目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

246 / 956ページ

全ての女性たちの目覚めを!

本日のメッセージは、アカシックレコードを正しく理解していない方とっては難しい情報かもしれませんが、今、大切な女性たちの目覚めのためのメッセージですので公開します。


((地球に女性として生まれた人たちへ))

宇宙の神々の意志が地球に降りた意味や目的を正しく理解し、この地球を守る為に生まれた女性たちの魂本来の働きを導くことがあなたの役目なのです。

地球の核を守る役目を持つ女性は、その星の命と共鳴し、常に命を生み出し続けます。

地球の核の中から生み出される神やエネルギーは、常に新しい調和の為にやってきた種族の働きによるものです。

ムー文明に代表される地底文明、海底文明は、その意識体エネルギーと同時に常に自分が宇宙の母となって命を生み出すことが役目なのです。

男性として生まれた全ての魂は、宇宙の星で経験したあるゆる記憶や目的の為にこの地球に集まってきています。

十二師団をまとめていた全てのメンバーがこの星の誕生から生命を持つ形で転生し、その目的を果たす準備を整えてきました。

十二師団の全てがこの地球に降りて準備を終えた頃、宇宙をさまよい歩いた最後の希望、十三番目の命が誕生しました。

それは、あなたたちでいう「プレアデス星団」です。

大きなステップの変化があるとしたら、これは宇宙の十二サイクルから生み出されたものではない、宇宙の大元の新しい意志として生まれた十三番目の誕生が全ての希望でした。

しかしそれは、十二の星の王たちが守ってきた物を破壊する意味を持つことから全ての星が、十三番目の星の魂を探し求めていたのです。

この地球に十三番目の星の魂が降りた時、それはこの地球の大変革が二度目に起きた時でした。

我が娘は、新しく生まれた島の海の底へ身を隠し、大いなるマスターの意志を果たそうと、その時を待っていたのです。

二〇十二年は、その働きの準備ができる時を表しています。

マヤ暦は、そのことを違う意味で伝える「宇宙の時間軸の終わり」を告げています。

「十二のサイクル」が終わる。

つまり十二師団の調和エネルギーが崩れ、新しい十三星団の調和エネルギーがこの地球から宇宙へ発信されることを意味しています。

その為の準備に、とても長い時間が必要でした。

十二師団の力がこの地球で働けるようになるまで、まずは待つことが必要だったからです。

全宇宙のカルマや出来事を全て知っている十二師団の王たちは、その役目を果たす為に人間を作り、過去の記憶を消すことで新しい調和が生まれることを望みました。

しかし何度、人間を再生してその実験を行ってもこれまで一度もその成功はみていません。

それどころか、星の記憶を思い出した者たちは、自らの文明を再生しようと地上文明の再生を試みました。

しかし、その全ての文明さえ消滅した理由は、この地球での(魂の)目的が個々の星の文明を再生させることが目的ではないからです。

十二師団のひとつひとつは、それぞれ完全な独立国として完結できるほどの力と知恵がありましたが、宇宙でできなかったことを成し遂げる為にこの地球という星に降りたことを知っていたのは、それぞれの王族の一部だけでしたので、なかなかその意志の統一は難しいものでした。

十二師団の王たちは、地球自体に命の限りがあることを知っているからこそ、このい地球で新しい十二師団のエネルギーを生み出す努力をしてきました。

十三番目の星の存在を知った時、十二師団の王たちは恐れました。

新しく生み出したマスターの意志が、何なのかを知らないからです。

新しいマスターの意志である十三番目の星の役目は、あなたたち人間の魂の中にあります.

過去の全てを受け入れ許せた人だけが生み出せる愛のエネルギー、それが十三番目の星の役目なのです。

プレアデスという星の名を呼ぶ人たちは、過去の戦いの記憶に振り回されている人たちですので、「愛の意図と目的」を間違わないようにしてください。

プレアデス星、リラ星、シリウス星などのリーダーたちだけが知る宇宙の新しい役目は、あなたたち人間の魂の中に眠っているのです。どうぞ、よろしくお願いします。

2011.01.16 Sun


武士の魂

本日、「地球創世メルマガ」で送りましたメッセージは、一人でも多くの方の御霊磨きの為に補足して公開しています。「地球創生メルマガ」の登録時に、本名・所在地・年齢を登録する意味は、個人を明確にし、集合意識の上昇によって地球の波動を上げる目的がある事をどうぞご理解下さい。


昨年8月、静岡県で続けている歴史調査と祈りに対して大神からメッセージが降りました。

このメッセージを私に託した大神の意味は単に静岡県という土地の問題ではなく、当時、日本を治めていた徳川家康公の勢力図における国と国同士の争いのカルマ全てを解消する事が、新・日本国の立て直しに重要な意味を持つからこそ伝えられた内容でした。

静岡県の仲間はこのメッセージが降りてから土地の歴史を調べ、原因となった出来事もほぼ見つける事ができましたが、関東から関西までの土地で起きた争いの歴史は日本全体における国と国との対立の現れだからこそ、本日、お伝えする情報はあなたの住む土地の因縁を解決する為にも重要な要素が含まれている事に気づいて下さい。

実にこの出来事は、現在の日本人の六割以上の魂に因縁が残っていると大神から教えられました。

だからこそ、この情報を広く公開する事で自分の住む土地に起きた同じような思いに気づき、住んでいる土地のカルマ解消へ向けて動き出す人が増える事を願っています。土地の思いや御霊鎮魂は、その土地に住む人たち自身が自分の責任と捉えることで、霊力に関係なく先祖の繋がりによって善悪の感情を超えた「完全調和のお詫びの心の祈り」によってほとんどのことは正す事ができます。

自分が生まれたり、住んでいる土地で過去の問題を正す為に生まれてきた事に気づいた方は、一切の不浄な思いに囚われない大神の心を持って、自分で祈りを捧げて下さる様お願いします。土地に住んだ人たちの御霊鎮魂祈りでは塩・水・酒に加えて、おまんじゅうなどの甘い食べ物や白米のおにぎりなどを御霊たちは歓びます。

夢にまで見ながら食べられなかった白米のおにぎりやおまんじゅうは、ご先祖の祈りと同じように心を込めてあなた自身の手を添えて下さい。土地に手をつき土下座で頭を下げ、過去に起きた全ての出来事の善悪を問わず、ただただひたすらにお詫びと感謝の祈りを唱えて下されば、どんな土地も必ずあなたの力で浄化する事ができます。

生まれながらの霊能者は皆さんが気づかないからこそ御霊たちの思いを伝える役目をしていますが、本来は土地に生まれ人や住んでいる人がお詫びの心を持って祈るほど強い祈りの力はありません。

現実が辛い苦しいと思う時ほど、生かされている事へ感謝する「お詫び祈り」は、土地の浄化や自らの魂の浄化に直接、繋がります。人間関係がうまくいかない時こそ、ご先祖祈りや土地に住んだ人たちの思いが動いていますので、土地のお詫びの祈りをすると不思議にトラブルは解決するものです。

どんな人でも土地に住んだ人の思いを受けているからこそ、先人の思いに支えられている事に気づかなかったお詫びを心からお伝え下さい。土下座の心さえあれば、人生で経験する人の思いの愚かさにも気づくことでしょう。では、心して神メッセージをお読み下さい。



((武士の魂))
 
おまえたちは、まだ大切な事がわかっていない。

時に時代は遡るが、江戸から密者が訪れた時に、この静岡清水の地で大切な事を見つけて、その事をお上に報告した事によりこの地の扱いが問われた出来事がある。

しかし、それは真実では無く、ある一面からの証言だけを信じた事から問題は起きた。

江戸家老・老中の中にいる者の出身地だからこそ、その謀反の疑いは大きな意味を持ち、一族の信頼を失った一家一族がいた事をわかって欲しい。

その無念な思いをぜひお上に正し、事の真実を説き明かす事をして欲しいのだ。

あなたにはその事をわかってもらえると思うからこそ伝えているのだが、家康氏の胸中を揺るがす事だからこそ内密に処理された出来事なのだ。

武士の魂をどうぞご理解下さい。

2010年8月29日 静岡空港より飛び立つ時に降りたメッセージ


原因となっている<大久保長安事件>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大久保長安事件(おおくぼながやすじけん)は、慶長18年(1613年)4月に起こった江戸時代初期の疑獄事件。

江戸幕府成立後、幕府内部では大久保忠隣とその与力といえる大久保長安を中心とした武断派と、本多正信・本多正純を中心とした文治派が互いに派閥を形成し、幕府内部における権力をめぐって激しく闘争していた。

忠隣は家康の青年期から仕えた武将で、徳川四天王に劣らぬ武功を挙げた人物であり、正信は家康の側近としてその知略において幕府創設に貢献した人物である。忠隣には長安や本多忠勝、榊原康政といった正信にかねてから反感を抱いていた武断派が与し、正信には正純や土井利勝、酒井忠世といった徳川氏の家老的存在が与していた。

慶長17年(1612年)、岡本大八事件が起こった。大八は正純の与力であったため、大八が有馬晴信から賄賂として受け取った6000両を、正純が一部受け取ったのではないかという疑惑を招いた。実際、正純は受け取っていなかったと思われるが、この事件により本多正純一派は一時その勢力が衰退し、幕府内での権力闘争で大久保派が優位に立つこととなった。

翌慶長18年(1613年)4月25日、忠隣の有力な仲間であった長安が駿府屋敷にて中風のために死去した。享年69。長安は元・武田信玄の家臣であったが、その経済官僚としての才能を認められて家康に取り立てられ、忠隣の庇護を受けるようになった人物である。長安は家康の期待に応えて一里塚奉行、関東の奉行、金山・銀山における奉行等を歴任して、江戸幕府の初期財政を大きく支えた官僚であった。本多正信・正純親子は、政敵である大久保長安の死に乗じて勢力の巻き返しを謀り、ある謀略を実行に移した。

長安は金山・銀山奉行など、全国各地の鉱山奉行を務めていた。その際、金銀の取り分は家康の命令で四分六分とされていた。幕府側の取り分が四分、長安の取り分が六分である。ただし、鉱山開発における諸経費や人夫の給料などは全て長安持ちとされていた。これに対して長安はイスパニアのアマルガム法という新たな鉱山開発方法を導入して、できるだけ経費がかからないように工夫していた。経費をできるだけ節減することができれば、それだけ自分の取り分が多くなるからである。ところが、本多親子はそれを利用して、長安が密かに金銀の取り分を誤魔化していたという虚偽の報告を家康に行なうのである。

さらに長安自身も失敗を犯した。長安は派手好きな人物であったが、自身の死去にあたって、金の棺に自分の遺体を入れるようにという遺言を残してしまったのである。本多親子の虚偽の報告に加えて、「金の棺」の存在を知った家康は激怒し、直ちに駿府町奉行の彦坂光正に調査を命じた。

そして長安死後の5月6日、長安が生前に収賄を犯していたという罪で長安の腹心であった戸田藤左衛門、雨宮忠長、原孫次郎、山村良勝、山田藤右衛門らが逮捕されてしまったのである。このときのことを、徳川実紀は、「六日…此日大久保石見守長安が死せしにより。その属吏をして長安が所管の諸国賦税を会計せしめられしに。長安が数年の罪あらはれ。国々に令してその査検せしめらる。よて長安が属吏等を彦坂九兵衛光正に命じ獄に下さる」と記している。

さらに本多親子は家康に讒言を繰り返した。長安は松平忠輝の付家老で、その忠輝の岳父が伊達政宗であったという経緯から、長安と政宗は親しい関係にあったが、その関係から長安が政宗の力を背景にして謀反を企んでいたと訴えたのである。また、長安は武田信玄に取り立てられたことがあるという経緯に恩義を感じていたらしく、天正10年(1582年)に織田信長によって武田氏が滅亡した後、信玄の次男・武田信親(龍宝)の子である武田信道(顕了)と信玄の五女・信松尼を庇護していたのである。

本多親子はそれを、長安が密かに武田氏の再興を企んでいると讒訴したのである。さらに長安は池田輝政の娘を次男の大久保藤二郎と、三男の青山成国を青山成重の娘と、六男の大久保権六郎を忠輝の家老・花井吉成の娘と結婚させていた。その他にも池田輝政を通じて浅野幸長や加藤嘉明、山崎家盛、富田信高、高橋元種、佐野信吉、石川康長らとも縁戚関係を結んでいた。

壮大な縁戚関係であるが、本多親子は先の政宗と同じく、それを長安が諸大名を糾合して謀反を起こそうと企んでいたと讒訴したのである。長安としては、本多派に対して優位に立つために諸大名を味方に取り込み派閥を強化しようとしたが、それを逆に利用されてしまったのである。

そして長安の屋敷を調べた結果、多数の金銀が発見された。長安は横領していたわけではないが、本多親子はこれを横領と決めつけ、さらに家康も長安が豊臣氏恩顧の大名と親しかったことを苦々しく感じており、長安の横領を認めたのである。

かくして長安は「奸賊」となってしまった。徳川実紀では長安の罪状について、「長安が生涯寝所の下に石室を設け、その中に黒き箱有りしといふ。依て其箱をめしよせて査検あれば、其中に長安この年頃朝鮮に交通し。私に財宝をかの国に贈りし文書ども入置しが。中には大不敬の事共。又は連座の諸大名も多くあり」「長安、常に寝所の下に黒櫃を置て。其中に朝鮮へ交通せし往復の書をかくし置。又庫中に常に毒酒を数十樽蓄置。又武田の系図。武田の紋幕旗等を蔵せり」と記している。また、「武徳編年集成」においても、「長安は誠に奸賊なり」と記している。


<因縁>
奸賊となってしまった長安の遺族は5月17日、家康の命令で逮捕され、松平定行や忠隣らに預けられることとなった。7月9日には埋葬されていた長安の遺体が掘り起こされ、事もあろうにかつて岡本大八が処刑されたのと同じく安倍川河原で磔に処された。同日、大久保長安の7人の男児と腹心は処刑となる。

長男・大久保藤十郎(享年37)
次男・大久保藤二郎(享年36)
三男・青山成国(大久保権之助)(享年30)
四男・大久保運十郎(享年29)
五男・大久保藤五郎(享年27)
六男・大久保権六郎(享年23)
七男・大久保藤七郎(享年15)

腹心の戸田藤左衛門と山田藤右衛門、配所で処刑。その後も粛清は続いた。大半は長安と縁戚関係にあったことから、連座処分で粛清された者が多い。

5月、米津正勝、堺奉行を解任されて阿波国に配流(表向きの理由は収賄)。
8月、青山成重が7000石を没収され、幕府年寄役も解任されて閉門処分。
10月19日、石川康長、改易されて豊後国佐伯に配流。弟の石川康勝、石川康次も後に改易(表向きの理由は所領隠匿罪)。
10月24日、富田信高、改易されて奥州岩城へ配流(表向きの理由は坂崎直盛との争い)。同日、高橋元種も信高と同じ理由で改易されて陸奥棚倉藩主・立花宗茂預かりとなった。

明けて慶長19年(1614年)。2月、米津正勝、処刑される。
7月27日、佐野信吉、改易されて信濃国松本藩へ配流。
8月21日、忠輝の家老・花井吉成の自害。武田信玄の孫・顕了とその子である武田信正(教了)は、伊豆国大島に流罪。その他にも、長安と深い関係にあった伊達政宗や池田輝政らであるが、政宗と加藤嘉明は無罪となった。これは家康が彼らが謀反を起こした場合を恐れたためと言われている。

池田輝政は長安より3ヶ月早い慶長18年1月25日に姫路城にて死去(享年50)し、浅野幸長は同年8月に急死(享年38)、山崎家盛は慶長19年10月に死去(享年48)したため、お咎めなしとなった。ただし、幸長はあまりに突然の若すぎる急死だったため、毒殺説も囁かれている。

また、長安の寄親であった忠隣であるが、家康青年期における重度の軍功、さらに徳川秀忠からの信任も厚かったという経緯から、ひとまずは改易を免れた。しかし本多親子にとって目障りな存在である大久保忠隣は翌年、長安事件の余波のほかに、忠隣が家康の豊臣氏討伐に反対していたこと(忠隣の孫娘が豊臣氏家老の片桐且元の甥・片桐貞昌に嫁いでいた)、忠隣の養女と山口重信の無断婚姻などの諸因からまたも本多親子に讒訴されて、慶長19年1月、遂に改易となり近江へ追放された。

家康は忠隣が豊臣氏討伐を反対していることに苦々しさを覚えていたとされ、本多親子は元・武田氏の家臣であった馬場八左衛門という老人を使って、忠隣について家康に讒言させたとも言われている。『徳川十五代史』においても、「大坂を倒すの策に至りては、忠隣の忠愛、性のなしがたき所において、正信父子の好んでこれを為す所なり。

ここにおいては、その相容れざることますます甚だしく、忠隣の大坂の孤危を憐れむもの、却って内通の姦あるやと疑われるに至れり」と、忠隣が豊臣氏討伐に反対し、それにつけこんだ本多父子の陰謀によって改易されたと記されているほどである。

忠隣は改易後、近江国彦根藩の井伊直孝預かりとなった。ただし大久保氏は忠隣の嫡男・大久保忠常(忠常は慶長16年に32歳で早世)の子・大久保忠職(仙丸)が家康の曾孫である事が考慮されて家督と武蔵国騎西藩2万石の所領を継ぐことで、存続を許されたのである。


<影響とその後>
長安と忠隣の失脚により、幕府は完全に本多親子に牛耳られることとなった。だが、これは同時に本多親子に対する反感を惹起することとなり、後に正純が失脚する一因を作り上げたとも言えるのである。なお、忠隣失脚後、連座として佐野信吉、里見忠義(妻が忠隣の孫娘)、堀利重(妻の母親が忠隣正室の姉)らをはじめとする大久保派が全て改易され、忠隣の居城であった小田原城も破却となった。

さらに、かつての岡本大八事件で大八と晴信がキリシタンであったこと、今回の長安事件においても大久保長安は正式にはキリシタンではなかったが、キリシタンに寛容だったこと(長安と親しかった忠輝、政宗がキリシタンに寛容だったことも)などが考慮されて、今回の事件を契機としてキリシタンは害悪と見なされ、幕府のキリシタンに対する弾圧が開始されることとなるのである。

近年ではこの大久保長安事件は、長安は金の棺に遺体を入れるようにと述べた以外のほとんど全ては、本多親子と家康によって罪を捏造されたことで起こった粛清ではないかと言われている。「徳川実紀」は、本多親子が策動したということをあからさまに記している。

「忠隣と正信は、職を同じくするに及んで、相嫉む事なきにしもあらず。馬場(馬場八左衛門)が八十にあまり。いくほどもなき齢の末に。何事を怨望せるか。また何者に托せられしにや。無恨の妄説をうたへて。終に良臣を讒害するに及ぶ。尤不審と言ふべし」(徳川実紀)但し、長安が豪勢な暮らしをしていたのは間違いない様である。


誰一人、ここに罪人はおりません。過去全ての人の行いは過去のカルマの繰り返しによる出来事ですので、誰か一人の思いを掴んで愚かな苦しい心になりませぬよう心からお願い申し上げます。

私たち全てが罪人の子であるからこそ、その弔いと合わせて「和合調和」の為に命が与えられたのでございます。「死を持って生を成す武士の心」もわかりますが、生きてこそ活かされてこそ、やり直しのチャンスが与えられているのでございます。

どうぞあなた自身が今まで経験した幼い心の弔いを含めて、自分の住む土地の思いを浄化転生する祈りを捧げて下さいませ。あなたが心から土下座するその心には、全ての御霊の代理として頭を下げる大きな祈りの力が生まれるのです。どうぞ宜しくお願いします。

2011.01.11 Tue


1月11日の祈り

1月10日は、大人たちが元気になる為に自宅を開放している北海道苫小牧市の「さくらぎ笑楽好」で新年会が行われ、たくさんの人たちと今年一年の抱負を語り合いました。

20代から60代までの大人が一緒に食べ物や飲み物を持ち寄り、昨年の成長を認め合いながら中泉盛行好調と中泉貞子福好調が大きな愛の場を提供してくれています。

毎年恒例になった新年の「書」を仲間と書きながら、お互いの魂を見つめあう素敵な時間も過ごせましたことに感謝いたします。


翌1月11日は、個人のお宅にある素晴らしい神殿に仲間が集まり、年始の祈りと1月11日11時11分に合わせた地球創世の祈りを行いました。

神主の白装束に身を固めた理由も、今年一年でやりきらなければいけない事が多いからこそ自らの決意の表れとして身を正しましたが、最初に唱えた大神の祝詞は人として、そして神として働く人たちの心迷いを正す祓いの言葉が降りました。

身ひとつ、心ひとつのの人間は、誰一人、無駄なくこの世に存在しているからこそ、他人を問わず、そして、自分を問わずに生きる術を身につけなさい、教えてくれました。


心ひとつに繋がる苫小牧の仲間は、自らの学びこそ全ての人の学びに通じる事を悟っている方ばかりですので、おろかな我を主張する人は誰一人いません。

愛を信じ、生かされている中で自分のするべき事を自分で気づき、周りの人と歓びを大きくする努力をし続けている仲間です。

信頼という言葉さえ陳腐に思えるほど互いに甘えず取り繕わず、しかも、自らの立場を律しながら大切な言葉を正直に話してくれる素敵な大人たちの集まりです。

全ての人が初めからそうではなかったからこそ、ここまで変化した事を認めう素直で大きな愛の心をお持ちの方ばかりなのです。

それぞれがそれぞれの立場で成すべき事をすれば、必ずこの地球や日本は良くなる事を信じて行動している方ばかりですし、その中心にあるものはどの宗教にも囚われず、また全ての宗教を貫くほどの神心を大切にする日本人の精神性の柱が育っています。

日本人として今、何を大切にするべきなのか、自分の年齢で何を気づく必要があるのか、全員がいつも心がけながら日々、現実を前向きに生きて続けています。

今回この御神殿を「吉田神宮」と名付けた方がいましたが、個人のお宅の神棚に多くの方が手を合わせたくなる理由は、その場を守る方の神心の素晴らしさだと言えるでしょう。

諸先輩に生きる知恵を教わりながら若者から勇気とチャレンジ精神を学び、母なる女性たちから育む愛と美味しい料理を頂く歓びは、自分の家の中のルールだけも物事を考える狭い生き方ではなく、常に心を開いて互いに学ぶ好奇心旺盛な大人たちだと言えます。

自分や家族や同じ土地に住む人たちが幸せになる為には、まず自分の夢を叶える事の重要さを身にしみている方ばかりですし、だからこそ一歩一歩、さらなるそれぞれの道へ歩み出す年になることでしょう。


日本全国にも素晴らしい活動をしている方がたくさん増えてきましたので、身近な所にあるよりよい情報に耳を傾けながら、自らの成長をおろそかにせずに今年は過ごしたいものです。

一切、愚痴も言い訳もしない素晴らしい大人たちの集まりは、突然、誰かが訪ねてきても、態度を変える事はありません。

「来る者拒まず、去る者追わず」

常に自分の立ち位置を確認しながら必要な人と学び逢う事で、自分の成すべき道を歩んでいく方たちが増える事を願っています。


11時11分の祈りで唱えた私の大和言葉の祝詞で皆さんが見たビジョンは、白い霧に包まれた天上界の社から金粉が降り注いだ風景が見えていたそうです。このビジョンは、天上界の神々の祝福を意味しています。

天上界には神々の為の社がありますが、そこと直結したエネルギーがその場に繋がり、日本全国、地球全体で同じ時間に祈りをしていた皆様と繋がった事を大神が祝福してくれたのです。

祈りは、誰の為に祈るのか?

それは先祖への感謝、つまり自分自身の存在そのものへの感謝であり、自然界全ての感謝であり、地球を育む宇宙全体の神々に対する感謝の意思表示が祈りなのです。

1月11日の祈りの大切さは何年も前から言い続けてきたからこそ、今年は事前に祈りの案内をしませんでしたが、もう大切な事に気づいた人たちは自分の成すべき事を知っているはずだからです。

「必要な人が、必要な事をなすべき年」

だと言う事をどうぞお忘れなく!

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2011.01.11 Tue


魂の目覚めワーク

本日、めでたく父母に命を頂きました日を迎えられたことに感謝致します。産み育てし父母の思いに感謝する日が、多くの成人を迎えられます皆様と同じ祝福の日であります事に感謝致します。


1月10日午前2:30 丑三つ時のあの世の扉が開いた瞬間、眠っている中でメッセージが降りました。

朝まで覚えている自信がないと思っていると目が覚めて、メッセージをメモするように諭されました。そのメッセージは、

「魂の目覚めのワーク」

を行いなさいという事で色々な方法も同時に教えて下さいましたすので、これから全国で行う勉強会ではこの「魂の目覚めのワーク」を行っていきます。

最初は三回目になった1/18の関東の勉強会で、この「魂の目覚めのワーク」を皆さんに体感して欲しいと思っています。


<目的>
皆さんの魂が父母を選び、生まれる土地を決めて生まれた意味を正しく理解して頂くことと、出会う全ての人たちと一緒に生まれる前に決めてきた「魂の約束」を果たして、愛と感謝に溢れる人生を手に入れて頂きたいからです。

これは、左脳と右脳の働きを活性化する方法とも言えるでしょう。

現実を判断する時に使っている知識などの健在意識(左脳)と、本能・直観を司る右脳のバランスを整えることで、守護して下さる存在と正しく繋がる方法を伝授していきたいと思います。

<効果>
1、見えない気やエネルギーの使い方が身に付きますので、自分の身体を癒したり、周りの人を癒すヒーリング力も大きくなる事は確実ですが、守護ラインとの繋がりが大きくなりますので祈る力や思ったことが実現するスピードが早くなります。

2、メッセージやビジョンを見ている方たちにとっては魂の繋がりが太くなりますので、より具体的に正しく守護存在と対話しながらメッセージを受け取る事ができるようになります。

3、自分以外の人との繋がりを正しい方向へ導く力こそ守護存在の守護力によるものですから、自らの囚われの心が外れて出会う人とのカルマの解消にもなります。


52年間の人生経験の中で生まれた時から与えられた霊的能力と、社会に順応して現実を生き抜いた経験全てのノウハウを一人でも多くの方へ分かち合いたいと思っています。

ご希望があれば個人的な能力開発コースも検討しますが、まずは全国で開催しています勉強会に参加される皆様と一緒に、人生の歓びを心と体と魂で感じて生きる力を身につけて欲しいと願っています。

天の加護・守護をして下さる全ての存在からの誕生日プレゼントに感謝を捧げます。

2011.01.10 Mon


今年なすべき事は

これまで日本全国の土地神や先祖・人格神の思い、またその土地を守る自然神の思い、さらには宇宙全体を守る宇宙神の思いの整いに動いてきましたが、過去最大の働きをしなければいけない年が2011年である事をまずご理解下さい。

国の立替建直し神事の一環として昨年から関西にも出向き、地元を愛する方たちと今、何を今するべきかを話し合いましたが、昨年の12月に大阪の「難波宮(なにわのみや)」へ地元の方と訪れた時にこれから関西でするべき事が明確になりました。

もともとは日本人の精神性そのものであり、現在は象徴となった天皇家の存在理由は、日本に生まれた人たちの神意識を整えるのが役割りなのですが、その働きがうまく出来ていない為に「神正しの神事」を行う事で日本人のカルマの解消も行いながら、実は天皇家のカルマ解消も行うことを感じています。

その為に何をするかは、出向いた土地を守る人たちや見えない存在たちが導いてくれますが、人の道を導くのは人だからこそ、生まれ育った土地を愛する人たちと一緒に勉強会を続けています。

今、大切なことは天皇=日本人の精神性=神を関東へ移す前は京都(平安京・長岡京)にあったこと、、それ以前は奈良(平城京・藤原京)にもあり、さらにその前には大阪 難波宮(なにわのみや)にあったという事が重要です。


大阪(摂津国・河内国・和泉国)も古代地図を見ると、以前は海の下にあった場所で東京と同じように海の潮が引き、陸地になった部分に今の都市が形成されました。

関西の水の歴史や民族移動の歴史を調べると、海から入ってきた民族や豪族の利権の絵図もわかり、住吉大社の本来の意味もおのずとわかってきました。

645年に大阪に作られた「難波宮(なにわのみや)」は今も大切に守られていますが、難波宮の土地へ足を入れた瞬間、当時の建物やたくさんの人の姿が見えてきました。

新しい土地に立つと、私が進むべき道は案内するべき存在が現れて教えてくれます。



指定されたひとつの場所へ挨拶をすると、

「あそこには、以前、天から降りる日(火)を祀った場所がありましたが、その日(火)を守る為に命をかけたたくさんの巫女たちがいた事を覚えておいて下さい。」

と言われ、神巫女たちの苦労に感謝の祈りも捧げました。

本殿があった場所へ向かうと、そこにははっきりと今でもその土地を守っている存在たちがいて、正式な挨拶の口上を述べると、丁寧に本殿へあがる許可を下さいました。

中心に天皇が座り、その周りを従座として神官たちが座っていたのが見えたので、今回はその中心に座って当時の天皇の意思を身体全体のエネルギーで感じることにしました。

祈りを始めると、すぐに当時の天皇がお言葉を下さり、重要な神メッセージを教えて下さいました。

この神メッセージは、天皇家に縁のある全ての人の魂を揺さぶるメッセージですので、「地球創世メルマガ」にだけ明日、公開します。どうぞ日本人を導く神メッセージからご加護を感じて下さい。

このメッセージを聞いたことで関西でするべき道筋が決まりましたので、関西神事の第一弾 「奈良 平城京・藤原京神事」を行うことを決定します。

関西を愛する皆様の中で、神の御心をこの日本国で立て直す意思にご賛同頂けます皆様は、どうぞ一緒に神事にご参加下さいませ。共に、神の御心を立てる魂の役目を果たしましょう!


2011.01.07 Fri



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について