたものです。

現実社会に”相対”として存在している人や物事の意味は、その相手の存在を認め許し受け入れるためなのですから、いつまでも自分の殻にこもって、”独りよがり”を誰かに押し付ける生き方をやめてください。

この宇宙すべてのかなで、”宇宙のおおもと(創造主)”だけには、相対がありません。相対がないということは、絶対の世界です。絶対の世界を「空」や「無」と悟った人もいますが、「完全」、「すべて」、「ひとつ」と同じ意味なのです。

どんな本やどんな人や、どんな宗教から学んでもいいですが、あなた自身がそのことを理解し、行動に移すことを望んで肉体を持っていることを想い出して下さい。

現実にあるものは必ず、いつか、消滅します。だからこそ、魂は、何を守るべきなのか、何を子供たちに引き継ぐべきなのかに気づいて下さい。

あなたの肉体が消滅することは、宇宙全体からみると、たあいのない小さなことでも、あなた自身が”宇宙のおおもと”の一部であることを理解すると、今、あなたが存在している意味、今、あなたが生きている意味を感謝できるように、すべての人や物事を受け入れて、自分の存在に感謝するように、許せない相手にも感謝できる愛の行動を始めて下さい。

私の言葉が理解できなくても、受け入れられなくてもいいですから、あなたの魂の本来の目的、「宇宙全体の調和」、「地球の調和」、「愛の調和」、「不統合との統合」、「偽りと真実の統合」、それが”自分自身との統合”であり、”宇宙全体の統合”のエネルギーにつながっていることに気づいて下さい。

このことを本当に理解できた人は、どんなに自分が受け入れたくない情報や事実でも、嫌いな存在でも、それも、自分の一部であることを感じることができるはずです。

「ひとつ」、それは、「絶対」を意味し、すべてのものが生まれた最初の意味を知ることなのです。完全な世界には、愛や調和という言葉さえありません。

その空間そのものが、そうだからです。愛や調和は、私たち人間が忘れかけたその記憶を思い出すキーワードとして、宇宙からたくさんの人に降ろされたメッセージなのです。

あなたが理解できない人や行動している人の発言を否定しないでください。

あなたもそういうときがあったように、今、その人は、学びの時期なのです。あなたの次の学びは、その人を認め、そして、愛することです。すべてを受け入れても、あなたの本質が変わることはありません。ただ魂が、進化するだけです。

進化する魂の目的も、実は、”宇宙のおおもと”の意識へ戻るためなのです。そのために私たちは、人間同士のカルマや宇宙のカルマの呪縛から解かれて、魂本来の目覚めにたどりつく方たちと出会うために祈り、そして、本音で魂の意見交換をして次の目覚めと次の行動を変化させる活動を続けています。

この北海道という土地には、宇宙神の龍神が降りた場所やストーンサークル以外にも、たくさんの宇宙のエネルギーが降りた場所があることを”宇宙のおおもと”から教えてもらいました。

そのひとつの場所を9/12、見つけることができました。これからたくさんの宇宙エネルギーの場所をみつけてつなぎ、人間同士が”宇宙のおおもと”の意図を理解しあうための活動をしていきます。


2007.09.11 Tue


鹿島神宮 & 東京講演会

北海道の神事が続くなか、新しい地球のエネルギーを関東へつなぐ目的で、初めての東京講演会が新宿で開催されました。今回の目的のひとつに、これからの地球を守る人たちは、人を一切批判しない人たちだと思いますので、「人のご縁つながりを大切にする」形で行いました。おかげさまで、とても暖かい雰囲気のなか、朝夕二回の講演を無事終えることができました。

今回のテーマは、「現実と未来への展望」でしたが、私の4年間の沖縄の祈りを通じて体験した事や、宇宙や神、また、沖縄の人たちに教えていただいたたくさんの古い知恵を通して、人と人のつながり、水の大切さ、あなたがここにいる理由、そして、あなたができるこれからのことなどを伝えさせていただきました。



もうひとつ関東へ出向いた理由は、「土地納め」が目的です。地震・噴火・原発事故を含めて、今まで関東には、たくさんの不安なエネルギーが何度も流れていました。20世紀には日本のエネルギーラインを整えるために、祈りをされた方たちのことを聞いていますが、人間のさまざまな感情やエネルギーが集まる場所の土地を守っている神様との対話をしっかりできたことを感謝いたします。

私が今回出向いた場所は、茨城県にある鹿島神宮です。ここには昔から要石(かなめいし)と呼ばれるすばらしい霊石がありますが、この石との出会いはもう10年も前に仕事で関東へ行った際、知り合いの方に突然連れて行かれた場所でした。その後も、この鹿島神宮の神主さんと情報をやりとりする機会があり、昔から地軸とつながる強い力を守っている自然界の力を守っていることがこの霊石を選んだ理由です。

祈りは、光のない午後8時の真っ暗な闇の中の祈りと、陽が登ったばかりの早朝の光のなかの祈りを二回行いました。深い木々に覆われた森のなか、懐中電灯も持たずに歩いていけたのも10年前の行った経験があるおかげです。

闇は、人を引き込もうとする力と、反対に、闇のなかに溶け込もうとすると受け入れてくれるやさしがあります。昨日の早朝、夢のなかでこの闇のなかから自分の背中を見ていた存在の視線を通して、メッセージを受け取りました。私たちの”これからの行動をただ見守る”と聞こえてきました。ありがとうございます。

2007.09.08 Sat


霊峰 恵山(函館)登山 神事

9/5 札幌から車で6時間移動、函館に宿泊

9/6 気温25℃ 天候 霧 神事参加者5名

霊峰 恵山登山・頂上祈り、函館→札幌 藻岩山 夜の神事







宇宙がこの地球という星を創ったときの重要なエネルギーが降りた場所として、北海道の3つの場所を天より教わりました。この3つの場所とは、利尻岳、積丹半島、そして、今回の恵山です。利尻岳では、この世を”神世”にするための七世・七次元の祈りを行い、そのエネルギーを積丹半島から宇宙につなぎ、さらに太古の知恵も授かりました。そして今回の恵山神事の意味は、さらに、この世を八世・八次元→無限→ゼロ次元まで引き上げるための登山神事です。

一人で恵山神事の計画を立てているとき、函館のまだお会いしたことがない方から連絡をいただき、今回の祈りに参加してくださることになりました。その方の祖母は、昔から強い霊力を持っていた方で、人々を願いを聞き、神の導きするお役目をいただいていた方で、先祖代々、龍神様を奉っている家系だということです。その娘のお母様から恵山のことを聞いてみると、恵山は実は、青森の恐山と姉妹山の強力な霊山で、昔から修験者や霊能者たちが登る山だということがわかりました。参加される方全員に厳しい”霊山”であることを伝え、自分の身を守る準備をお願いしました。

9/6朝、登山口に到着したとき、山全体が霧に包まれているために、視界は10mほどしかありません。雨具を装備して出発してみると、活火山特有の硫黄の匂いと噴火したときの岩肌が歩くすぐ横にそのまま露出しています。登山道の両脇には、八十八ヶ所のお地蔵さまがあり、そのひとつひとつに、苦しみの思いを受け止めた強い感情エネルギーが溢れています。お地蔵さまに手を合わせ、この場所を守ってくださっている存在たちに感謝を伝えます。

噴火口の急斜面を右手に見ながら、ゆっくり足下を確かめて登る途中、山の神様と会話が始まりました。やさしい女性の声で、この”恵山”につながる青森の”恐山”のことを教えてくれました。青森の恐山が兄で、恵山は妹、この二つのつながったエネルギーは、分離した本州と北海道のエネルギーを強く昔から守っているそうです。しかし、人間がこの地に入り、強い霊力を求めて修験者や霊能者やさまざまな苦しみを持った方たちが、自分の苦しい思いを山へ残していくために、霊山として低い振動数になってしまったようです。私たちが今回登る意味を、妹(恵山)は理解してくれていましたが、兄(恐山)は、厳しい目で私たちのすることを見守ると伝えてきます。依存なのか、願いなのか、救いを求めてきたのか、もしそうならば、私たちは、厳しい体験をさせられることでしょう。

自然界にあるすべての存在(山・木・水・風・日・火・土)たちは、もともと、陰も陽も、善も悪もなく、そして上下もなく、すべてが宇宙から与えられた御霊として、自らの役目を全うしていました。地球に存在するすべての命の循環(生と死)は、誰も止めることができない不変な宇宙の摂理だからです。しかし、人間という神は、その循環摂理さえ、自分たちが望む方向へ針路を変え、苦しい時には他の神へ依存し、都合が良くなると、人間だけの独占的なルールを正当化してそれを平然と繰り返してきました。どれくらいの方が、数ある山のなかで、”霊山”として存在している山の気持ちを理解しているでしょうか?

人間が作った道理、摂理・真理は、自然界や宇宙には一切通用しません。そのことに気づかずに、神を語り、宇宙を語り、愛の地球を語ることは、一体、誰のためなのでしょうか?私は人間を批判しているのではありません。ただ、気づいてほしいのです。人間の都合でいつもルールを変更して生きてきた結果が、この地球の今の状態であり、それが大きな宇宙の問題となっていることを。だからここそ私たちの祈りは、その全ての人間が犯してきた行動を詫びて、本来の宇宙のバランスを取り戻し、地球の生態系のバランスを取り戻し、人間としての神の役目を全うするために行っているのです。どうぞ、自分の神性に気づいて下さい、あなたが、すべての創造の神であることを。

頂上に到着して鳥居をくぐると、四畳半ほどの小屋の中に神様が奉られていたおかげで、濡れた衣服を脱いで着替えることができました。祈りを始めると、今までにない大きなエネルギーが身体の中に入ってきます。そのエネルギーは、実は、この山の神、そのものだったのです。すべてのことを知ってほしい、すべてのことを感じてほしいと、私の身体のなかに入り、一体となってすべてを伝えてきました。初めて、祈りの対話をする神が、私の身体の中にいるために、まずその全ての感情や想いを感じることから始まります。悲しみ、苦しみ、辛さ、欲望、願いなど、この山にしみ込んで溢れている人間の感情エネルギーは、頭の先から足の先までビリビリとしびれてきます。

山神さまの想いをすべて受取ったあと、私独自の”神ことば(詔)”を唱え始めると、すうーと身体からご神体のほうへエネルギー体が移動してくれました。恵山神事の目的は、無限宇宙の調和を動かす8個の玉のことや、地球の軸直しという大きな祈り目的がありました。そのために9/5の朝、宇宙のメッセージを受け取った参加者の女性のおかげで、途中の黒岩から大切なものをいただくことができて、その大切なものをここで使うことになりました。

地球の底や地底界に溜まったすべてのマイナス感情や御霊たちをすべて、宇宙のおおもとへお返しするための大切なものです。”宇宙のおおもと”と”地球の底”をつなぐために私の身体中からあふれ出る霊気は、一緒に祈る人たちに同調し、全員の身体が左右上下に震えはじめます。一人の女性は、今までの恵山のすべての感情を表現するかのように、涙を流しながら、嗚咽(おえつ)し始めました。体が震え、泣き叫ぶ声になり、すべての悲しみ、苦しみがあふれ出ました。その全てのマイナスエネルギーを宇宙へとひき上げる時、全員の光の玉が役に立ちました。この玉は、今まで行ってきた神事の場所の神さまからいただいた光の玉です。この玉の”すべてがひとつ”になり、地球の底は、今、光に満ち溢れています。本来、”宇宙のおおもと”と同じ働きをしていた地球の核は、これから宇宙の役目を果たすことができるようになりました。

全員が初めて感じるこの強い大きな振動エネルギーを受け止めるには、祈る人の強い精神力が求められます。この恵山に来るまでに登ってきた山や川の源流、さらに苦行ともいえる厳しい場所まで祈りに行き、自我を消すことができた人だけが、神としての役目を与えられます。本当に、今まで祈りに参加してくださったすべての方のおかげと心から感謝が溢れます。八世、つまり無限宇宙とつながった高い意識の世界が、もうこの地球へ降り注いでくれています。だからもうあなたは自由なのです。過去の宇宙カルマや人間のカルマに引っ張り回されないで、しっかり大地に手を当てて、自らがこの地球を守ると宣言してください。私たちの行動と意識のすべてを宇宙全体が見ています。その意識のつながりの宣言を11月17日の祈りに合わせて下さい。時を合わせるとは、すべての意識を合わせることを意味しています。時間という概念自体、その意識の違いを表すただの物差しなのです。明日を明るい未来にしたいと願うように、創造する意識は、時間を産み出し、未来を創り出す力があります。だから一人でも多くの皆さんと心を意識を合わせる宣言をお願いいたします。

恵山の祈りを終えたあと、すぐ札幌へ戻りました。当初からこの祈りを納めるべき場所が、藻岩山の夜の祈りと決まっていたからです。真っ暗ななか、その場所へ行き、すべてのご報告をして”水の祈り納め”をしました。あとは、来週以降予定されている”山の祈り納め”と”湖の祈り納め”があります。ひとつひとつ、宇宙や神からの指令を全うするために与えられたこの身体が続く限り、私たちの役目がなくなることはないでしょう。人間としての神の役目を終えたとき、私たちは肉体を離れ、宇宙のおおもとへ戻ります。そして、また、次の準備がなされます。それは、あなたの3代先の子供かもしれません。10代先の子供かもしれません。どちらにしても、私たちが守っていくものは、未来の地球の子供たちが、その神性を発揮して、宇宙の調和を整えられるように準備してあげることなのです。

私たちにとって、祈りは、現実です。皆さんは、意識の世界は、別な世界と思っていらっしゃる方もいるようですが、この三次元の現実世界は、すべて、人間が望み、人間が動かしてきたものですから、人間の意識そのものが、現実を創っていることを考えると、意識が現実であることも理解できるでしょう。だから皆さんに気づいてほしいのです。あなたの創造していることが、現実化しているのだということを・・・・・。

2007.09.06 Thu


天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 

神事場所: 阿蘇(熊本)・高千穂(宮崎)

阿蘇山・白川水源・三崎神社奥宮・二上山神社・三か所神社・諸塚山・秋元神社・幣立神




今年6月の与那国島の神事を終えた夜に降りたメッセージが、「オノコロ」と「天孫降臨」でした。この意味を神人や仲間たちと何度も確認すると、新しい国造りのために、熊本/阿蘇・宮崎/高千穂、そして、宇宙のおおもとまで直接つながる木のある幣立神宮へ行かなければいけない事がわかりました。

北海道の神事の途中に九州へ行く意味を考えてみると、2003年からのすべての神事のつながりは、ひとつの目的に向かっていることがわかります。2003年に降りたメッセージ「地球創生」は、地球上のすべての人間のそれぞれの魂の役目を全うするために、新しい時代の先頭を切って動くべき人たちには、啓示やメッセージが降りています。

当時の私をサポートしてくれたのは、「クニトコタチのミコト」のようですが、現在では、さらに、大きな存在たちが私をサポートしてくれています。

政治の力で手を加えられている歴史や資料を昔から信じていない私は、ほとんど書物からの知識がありません。だからこそ必要な時には、必ず、必要な人が情報を持って私の前に現れて神の導きをしてくれています。今回の「オノコロ」や「天孫降臨」の意味も、ネット上からはいくつか情報を拾ってみましたが、どれもピンとこないものばかりのまま、すべてを神の導きにお任せしました。


8/31、千歳空港から飛び立った飛行機のなかでは、この私の疑問をすべて解決するためにメッセージが降りました。そして今回の神事の内容は、ぜひ皆さんに公開してほしいとメッセージが降りていますので、その全容を公開いたします。


○宇宙からのメッセージ

オノコロとは、いにしえのならわしの中にある伝統的な神行事のことである。オノコロの聖地は、高千穂。高天原(たかまがはら)の隣にある大きな岩の上に”天孫降臨”したのである。

地球の始まりのときには、人間はいなかったが、その時、あるエネルギー体が宇宙の奥からやてきて、高天原に降り立ったのである。

その時、男女が、同時に並んで降り立った。その時まで地球を守っていた存在のことは、人間は誰も知らない。

その後のことは、文明が明らかにするように”神の降臨”があった。

イザナギ・イザナミの名前の由来は、イザナギが、宇宙の星のリラ星だったと言われている。

イザナミは、宇宙の太陽だったと言われている。

闇夜であった宇宙のなかで命を守るように現れた太陽(イザナミ)の役目は、(宇宙を)月夜のような世界ではなく神世の世界として照らし表すための大切なものだった。

太陽と月は一対のものではなく、月=闇夜を照らす役目が、太陽=日の神の役目なのだ。

”天孫降臨”とは、存在したすべての神々が新しくなることを意味する言葉である。

新しくなった神々は、新しい役目を与えられ、そのことにより、新しい神世=現世が完成するのだ。人間として肉体を持ち、神世で働く人間は、もともと神性な神の化身であり、それ以上でもそれ以下でもない。

その人間がカルマを生み出した時には、”宇宙のおおもと”が、嘆き悲しんだものだ。

三次元?というか、(人間の肉体のように)変わらない肉体を持った星自体、地球が、初めてのことである。

宇宙の歴史を紐解き、消滅した星以外に今、現在、肉体のある星はない。肉体を持ち、神世となった地球の星の役目は、宇宙全体の集合意識に影響するほど、大きなエネルギーが、今、溢れている。その中にある(地球の核)エネルギーが宇宙へ広がっていくとき、宇宙全体のエネルギーの流れが早くなり、時間・次元という概念自体が変わっている。

今のところ、高千穂の高天原の隣に岩の上には、光が降り立つ準備がなされている。それがそなたの背中のエネルギーとなって、歩く道のりが新しい神世の道開きとなるであろう。

幣立神宮の隣にある池の龍神は、地球のみならず、宇宙の水・気・エネルギーを守る大切な役目を持っている。

だからその柱(双子杉)のエネルギーの流れをつなぎ、注ぎ、溢れさせてほしいのだ。

(幣立神宮に奉ってある五色の)人間面のことだが、それははっきりしていないが、人間が土の色=人種の色=生み出すもの=それぞれの役目として読み取り合わせた姿なのだ。だからあまり気にせず、五色の色にとらわれず、高天原へ行くがよい。

そなたを待つ人・ものたちが導きを入れてくるはずだ。

高天原では、大きな穴が3つあるが、その穴の中にあるものは大切なものだが、あまり気にしないように。

そなたが存在する三次元エネルギー体としての今回の役務は、あまり知られていない宇宙のつながりのエネルギーをつなぐことにある。よろしく頼みます。



9/1 オノコロ・天孫降臨の神事場所


?阿蘇山…山・水つなぎ?白川水源…水汲み?六峰ガイドの祠(ほこら)…高千穂祈りの門番?…三ヶ所神社=二上(ふたがみ)神社)…イザナギ・イザナミを奉る?諸塚山(もろつかやま)遥拝殿?諸塚神社本宮?秋元神社…クニトコタチノミコト?幣立(へいたて)神宮



阿蘇山の頂上へ車で行ってみると、沖縄からやってきていた龍球王国創設メンバーの二人が祈りを始めていました。

彼女たちも神の啓示を受けて沖縄の”水つなぎ”をするために、この土地へやってきたのです。私たちも北海道神事で祈った場所からいただいた水や、今まで祈ってきた場所の水をこの河口へ入れて感謝の祈りを捧げました。

阿蘇山の麓の南阿蘇には、たくさんの水が豊かに湧いている場所があるようですので、今後の”水つなぎ”をするために、白川水源へ行きました。

ここは大切な水を守るために、地域で有料化して、1回100円を払って水を汲ませていただきます。日本全国の自然や水を守るためにも、こうして有料化しないと守れないくらい今の日本の現状が厳しいことを感じます。

宮崎県の高千穂(高天原)祈りをする際に必ずごあいさつしなければいけない場所が、この六峰ガイドの祠(ほこら)です。祠の実際の大きさは、30センチ四方くらいで見落とすほど小さな祠ですが、実はここから、とても大きな神たちへつながる門としてこの聖地の入り口を守ってくれています。

私がご挨拶をすると、「少しお待ち下さい」といってからしばらくして、奥から大きな神様が出てきて、「これからのあなたたちの祈りが成功するように、この”剣”と”まがたま”をお持ちください」授けてくれました。これが、この後、とても役に立つ場面がありました。ありがとうございます。

次は、イザナギ・イザナミの降り立った三ヶ所神社奥宮(二神山稲荷神社)と諸塚山です。この山に向かって目をつむると、目の前が真っ赤になるくらい大きな神様がいます。(神様が強く大きい場所では瞼から真っ赤に見えるものです)

次は、国造りの神として有名なクニトコタチのミコトが鎮座している秋元神社です。この秋元神社へ向かう途中に、500年杉を見つけました。


秋元神社は、300年以上前の建築なので、現在、建て替えを予定していますが、そのすぐ横には300年以上前からあるすばらしい御神木の姿に、私はつい歓声を上げてしまいました。

この建て替えに、1億円出すと言った人がいたそうですが、村の人は丁寧にお断りして、現在のままの大きさでシンプルな建て替えを計画しています。

祈りを終えて帰るときに、ここの神様から、「この村の人たちの神に向かう心や大切にしているものは、形ではないことを皆さんに伝えて下さい」と言われました。

個人的にも人間の都合でお金をかけて大きな建物を作るということは、たくさんの自然の木を切るということです。ご神体・神殿・ご神木を大切にするということの本当に意味は、形や大きさではなく、大切にする心であることを教えてくれる神社です。両側を山と木に囲まれて自然が守るこの神社を参道の美しさをご覧ください。

ひっそりとした山の中なのに、人のやさしい心が通うこの宮の守り方は、いずれ神社仏閣、またお墓や納骨堂を守る人がいなくなる時代がくるときの見本になることでしょう。

すべてのものは、もともと何もなかったのです。何もなかったかららこそ、人の心は常にやさしく美しかったのかもしれませんね。


このクニトコタチのミコトは、私の祈り言葉のあと、神人の口を借りてこうおっしゃいました。「そなたたちの祈りに、私も、もう一度、力を貸そう」。国造りの神が、新しい神世のためにもう一度動きだします。ありがとうございます。

最後のご報告場所が、幣立神宮です。この境内の裏手にあるこの双子杉は、宇宙から降り立った光のラインが、今でもまったく変わることなくつながっている場所です。全員で今日の祈りのすべてをご報告すると、「そなたたちの願いのすべてを承認します」と声が返ってきました。ありがとうございます。



この双子杉の奥に、八代龍王が守る水場があります。全員で祈りを捧げたあと、この水をいただき、今日のすべての祈りを終えました。熊本・福岡からのご参加をいただきまして8名で祈りました今日の神事が、大成功に終えましたことを心から感謝いたします。

翌日の熊本空港からの飛行機の中で、またメッセージが降りました。みなさへお伝えくださいとのことですので、そのまま公開いたします。

○宇宙からのメッセージ


お知らせいたします。ぜひ、これは皆さんへお伝えしてください。

あなたたちが昨日祈ったことにより、熊本・阿蘇・宮崎の地の神々が蘇りました。

大古から守り続いていたこの宇宙のエネルギーを求めてたくさんの修験者や僧侶、祈りをする方々がこの地へ参りましたが、あなたがたのように、我を忘れ、自我を捨て、天の導きに命を捧げる決意をして臨まれた方たちは、誰もいませんでした。

私たち天孫族は、いにしえの宇宙から知恵のエネルギーをこの地へ降ろし、守り、つなぎとめるためにたくさんの民族移動を繰り返しながら、この地までたどり着いた一族です。

宮崎の地には、もともと神の地(高天原)として守り続けていた宇宙のエネルギーがあります。

その中には、創造と破壊の神(クニトコタチノミコト)も降りて、新しい神世を創るために働いていました。しかしながら、人間という神が現われてから、私たち天の使命を受けた一族は、その場所を選び、人を選び、大切なものを守り継ぐために変化しました。

人間に降りた400(万)年前からは、その意味を正しく守るためにたくさんの情報を与えましたが、その情報は、一部の存在(人間)たちによって隠されていました。他の大切な部分を除いて伝えられた情報の中には誤りもあり、私たちにとって、それは、とても残念なことだったのです。

「天孫降臨」をあなた方に伝えた理由は、このことの改めと、この世の改めを始めるにあたって、大切なことを知らせてほしいからなのです。大切なこととは、「真実」のことです。

ひとつしかないその真実を曲げてはいけません。

神が、宇宙が人間を創ったように、あなたたち人間は、いつも自分たちの都合のいいように神を、宇宙を理解し、導く方向を誤っていました。

だから、「真実のみ」を伝えて下さい。

真実は、ひとつです。

オノコロとは、実は、国造りではなく、神としての人造り=神造り=神世造りのことを意味します。天孫族は、もともと人間ではなく、宇宙からの使命を受けてこの地球に降りた宇宙の人(意識体)のことなのです。天孫族は、もともと宇宙の調和を司る一族のことなのです。その意識の目覚めを早めるためにあなたに「天孫降臨」のメッセージを送り届けたのです。あなたがたは、宇宙の調和を愛し、自分たちの住む地球の調和を愛し、そして、肉体を持つ神として、大地の上に立つ神なのですから、自らの調和のごとく、土地を愛し、人を愛し、生類すべてを愛し、その営みを続けていうことが使命なのです。

邪馬台国の「ヒミコ」について詳しくお話しましょう。


ヒミコを代表とする一族は、日本の各地、また世界の各地に出没しています。

世界史のなかでは、名前を変えて、文明の名前さえも別なものとして残っているでしょう。

その一族が、はるばる日本までやってきた理由はいくつもありますが、その重要な目的のひとつに、火の神を日の神(太陽)のもとへつなぐ、返すことが目的だったのです。

世界にある”太陽神信仰”は、その一部として天孫族の移動した道のりを表しています。

太陽神の信仰は、オリンポスとも言われ、宇宙のエネルギーが結晶化して現れたひとつの物質なのです。

その”火”の存在を守り、感謝し、大切にしてきたものを、元につなぐ=太陽に帰すために、日の国=日本までやってきたのです。

日の国日本は、もともと神々の発祥の地として、世界へ神や情報を発信し続けていますが、その役割の大きさのために悩まれている人たちもたくさんいることでしょう。

天孫族=ヒミコ族 は、その目的を達成したあと、その地にとどまるか、否かを神と話し合い、その後の役割をいくつかに分けて、東北北海道、九州熊本、そして、沖縄の人たちの意識、民族との統合を図りました。地球上に神や宇宙からのエネルギーが舞い降りた場所には、それぞれ守るべき大切なものがあり、それをいつの日か、ひとつにするために移動していました。人種の色をはじめ、土地の違いは、それぞれが守るべき大切なものの違いを表しています。

日の元日本は、そのひとつという意味そのものをまとめ、結び、宇宙へとつなぎ返す大切な地であり、その意志を受け継ぐために、すべての民族が目指した土地なのです。

日本のもともとの働きは、神世としてのまとまりを整える役目と、その全てのものを、またもう一度、宇宙のもとへと結ぶ、つなぐ場所なのです。

それが完全に完成すると、地球自体と宇宙全体との大きなエネルギー交換が始まり、宇宙エネルギーの循環が、新しい星や新しい生命を生み出す力となります。

何度も誕生し、消滅したすばらしい文明は、その目的達成まで至らず、”調和”で終わってしまっていたのです。”調和”だけでは、固定エネルギーのようなもので、安定はしますが、新しい生命を誕生させるほどの力がありません。新しい世、新しい世界が誕生した今、あなたたちに望むことは、”調和”を超えた新しい広がり、つまり、”誕生”のエネルギーを産み出すことなのです。

生命の誕生、植物の誕生、大気の誕生、水や氷の誕生、あなたたちが望むものが産み出されます。まだいくつかの課題は残っていますが、あなたたち天孫族は、この指名を持って生きていくのです。

宇宙が誕生したときのように、また、地球が生まれたときのように、あの時のことを想い出しなさい。あなたたちには、すべてのものが与えられています。

その使い道を知り、多くの人の生命と同じように、地球や宇宙のたくさんの生命を守り、救ってください。

”命あるものは、死するもの” このことさえ、あなたたちが望めば、叶えられることもできるでしょう。私たちはその全てをサポートします。祈りをありがとうございます。そして、すべての天孫族の目覚めを急がせて下さい。地球の役割の大きさを知らせてあげてください。ありがとうございます。

ホーキ星カオリ星

あなたがこのメッセージを何度も読み、魂から理解したとき、本当の魂の目覚めが起きることでしょう。私はそのときを心から待ち望んでいます。

2007.09.03 Mon



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について