目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

234 / 956ページ

奈良 橿原神宮:神武天皇

とても辛く厳しい藤原京神事の次は、今日一日のエネルギーを収める為に橿原(かしはら)神宮へ向かいました。

奈良 橿原神宮は、日本神道の最初の天皇である神武天皇を祀っている場所です。

明治時代に創られたこの神宮に神武天皇の御霊があるかどうか、人間として実在したかどうかという話もありますが、その真意を問う為ではなく、この奈良県に初代神武天皇を祀った意味に感謝して行かなければならないと感じました。

人間の思いを整える神事の場合、その土地に住む人たちの神元となる場所へ挨拶するのが神事の筋だということを沖縄の神人(かみんちゅ)・神子(かみんぐわ)から教わりました。

神の元に感謝し、人の元に感謝する事をきちんとしなければ、常に自分という視点からしか物事を考えず、我の想念に囚われた神事になるからです。

よく自分と守護存在の対話だけで聖地へ行き一人神事をする人がいますが、大きな神元と繋がらない祈りは独りよがりの神事になり易い事をよく覚えておいて下さい。必ず事前に神の元を学び、その土地の人の元にご挨拶するようにして下さい。


今回の奈良神事に参加された人たちの体には、藤原京と平城京で出てきた思いのエネルギーが体に入っていますので、ひとまずその興奮したエネルギーを収める為にもここへ来ました。

橿原神宮の神様には、表に出ていない天皇家の因縁を京都まで正すという正式なご報告と、本日行った神事の収めをこの場所でさせて頂く許可を頂きました。


境内を出て収める場所を探していると、ちょうどよく池が見つかりました。

神社の池は、「水に流す」という意味と「想いを正す・神心・水鏡」という神水の意味がありますので全員横に並んで手を出し、これまでの思い全てを池に収めました。


一人一人の言葉に出来ない辛い思い、誰にも言えなかった苦しい思いも一緒にこの神池で水に流すと、自然に、神歌が出てきました。

神の御心を持つあなたたちの思いは、よくわかりました。私たちの思いもあなたたちと同じだからこそ、どうぞこれからも宜しくお願いします。

という意味の神歌でした。他人の為に犠牲になった御霊の思い、その末裔・関係者の思いも全てこの池に納めさせて頂きました。

自然界の神々は、常に人間の行いの良い悪いを一切問わず、人間に託された神心を果たしてくれる事だけを願っています。


この人生は自分で選んだ生きてきたはずなのに、心や魂が喜ばない理由を探す人が多いのも、私たちの御霊には言葉に出来ない守護存在の思いが奥底に集まっているからなのです。

だからこそ、そのひとつひとつをクリアにする為に神事で神に向き合い、神元、人の元をクリアに正すことで多くの人の御霊も同時に磨かれて人間は輝く御霊となるのです。


神事の中で隠されたひとつの真実を表に出すことが、どれほど苦しい思いをするかは今回の神事でご理解頂けたと思いますが、天なる神の御心は、人間全ての奥底にある思いをクリアにする事でこの世が神世になると教えています。

だからこそ、幼い頃から「うまれ」と呼ばれる霊能者たちが幼い事から苦しい思いをし続けるのも、土地にへばりついた情念や思いをクリアにして欲しいという願いからなのです。

沖縄の各島にユタや神人(カミンチュ)と呼ばれる霊能者が多いのも、子供頃から「うまれ」として神に選ばれ辛い経験をしながら、土地の御霊の思いに気づいて欲しいと訴え続けられるからなのです。

沖縄の仲間には、あまりにそういう人たちが多いので何とかして欲しいと頼まれますが、沖縄に数千人いる霊能者たちの中で「うまれ」の人たちが喜ぶ為に何ができるかを考えた結果、やはり、日本という国の神元・神道(かみみち)を正す為の神事をし、土地の因縁は土地の人たちと一緒に頭を下げてお詫びするするしかないとわかりました。

天へと続く神道(かみみち)を正すのは、天守護を受けた人たちが段階的に担当として選ばれて学びをさせられているはずですし、人間の思いや土地の思いを正す担当の人たちも同様に担当ごとに必要な守護存在が付き、想念の奥底の思いを正す為の道を経験させられています。

最近、宗教や精神世界に関わる人たちの中にも突然、「見えない存在の声が聞こえたり、ビジョンが見える」人たちが増えている理由は、同じように天へ続く神道(かみみち)と人間の奥底の苦しみの呪縛をクリアにする為に与えられた役目なのだとご理解下さい。

ただし、人それぞれ担当領域が違いますので自分の概念や価値観を相手に押し付けたり、他人の行いを問う言葉を吐かないようお願いします。その人が歩む道があなたにどのように写ったとしても、その人が歩まなければいけない道だからです。何が起きてもだまって見守る事こそ、宇宙の大神が私たち人間を見守る本当の愛の姿なのです。


この「自分と他人と神」の三つの視点から学ぶ重要さは、先日の関東勉強会でも話しましたが、「魂の目覚め」であり自分に与えられた責任と範囲の中で歩む道だと学んで下さい。


藤原京の神事を読んで気分が悪くなった方もいると思いますが、その意味を自分の中に問えば必ず学ぶべきことがあると思います。

知らないでは済まされない」、たくさんの犠牲の上に私たちの「今」があるからこそ、その真実を解き明かす神事をしなければ日本人の本当の目覚めができないと感じています。

京都神事の最終日が今年11月と決められた今、動くべき人が動く時期が来た事だけはお伝えしておきます。

奈良神事に参加された皆様はほとんどの初めてに近い出会いの方たちばかりでしたが、もう次の神事へ向けて守護存在たちがメッセージを伝えてきています。

日本全国で私の神事に参加された人たちはよく知っていると思いますが、神事のあとはどんどん守護存在との繋がりが強くなっていますので、気になるメッセージやビジョンが降りてきます。

その情報の神裁き次第で、次にすることが決まりますのでひとつひとつの思いの囚われずに神の御心を学びたいと思います。

次の関西神事は、4月22日-24日で滋賀県・琵琶湖付近で行う予定です。

深く眠る琵琶湖の奥底におられる存在は、地球の核まで繋がる太い神道(神みち)を守り、本州に渡った日本民族のあらゆる深い思いが眠る土地が滋賀県だということをお知らせしておきます。

2011.02.17 Thu


奈良 藤原京神事

(ご注意)
これまで現実意識のバランスと希望あふれる日本人の再生に力を注いできましたが、本日はあえて人間の創造主マスターのギフトである「過去世の記憶の封印」に手を付けて真実のひとつを公開します。

マスターのギフトをあえて冒す理由は、何度、人間を地球に再生しても、同じように幼い学びのレベルの為に宇宙全体を守護する存在たちから人間全体というより、日本に生まれた人たちの存在意義を問われているからです。

公開の前提として、地球上で繰り返される民族争いはアカシックレコード(宇宙の魂記憶)の12支族問題に大きく影響を受け、歴史上、何度も新文明の誕生と共に人間には再生のチャンスが与えられましたが、現在のままの意識レベルではまもなく人間全体の意識崩壊が始まると告げられたからです。

過去世の記憶を想い出した人の中には、他人に言えない苦しい記憶を一人で封印してきた魂もたくさんいます。

その多くは「生まれ」と呼ばれる霊能者のように、幼い頃から他人の苦しい過去が見えたり、死を予知する力が与えられ、誰にも言えない苦しみを抱えて生きる道を経験させられている方たちです。

なぜ自分の事だけではなく、幼い頃から他人の苦しみまで抱えて生きなければいけないのかを中学2年生の時に天に問い問答しましたが、その答えに至っている人に合った事はありません。

一概に霊能者と言っても担当する次元が違い、霊的次元の深い方は封印された深い深い人間の根幹的な想念全てを解消する役目を持って生まれた人たちがいます。

反対に、人間全体の歓びを大きくする為に希望と勇気を与えられ、現実世界と高次元意識の繋がりを愛と調和のエネルギーで動かす役目の方もいます。


私はその両方の守護力に支えられていますが、「うまれ」以外の人たちは、両者の役目の違いを理解せずに発言し、相手の過去の経験全てを傷付けている事も学ばなければなりません。

最近は個人で神事をする人たちがとても増えていますが、神事にも大きく分けて二つの種類があります。

ひとつは、神や守護存在の願いを聞き届けて人間を育む力を大きくする為の神事と、封印された無意識の奥の奥に隠された真実を紐解き、自らが苦しみの渦に入って一緒に思いの転生浄化をする二つの種類があります。

地獄の蓋も開けなければいけないほど時は迫り、人間の無意識想念は深く繋がっているからこそ、根幹的な想念の呪縛を外す為に公開する経緯をどうぞご理解下さい。

今回の藤原京の神事のテーマは過去世で、

巫女の役目をした魂、神官をした魂、
王家・王族・天皇家に深く関わりを持つ魂 

の全員のカルマ解消を目的に公開します。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

藤原京に近づいた車中、強いエネルギーが体にかかり、メッセージが降りました。

お前たちは、大切な事に気づいていない。

この場所(藤原京)で行われた重要な出来事を見つける為に、何度も訪れた者たちがいたが、誰もその真実を見つけられずに帰っていった過去がある。

お前たちにはその事を正しくわかって欲しいからこそ、こうして伝えている。

ヒントは、これだ。


そう言われて私が手渡された物は、裏表に紋章がある丸いものでした。

片面には、五芒星(陰陽師たちが使っていた五次元の力)、

片面には、六芒星(ユダヤの最高霊能者が使う六次元の力)


その意味を深く感じていると・・・、

裏と表が反対になった、反対にさせられた、その両方の力が働いた・・・と感じます。

もしかすると、ひとつ前の都・難波宮の何かを転換させたのかもしれない・・・。

何を転換したのか?

六次元の力を裏にし、五次元の力を表で動かした?

いや、ここでは六次元を表にしようとしたのではないか?


「天皇家が神道を祀るのをやめて仏教を祀ったのが藤原京ですが、その意味じゃないですか?」

と仲間の助言もありましたが、それだけじゃない、とんでもない事をした場所だということが体に苦しみを感じてわかりました・・・。


駐車場に集まった全員に、このメッセージを告げました。

すると、宮古島に先祖を持つ女性が突然、神がかり状態になり、体が震え始めました。

この女性は先祖に宮古島のユタ(霊能者)の血が流れているうえに、生まれつきの霊媒体質ですから、大きな他人のカルマも背負わされているために事前に相談に載ったほど魂の役目が大きい女性です。

彼女自身が直接、宮古島のユタたちに相談しても、あまりの問題の大きさにどこに行って何をすればいいのかわからないと言われたほど、強く大きな因縁をいくつも背負って生まれた女性でした。

彼女は苦しくて涙が止まらずにいたので、早く問題の場所を見つけなければと、藤原京の中に入り全体を見渡しました。



昔、本殿があった場所に向かってから全体を見渡していると、すぐにその場所はわかりました。


その場所で何をしたかハッキリと目に写った瞬間、あまりのむごさにすぐには全員に説明できませんでした。


過去の呪縛を外す方法を考えながら一人一人の顔を見ていると、十名全員の役割が自然にわかりました。

二名の男性には、本宮の両端の木の根元まで行ってもらい祈りをお願いしました。これは当時と同じく、男性神官の役目を背負ってもらう為です。

三名の女性には、敷地の端々に移動して祈ってもらう事にしました。これも選ばれた巫女たちが、場の決壊を張る為に行った方法です。

私と残りの五名がいる場所からは、100m以上も離れた遠い場所で五名に祈ってもらいました。


苦しむ宮古の女性に対して残った四名がこの敷地で行った儀式は、実は「呪詛(じゅそ)・呪いがけ」でした。

そして、この五名の女性たちこそ、過去の出来事に直接、関わった魂の持主である事もすぐにわかりました。

その方法は、私が知る中では最も強力で一番辛い方法を用いて行われていました。


詳細をここで公開することはさし控えますが、簡単に言いますと、宮古出身の女性を中心にして、四名の巫女が彼女の体を使って呪詛をかけたのです。

呪詛の方法は、生きたまま大の字に寝かせ、動かないようにして体に火を付け焼き殺しました。

それだけではなく、祈った四名の巫女たちは特別な方法を用いて、宮古の女性の魂に呪いがけの呪文を死ぬまでかけ続ける役目をしていたのです。

辛くても苦しくても泣きながらでも呪文をやめられない訳は、犠牲になった巫女も自分たちと同じ巫女の仲間だからです。

今回は、宮古島に先祖を持つ巫女が一番、霊能力が強い為に選ばれましたが、いつ自分が選ばれるかはわかりませんし、逆らって殺された巫女もたくさん見てきています。

だから、この祈りがどれほど辛い事だと知っていても、やりきらなければ自分も殺される事を知っていたのです。


宮古島の女性の体が焼きつくされて、御霊が肉体から離れるまで祈る理由は、彼女の御霊が永遠にこの場所から離れる事ができない様にする為です。

普通の人たちが同じ事をしてもそうはなりませんが、強力な霊能者たちが同じことを意識して祈ると、それはとんでもないさえ現実にする力が働きます。

「魂に刻印を押す」というもっとも強い、そして、残忍な方法がここでは行われたのです。


四名の巫女たちが、どこに座るかは私はすぐにわかりました。

意味がわからないまま指定した場所に座った女性たちは、私の祈りが始まると一人を除いて全員がもがき苦しみ始め、涙があふれて止まらない状態になりました。


永い永い時間が流れました。

この場所に張り付けられた魂にやっと肉体が戻り、当時の美しい巫女が姿を見せてくれました。

その魂はお礼の言葉を言ったあと、天上界へあげる祈り言葉を唱えると宮古島の女性も苦しさが体から外れ、やっと普通の状態に戻りました。


これが、巫女の経験をした魂全員が持っている「黒巫女儀式」のカルマなのです。

その記憶を覚えていなくても、同じです。

運よく、「黒巫女」としての経験を過去世でしなかった「白巫女」たちもたくさんいますが、巫女のまとめ役をしていた人はよくこの事を知っているはずです。

だって、犠牲になる巫女を選んだのはあなただからです。

さらに、この命令を巫女のトップに下したのは「神官」です。


神官は、天皇に新しい統治をする為に神仏の霊力をどう扱えばすればいいのかを問われ、あらゆる知識の中からこの方法を天皇に示した張本人なのです。

しかし、王族・皇族・支族の全ての人たちは、この黒魔術の儀式が行われた事さえ知らされずに統治の為に苦しんだという記憶しかありません。


影で行われたこの「黒巫女儀式」を実際に藤原京で行った当時、皇族で知っていたのは天皇ただ一人だったのです。

それが、持統天皇(女性)でした。


この事がはっきりわかった理由は、唯一、泣かなかった四名の祈り巫女の一人が、実際には、持統天皇そのものの魂の持主だったからです。

火あぶりで殺された事を確認する為に、あとで宮古島の女性にこう聞いてみました。

「あなたは子供のころから火を恐れた経験はないですか?」すると・・・

「子供の頃からマッチの火さえ怖くて、近づく事が出来なかった」と話してくれました。


皆さんがお持ちのトラウマやカルマも、同じです。

守護存在たちが記憶を消して生まれさせたはずなのに、魂にはその記憶が残っていますので、無意識に反応するトラウマやカルマがこういう事なのだと理解して下さい。


あとで持統天皇の魂を持つ女性に何故、泣かなかったのかを聞いてみると、

「仕方がなかったのだから、なぜ泣くのかがわからない」

という気持ちが出てきて、自分自身も困惑していたと話してくれました。


自分が忘れていても過去世に関わる土地に立つと、体や無意識が反応してしまうほど、強いエネルギー残像が土地には残っていますので、健在意識でいくら考えてもわからない事が神事ではわかります。

土地に住んだ人間の思いのエネルギーは、建物が無くなろうと工事して形を変えようとも消える事はなく、そこには御霊の思いや記憶が眠り続けています。※土地の記憶を読み取る役目がジーチバン(土地番)です。

一度、封印された記憶を呼び戻した為に感情が止まらず四名は泣き続けていましたので、過去全ての思いを整える為に本殿のあった場所で思いのまとめ儀式を行いました。



最後は、藤原京の土地を出てから持統天皇の魂を持つ女性が、宮古島の女性に土下座をして過去のお詫びをしてくれました。

その周りを囲んだ三名の巫女たちも「何もできなかった辛い思い」を持ち続けて苦しみましたが、全員一緒に自分の体に乗った魂の思いと共に天上界へあげる事ができました。


藤原京の神事は、誰も予想しなかったこういうドラマが起きた事で過去の封印が外れました。

通常、こういう部分は公開せずに神事の仲間と色々な思いを終わらせてきましたが、天皇家・王族、神官・巫女たちの魂の記憶を持つ人たちは何度も、同じ事を繰り返してきたからこそ、魂の目覚めの為に真実を知る必要があると感じましたし、両者の苦しみが外れる事を願って公開しています。

何度も言いますが、これは藤原京だけの問題ではなく、人間が繰り返してきた残虐な部分の象徴です。

だからこそ、神事の内容を皆様に公開する意味を正しく理解して下さい。

もしかすると自分が巫女だった?神官だった?王族だった?と自分に問えば、必ずどこかにその記憶の鍵が見つかります。

誰かを責める前に自らの愚かさを知り、互いの不足を補う為に生まれてきた事を想い出して下さい。


京都で行う最終最後の神事までの道のりはあまりにも遠く、それまでに多くの土地の呪縛をはずさなければ日本人の精神性が立ちませんので、土地の御霊浄化と共に地球上の歴史に隠された思いをクリアにする神事にご支援・ご協力下さい。

実際に神事に入って一緒に御霊浄化をしなければいけない方もいれば、神事の時間に祈り合わせをして下さる方もいるでしょう。

自分の心迷いのどの鍵を開ければいいのかわからない方も、地球を愛する人たちと共に祈る神事は魂の全開放によって学びや気づきがありますが、生半可な気持ちで入れば周りの人に迷惑をかけるばかりではなく、自分の呪縛にさらに苦しむ事になるでしょう。

だからこそ、様々な霊的能力がある方や守護存在の違う方たちが力をわせる必要性を訴え続けているのです。

今の現実のバランスを守りたい方は、どうぞ今のまま、現実を最優先して生きて下さい。

神や天に守護を受け、御仏やご先祖に見守られている意味さえ気づかずに生きるのであれば、それは魂の役目を果たした事にならない事を死ぬ前に必ず気づかされます。

私はただその事を知る一人の人間として役目を果たす覚悟で生きていますので、どうぞご自分の成すべき道、そして、役目を果たして下さい。

蔭ながら応援して下さる皆様の思いに支えられている事に、いつも感謝しております。

ありがとうございます。

2011.02.15 Tue


奈良 平城京神事

2月8日、日本民族のカルマ解消を目的とした関西神事の第一弾は奈良の平城京からです。

関西勉強会に参加した皆さんが土地の歴史を調べてくれたおかげで、神事に必要なテーマが導きだされて関東や関西近郊にお住まいの方が10名も神事にご参加下さいました。



ほとんで神事経験のない方ばかりでしたが、私の地球創生神事は土地のカルマ解消が目的なので必ず、土地にお住まいの皆様と一緒に神事を行います。

その理由は、参加された皆様の魂の浄化に加えて先祖カルマも同時に解消されるという利点があるからです。今回は、そのことが明確にわかる神事になりました。

天の御簾と呼ばれる「光のカーテン」を平城京の入り口で見た時、いかに今日の日を大神が待ち望んでいたかを全員がわかりました。



入口に復元された朱雀門でまず挨拶して門を通り過ぎると右手に次の門の跡地がありますが、そこから先は厳しい警護の人たちが中に入れるかを判断している場所でした。胸が苦しくなる人や、うれしい感覚を感じる人が出てきました。


見えない警護の許可を得て、1kmほど先に復元された大極殿の手前まで来ると足が止まります。

「誰かが、ここで殺されている」

と、すぐにわかったので全員で御霊を上げる祈りを行いました。

無念な思いが残る御霊の周りには、涙を流しながら主君の死を見守る従者たちの姿も見えていました。

最後に円陣を組んで御霊を上げる言葉を唱えると、数名の方が御霊の思いを感じて身体が震えていました。



そのあと少し進むと、右手に皇族・公家たちが集まり私たちを見守っている姿が見えました。

また少し先に進むと、左手に巫女たちが集まっている姿も見えました。


たくさんの御霊たちに見守られながら、一歩一歩足を進めていきます。

大極殿のすぐ前に来ると、「止まりなさい!」と実際に人間の声が聞こえました。

芝生の養生の境界線を越えたのでかけられた声ですが、これも神の声。

境界線の手前に正座して、全員の祈りが始まりました。

目をつむると、大極殿の両側に男性神官たちが横並びに並んでいる姿が見えました。

私たちの祈りを見守っているようです。

祈りはじめると、この場所を守っていた存在が、私の身体を借りて大和言葉で言葉を伝えてくれました。※意味は、こういう意味です。

「大和の地を守る者たちよ。よくぞ今日、ここに集まってくれた。お前たちのその心に私はとても感銘している。この地を愛する思いはお前たちと同じだからこそ、よくぞここに来てくれたと感謝の言葉を授けよう。これからも、この地をを守り愛する魂の友として「録」を皆にあたえよう。」

そう言って、全員の両手に透明な二つの玉を下さいました。その玉には文字が書かれていて、一つの文字は「神」、もうひとつの玉には「人」と書いてあります。

「神の心と人の心」の二つがひとつになって働くのが人間だからこそ、私たちの神心を尊ぶ為に授けてくれたのです。

実際にはその前に、私に向かって大きな光の玉が来ていましたが、横に居た女性はその玉を授かったようなので、彼女の体験談をここに付け加えておきます。

ここ平城京は、とても素晴らしい祈りになった事をまずはご報告しておきます。



(参加者Oさんの体験談)

神事を振り返ってみて・・・私の小さな左脳で何から話せばいいのかわからないぐらい感動が大きく、参加してよかった〜☆って心から思いました。


私はご神事自体が初めての経験なので、よりインパクトが鮮烈なのかもしれませんが
(.)数日前の何か行きたくない緊張や、感じなくていいプレッシャー が嘘のようで、案ずるより産むが易し、こんなに素晴らしいなら、ずっと行きたい!って思ったほどでした。 


関西勉強会で仲間と調査した事や、私が当日の下調べを担当させて頂き、
やれることはやらせて頂こうと下準備もあったので、その分の歓びもあったのかもしれません。

何から話せばいいのかわからないので、記憶にある行った先の出来事と、吉岡さんのメッセージを(メモってる分だけ)箇条書きにします。


◆平城京へ行く車の中で(吉岡さんと同じ車に乗せて頂きました)

平城京の西側の車道を走っている時、吉岡さんが「天の御簾」が出ているよ。と教えてくれました。祝福のサインとのことです。東から南の薄曇りの空に、太陽から簾(すだれ)のような放射状の光が地上に降り、やわらかあたたかく、とてもきれいで感動しました。

『・・「待っていたぞ」』(大神さまより)

私:あ〜私たちがご神事に行く事を待って下さってたんだ〜と感激。



◆平城京にて、
朱雀門から入り、ひたすら大極殿に向かって歩いて(1キロぐらい)真ん中の門を過ぎたある地点で、皆で水をまいた場所がありました。「平将門」の何らかの関係者で、人が死んでいる。と吉岡さんがおっしゃってました。

皆で、円陣を組んで祈りました。
大極殿前では、終わりのほうには吉岡さんを通してとても心地よい祝詞を頂き、「両手を上に向けて出して下さい」と言われたので出すと、大神さまより、参加者全員に神の分け御霊である「透明の玉」を下さいますとおっしゃり、ありがたくありがたく、両手で受け止めました。m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

あとで吉岡さんに聞きましたが、大神さまから参加者全員に頂ける事は(今まで)なかったそうです。本当に、ありがたかったです。

皆にお分け頂いた透明の玉は、左右1つずつの2つの玉だったそうですが、私
が頂いたのは、両手で抱えるように持つエネルギーが来たので、その事を吉岡さんに言うと、最初は透明の玉が1つだったんだけど、あとで、参加者全員に!と説明してくれました。



※平将門については、現在、調査中ですが、この平城京に関わる情報がある方はこちらへご連絡下さい。


さあ、次は藤原京へ向かいます!

2011.02.11 Fri


関西神事の本当の目的

まず2/8の奈良神事の追加情報をお知らせします。

今回の関西 奈良神事は、最終的に京都で行う「日本国の国神立て直しの神事」を目的とした壮大な神事の始まりを告げています。

日本の歴史上、最大のカルマは 関西に祀った大神様を関東に移した事が最大のカルマになっています。

この感情は、わかりやすい土地のカルマとして、
1、関西人の関東人嫌い
2、京都の上京区と下京区のライバル心
3、関西全地区に残る地域ごとのライバル心 に現れています。

もともと関西という土地は、国の平安を願い神が住まう大切な土地だからこそ、幾度も宮を建て国守りにたくさんの民族が集まった土地ですしたが、この解消には、難波宮・藤原京・平城京・長岡京・平安京・京都御所+αの土地に残る思い全てを引き受けて、改めて京都で「国神立て直しの神事」を行う必要があります。

関西が「神不在」となった事により、神守りをしていた公家・武家・民の目的意識が低下し、収入を失いよそへ移住した一団もいますが、土地を持っている人たちの所に集まった形で現在の集落は形成しています。

最終的な京都の神事を行う為には、皇族の血筋や日本民族の王家の血筋を持つ方たちの参加に加えて、神巫女・神番・霊界番・土地番・龍の番・鳳凰番など様々な次元意識を持つ方たちが力を合わせなければできないほど大きなエネルギーを動かす神事になりますし、期限は2011年末までと言われています。

※沖縄流に言えば、「天の10段、地(底)の10段」の祈りをしなければいけないという意味です。

だからこそ2/8の奈良神事は、日本に渡来した民族カルマの整いを目的で行いますが、実は、宇宙の大神の意志は、宇宙最大カルマが地球に意識転生したユダヤ・イスラエル民族の12支族問題にまで遡る神事なのです。

守護ラインが宇宙次元にまで繋がっている人たちは、どうぞ自分の守護ラインを通してこのことをご確認下さい。

日本人は、この宇宙の壮大な記憶を乗り越えて和合し、愛を育みあう星にするために日本に生まれた人たちなのです。

大切な約束を忘れた人たちの為に、因果因縁が強く残る土地にわざわざ足を踏み入れて土地を愛する人たちと共に神事を行い、一人一人の守護存在を通して日本民族のカルマ解消を続けているのです。

現在の日本の信仰心が完成するまでには、先住民アイヌたちが守り続けた「自然神・先祖神」という思想に加えて、渡来人が持ち込んだ神仏思想が加わり、神国日本という統一思想を完成しましたが、地球規模では「人間が誕生してから続いているカルマにまで手を付けなければいけない時期が来たという事です。

通常、神事に参加する人以外にこういう大切な神情報は公開してきませんでしたが、あえて公開している理由は一人でも多くの方に目覚め頂き、これからの神事にあなたのお力を貸して欲しいからです。

2011年までと焦る理由は、無責任にも「間に合わない」というメッセージを受け取っている人たちが増えているからです。

私は必ずやり遂げると神々に宣言し続けていますが、

2011年11月11日までに終えなければ、
全てが崩壊す

というメッセージも受け取っています。

予想しない神事がいくつも追加される為に活動資金が不足しておりますので、地球創生活動にご賛同・ご理解頂けます皆様は 地球創世基金に御支援金をお願い致します。




◎日本人の魂に触れる民族カルマ(追加資料)

 1、天皇家の本来の血筋を正す本当の意味と目的 

2、1336年皇族の南朝(大和国吉野行宮)と北朝(山城国平安京)分裂の背景

3、南朝 大室寅之祐(明治天皇)の即位の目的

4、イスラエルの「失われた10支族」と皇族のキリスト信仰の理由

5、紀元前10世紀から紀元前6世紀にかけて古代イスラエルに存在したユダ王国の2支族の日本への影響 

6、「日ユ同祖論」には、主に三つの考え方がある。
?古代イスラエルの「失われた10支族」が、日本に来たという説。
?古代イスラエルの「失われた10支族」のみならず、12支族全てが、日本に来たという説。?古代日本人が、ユダヤ人の先祖であるという説。 

7、支配階級とユタ・ユダ・エタ・被差別部落問題による土地の因縁 


(追加情報1) ※K氏より
 歴史の報告を致します。日本には紀元前にキリストが生まれる前のイスラエル 10支族のユダヤ人の秦氏がやって来ました。この人たちは、お祈りをする時に動物の生け贄を捧げていました。

後に原始キリスト教のユダヤ人が来て、お祈りの時の生け贄は血に触れると言うことで最初に来たユダヤ人を迫害しました。この迫害を受けた人たちは現在の大阪 奈良に多く、「被差別部落」として日本人のカルマに残っていると思われます。

彼らの多くは、沖縄・北海道に追いやられました。追いやられる時に現地の人と結婚し、信仰・布教が全国的に広がったと思われます。

次に、南北朝時代 587年 用明天皇が崩御すると、 親仏派の蘇我 馬子 と排仏派の物部守屋との間で武力衝突が起こり、守屋側が敗れると 大神神社・大和神社 ・石上神社の神威も次第に衰えていきました。

第41代 持統天皇と渡来系氏族の藤原(中臣)不比等 が共謀して、国津神の業績と歴史を切り捨て天孫族の都合の良いように改ざんしました。この事が、南北朝時代から江戸時代末期まで 天皇の祭儀は全て仏式で行われていた理由です。

その後、明治時代になって伊勢神宮が日本の皇室の祖神として復活するのです。

南朝の末裔 後醍醐天皇の孫にあたる大室虎之祐を、伊藤博文や桂小五郎らが本来の天皇の血脈に帰る計略をしました。それまで南朝の末裔の虎之祐は、南朝に仕えていた毛利家長州藩の武士たちにかくまわれて ぼそぼそと生き延びていました。

北畠親房の「尊皇思想」に目覚めた勝海舟・坂本龍馬・西郷隆盛の本家の菊池家が南朝側にあった事から薩摩と長州が同盟を結び、幕府側に勝ち、徳川慶喜の大政奉還に繋がりました。

北朝の天皇家には足利義満以来、天皇の血脈が流れていない為、 明治維新の時に北朝の睦仁親王を殺めて、南朝の虎之助と入れ替えて即位させました(明治天皇)。 

この天皇家のカルマもあると思われます。皇室とって最も大切なことは天照大神から受け継いでいる天皇の血脈を守ることだからです。

明治天皇の孫であり、国際政治評論家の中丸薫氏の著書「真実のともし火を消してはならない」(サンマーク出版)のエピローグに、「明治天皇の真実」について記載されています。

私はこれを読んで非常に驚きましたが、明治維新の真の意味を知りました。明治維新の真意は、天皇の血脈を正当な南朝の天皇家に戻す事件だったのです。

北朝の天皇家には足利義満の時以来,天皇の血脈が流れていない。そのため天皇家の血脈をもっている南朝に天皇の座を取り戻すために勤皇の志士たちが決起し、明治維新を起こしたということです。

つまり、後醍醐天皇の第11番目の皇子、満良親王の御王孫である大室寅之祐を勤皇の志士でとしたのです。伊藤博文とか桂小五郎たちが、彼を担ぎ上げて天皇のすり替えを行ったということです。

1864年孝明天皇の皇子である睦仁親王が12歳の時、禁門の変が起こりいました。女官たちに囲まれて育った睦仁親王は、大砲の音と女官たちの泣き叫ぶ声に圧迫され卒倒してしまいました。

睦仁親王と寅之祐のすり替えはその時なされ、大室寅之祐が明治天皇として即位したのです。

明治天皇は北朝の末裔、孝明天皇の皇子ではなく、南朝の末裔、大室寅之祐だったのです。そのため現在の天皇家は天照大神から受け継いだ血脈が正統に流れているのです。(CPA東郷の「ヨハネの黙示録」概説、「日ユ同祖論」参照) 


(追加資料2)※出所不明
「被差別部落問題」。 明治4年に太政官令により、差別部落の人間にも苗字をあたえることになりました。それまで苗字を持つのは武士と一部の苗字帯刀を許された者に限られていましたが、百姓・商人・職人なども晴れて苗字を名乗れることになりました。

庶民には苗字はなかったのかというと、そうではなく、あっても名乗れなかったのです。苗字がなかったのが差別部落の人々で、この人たちは人別帳外(戸籍がない)として年貢を納めることもなくそのかわり土地も持てない生活でした。

明治4年太政官令ではこれらの制度を廃止して差別部落民にも苗字を与えようという画期的な試みがなされたのです。しかし、その名前を付けるに当たり、あとで分かるように巧妙な罠が仕掛けられていました。

※以上の情報の正誤・取り扱いについては、個人の責任でご判断下さい。なお、神事で降りた神言葉は、地球創世メルマガより配信致します。


神事は、ひとつひとつの真偽を問う事が目的ではなく、全ての思いを自らの守護存在を通して確認しながら命を与えて下さった大神様の意味に気づき、心根ある日本人として世界を、そして地球を愛する人間の代表となってカルマの解消に向き合う事が神事の目的です。

神の御前にて身と心を正し、御自らの御霊をさらけ出す心根こそ、神に通じる心磨きであり、魂の目覚めになる事を御理解下さい。

2011.02.07 Mon


日本神話の正しい解釈

本日より日本神話を正しく理解する為に行う関西 奈良神事の事前情報を公開します。

皆さんに神事の事前情報を公開する理由は、関西一円に広まっている民族同士の思いが関東一円にも影響し、現在も同じように日本全国に住む人のカルマとして残っている現状があるからです。

また、最終目的地である京都神事を行うまでに宇宙の大神の意思を一人でも多くの人に気づいて頂き、共に日本に生まれた神の子意識に目覚めてお力添えを頂きたいからです。

実際に神事で降りた神言葉など重要な内容は、地球創世メルマガで公開していきます。


1、まず日本神話を正しく解釈する為には、神様の名前で紹介されている存在は全て実際の人間を脚色して登場させていると覚えておいて下さい。

歴史で起きた事実をもとにして脚色して完成したものが日本神話であり、古事記や日本書紀も同様に権力者が内容を脚色して書かせた物です。

こうした目的は、日本における先住民族と渡来民族の関わりを神様の名前に置き換える事によって、「神=人」、つまり天皇が日本の国の神であるという思想を根付かせる狙いがあったからです。

2、時代は、日本の先住民であるアイヌ民族の時代まで遡りましょう。

中国大陸が大陸プレートの亀裂によって分かれてできた日本という島国は、温暖な気候や海流の変化でたくさんの人たちが船で日本にやって来るようになりました。

3、時代が進むにつれて権力や武器を持った集団が各地に住みつくようになり、それはやがて「豪族」と呼ばれ土地の支配者になりました。

沖縄・九州・四国・本州の各地に多くの豪族が存在した事も、色々な歴史書に証明されていますが、この時代は日本を統一するような大きな力を持った存在がおらず、各地方ごとに土地や民衆を支配していた各地の親分だと思って下さい。

4、渡来してきた多くの民族は、中国・韓国・台湾などアジアから入ってきましたが、直接、関西に入ったのではなく、近い島が続く九州の壱岐・対馬などから九州に入りました。

また南方系のインド・インドネシア・中国の南部から黒潮の流れに乗って日本に入った民族は、沖縄・四国・九州・本州の各岬にたどりつき、土地の豪族と手を組みながら勢力を拡大していきました。

さてここまでの話は事実ですが、これからご紹介する内容の真偽についてはご自分で調べて検証して下さい。

自分が不思議に思った事の真偽を調べる行為は、自らの守護神と内在神との対話にもなりますし、その相容れない思いを和合させる心こそ、大きな宇宙愛を育む心を育てるからです。


 歴史認識のあらましを報告します。

紀元前1世紀頃には、加茂氏(葛城王朝=神武天皇)や三輪氏(三輪王朝=崇神天皇)の銅鐸文化が西日本を中心に栄えていたと思われます。

彼らは、出雲神族で国津神に当たります。

その後、北九州から武装集団である物部集団(海洋民族)が、四国から淡路を経由して紀伊→大和に入った。彼らは銅剣 銅ほこを大陸から輸入して大量に使用していました。

しかし、文献からは銅鐸も使用していた事から、加茂三輪政権を大和で併合したと思われます。

また、旧事本紀(くじほんぎ)という書物には、「天照国照彦・天火明櫛玉・ニギハヤヒノミコト(=ニニギの兄)という神名を使っていることから物部、尾張、度会(ホアカリ系)、海部(海人族=ホアカリの命)、加茂、三輪、多治比氏らは全て同族で和合していて、物部氏が他の古氏族や先住民族をまとめあげ平定していたと思われます。

この政権が邪馬台国で、太陽神(アマ)と化身である地の神(クニ)である蛇を信仰しアマテルクニテルをその名に冠するようになった。

この政権を三世紀半ば南朝鮮の任那(みまな)からやってきた崇神天皇が外国人である為に、オオモノネシを祭ることができなかった。だから、銅鐸文化を破壊し痕跡を消した。しかしそれでも物部氏の力は衰えなかった。

その後、崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏が対立し、物部氏が負け大神神社等が廃り持統天皇と藤原不比等が天孫族に都合の良いように改ざんした。

つまり、天照国照であった国祖神を天照大神の女性にすり替え皇祖神とした。

三輪の神(天神・地祇・天皇霊)の3の和合を天神と天皇霊を取りだし、最終的に伊勢に移した。この事が記紀を改ざんし日本の歴史認識を変えたターニングポイントになったと思われます。

また、その後イスラエルの民である原始キリスト教の秦氏(秦の始皇帝)のハイテク集団が大和朝廷を愛の助け合いで取り込み、今の天皇家に血筋を入れ込んだと思われます。

流れとしまして、北九州から河内国(大阪東部)へ、さらに大和国(奈良県)に入って、山城国(京都南部)に都を移したと思われます。

秦氏が、今の神道(原始キリスト教)を布教したと思われます。

八幡信仰や稲荷信仰や籠神社・真名井神社(豊受大神)、志摩の一宮伊雑宮(天照大神)等からダビデの星が隠れています。

住吉大社は、ホアカリ系だと思われます。

※イワレビコ(後の神武天皇)が東征し、それに抵抗したナガスネヒコが敗れた後、イワレビコがアマテラスの子孫であることを知り、イワレビコのもとに下った。



真実は、大神のみぞ知る


2011.02.05 Sat



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について