目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

424 / 956ページ

11月11日の祈り

明日、11月11日の直列エネルギーの日に、2回の祈りを行いますので皆様の祈り合わせをお願い致します。

時間:午前11時11分と午後11時11分に、11分間の祈りを行います。

同じ数字が続く日は、宇宙の直列エネルギーが強く働く日ですが、中でも11月11日は、1が四つ続く為に新しい次元へ繋がるエネルギーの日になっています。

現在、地球創生メールマガジンには日本全国から約200名の方が登録していますが、全員、地球や自分の住む土地を守ることを宣言した方たちですので、同じ思いの繋がりのエネルギーを感じて現実の世界でもより良い出会いに繋がりましょう。

2009年の11月11日、祈り合わせをする全ての人たちの神意識は、宇宙全ての創造主マスターと繋がります。未来は、私たちの愛と行動で変えられます!

この日の祈りの感想は、こちらまでメール下さい。

地球創生 コーディネーター吉岡学 

2009.11.10 Tue


伊豆神事 宇宙メッセージ

伊豆神事を終えた翌日、朝5時に夢の中でビジョンと大切なメッセージを受け取りました。


三 三 三  宇天番(うてぃんばん)

三 二 三  自然神番

三 一 三  人格神番

この内容は、ヒッタイト文明にも伝えた。

修善寺には、隠されたこの証の物がある。それが、伝来した証。

眠たい目をこすりながらメモに書き写した意味をネットで調べてみると、こんな情報が見つかりました。

現代西洋文明は、旧約聖書の歴史を綴る古代イスラエル文明が大きく影響し、ある意味では、キリストに象徴される〈生命の樹〉としての男性原理を追求する文明歴史とみることができるでしょう。

そのような西洋文明の歴史に相対し、東洋においては、女性原理を追及する東洋ヒッタイト文明の歴史をみることができます。

ヒッタイト文明は、紀元前3000年以前に、トルコのアナトリア高原地方に栄えた古代文明で、太陽・天照神を信仰する騎馬・鉄器文明の祖であります。

男性原理を求める西洋イスラエル文明に相対して、女性原理を求める東洋ヒッタイト文明は、まさに同時代的なシンクロした歴史をたどっており、陽陰・表裏の文明歴史としてみることができるでしょう。

ヒッタイト文明の祖は、旧約聖書に記される古代ヘテ人がそのルーツでありますが、イスラエル民族がアトランティス文明の再現ならば、ヒッタイト文明は、ムー文明の再現とみることができるでしょう。

ヒッタイト文明は、紀元前三千年頃に歴史から姿を消した幻の文明と言われていますが、実は、イスラエル民族がモーセを頭に、理想郷を求めてエジプトからカナンの土地に大移動したように、同じく理想郷を求めて、同時代にトルコからイラク・イランに大移動してその姿を消し、その後、ヒマラヤ周辺に移動した幻の民族であります。

イスラエル民族が、西に移動しながら栄えて行った歴史があるように、騎馬・鉄器文明のヒッタイト民族は、東に移動しながら栄えてきた経緯があります。

実は、このヒッタイト文明の紋章・太陽紋が、ご皇室の古代紋章の起源であり、日の丸のルーツであることは、ほとんど知られていないようです。

女性原理を求めるヒッタイト文明は、イラク・イランからヒマラヤに移動し、アッサム、ビルマ、バングラディシュの3国に分かれて定住し、農耕民族として定着するようになります。

アッサムに移動したヒッタイト民族は、のちに中国、モンゴル、朝鮮半島に移動し、また、ビルマに定着したヒッタイト民族は、のちにインドシナ半島から黒潮に乗り、極東に移動して九州の筑紫に漂流定着し、その後、紀伊半島に大移動して、大和の国を建国いたしました。

縄文時代の青銅文化が、鉄器を使う弥生文化に急速に発展して行った歴史的な背景には、このような女性原理を求める太陽民族・ヒッタイト文明の歴史が、大きく影響しています。

戦後、急速に西洋化されてきた大和の国、日本ではありますが、神意に通じる母性愛のエネルギーが地上に連鎖拡大することで、大和の国、日本人に潜在する東洋ヒッタイト民族としてのムーの遺伝子がいよいよ目覚め、アトランティス・西洋イスラエル文明と融合調和する新しい地球文明が、日本から始まる時代を迎えたということでありましょう。

project gaia 地球創生計画の始動より



さて、このビジョンがとても重要なメッセージあることはわかりましたが、また天皇家のルーツに関わるテーマに触れてしまいました。

2006年に行った天照神事は、天皇家のルーツ=日本人ルーツに関わる大事な情報を知る神事にもなり、いくつも隠された事実がわかりましたが、今回の伊豆神事でも、2400年前にインドから伝来した民族が日本にいたことが明らかになりました。

現在、天皇家のルーツとして公表しているものは、中国・朝鮮・百済から伝来した民族と伝えられていますが、日本民族の象徴であり、天皇家の先祖ルーツを一本化している目的は、実は、日本人の血に流れているさまざまな民族ルーツに蓋をする目的もあるのです。

これは当時、新しい国 日本国をまとめる為の大切な国策でもあり、政治や経済よりもっと重要な日本人の精神性をつかさどる民族の統一思想が、天皇という形に象徴されたと考えて下さい。

天皇を人神と崇める思想の体系を守る為にできたのが、現在の神道だと言えるでしょう。天皇を最高の神の人と崇める精神性は、さまざまな過去を持つ日本人の精神を統一し、素晴らしい統率力を持ちましたが、現在の日本人は見てのとおり、天皇や神道の精神性を大切にしていないどころか、日本人としての国家的民族の精神さえ失いかけています。



ここで間違って欲しくないのは、私は、天皇制や神道を批判している訳ではありません。

わかって欲しいことは、色々な宗教の神ルーツや人間のルーツを調べて、どれが正しいと主張することよりも、まず「神を信じる」ことから始まる力の素晴らしさに気づくことが重要です。

未来を信じる力があるからこそ、今、辛くても苦しくても頑張れますし、自分という枠を超えて、誰かの為や国の為に命を捧げる事もできるものです。

何度も苦しい時代を乗り越えてつちかった強い日本人の精神性は、自信を持って世界に誇れるレベルにあります。

世界中の事件を予知しているジョセリーノでさえ、日本だけは予言がはずれると言うほど、祈りの力が強く、未来を変える力を日本人が持っていることを認めています。


世界の学者たちが、日本人の精神性の強さの秘訣を調べていることはご存知でしょうか?

それほど、世界に誇れる素晴らしい民族に日本人は成長したのです。

日本人の精神性の高さは、強力な祈りの力と共に、体から気(エネルギー)を発したり、他人の体を癒すヒーリングの力さえ秘めています。

これは、日本人がより神の意識に近付いた証とも言えるでしょう。


しかし、21世紀になって地球創生の啓示を受けとったたくさんの日本人が動き出した理由は、この日本人の素晴らしい精神性が失いかけていることを危惧したからです。

北海道から沖縄までの現在の日本という土地に、数千年前から世界の民族の代表が、この日本という土地を目指した意味を思い出して欲しいと伝えているだけなのです。

はっきり言いますと、日本人という固有民族は、いなかった言えます。いい換えると、最初に先住民族が住み、そのあと世界中からやってきた民族との掛け合わせた民族が、現代の日本人だと言ってもいいでしょう。

だからこそ、世界中の宗教思想を受け入れられ心の広い精神性を日本人は持っているのです。


世界で起きている戦争は、思想や信仰で違いで戦いを続けていると表面的に見せておいて、本当は、政治家たちが宗教思想の違いを利用して経済目的で戦わせていることにも気づいて下さい。

真我で神仏の心に通じた人で、戦いを望む人は誰一人いません。


世界から集まった民族は、日本の各地に移り住みながら新しい文化を形成しましたが、最後まで世界のどの国にも所属していなかった蝦夷地(北海道)が日本国になったあと、全ての都府県から移住した人たちが集まってもう100年を超えています。

これはアメリカ合衆国と、ほぼ同じ時代に新しい土地に国が生まれたと言ってもいいでしょう。

日本は、世界のひな型です。だからこそ、自分の土地を守ると宣言することが、地球を守ることに繋がるのです。


2009.11.08 Sun


伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎

伊豆半島付近で起きた出来事は、修善寺の歴史に代表されると言っていいほど、時代の流れによって権力構図が見え隠れしています。

弘法大師が開創し、修善寺という地名の発祥となったお寺ですが、鎌倉幕府2代将軍源頼家が幽閉され悲況の死を遂げたことでも修善寺は有名です。

当時の権力構図は宗教にも大きく影響していて、もともと真言密教だったお寺が宗派を変え続けた事実にも驚かされます。

土地の清めと人間の行いの清めの為に、この修善寺は重要だと感じていたので、祈りのまとめをする段取りで調整しましたが、どうも、お寺の対応がしっくりいきません。

檀家じゃないと本堂を使うことは・・とか、どうも、自然の神々に祈ることを理解できないようです。昔々は、広く色々な人たちを受け入れてきたすばらしいお寺だったはずなのに、なぜかその心を失ってしまったようでとても寂しい対応でした。

1200年前からこの土地を守ってきたことには変わりませんので、10/30朝、ご挨拶に向かいました。











修善寺の祈りは、はっきり言ってとても残念に感じました。本堂の仏様は、私たちの宣言に対して、無言で聞いていましたが、この場所の神気が下がっているのは明白です。理由は、守る人間が仏心よりも現実欲が勝っているからだと思います。

直接、お金になることには一生懸命のようですが、一番、大切な仏に向かう心が感じられない場所でした。あとで全国の祈りをしている仲間からも、行かないほうがいいというほど、この場所の波動が下がっていると聞きました。

お坊さんも人間ですから人間欲は当然、あっていいのですから、本来の仕事である神仏を守る神業をおろそかになさらないようお願い致します。


伊豆半島、四方祈りの最後の場所は、東の納め祈りとなる「城ケ崎海岸」です。海岸線に突き出た無数の岩は、海の中からまっすぐに立ち上がった岩であることを岩の亀裂が教えてくれています。





一番、先端に突き出たこの岩には、神様が乗っています。神の岩に一番近い場所で、全員が崖の先端に立ち、自分が守る国の名前と姓名を告げた後、神に地球を守る宣言を大声で行いました。









神の喜びは、私の体を通じてメッセージを伝えてくれました。

皆さんのこれからの行いを見守ります。どうぞ、たくさんの人たちと繋がりながら、新しい地球を作って下さい。私たちは常に、あなたたちを見守り続けます。」

神に喜ばれる感覚を感じた人は、神様に対する心が変わりますし、生きている最高の喜びだからこそ、神を喜ばせたいと日頃の行いや神に向かう回数が変わります。


神に向かう心や神を信じる心は、ふとした時に感じる人のやさしさにも似ている気がします。

辛くて悲しい時に、ただ横にいてくれるだけで安心させてくれる人にとても似ています。

誰もが持っているそういう神心は、普段のの行いと心の在り方次第だと思います。


東の祈りを終えて、吊り橋を渡ろうとすると、右手に大きな岩の切れ目がありました。ここがどんな場所かというと、龍の出入り口です。







自然界の神々は、偶然、できたと思える岩や木々の姿を借りて神の意図を示しています。もしここが沖縄だと、きっと岩の一番上に祈りの高炉を置いて、海に向かって祈りをすることでしょう。

海から渡来人が運んできた知恵や文化は、神様の御心の表れとして祈りを捧げるのが、自然神に祈る基本的の考え方ですので、神の意志を受け継ぐ人間は自然界の感謝を忘れてはいけません。


今回の伊豆神事を体験した仲間に何か一番記憶に残ったかを尋ねると、まず、第一に、天城山の自然の美しさに驚いたと言います。屋久島や世界の聖地に求められる自然界の調和は、ここ天城山に今も残っていることがすばらしいと言います。

そして、天城山で観光客が捨てたゴミをさりげなく拾って持ち帰った男性の姿も、毎日、神社の清掃をしている神心を見せてもらったと感動していました。


今回の伊豆神事によって、地球創生の神事も第二ステージが始まりましたが、今後、もっとも大切にするべきことは、神事に参加して神に向きあった喜びをすぐに現実の中で行動に移す責任が、全員に生まれることになりました。

これが本来の神業をする人たちに問われていることですが、神事を終えた後、すぐび参加者全員で具体的に何をするのか報告し合いました。

一人一人が、自分の立場でできる地球創生活動を宣言してくれました。

茨城県・神奈川県・東京都から参加した三名は、ブログを書くことからはじめて、自分の考えややりたいことを地元の人に伝えてる活動をしてくれます。

自然を愛する競技スポーツの世界にいる男性は、ジャンルを超えたスポーツの方たちを通じて自然を守る活動を広める宣言をしてくれました。

静岡県から来た女性は、三保の松を守っている三保神社の神様の力を大きくする為に、来年、3月14日に「100人祈り」を成功させる為の人の輪を広げる活動を続けています。

それぞれの人が、それぞれの土地でできることをすることで、「大きなひとつ」が前進します。

インターネットの世界は、見えない繋がりとスピードのおかげでたくさんの人と繋がりますので、肉体を持つ私たちがするべきことは、実際に会って話し合いをして、新しい行動を始めることで現実を変える役目があるからこそ、肉体があると言っていいでしょう。

神は常に、その行動を見守ってくれているのです。

一切、他人を批判しない。

一切、他人を否定しない。

全てを許して、全てを受け入れてこそ、初めて新しい創造の心が生まれます。

あなた自身がそう努めることで、未来に光が灯ります。

今回の神事で、全員が感じたことは、自分の住む土地の事をよく知らないと反省したようです。また、自分の先祖ルーツを知ることの重要さも理解してくれました。

自分の先祖のルーツを知ることは、自分の存在意義を知ることであり、土地の歴史を知ることは、その土地に住んだ人の気持ちを理解することに繋がります。

こういうことのひとつひとつが、大地の上に生かされている人間の大切な信仰心だと思います。

大切なことは、まず自分の足元の土地から始めることです。

この伊豆神事が、次の何に繋がっていくのかはまだ分かりませんが、神は常に、目の前の一歩だけを示してくれますので、私も自分のできることをこれからもしていきます。

肉体を持つ人間ですから、精神性が半分、行動が半分として、そのバランスを今後も大切にしていきたいと思います。全国の地球を愛する皆様に出会える日を楽しみにしています。

2009.11.07 Sat


伊豆神事 3 天城山縦走登山

10月29日 天候:曇り 

朝8時登山開始 コース:旧天城トンネル→八丁池→万三郎岳→万二郎岳→天城高原ゴルフ場



出発地点の旧天城トンネルをバックに出発前の写真を写しましたが、このトンネルの中を通るのだけはご勘弁を!と言いたくなるトンネルでしたが、すぐ横から登山道が始まっていました。

山の神様へ入山許可を頂いてから、ゆっくりとした坂を登ります。まず現れたのが、木々の美しい姿でした。大地に根を張り、木々どうしはお互いに根を繋いで命を守っています。その根の強さは、木の生きる強さを示しています。風雨で倒れた木も命の循環の役目を果たしています。







雨の多いこの山からは、時に川のように水が流れてくる場所もあります。うっすら霧に包まれた山の朝は、美しい紅葉の色に映えた緑や木肌の色にまばゆささえ感じます。





美しい色鮮やかな森を抜けると、木の精霊たちが集まっている場所がありました。うっすら白い丸に写っているのが、精霊たちです。ジブリ映画のもののけ姫の森の中に入ってきたように思えました。



登山道の道に、動物の骸骨を見つけました。きれいに白骨化した骸骨を見たのも初めてですが、こんな場所にわざわざ誰かが置いたとしか考えられないくらいに、見つけた不思議を感じます。これは何を意味しているのでしょうね?



しばらく登ると少し下りになりますが、その先に見える木々たちが、何か言葉を発するように私たちを見つめていました。

写真を写してみると、やはり、ものすごい数の精霊たちが集まっている場所でした。普通に撮影した写真とフラッシュをたいた写真の二枚をお見せします。精霊たちは、フラッシュの光の反射でよく写るんですよ!





こういう場所では、言葉を話してはいけません。静かにそおっと、通り過ぎるのが一番です。私たち人間が、精霊の場所に勝手に入っているのですから・・・。



登山道をさらに進むと今度は、土地と木のエネルギーが重なり合った木を見つけました。霧の中で、紅葉や果てしない宇宙空間に来たのかと思わせるこの山の美しさに、全員が感動しています。









坂を下ると、八丁池が見えました。なぜか八丁池で写した写真はすべて残っていなかったので、お借りした写真を紹介します。



八丁池に着いたとたん、霧がすべて晴れて、その全容を見せてくれました。そこは池というより湖と呼ぶにふさわしい水量と大きさがありました。年間降雨量が富士山よりも多い4000ml以上降るこの場所は、「神の水瓶」と呼んでもいい場所です。

池のほとりにひとつだけ大きな石を柵で囲んありましたが、この石が神の意志だとわかりましたので、祈りを捧げました。

祈りの中でみたビジョンは、池全体にとぐろを巻いている白い大きな龍が、はっきりと顔をこちらに向けて見ていました。長い髭をのばしたその龍は中国語の老龍(ラオロン)だと天が教えてくれました。

祈りが終わる瞬間に、他の登山客が来ましたので、早々にその場を引きあげました。祈りが終わった瞬間に、霧のカーテンは閉められましたので、私たちの為に神様が見せてくれたことがわかります。





森の美しさに見とれながら4時間近く歩いたので、昼食にしようと足を止めた場所では、今度は、太陽が光を躍らせて光のイリュージョンを見せてくれました。この時間、このミストのカーテンごしでしか見られない美しい映画のワンシーンを見ているようでした。





昼食後も、すぐに神様が守っている木を見つけました。どうぞ、いらっしゃいと声をかけてくれるように、私たちを招いてくれたので、写真をパチリ!





木の神様たちや精霊たちをたくさん感じながらまた坂を上ると、岩肌がゴロゴロ出ている場所になりました。大きな岩の横を通ると、「これから先の大きな岩を見つけて下さい」と天の声が聞こえました。

他の方にも同じように天の声が聞こえていたので、全員でひとつひとつに岩に意識を向けながら進みました。

どれが天狗のメッセージを持っている岩なのかわかりませんので、自分の直感を信じながら見つけた岩すべてに祈りを捧げました。まず一つ目の岩の祈りです。




さらに進むと、広い場所の左側に「ヘビブナ」と書かれた看板がありました。近寄って驚きましたが、天狗が曲げたのではではないかと思える不思議な形をしたブナの木が一本だけありました。

木の中に入ると「上を見て下さい」と言われて、上を向くと木の間に穴が空いていて空が見えました。ここから空を眺める意味はかわりませんでしたが、木のカーブの中から祈ると、完全に宇宙エネルギーを感じる空間でした。

後ろから眺めてみると、木を二つに裂いたように木の中に入れる空間があります。この中も宇宙空間のエネルギーでした。

このヘビブナが何の目的で存在しているかは、あとでゆっくり天狗に聞いてみようと思いますが、自然界は私たちの想像を超えて、常に壮大な宇宙エネルギーと繋がっている事を全員が感じました。















万三郎岳に近づくと、とても古い精霊がいる木を見つけました。ブナの木は、水をたくさん含んだ木として、青森県の白神山地のブナ樹林が有名ですが、ここ天城山のブナは、神の意志を表すとても大切な場所だとわかりました。

愛と幸せをたくさん感じながら歩いていると、万三郎岳の頂上に着きました。頂上祈りを終えると、また、すぐに出発です。まだまだ先は長いですので・・・。





万三郎岳を下りながら万二郎岳へ向かう道の横に、大きな岩や木を見つけるたびに、必ず祈りを行いました。ひとつひとつが神の意志であり、大切なものを伝えてくれているからです。





ふと大きな岩が、目の前に現われました。岩の横に木の階段を付けて岩の上に登るようになっている場所ですが、この岩は、完全に神様の岩ですので祈りの準備をしました。

今回、山の祈りには珍しく「火」を持ってきていましたが、これは修験者たちが行う祈りの方法で、自然界に唯一ないものが「火」だからです。

風・大地・水を持つ山の神に、火の神を捧げて祈りを行うと、この岩自体が老龍(ラオロン)の顔だと教えてくれました。



登山客は、知らない間に、この老龍(ラオロン)の頭を踏みつけ登っていたようです。自然界の神は、そんな小さなことでは怒りませんが、人間としてお詫びの心が湧きました。お詫びとお礼、そして、今回の登山神事の最大の目的の場所が、ここでることを祈って確認しました。

時間が無いので老龍(ラオロン)と長話はできませんでしたが、一度、祈りエネルギーで繋がると、どこでもいつでも対話することができますので、あとでゆっくり天狗と老龍(ラオロン)の意志を確認することにします。

今回の祈りは、自分の住む土地の一宮祈りを終えた関東・中部の5名4国の代表が来ていますので、その代表がこの伊豆の国を守る宣言をしたことになります。老龍(ラオロン)と天狗の意志を守る皆さんに、心から感謝を伝えました。



老龍(ラオロン)祈りを終えると歩くと、すぐに万二郎岳の頂上にでました。頂上祈りも終えて全員、とても喜びが溢れているのが表情からわかると思います。

このあとは、ただひたすら天城高原ゴルフ場を目指して下山しましたが、夕暮れも早く、足元がどんどん暗くなります。下山途中に、初めて山から水が流れている場所を見つけたので、山の水を頂きました。天城山の神様の意志を繋ぎます。

最後の30分間は、完全な暗闇の中を下ることになりましたので、準備したライトのおかげで命を救われました。登山はあらゆる準備をしていないと、必ず誰かに迷惑をかけてしまいますので、登山をされる方はどうぞ万全な準備を宜しくお願いします。









今回の登山は、決して遅いスピードではなかったのですが、結局、朝8時から登り始めて到着は、午後5時半ですから、9時間半、山道を歩いたことになります。登山の経験の中では一番、長い時間歩いた経験になりました。

冷え切った体と疲れを癒しに、宿の温泉にまっしぐらです(^^)  つづく

2009.11.06 Fri


伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎






役の行者にご挨拶してから、岬にある石廊崎(いろうざき)神社へ向かう坂を登りました。山の上から下を見ると、漁をする船が停泊している湾は海の荒波を避けるような場所に引き込んだ形になっているので、戦いがあった時には守りやすい場所だったことがわかります。

リアス式の海岸線が遠くに見える坂道は、温かい気候のせいか、植物の形や雰囲気が沖縄のやさしさを思い出させてくれる場所です。






岬の先には絶壁の岩の壁に、宙に浮くように建てられた石廊崎神社がありますが、この神社ができた話も興味深いものがあります。荒波で転覆しそうなとき、船の御柱を捧げるので船を救って欲しいと海の神に頼むと、神はその願いを叶えて波を沈めてくれたと書いてあります。

今も、石廊崎神社の足元には大きな船の御柱が建物を支えています。この石廊崎のご神体は、先端の岩ですが、なぜか「縁結び」の神様と書かれていて驚きました。どこからそういう話になったのかはわかりませんが、とても残念です。人間の欲の表れが、神の名を変えた証でしょう。

ご神体から南へ向かって、宇宙神の神々の力を借りる祈りを捧げました。ここから伊豆七島も望めますが、神様が海を焼いて島にした神話は、船でやってきた渡来人が渡ってきた神の道を示してくれています。







自然界の神は、常に、岩や山の形となってその姿を見せてくれますが、ここ伊豆の南を守る大きな門番は、サルのような顔となってその姿を見せてくれました。今後ともしっかり働きができるよう、神守りの願いを繋ぎました。




南の祈りが終わると、急いで、西の祈り場所の黄金崎へ向かいました。夕暮れが近づいてきたので、今日は、とても美しい夕陽が見られるからです。東西南北のすべての方角を守っている最大の神様が、西の神様だということは、沖縄の祈りで神様が教えてくれましたから、西の祈りはとても大切な意味があります。

黄金崎に着く前に、美しい夕陽が空と海を赤く染めました。その色は、今日の祈りを喜んでくれているようです。




黄金崎を守っていた門番は、馬の顔を見せてくれました。崖の先端に立ち、大切な西の祈りを全員で行いました。





夕暮れの美しさも、自然界の神の御姿です。その姿を見せて伝えながら感じたメッセージは、私たち人間のこれからを問われていると感じました。

水平線が赤く焼けた頃、西の神様は一気にその光を包み込み、闇の姿も見せてくれました。日の出から陽の世界を守る神々の働きと、闇夜から陰の世界を守る神々がいることを私たちに見せてくれたのです。

小さな祠になっている黄金崎神社の石が、神の御姿であるピンクオーブとなって、その姿を見せてくれました。








闇と光が一対になって働く神の世界を私たちは体で感じながら、その全ての神の意志を持って、明日、天城山を登ります。すべての人間が、神の意志を受け継ぐ担い手となるために。    つづく

2009.11.05 Thu



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について