目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

464 / 956ページ

富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)

南東(須山浅間神社)→北東(忍野八海)の祈りを終えて、次は、北西の場所にある本栖湖へ向かいました。本栖湖に着いた時は雨がパラつく曇り空でしたが、湖のほとりに一列に並んで祈りを唱え始めると、空が少しづつ開いてきて、光の放射ラインが湖に降りてきました。









本栖湖で唱えた詔は、富士山の神様として祀られている木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)を地球に降ろした宇宙の大神様の言葉を直接、唱えた詔でした。大神様は、こうおしゃいました。


木花咲耶姫(ハナサクヤヒメ)は、地球の未来を新しく創造する為の希望の神として地球に降ろした。しかし、その神が働けるかどうかは、一人一人の人間の心の在り方で決まるのだ。今の神の働きやあり方では、この地球は救われることはない。

もっと大切な事に気づき、神を大切にするようにお互いを敬い合い、全てを受け入れあって愛を大きくしなければ、全てのものを失う未来が待っていると気づかなければいけない。私たちが神を地球へ降ろした意味を、もう一度、考えることが今、とても必要だ。

表で輝かしく働く神がいれば、必ず、見えない所で働いている神がいることも忘れてはいけない。この地球へ降ろした全ての神は、一対の働きで働けるようにしているのだから。今、大切なことは、その表と裏の神の意志を理解することだ。


この詔を終えてすぐに思ったことは、富士山のご神体と言われている木花咲耶姫(このハナサクヤヒメ)と、姉妹の石長比売(イワナガヒメ)のことでした。

この姫たちの話は古事記に書かれていますが、国津神(先住民族)が天津神(外来侵攻民族)に国譲りをしたあと、天孫族のニニギの尊に対し、土地の大神である大山祇神(おおやまつみのかみ)自分の二人の娘を差し出した時のお話です。


ニニギの尊は、美しい娘の木花咲耶姫(このハナサクヤヒメ)だけを受け取り、醜い石長比売(イワナガヒメ)を返してしまいましたが、実は、健康で長生きの神であるイワナガ姫を返したことで、人間の寿命は短くなったとも言われています。


二人の娘をニニギの尊へ差し出した大山祇神(おおやまつみのかみ)の想いは、これからの日本の未来の発展の為に、明るい希望と喜びの役目としてコノハナサクヤ姫を、健康と安心を与えて子を産み育てる神としてイワナガ姫を二人セットで送った意味を理解できなかった愚かさを嘆いておられます。


これは現代に置き換えても同じ事が言えますが、明るい精神と健康な肉体の両方がなければ、本当の幸せは得られないという教えでもあります。


実は今回の神事が始まる初日に、すでに巫女役の女性たちに役割が与えられていました。一人は、コノハナサクヤ姫の役目、もう一人はイワナガ姫の役目として神事を行ってきました。私の役目は、大山祇神(おおやまつみのかみ)の役目です。


神事で神役目を与えられると、無意識に神のメッセージが入るような身体になります。神が私たちの肉体を通して、気持ちを伝えてくれるからです。ですから、この時の大神様の詔はとても重要な内容なだったのです。


このとき頂いたメッセージの意味を三人で確認し合いました。最後の祈りの場所では、過去の全ての人間の思いをひとつにしてまとめる祈りをしなければいけませんので、神の気持ちを汲む為の真剣な話し合いの時間を持ちました。


バスは、この神事の全てをまとめる重要な場所として、南西の場所、山宮浅間神社へ向かっています。三人はお互いの神の気持ちを理解しようとしますが、なかなかうまくいきません。山宮浅間神社の前に着いても、まだ納まらない気持ちがあったので納得いくまで話し合いをしました。




やっと、三人の神意識がまとまったので正式に鳥居をくぐる事ができます。第一鳥居から参道を進むと、両側にきれいな杉林の森があります。その先にはたくさんの灯篭があり、最後に、大きな山門とさい銭箱が置いてあります。


山門をくぐり、その先の砂利道を歩いて行くと、道の真中に二か所、石が祀られていました。この石は、「弾丸石」と呼ばれていて富士山の噴火の際に、この場所まで直接、弾丸のように飛んできた石を祀っているそうです。


誰が見てもわかるくらいに、ハッキリ神の意志を感じる石です。


この石にご挨拶した瞬間に、先頭にいた私の役目が変わり、二人の姫様たちが先頭に立って進むことになりました。最後の石段を登って鉄柵の門を開けると、そこはお宮が無い神様の場所でした。先頭にいた二人は、どこへ進むのかわからないようなので、私が道順を示す為に前に出ました。



この場所は昔、正面に富士山が見えていて、その富士山をご神体として祀っていた修験者たちの神聖な神場所でした。平らな場所には神が降りる御神木があり、敷地には石を埋めこんでお宮の中をそのまま再現しているとても古い聖地です。


正式参拝をしたことがある方はわかると思いますが、正面にご神鏡があるとすると、右手には神官、左手には神官に仕える人が並んで座ります。正面手前の座は、一般参加者が座る位置です。


神官の動きを見ていると気付くと思いますが、神に対して決してお尻を向けない歩き方をしています。そして、角を直角に曲がり、少しづつ少しづつ前に進みます。


私たちはこの地の神官ではないので、右手には座れません。だから、左手の場所へ神官が進むように一歩一歩、直角に曲がりながら、神の許しを得られる場所まで進みました。


ここまでおこなった5日間の神事の報告の祈りが始まりました。


コノハナサクヤ姫とイワナガ姫の思いを和合すること。


大山祇神(おおやまつみのかみ)が、二人の娘を差し出した思いを叶えること。


国津神と天津神の本当の神和合をすること。


そして、そのことを人間が実践することの誓い。


神は、御礼の言葉をひとつ。そして、これからの為の言葉をひとつ。そして最後に、この土地を守ってきた人たちの思いを話して下さいました。


神和合は、人間一人一人の心の和合から始まります。

これまでは祀る神が違うからと相手を非難する人たちもいましたが、今後、その人たちは神に自分の神意を問われる経験を繰り返す日々が続くでしょう。


神を信じず、人を信じられない人たちは、神を信じないように、周りの人から信用されない経験を繰り返す日々が続くでしょう。


見えない物を信じない人たちは、明日に不安を感じて惑う日々が続く事になるでしょう。


神は、私たち一人一人の魂の中に、存在しています。


何度、裏切られても、傷つけられても、人間を信用し続けて、守り続けてきた神は、今もあなたを守って下さっています。


感謝の心を神に示し、家族に示し、見知らぬ人に示す人間になりなさい。



与えられることが当然だと思っている人たちは、失う事でその価値がわかる学びをさせられます。


神は、永遠に存在しています。しかし、人間の肉体は永遠ではありません。


その限りある時間をどう生きるかは、あなた次第なのです。



何の為に生きるのか?誰の為に生きるのか?


そして、死を迎える時に、どんな自分になっているのか?


言葉ではなく、行動や態度で示すことを、神は望んでおられます。


生かされている喜びと全ての出来事に感謝を込めてありがとうございます。



2009.07.28 Tue


富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)

南東の祈りを終えると、一番エネルギーの強い北東(鬼門)の場所として、忍野八海へ行きました。ここには八つの池があり、コンコンと富士山の湧水が湧き出ています。その水量の多さにも驚きました。忍野八海の写真は、あまり撮影していな為、資料はウイキペディアから転用しています。

湧池(わくいけ)

湧池の地下水脈
朝霧の湧池

八海中最大の湧水量を誇る。珪藻土層でなる水中洞窟は奥に続く。景観も良く、周辺住民の飲み水にも利用されている。

  • 第5の霊場徳叉迦竜王(とくしゃかりゅうおう)
  • 石碑に「いまもなほわく池水に守神のすへの世うけてかはれるぞしる」との和歌が刻まれている。
  • 水温:13 ℃(年平均)
  • 湧水量:2.2 m³/秒
  • 面積:152 m²
  • 水素イオン濃度:7.1
  • 水深:池底 4 m 洞窟 7 m



濁池(にごりいけ) 

濁池

池本荘にある池から大きな排水溝が空いており、湧水は池底から少しだけ湧き出ている。川に隣接。部分的に濁ってはいるが、水は綺麗な方。

  • 第6の霊場:阿那婆達多竜王(あなばたつだりゅうおう)
  • 今は池に埋もれてないが石碑に「ひれならす竜の都のありさまをくみてしれとやにごる池水」との和歌が刻まれていた。
  • 水温:12 ℃
  • 湧水量:0.041 m³/秒
  • 面積:36 m²
  • 水素イオン濃度:6.5


菖蒲池(しょうぶいけ) 

現在は沼地と化している。その名の通り周囲に菖蒲が生えている。

  • 第8の霊場:優鉢羅竜王(うはつらりゅうおう)
  • 石碑に「あやめ草名におふ池はくもりなきさつきの鏡みるここちなり」との和歌が刻まれている。
  • 水温:12 ℃
  • 湧水量:月によって消長あり
  • 面積:281 m²
  • 水素イオン濃度:6.2



銚子池(ちょうしいけ) 


銚子池

湧水が間欠的。名前の由来は長柄の銚子に似ていることから。

  • 第4の霊場:和脩吉竜王(わしゅきちりゅうおう)
  • 石碑に「くめばこそ銚子の池もさはぐらんもとより水に波のある川」との和歌が刻まれている。
  • 水温:13.5 ℃
  • 湧水量:0.02 m³/秒
  • 面積:79 m²
  • 水素イオン濃度:7.2
  • 水深:3 m



御釜池(おかまいけ) 


御釜池

池の中央に直径2m水深4mの穴があいている。水量が豊富。

  • 第2の霊場:跋難陀竜王(ばつなんだりゅうおう)
  • 今はない石碑に「ふじの根のふもとの原にわきいづる水は此の世のおかまなりけり」との和歌が刻まれていた。
  • 水温:13.5 ℃
  • 湧水量:0.18 m³/秒
  • 面積:24 m²
  • 水素イオン濃度:7.2
  • 水深:4 m



祈りを捧げると、このお釜池の青い水の中には、龍の卵が守られていました。大切な神様の子供を産み育てる神様の池がここです。


底抜池(そこぬけいけ) 

底抜池

はんのき資料館の一番奥にある池。資料館(有料)に入場しなければ見る事ができない。

  • 第3の霊場:釈迦羅竜王(しゃからりゅうおう)
  • 石碑に「くむからにつみはきへなん御仏のちかひぞふかしそこぬけの池」との和歌が刻まれている。
  • 水温:14 ℃
  • 湧水量:0.155 m³/分
  • 面積:208 m²
  • 水素イオン濃度:7.1
  • 水深:1.5 m
  • はんのき資料館内

この池だけは有料になっていますので、古民家の横を過ぎて、池に向かうと、大きな樹がここの池を守っています。この池は、人間の目覚めを諭したり、導きをしたり、浄化する力があることも祈ってわかりました。

古民家の中には、古い神棚と仏壇がありますが、仏壇にご挨拶すると、個人のものですので、他の宗教の方はご遠慮くださいと仏様が言ってきました。私だけご挨拶して、そうそうに家を出た場所です。


鏡池(かがみいけ)

水は濁り、湧水の綺麗なイメージとは異なる。名前の由来は逆さ富士が映る事から。

  • 第7の霊場:麻那斯竜王(まなしりゅうおう)
  • 今はない石碑に「そこすみてのどけき池はこれぞこのしろたへの雪のしづくなるらん」との和歌が刻まれていた。
  • 水温:11.5 ℃
  • 湧水量:月によって消長あり
  • 面積:144 m²
  • 水素イオン濃度:5.8

この鏡池に着くとすぐに、私の身体に「ご先祖掛かり」が始まりました。ご先祖掛かりとは、最近、親族で亡くなった方がいると、神祈りの時に、身体にご先祖たちの霊界エネルギーが掛かり、身体が重くなる事をいいます。

まず17名に聞きました。「ここ5年間で家族、親族が亡くなった方は手をあげて下さい。」すると驚く事に、半数近くの方のご親族が亡
くなっていました。神に相談すると、この池からご先祖の御霊洗いをして全て上げるというので、一列に並んで御霊上げの祈り言葉を唱えながら祈りを始めました。

すばらく祈っていると、池に居た鳥が一羽、急に池から飛び立ちました。これが合図で、ご先祖御霊が上がった事を神は教えてくれました。この池は、先祖の御霊洗いができる池だということもこれでわかりました。


最後の出口池は離れた場所にあるので一旦、駐車場へ戻ろうとするとある場所が私を呼んでいます。道の外れにある小さな神社は、富士五胡稲荷神社でした。地元の方が大切にしているので、この場所で祈りをさせて頂いた御礼をしました。





出口池(でぐちいけ) 

出口池

忍野八海中最大の池。出口池の高台に出口稲荷社が建つ。

  • 第1の霊場:難陀竜王(なんだりゅうおう)
  • 石碑に「あめつちの ひらける時にうこきなき おやまのみつの 出口たうとき」との和歌が刻まれている。
  • 水温:12.5 ℃
  • 湧水量:0.265 m³/秒
  • 面積:1,467 m²
  • 水素イオン濃度:7.2
  • 水深:約0.5 m




この出口池には出口神社がありますが、もともとの名前は精進池と呼ばれていて、修験者たちが山に入る前に体を清める大切な池でした。池の神様と神社の神様に祈りを捧げてみると、神様はこう言います。

「昔は、とても大切にしてくれてたくさんの人たちが手を合わせてくれた。でも最近は、祈りをしてくれる人も少なくて、とても悲しい。そしてここの池の水をも汚れてしまって、エネルギーが足りないので、新しい水を入れて欲しい」と言います。

皆さんが運んできてくれた水をたくさんこの池に入れました。あとで地元の方に教えてもらいましたが、実際に、数年前、この池に自衛隊のオイルが流れ込んで池が汚れた話をあったという事です。

水の神様が悲しんでいるの事は、とても心苦しい場所でしたが、祈りを捧げる事ができてうれしく思いました。神の願いを聞いてあげると、神はその力を発揮してよく働いてくれます。大切な鬼門を守る神の場所、忍野八海は、観光化しすぎて問題もありますが、水が湧いている間は守りをしてくれることでしょう。

2009.07.28 Tue


富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)

7月20日(祝) 富士山神事 裾野納め祈り 南東→東北→北西→南西

今日の祈りは、新しい富士山のエネルギーを開放する為の大切な祈りですので場所の選定については十分、検討を重ねました。最初に訪れたのは、富士山の南東に当たる須山浅間神社です。

赤い鳥居の前に立つだけでものすごいエネルギーを発しているのには、驚きました。まず、鳥居の前でご挨拶してから参道を歩きますが、両側の樹もしっかり私たちを見つめています。



空を見上げると、龍の雲が出ていて、このお宮の祈りを祝福してくれているようです。

両側の樹に挨拶しながら石段を登るとお宮が見えてきますが、お宮の前にまず左手にあるご神木に向かいました。

この樹のエネルギーは全員がわかるほど威圧感と共に、神のエネルギーを感じます。正式に昨日の富士山登山の報告の祈りをすると、樹から大きなエネルギーが降り注ぎます。その心地よい神のエネルギーは、この神社を今まで守ってきた神の力だとわかります。

ご神木の祈りを終えると、お宮に祈りを捧げました。すぐにお礼の言葉を頂き、先にご神木に祈ってくれたことも喜んでくれたようです。お宮の中を撮影すると、青い三角の光が写りましたが、これがここの神様のエネルギーです。



お宮の右にも大きな樹が見えますので行って見ると、さらに、お宮の真後ろにも大きな樹があるのを見つけました。坂を登ってお宮の真後ろにある樹に向かうと、お宮の左手にも同じような樹を見つけました。つまり、この3本の樹は、お宮を中心にして、三角形の形を作るように守っているということです。自然界の神々は、本当にすばらしいと形で守っているとことがわかります。

鳥居から発しているエネルギーも、この三本の樹で守られたお宮のエネルギーであり、そのさらに後ろは富士山に向かっています。ここは、きれいな三角形で富士山のエネルギーを樹が守っているすばらしい場所でした。

こういう場所は珍しいので、三本の樹にそれそれ分かれて、三角点祈りを行いました。祈り始めると、完全に3か所の祈りはひとつになり、お宮から天上界へ向けて光が繋がりました。


祈り終えても、あまりの気持ちよさに全員が動こうとしません。静かな時間が流れているのは、この場所が無人のお宮だということも理由なのでしょう。三本のの樹の祈りを終えてから、もう一度、お宮の神様にお礼のご挨拶をしました。すると、大きなピンク色の円になって、神様は姿を見せてくれました。これは本当に、この宮の神様の祝福を示しています。大切な場所に祈りをさせて頂きましてありがとうございます。


南東の須山浅間神社の祈りを終えて次に向かった場所は、同じ南東にある「御胎内神社」と呼ばれている観光名所です。ここは伊良部島の聖地なべ底と同じように、生まれ変わりの儀式が出来る場所ですので、神社にご挨拶してから狭い洞窟の中に入りました。


中に入ると、冷たい空気が溢れています。天井も低く、しゃがんだまま暗い中をしばらく前進します。しばらくすると、真っ暗な中に「前殿」と書かれた小さな祠が見えました。塩・水・酒で祈りの準備を整えてから祈り始めると、ここを守る存在たちが白い神気となって姿を見せてくれました。神はその神気の動きで、メッセージを伝えてくれています。

さらに、奥へ進むと、もう一箇所、「奥殿」と書かれた祠が見えました。ここが、お胎内の奥宮になるようです。祈りを捧げる前からどうも不安定なエネルギーを感じていましたが、祈りを始めて神様はすぐにこう言ってきました。


「この場所を通る人たちが手を合わせてくれないので、ここを守る私たちの神エネルギーが弱まっています。どうぞ、祈りのエネルギーをお願いします。」

まず人間の無礼をお詫びしてから、感謝の祈りを捧げました。赤いオーブは、神様の姿。白いオーブは、精霊たちの姿です。祈りは、正しく伝わりました。神様は、祈りの御礼とこれからのことをよろしく頼むと伝えてきました。


全国の聖地を祈っていても、神に頼まれることはよくありますが、とことん人間は祀るだけ祀って放置するのが好きなようで、その度に、神の力が弱ることをどうして次の世代へ教えないのか不思議でなりません。一度、祀った場所の神の力が弱まると、その分、エネルギーが不安定になりますので、一般的に言うと、災いが起こりやすい状態になります。

これはお墓でも、仏壇でも、神棚でも同じです。一度、祀ったならばしっかり祈りをしないと、何もしていない人より悪い事が起きるケースもありますので、祀った物は、自分のご先祖だと思って大切にお付き合いしてあげて下さい。

そして、お墓でも神棚でも全て同じですが、もう祈りができなくなった場合、必ず、霊能力がある方にに「御霊抜き」をしてもらって下さい。「御霊抜き」は、それまで祈ったエネルギーを抜いて天に御返しするのが目的です。そして、最後は、お焚きあげです。人間の最後と同じように、全ては炊きあげて、煙と灰にすることで、天上界へ戻ることができます。


神のエネルギーを大きくする愛の祈りを終えると、生み出しの最後の道へ進みます。途中、大きな平らな石を見つけがましたが、それはすぐに胎盤だとわかりました。

一緒にいた看護士さんも、「いつも胎盤を見ていたけど、同じだからすぐにわかりましたよ」と言っていました。新しい命を育み支える大切な胎盤に感謝して、最後の細い道(産道)を進みます。足元が濡れているので、ほとんどの人は手や服が汚れましたが、この体験はとても貴重でした。

新しい命を生み出す祈りは、新しいエネルギーを生み出す祈りと同じ意味ですので、これから未来に向けて流れが変わることも覚えておいて下さい。


2009.07.28 Tue


富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮

19日の起床予定は、午前3:30。剣が峰の頂上まで32名が歩く時間を考えると、この時間に起きる必要がありました。しかし、山小屋の規則は午前4時が起床時間なので、早く起きてゴソゴソすると他のお客様に迷惑になるので遠慮して欲しいと言われていました。

あきらめて4時起床に変更して床に就くと、寝たり起きたりの熟睡できないまま、突然、3:30に部屋の電気が付きました。ありがたいことです、山小屋の管理人さんの判断なのでしょう。全員一斉に、着替えとトイレなど出発の準備が始まりました。

午前4時過ぎ、32名全員の点呼を取って小屋の出口に並んでいると、山小屋の管理者が、この入口をいったん開けると、たくさんの人が入ってくるので二度と閉められなくなりますので、全員で一斉に出て下さいと言われます。

こんな暗いうちから、そんなに人がいるのかと思い外へ出てみると、山小屋の外には100名以上の方が雨に濡れながら夜明けを待っていました。ヘッドライトを付けて、風速40mの闇の中へ出て、剣が峰へ向かう道に一列に並び人数を数えていると、右へ左へ吹く突風にあおられて倒れそうな人が数名いました。

今のメンバーの体力は、寝不足と疲れと吐き気、それに加えてこの寒さと風では、お鉢巡りどころか、剣が峰までの道を進む事も危険だと判断したので、すぐに「剣が峰はあきらめます。富士山本宮浅間大社奥宮の境内で祈りを行います」と通達しました。

視界が数メートルしかない霧の中を歩く危険をおかしてまで、剣が峰頂上へ行く理由はありません。この風も天候も全てが神の計らいだと感じていたので、自分たちのできる範囲で神事を行う決断をしました。





うっすら空が明るくなってきましたが、太陽が出る気配は全くありません。境内に入り中心に三重の輪を作るように座りながら、32名が祈りを始めました。周りの人たちは何をしているのかと、写真を撮ったり、のぞきこんだりしています。



この頂上神事では、宇宙の大元と地球の核を繋ぎ、光の柱を祈りの力で立てて、北斗七星のエネルギーから新しい八番目のエネルギーを地球に繋ぐ祈りをしました。大きな光の玉が中心で回転しています。その玉をまた地球の核へ納めて、新しい命のエネルギーが生まれるようセットし直しました。

祈り仲間の谷さんは、明日からインドへ向かう事が決まっています。ここで立てた新しい光の柱のエネルギーを地球上の人間の魂の故郷であるインドへ繋ぎ、新しい命の再生が、ここ日本から始まる事を告げに行くのです。

谷さんは以前、3か月かけてインドの聖地を巡り、6本の光の柱を繋ぎ直す神事を一人で行った方です。地球を愛し、日本に生まれた本来の役目を果たせるように世界の祈り繋ぎをして下さるおかげで、私たち日本人は、その役目を果たせるのです。


祈りは、音も寒さも一切の感覚が消えた十数分間でしたが、無事、終えることができました。全員で手を繋いで、感動と感謝を共感しました。まだ霧や風は、一向に収まる気配がありません。

登山道はどんどん登ってくる方と、降りて行く方とが交差して込み合っていました。できれば早く下山したいと思いましたが、体力の無くなっている人が数名いて休みたいというので、一時、山小屋へ避難することにしました。

頂上の登山者の数は、どんどん増えていて現在、200名を超えていますので、山小屋へ入りたい方たちが入口に一斉に列をなしています。中に入れない人は強風にさらされながら体温がどんどん下がるのを我慢するしかない状況でした。この時の体感温度は、氷点下だと思います。

今回、神事参加者全員に完全な寒さ対策を指示していましたが、それでも強風の中に立っているだけで体温は下がります。1時間ほど外で待っていると、6時くらいに奥宮神社のドアが開き、外にいた数十名が中に入り、風をしのげたお礼に奥宮のお札を購入しました。神様、ありがとうございます。




午前7:00、山小屋の一斉清掃の為に全員、外で出るよう言われます。山小屋とお宮の中で風をしのぎ、着替えをしたり軽食を食べて風が止むのを待っていましたが、体力が落ちてきているので、下山を決めました。

女性が飛ばされないように間に男性が入り、身体を支えながら下山の道へ進むと、見える先まで続く人間の大渋滞でした。二、三歩進んでは、立ち止まる動作の繰り返し。前後左右に吹く風にあおられながら、転倒する人もたくさん出ていました。

富士宮口の登山道が、登る方と降りる方が交差するのはわかっていましたが、この渋滞はあまりにおかしいと思いましたが、原因がわかりません。強風に倒れそうな仲間の身体をつかみながら、一歩一歩山を降ります。

2時間ほど降りた場所にある大きな岩場が、渋滞の原因だとわかりました。一方通行しかできない道で、下りの人が登る人を優先しすぎていたようです。何事においても、全体の状況判断ができないとこういう結果になってしまいます。

下りの渋滞の列は、頂上から五合目までおよそ2000人を超える人数が立ち往生していたはずです。やっと山のパトロールの方が来て、交通整理を始めました。それでも渋滞は続いています。7合目を過ぎたあたりから風が少し収まり、温度も上がってきました。厚手の雨具を脱ぎ、体温の調整を始めます。

少し霧は薄れてきたとはいえ、立ち止まるとすぐに体温が下がる寒さの中、どんどん登る人たちが増えていました。きっと、下の天気がいいからなのでしょう。私は登ってくる人の服装や準備物を見て、危険と感じた人には、登山を諦めるよう声をかけました。

数名の方が、自分で判断して下山を決めてくれました。中には、半そでのTシャツにGパンで登ってくる方もいました。自然の恐ろしさをよく知っているラフティングの全日本監督の重ちゃんは、「世界の先進国で、これほど管理しない山も珍しい」と話してくれます。

大切な山の自然を守る意味でも、登山者の安全を考える面でも、登山者の有料化や予約登山制などの規制をすることが必要だと教えてくれました。

案の定、下山してからわかったことですが、同じ18日に頂上へ登った二人の登山者が、あの霧の中をお鉢めぐりして、吉田口へ降りる途中に遭難したニュースが流れていました。とても残念な事ですが、山や自然を甘く考えている人たちが引き起こす事故は、無くなることがありません。

下山してから頂上富士館の管理さんのブログを読むと、今年は噴火口に残雪が多く、お鉢巡りはまだできないと書かれていました。

今回の神事の初日の16日にも北海道のトムラウシ山で、10名の登山者の死亡が報道され、私たちは神の警告と感じて気を引き締めたものです。きちんと登山装備を揃えると、一人十万円以上かかるのが登山ですが、それは自分だけの為ではない事を知っているから重要なのです。

富士山登山は、一般の山をいくつ登っても体験できない辛さがあります。天候の変化、高山病、吐き気、めまい、気圧による体長不調・・・3776mの山は、やはり特別な領域ですので、自分の準備と状況に合わせた対応を心がけるようお願い致します。







正午12:00に、五合目に到着しました。下山時間、5時間。

食事もとらず、歩き続けた身体は、ホテルに戻ってゆっくり休むことにします。夕食後の交流会では、人と人が本気で触れ、支え合う素晴らしさを共有する時間になり、喜びを一人一人が発言し愛ました。さあ明日は、この富士山神事の最後の納め祈りになる八方祈りを行います。頑張ってくれた身体に感謝して、おやすみなさい。



2009.07.26 Sun


富士山神事第五回 富士山登山

2009年7月18日、富士宮口の五合目に集合した総勢32名は、準備運動をした後に、心をひとつにする祈りを行いました。地球を愛する全ての人の思いを背負い、頂上まで無事に着きますよう、天の計らいに感謝する祈りです。

天候は、小雨まじりの涼しい気温。これも、登山にはとてもありがたいことです。30℃を超える日に登山した事がありますが、その時の暑さと辛さは、汗が出すぎて体力の消耗が激しく、持ってきた飲み水が不足した人が出たほどです。

2008年の7月18日、私たちは、福井県の白山に登りました。古くから日本を守ってきた神々たちに感謝の祈りをすることが目的でした。そして2009年7月18日、10:15 富士山へ昇り始めました。




道の途中には、大きな溶岩岩が連なっています。三連休という事もあり、多くの登山者が山を登っています。数珠つなぎで互いをサポートしやすいように、離れない隊列を組みました。先頭部隊、中盤部隊、後半部隊と三つの分かれ始めますが、体力のあるパワーメンバーがそれぞれをサポートしてくれています。




富士宮口 五合目の標高が2400mなので、六合目(2490m)まではそれほど辛い登りではありません。しかし、もう雲海を見下ろす高さまで来ていました。雲の間から顔を出している山は、愛鷹(あしたか)山といって、この富士山が噴火してできる前まで、富士山の代わりをしていた大切な神の山です。

関東の仲間たちが事前にこの愛鷹山へご挨拶をしてくれたおかげで、私たちの登山も祝福するように顔を見せてくれています。そして、この愛鷹山と富士山を結ぶラインこそ、日本を分断する大きなプレート(フォッサマグナ)のラインなのです。

このフォッサマグナのラインは、伊豆半島に天城山、その先に八丈島がありますが、フォッサマグナの神ラインを守っているのは、実は、八丈島なのです。反対に、富士山の北北西に延びているライン上には、八ヶ岳を抜けて日本海まで続いています。日本はこのフォッサマグナのプレートが動くことで沈没することを20世紀の啓示が、何度も伝えています。※緑のプレートがフォッサマグナです。

自然界の神々が造り出した日本という小さな島は、いつもこのプレートの危険をはらみながら存在しています。海の底から隆起した山や大地は、その頂きに神が存在して常に人間や自然界を見守ってくれています。


六合目を超えると、右手に宝永山が見えてきます。この噴火は江戸時代ですが、土の色が違うために美しくその姿を見えます。新七合目(2780m)まで来ると雲が開いて、日差しが出てきました。汗をかかない登山が一番疲れないと教わったので、体温管理の為にみんな着替えをします。







元祖七合目(3010m)まで来ると、高山病の気配なのか、軽い頭の痛みを感じます。濃縮酸素のおかげで頭もスッキリするとすぐに、出発します。このあたりに見える赤土はとても美しく、地球の奥底から地層が噴き出たエネルギーの凄さを実感します。









八合目(3250m)からが富士山奥宮の境内ですので、全員で鳥居にご挨拶します。ここでご来光見ると水平線に見える美しさがあるようですが、私たちの目的はあくまで頂上!

酸素がさらに薄くなっているのは、息がすぐ上がるのでわかります。歩いて立ちどまり、歩いては立ち止まる登り方に変わります。




九合目(3460m)からは、万年雪が常時、見られるくらいに温度が下がります。ふと、後ろを振る変えると、左のほうから龍のすじ雲がいくつも出ていました。いくつもの龍雲が集まっている場所は、どうやら富士山の真南の方角から出ているようです。先日のす裾野祈りの南の地からなのかもしれません。











左手を見ると、夕日が沈む光の反射で雲が七色に輝き始めます。この美しさをわざわざ見せてくれている神々の計らいに、感謝が溢れます。



神々に感謝を伝えていると、今度は、UFOの雲が降りてきました。これは完全に母船を包み込んだ船です。UFOは自分の意志で姿を見せたり消したりできますので、母船のエネルギーが雲の渦を作りますので、こうして姿を見る事ができます。

まだ人間が地球外生命体の宇宙船の実態を見る準備ができていない為に、その姿を見せないよう私もいつもお願いしています。このときは、母船の下にあるシャフト穴が開いていました。これは小さなUFOを数百機収納する為の出入口です。

富士山でUFOを見る方は、とてもたくさんいらっっしゃいます。でも雲の形で出会ったり、光の動きで見る方が多いので、なかなか信じない方もいるようですが、まだ心に恐れが残っている為に受け入れられない幼さの証拠ですね。



夕暮れの気配を感じながら、やっと、九合五勺(3590m)の胸突き山荘に着きました。八合目からどんどん身体は辛くなり、一歩がこれほど苦しいのかと思うほど、重い足取りが続きます。ここで頂上に着いた先発隊から電話が入りました。


「今、どこですか?6時を過ぎると食事が食べられません。そして、7時を超えるなら、就寝時間になりますので、その場所に宿泊して下さいと言ってます。」

時刻は、6:15分。

あと45分で全員登りきれるか、それとも、ここで宿泊するか?判断しなければいけません。胸突山荘に聞くと、15名までならいいですが、それ以上は無理だと言われました。現在、私の後にいるメンバーは、約20名。危険を冒すか、ここで寒さを耐えて日の出前に登るか・・・。

すぐに、登る決断をしました。頂上でなければいけない。私たちは明日の朝、頂上にいなければいけないと強く感じるのです。でも、ここからの時間が一番、苦しい時間でした。本当に10歩進んで立ち止まるほど、心臓がバクバクしてきます。

酸素を吸っても吸っても足りないくらいに、身体が重く感じます。そんなとき、後ろのほうで大きな声で掛け声をかけてくれる仲間がいました。

いくぞー!頑張れー!もう少し!

人間は、やっぱり最後は人間に力を頂くようです。
元気を与え続けてくれたすばらしい仲間に、心から感謝を贈ります。
私が頂上富士館に着いたのが、ほぼ夜7:00。(登山時間 9時間)

まず、山小屋の方にお詫びしました。山小屋は、ただの宿泊所ではありません。緊急時に判断しながら人の命を守るところですので、山の約束を守らない事で危険が周りの人に及ぶ恐ろしさを知っているからです。

最終の谷チームのメンバーも全員、登り切りました。午後7:30くらいでしょうか。夕食が当たらなかった人もいましたが、寝るところがあるだけで、本当に幸せだと感じました。最後に知らない一人の若者が、山小屋の入り口で立っていました。

どうしたの?と尋ねると、予約をしていないので・・・と、外で待つ覚悟でいるようだったので、山小屋のご主人にお詫びして、宿泊をお願いしなさいと教えました。結果は、泊まれたようです。


山は天気や気温が急変しますので、自分だけのことでは済まないくらいに、おおがかりな問題を引き起こします。どうぞ、その点だけは、山に登る皆様も考えて登って下さい。


32名全員が、無事、床につけましたが、疲れと高山病のせいで、夜中に、何度も吐いた方がたくさんいたようです。一晩中、酸素を吸っているシュー、シューという音に包まれた山小屋の夜でした。


2009.07.26 Sun



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について