目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

185 / 956ページ

四つの善悪

5/8、お昼0時の祈りで降りたメッセージです。

この世には、この「四つの善悪」に気づかず、悩み苦しんでいる人たちがたくさんいるようなので、自分の思考を正しく理解する為に次のどれで自分が物事を考えているかをチェックして下さい。

「四つの善悪」とは・・・


ひとつは、最善最善

ひとつは、最善の最悪。

ひとつは、最悪の最善

ひとつは、最悪の最悪。


この世で起きる全ての物事を「四つの善悪」のどの視点から考えるかによって、苦しみにも、愛にも、感謝にも変わる事を気づけば、生きる上での全ての問題解決も、おのずと上手になるはずです。


ではひとつだけ、事例を挙げて説明しましょう。

事例:3/11の東日本大地震を考える

1、今回の大地震を「最悪最悪」で考えるなら、未来に希望は無く、ただ打ちひしがれた心は、誰かに不満をぶつける行為だけを続けることでしょう。

世界中の誰もがわかるような最悪の出来事を体験した日本人が、独りよがりの最悪の事しか考えられないのなら、永遠に続く苦しみと恨みの心に支配され続ける人生を送る事になるでしょう。


2、「最悪最善」とは、最悪の出来事が起きた時に、「まだ私は生かされている事」に気づき(最善の思考)、自分が出来る事で誰かが助かる事をすぐに行動する人たちです。

例)現地へ救済に行く人、現地の人を受け入れる体制を創る人、新しい経済・環境・エネルギー転換を進める活動をする人、自己責任で寄付したり平常時の経済生活を維持する努力をする人・・・


3、「最善最悪とは、今回の大地震は世の中が良くなる為の大切な気づきとして起きた事だと考えて、現実的に起きる最悪の問題を解決する為に活動する人たちです。

子供たちを学校へ通わせる為に活動する人、行事やお祭りを復活して地域の繋がりを深める努力をしている人、新しい経済が動き出す為に私財を投げ打って未来に投資する人、人々に勇気や希望を与える為のメッセージや行動を起こす人・・・


4、「最善最善」とは、今回の地震によって大切な事を気づいた人たちは、地球全体がより良くなる為にどうすればいいかを自己責任で考えられる人で、明確に未来へ続く道を示す人たちです。

一切の非難を言葉にしない人、誰かも問題点を指摘する場合には必ず、改善案を提案できる人、相反する人たちの発言や行動を一切非難せずに和合する方法と知恵を持っている人・・・、常にいつもその事を考えて生活している人です。


皆さん自身も、自分がどの視点で物事を考えているかを再確認して下さい。

「個人」と言う概念に囚われ続けて問題を解決しようとすれば、永遠に、地球や日本の未来に希望はありません。

「あなた自身がまず変わる一歩を踏み出す勇気」が、今、求められている事に気づいて下さい!

◎常に、最悪の覚悟をして、最善の努力をする事が必要です!


2011.05.09 Mon


滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)

4/24(日)、滋賀県最後の詰めの日ですが、朝から驚くようなハプニングが起きましたが、そのハプニングも神導きだとわかったので、参加者一人一人が自分の事として学ぶようお願いしました。

私の神事に参加すると、「常に、自分のおごりや不足」に気づかされる事がよく起きます。

普段は、許される事でも大神様は厳しくその点を問いますので、常に、自分の魂磨きの時間だと思って心静かに整えて下さる様お願いします。

常に、人を問わず神を問わず」、ただ自らを省みる気づきを与えて下さっているだけなのです。


この日、最初に向かった場所は、琵琶湖に浮かぶ鳥居で有名な「白髭神社」です。

琵琶湖西岸、161号線沿い、近江高島付近に湖中鳥居が見えてきます。

湖中鳥居は、もともと岸辺にあったものが地震や火山の噴火で地盤が水中に沈み、もう一度同じ場所に建て直したものだと言われてます。

琵琶湖の中から古い参道の石畳らしいものや昔の鳥居、さらに北側には、「湖底遺跡」も発見されています。



ご祭神は、猿田彦・あめのうずめ。



対岸側にも鳥居があり、いくつもの末社にご挨拶してから山側の本殿に進むと、一番上に、「天の岩戸と磐座(いわくら)」があります。







伝説では、猿田彦が白髪の老人の姿で現れたという話が「白髭神社」となっていますが、古代に新羅の人々が入り込んで集落を作っていた為に『新羅神社』の呼び名が長い間になまって「白髭神社」になったという説もあります。このいわれは、昨日の「百済(くだら)」と似てますね。

結局、両者とも、日本海側から入って琵琶湖周辺に定住した民族なのだと思います。

素晴らしい守り方をしていたのでゆっくりしたかったのですが、手を合わせると「どうぞ、御急ぎ下さい」と言われました。理由は、竹生島へ渡る船の時間が迫っている事を神様も知っていたからです。


竹生島へ渡る船が出る今津港へ着くと、出発5分前の船があったので飛び乗りました。

予定より、1本早い船に乗れたのも「神計らい」なのでしょう。竹生島へ着くと、まずはこれまでの情報を全員で再確認しました。

今回の滋賀神事の最終目的地が「竹生島」に決まるまで、関西の仲間たちと数カ月間、メーリングでサニワをし続けましたが、私はほとんど自分で歴史を調べないようにしていました。

理由は、私が直接、何かを調べると、あらゆる存在の思いが身体に乗ってくるので、冷静な判断ができなくなるからです。

その分、参加者たちは守護存在から色々な夢を見せられ、事前に現地へ出向いて感じた事をメーリングで情報公開してくれました。

地元の神事に参加する場合は、土地生まれの方が守護存在を通じて「神役目」になりますが、ここ滋賀県は色々な時代の思いが集積されている場所だからこそ、一切、感情を動かさずに冷静に判断する必要がある土地です。

竹生島で待ち合わせた大切な家族の船が、まだ着かないので先に全部の場所へ挨拶に伺いました。




















一通り、ご挨拶して感じた事は、人間の気で場所が乱れている点が気になります。観光客からお金を欲しがる人たちの思いも強く感じました。

弁天堂では、御願いが多すぎて神様がとても心細くなっていましたが、私たちの祈りをとても喜んでくれました。人間の欲で、この聖なる島を汚している事にお詫びしたい気持ちでいっぱいです。


しばらくすると、待ちわびたご家族に出会えました。

滋賀県在住のこの家族の奥様は、龍に導かれて私に連絡をしてきた女性ですが、魂の繋がりは深く、様々な相互連鎖がお互いに起きています。

彼女とは、一度だけ事前に逢って魂の本位を確認しあいましたが、ここ数年の体験を聞くとそれはそれは壮絶です。

1週間で全ての財産を使い果たしなさい」と、ドバイへ行った時に神様に言われ、全財産を投げ出して家族全員で放浪者となり、身ひとつで数週間、神に命を差し出した経験をした家族です。

本当に「魂の神役目」を果たさなければいけない人たちは、必ず、こういう経験をしています。

現実的には異常な行動ですが、真実の神に向き合う心とは、「一切、自分を守らないことが条件」だからこそ、ユタの三年修行でも家族や財産の全てを奪われる体験をする方が多いのです。

私も同じ体験をしているのでよくわかりますが、驚いた事は、この家族に重要な事が起きたタイミングが、全て、私がこれまで行った神事の時期に重なる事がわかったからです。

「地球を守る」と約束してきた魂が、「神事で覚醒した証」として出会わせてもらったのだとわかりました。

大神様からは、私が行う神事によって「多くの人が目覚める」とは聞いていますが、なかなか実感することが出来ないからこそ、この出会いは大きな自信にもなりました。

二人の娘さんは、龍の使いとしてお母さんを守護して言葉を降ろしてくれていますが、本人は、一切、言葉を受け取る役目ではないからこそ、家族のサポートによって魂の道をまっすぐ歩んでおられます。

再婚したご主人は中国人で、私の魂の仲間(ソウルメイト)だとわかりました。

中国、清時代の初代皇帝の息子、つまり、第二皇帝の魂を持っている方で、私と同じく道教や儒学・蘭学・神仏学を学んだ仲間でした。

彼は皇帝の息子として、私は、神官の息子として共に学びながら、お互いを尊敬していました。

清の第二皇帝に彼が就任した時、私は道教の仙人になっていたので、人を導く道を教える役目として彼をサポートしていた時代を思い出しました。

彼もまた、私を心の師として尊敬して下さり、共に、龍を動かす力と役目を持って国を守っていました。


ここまで鮮明に自分の過去世を見る事もありませんでしたが、今回の出会いは、大きな意味で中国人が失った魂や龍を、この日本から目覚めさせる為に出会った気がしています。

彼は、中国人には珍しく、「和の心」を理解している方で、昔の日本人を感じさせるくらいにまっすぐな心の持ち主ですから、互いの魂の役目を果たす為に出会えた事に感謝しています。


短い挨拶の間に、手を握り感じ取るだけで全てがわかった理由は、彼もまた私と同じ能力を授かった一人だからです。

空が黒雲で曇り、落雷が鳴り響きました。龍が、「早くしなさい」と合図を出しています。



祈りの場所は、この「三重の塔」で行いました。

天のエネルギーと地のエネルギーを繋ぎ、それを私たちの身体を通して琵琶湖の奥底へ繋いて、龍宮底神のさらに奥まで繋ぐ祈りを行い、これまでの琵琶湖に集まった全てのカルマを一掃しました。

祈りが終わった瞬間、落雷と共に雨が降り始めて、全ての思いが浄化転生されました。

港に戻り、帰り道で天が見せてくれたのが、この祝福の虹です。



全てが終わったと安心して車の助手席に乗っていると、身体にメッセージが重くのしかかって苦しくなりました。もう、終わったはずなのに・・・と思いながら、何とか意味を取りきると・・・

「太陽と繋ぎなさい!太陽の光を琵琶湖の底に繋ぎなさい!」

慌てて、「琵琶湖が見える山の上に行って下さい!!」とお願いして、延暦寺へ向かう途中の高台から全員で手を繋いで光繋ぎの祈りを行いました。

それはそれは苦しい祈りで、一番、最前列で繋ぎ役をお願いした宮古ユタの女性は、もがき苦しんでいました。

地球の奥底にある全ての重く暗いエネルギーの塊を全身で感じながら、引っ張り出すのに大変苦労されていました。

この「負のエネルギー」は、皆さんの心の中にあるマイナスの思いの積み重ねだと言えます。

今回の東日本大震災で悲しんだ全ての人の思いも、地球が泣いている母神の思いも、すべてが黒い塊となって地球の底へ溜まっていたのを太陽の光ラインに載せて天へ上げました。



この神事が終わった5/5、先ほどお話しした滋賀県在住の龍の子供たちとお父さんからメッセージが降りたので、お母さんを通じて私に届きましたのでご紹介します。


4月30日に、繋がっていた琵琶湖の割れ目が再度開き、轟音と共に琵琶湖の下の地球の大地がギザギザに割れ、地球の中の中心から龍が飛び出していきました。

中心にレインボー龍、その両サイドに黄金龍と青龍、そのまた両サイドに黒龍と白龍、龍たちは琵琶湖上空までのぼり、雷が鳴り響くと共に消えました。

消えた瞬間、龍は龍の色の光輝くエネルギーの粒子となり、琵琶湖に落ちていきました。

その瞬間、琵琶湖の中にいた女の人が、琵琶湖の水面にでてきて琵琶湖の上を歩いていました。 

これは今、新たなエネルギーが動きだしたのだと感じました。

そして、女の人と共に封印されていた龍のエネルギーが解き放たれた感じがします。

これから動く!・・・、その様に感じました。

そしてその後、琵琶湖を繋ぐとは「日の本をつなぐ」レイラインのつなぎ合わせだとわかり、一度、クリーンにして天と地、玉と玉を繋ぐラインのつなぎ合わせが神事で行われたのだとわかりました。

すべては、地球が生まれ変わるため・・・その様な感じがいたしました。

※子供が、その時見た映像を絵に描いてくれました。



十数年前から、こういうインディゴチルドレンやクリスタルチルドレンと呼ばれる子供たちがたくさん生まれていますが、この子供たちが素晴らしいのではなく、私たち大人が大切な事を忘れているからこそ、魂レベルの高い子供たちが生まれているのです。

私が行っている「地球創世神事」は、日本人が魂本来の働きを思い出す為に、無意識下に眠る壮大なカルマを外す目的で、日本中の必要な場所へ必要な仲間たちと足を運び、神々と対話する神事を10年以上続けています。

さらに、こうした神事情報を一般公開する理由は、無意識下に眠る恐れや不安、囚われを外す目的で行っているのですが、「真実の神情報」は読むだけでも大きなカルマが外れることを覚えておいて下さい。

皆様の未来が歓びを感じる為には、これまでの価値観や生き方を変える必要性に気づきながら行動していなかった事実を反省して、新しい生き方を提案する人たちが今、求められています。

魂の約束を思い出した方は地球創世の仲間達に出会って愛を語り、世界を導く日本の精神性の素晴らしさを一人一人が行動で示そうではありませんか!

神々は、常にその為のメッセージを皆様へ送り続けていますので、どうぞ、自分の内なる気づきに正直に生きて下さいませ。

今回の滋賀神事に心を合わせて下さった皆様、本当にありがとうございます。

2011.05.08 Sun


滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)

4/23、滋賀県の東側を先に回ると決めたので、滋賀県竜王町の「鏡神社(かがみじんじゃ)」に向かいしました。

なぜこの「鏡神社」に来たかというと、この後に登る「鏡山(竜王山)」の前にご挨拶だけの目的でしたが、来てみて驚きました。

なぜ驚いたかと言うと、移動する車の中で皆さんに話していた事をまずお話しますね。

昔々、太古の時代に琵琶湖に「銅鏡を沈めて拝む民族」が住んでいましたが、近年、その銅鏡がたくさん見つかり、歴史学者たちが調査を始めています。

ただ歴史学者たちは、銅鏡を鎮める方法で拝む民族を知らなかったので、現在も謎のまま、銅鏡調査を進めているようです。

以前、私が大神様と対話した時の話をしますが、この民族は山を越えた「駿河国」あたりに船で着いた民族で「太陽神信仰」をしていた民族でした。

当時、日本に居た先住民は山で狩りをしたり魚を採って食べるだけの狩猟民族でしたから、火を上手に操る人たちを見て敬服し、僕として一緒に暮らし始めました。

この民族は高度な農耕文化や青銅器技術を持っていましたので、琵琶湖の周りに大きな村を形成していましたが、ある時、山の噴火によって琵琶湖の水位が一気にあがり、ほとんどの人たちは琵琶湖に飲み込まれてしました。

実は、銅鏡を琵琶湖に沈める意味は、御霊鎮魂の意味と、銅鏡を鎮める事で琵琶湖を神鏡として祀り、天のアマテラス様と繋ぐ儀式の意味があります。

この民族は、中国地方から渡ってきた刺青文化を持つ「青銅族」だと思われます。

沖縄の一部に記録が残っていますが、全身に刺青をいれたこの民族は高度な知恵を持ち、自分たちが守り続けた太陽神をこの地に繋ぐためにやってきた民族です。


「鏡神社」の由緒を全く知らずにこの話をしていたのですが、鳥居をくぐって驚きました。

すぐに神様が、自分たちの事を正しく理解してくれた事にお礼を言ってくれたのです。

この瞬間に、知識が確信になりました。





本殿に向かう左側には、「祓戸神」がありますが、これがまた素晴らしい!

大きな神エネルギーが天にまで繋がっていますので、ここで全員の禊をしてから本殿に向かいました。

一人の巫女は、使い古されたような黒いサヤに収まったたくさんの刀を受け取りました。

過去の思いや御霊たちの戦い、争いを納めて下さいという意味です。



本殿で祈ると、女性の神女たちが儀式をしている情景を見せてくれました。

現在の御祭神は、『天日鉾命』(あめのびこのみこと)。

日本に渡来文化や技術を広めた祖神(おやがみ)です。

のちに近江源氏 佐々木氏の一族 鏡氏(かがみうじ)が崇敬して護持したと伝えられています。

鏡のエネルギーを琵琶湖へおさめることで、照り返す鏡のエネルギーで、湖底(地底)と天とを繋ぎ、天〜次に向かう鏡山〜ここ鏡神社〜琵琶湖のラインで通す祈りをしました。

そして、一切戦わなかった民族、京都にも出ずに表に出なかった古い古い民族と覚えておいて下さい。

この民族の役割りは、一切、戦わず、神に授かった様々な技術や文化をこの日本へ伝える為にやってきた民族なのです。


12:30、雨が降り続く中、「鏡山(竜王山)」標高384mの登山口を探しました。



神門を開いて登り始めると、途中から周りの情景が一気に変わりました。

白山に登った事がある方はわかると思いますが、山頂が近付くとあたり一面、ごつごつした岩があたりに増えて、別な世界に入った感じになります。



中でも『コンメ岩』という名のついた岩は、女性の子宮・産道、性器を形どった石が印象的で、ここは生命の生まれる場所だとわかりました。

当然、男性性器の岩があるはずと探すと、すぐに見つかりました。

こういう場所があるという事は、この山が「神産みの場所」であることを示しています。





頂上が近くなって見えた鳥居の文字を見て、さらに驚きました!

「貴船神社」だからです。

神社で「船」と名前に着く場所は、UFOの船の事を示していますので、この場所は宇宙に繋がる祈りをしていた場所であることを示しています。

そして、素晴らしい自然界に溶け込んだ拝殿を見つけました!

山の上から降りてくる神気を樹で受け取り、その下で火を焚き、背中側の拝殿から山の裾野の住民へ、神気を繋ぐ祈りを今でもしている事がわかりました。

古神道の精神を現代風に上手に取り入れて、宇宙神の信仰を守っている人たちがここにはいると言う証です。




さらに石段を登ると、そこには、磐座(いわくら)がありました。

自然界が造った「神の御宿」です。





宇宙から繋がる神気をモロに身体で感じられる素晴らしい場所だからこそ、この場所に来る人は神に問われる事も覚えておいて下さい。

大切にこの場所を守り続けてくれている素晴らしい地元の人に、心から感謝致します。

祈ると、こんなメッセージが降りてきました。

「違う星から来た4人が、何かをしにくる事は知っていましたが、あなたたちの事だったんですね。』

どうやら、私たち4人はそれぞれ違う星から来た魂のようです(^^;


さらに少し登ると頂上ですが、少し平らになった場所で「天地繋ぎの祈り」を行いました。







宇宙の守護を感じ、京都の貴船神社と繋いた女性は、その役目を持っている魂です。

そのあとに、私が天とこの地と琵琶湖を繋ぎ、琵琶湖の一番深いところまで宇宙の守護力が届く為の祈りを行いました。

全員、雨具も無しでびっしょり濡れましたが、この場の気持ちよさに魂は喜んでいました。

帰り道は、違う道を進みました。





この素晴らしい場所に、「雲冠寺」というお寺があったことを示す様に、石垣が積まれています。

たくさんの人たちが、厳しい寒さの中を修行されたのだと思い、感謝が溢れます。



ふと、樹からアブクが出ているのを見つけました。

この山に、そして、この樹に龍が降りているのを教えたくて見せてくれているそうです。

龍たちよ、いつもありがとうね!





道が開けると、湖のような場所があり、そこにも龍がいましたが、「高圧電線があるので飛べない」と言われ、別の飛行航路を作ってあげました。



ここから下山した場所まで約1時間くらいでしたが、降りた場所が登山口から5Kmほど離れた反対側だったので、びしょぬれの身体でラーメン1杯食べて次の場所へ移動しました。


近江八幡にある「日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)」は、琵琶湖を対岸で守っている神社のひとつで、4月上旬に、仲間が紀伊国の一ノ宮を回った際に強く横槍・アピールされ、何かかを訴えられたそうです。

八幡・ヤハウェ・妙見・白山 とくることから、今回の候補としてあげてられました。

「日牟禮八幡宮」は、近江国の国府八幡として指定されている神社で、近江国 一ノ宮の建部大社と同二宮の日吉大社、同三宮の多賀大社と野洲の御上神社の間に鎮座しているような感じです。

江州(現在の滋賀県地方)土着の氏族の同族の人びとがその祖神を祀る斎場に、縁故深い八幡大神を合祀したものと考えられています。

豊臣秀次が築いた八幡城の城跡がある 八幡山(標高283,8m)のふもとにあります。

ひとつひとつの祠に、ご挨拶をしてまわりました。


最後は、東近江市にある百済寺(ひゃくさいじ)です。


地元の方が事前調査で調べてくれていたので御紹介します。

百済寺は、『百済』の字が示すごとく、推古天皇14年(606)に聖徳太子の発願により、百済からの渡来人のために創建されたと伝えられています。

「湖東三山」の1つですが、湖東一帯(琵琶湖の東側)は、弥生時代から開かれていたといわれ、
とくに百済系の多くの渡来人の集落が連綿と点在していたようです。

彼らは、朝鮮半島先端から日本海流に乗り若狭に漂着し、冬場の豪雪を避けて近江へと南下し、当時の先端技術や先進文化を近江にもたらし定着させていきました。

ちなみに百済とは・・、紀元前18年に高句麗から分離独立し、現在のソウル近辺に成立していました。

産業・経済・技術・文化面では第一級の国家でしたが、政治・軍事的には弱い面がありました。首都も建国以来、数回にわたって遷都・南下した国でした。

万一の亡国に備えて、国民を安全な場所に避難させる必要があると考え、その受入れ国として日本(飛鳥斑鳩)があげられました。

その調査に、百済の博士「慧慈」(百済へ亡命した高句麗僧)が派遣され、到着した慧慈が目にしたものは、聖徳太子の元服式(成人の儀式)でした。

慧慈が太子を信頼し、かつ百済国王の指令の下、慧慈と太子の間に緊密な師弟関係が生まれ、推古14年(606年)10月21日に創建されたと伝えられています。

近江の最古級寺院であり、そこは北緯35.1度線上に存在します。

次にその北緯35.1度線について紹介します。不思議です。

この線上には、西に向かって、太郎坊(八日市)…比叡山…次郎坊(鞍馬山)…百済(光州)があり、東に向かっては荒子観音寺…熱田神宮がほぼ同一線上に並びます。

この偶然とも思える配置は、実は必然的・意識的な配置であることが最近明らかになってきたようです。

百済人が若狭ルートで湖東地域に渡来・定着してゆく過程で、母国百済の光州と同一線上の近江に太郎坊を、山城に次郎坊を、鈴鹿山麓に百済寺を意識して設定した可能性が高いみたいです。

百済寺の縁起書によると、慧慈と太子が湖東に来たとき、太子が光明を放つ杉の巨木の上二半分の幹を見られ、この杉の上半分の幹は百済に運ばれて「龍雲寺」の本尊十一面観世音菩薩像に(なったことが判り)、根の付いたままの下半分の幹に十一面観世音菩薩像を彫り、百済寺に龍雲寺と百済寺の御本尊は、同木から彫られた観音さまであり、ここに日韓交流の原点があります。

でも、杉の巨木の上半分の幹がどうして百済まで運ばれたのか?ですが、日本海流に逆らって運ぶのは困難ではないか?と考えられていますが、海の波は、寄せては返すを繰り返すので、西へ向かう波が来たときは、船を沈め、返す波のときに、少しずつ東へ進む、といった進み方ができたと、ご住職さんがおっっしゃってました。

また百済では製鉄技術の発達で木炭を大量消費したため、仏像彫刻用の大木がなくなり、森林国の日本に原木を求めたという背景もあります。







私が最初に祈りを始めると、すぐに過去の辛い思いが言葉となって、隣の女性に言い付けるような感じの言葉が降りました。

お前たちに何がわかる!

私たち御仏は、これまでこの地で起きた戦いの御霊を受け止め続けてきたのに、その心が本当に理解できるのか!

この思いをどうしてくれる!

お前たちが、どう行動で示すかを我々は見ているぞ!

女性三人は、このあと重要なお役目を御仏様に仰せつかりました。



本当はこのお寺は、行きたく無かったのですが、どうしても参加者の一人のカルマが大きいので、お詫びに行かなければいけないお寺だから足を向けたのですが、やはり、叱られました。

叱られるとわかっていても、頭を下げに行かなければいけない事は、神事ではよくあります。

人間が、どれほど神や御仏の心を踏みにじってきたのかを気づかない人が多いからこそ、こういう場面もあると言う事を皆さんには知っておいて欲しいのです。

私がいつも皆さんにお願いしている事ですが、祈りは、まず「お詫び」から始めて下さい。

神や仏の心に気づいていない愚かな自分に気づいたら、まず「お詫び」なのです。

神仏の気持ちを本当に知ったら到底、「お願い」など出来無い事に気づくと思いますよ。

さあ、明日は、滋賀県最後の祈りですので気を引き締めて向かいたいと思います。

2011.05.07 Sat


滋賀県 大津京・佐久奈度神社

 4/22、奈良県の「大倭神宮」を後にして滋賀県に入りました。

まず向かったのは、滋賀県の「大津京」の跡地ですが、とても見つけづらい場所で大変でした。

住宅街の中に小さな公園かと思うような場所を見つけた時にはこんない狭いのかと驚きましたが、このスペースでもよくぞ残してくれたと思い感謝しました。







道路側に立つと、昔の建物や廊下が見えてきました。

門をくぐり、右手に警護する部屋があるので、そこで目的を告げて許可をもらってから左手の廊下を歩きます。その廊下の襖を開けると、客を待たせる大きな部屋があるので、そこで待ちました。

正面の襖が開くと、正面に御簾が掛かった奥に天皇がおられて、その前に3名の男性が座っています。直接、天皇と話をする事は許されませんので、従者に今回の祈りの意味を伝えました。

凛々しく威厳ある言葉で、今回の訪問を感謝して下さり、これからも変わらずこの土地を大切にして欲しいとお願いされました。

車に乗ってから、天皇が次の和歌で思いを伝えてくれました。


思いはせらば あわれみの 心ありなば われらの願い 聞きたもれ

この思い ひとつなれど 叶わぬことばかりと これまで憐れみの中におりました。

我らの思い 願いとは その地のことをわかり その思いを繋ぎはせ賜えと 我申しまする。

ことはかの時あれば よそろぎの神降りる。

その時、あわれみの花咲く時がある。

それこそが 我らの思いなり。

いつくしみの心あればこそ 願い聞きたもれ。

 よろしくお願いします。


心の奥に浸みわたる切ない思いですが、私たちの事を大切に考えてくれているのがよくわかりますね。

神の御ことばを聞ける人たちは、こういう思いを聞こえない人たちへ伝える役目がある事にも気づいて下さいね。

見えない存在たちの代弁者として、伝え続ける為に、私たちは大人になっても魂の繋がりが太く守護存在と繋がっているのですから・・・。


私たちのように直接、御霊たちと話しをする役目の人たちは、常にこういう場所に来ると、膝を正して話を聞かなければいけません。

土地を守っている御霊たちの思いをわかってあげてこそ、土地神に守られますので、見えない人たちも、どうぞ、この土地に天皇が生活された場所であることに感謝して下さる事をお願いします。

奥に見つかった数本の柱には、御霊たちがしっかり張り付いてこの場所を守っています。

だから、間違えてこの場所に家など建てれば、大変な事になりますので、それだけはおやめ下さいね。

聖地や霊場だと知らずに家を建てると、家族の精神混乱・家庭不和から始まり、事故や病気や災難が続くようになります。

もし今、そういう事が起きている家庭がありましたら、まずは土地の歴史とご先祖の事を調べてお詫びして下さい。

ほとんどの問題は、心からのお詫びをして正すべき事を正せば解決できるものですよ(^^!

ただ霊力の無い神主さんの祝詞やお坊さんの御経では、簡単に動かない御霊たちがいる事もよく覚えておいて下さいね!


次の場所は、大津市の「佐久奈度神社」です。





ここは、「地底の神」とも言われ、飛鳥京から大津京に天皇が移る時に、七瀬払いの大祓いをした神社で、水のお祓い等にも関係し、六芒星のつながりも神道にとても重要な「大祓い祝詞の誕生の地」である神社です。

本殿にご挨拶すると、「ついておいで、ついておいで」と神様に呼ばれますので、右手の河原に歩いて行くと、河原に向かって水を守る御宮と美しい桜としゃくなげの花が咲いていました。







来てくれたお礼にこのきれいな景色を見せたかったのと、本来は、山の頂きから大岩に神が降りてきた事を知らせたかったようです。





岩が神降りの場所ですから、そこから山に向かって祈りをしました。

琵琶湖から唯一流れている美しい「瀬田川」は京都・関西地区に繋がる大切な水を運んでくれていますので、心から感謝の祈りを行いました。


2011.05.06 Fri


奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏

4/20は、宮古島から沖縄本島へ移動して仲間と交流会を行いました。

2006年から厳しい沖縄本島神事を耐え抜いてきた魂の仲間たちの交流会に新しく3名の方が加わり、今後の沖縄・日本・地球のあり方を話し合いました。

一般的にこの集まりは霊能者集団とも言えますが、見かけは普通のおじさんとおばさんです(^^)

互いの専門分野が違う事を理解しあっているので、誰も人を傷付ける言葉は吐きません。

互いを尊重し合う事ができる素晴らしい大人の仲間たちです。

今回、初めて参加した30代の女性は、「初めて本物の霊能者を見た!」と驚いていました。

そう言った理由は、初めて逢った人のチヂ神を降ろして本人に何をさせたいのかその真意を聞きだす「神降ろし」を目の前で見たからです。

その横で私たちは、普通に食事をしながら話が進んでいますが、全員、あらゆる修羅場をくぐりぬけてきた人からこそ、目の前で人がどんな状態になっても見守る力が養われています。

これこそ、互いを信頼しているから出来る事ですが、私も逢うたびに素晴らしい人たちに出会えた事に感謝が溢れます。

沖縄のほとんどの島を周って神様に挨拶したので、もう沖縄の啓示は降りないと思っていましたが、先日の「アガリマイ」が降りたので、啓示内容を皆さんへ伝えて色々なアドバイスを頂きました。

6月中には、この重要な神事を終えて神世界の準備を終えなければ、関西神事の整いにも影響があると感じたので、6月にまた沖縄本島で神事を行いますので、お会いできます皆様、どうぞ宜しくお願いします。


4/21、那覇空港から関西空港に移動して、奈良へ入りました。

2月に行った奈良神事(藤原京・平城京)で残った「飛鳥京」の思いを整える為です。


4/22、飛鳥京の跡地に着くと、すぐに天皇が居た場所がわかりました。この敷地の横に川が流れていますが、ちょうどその真ん中あたりです。







飛鳥京をこの場所に作った人も、向かいに見える山から大きな天地繋ぎのエネルギーがある事を感じたからですが、都を作る人たちは常に、「天の利、地の利」を読む力を持っていた事がわかります。

過去の思いを繋ぐ祈りをすると、「今でもこの場所を守っています」と教えてくれました。

目に見えない存在たちが今でも守っている事に気づいた土地の人は、どうぞ、感謝の祈りをお願いします。


奈良でもうひとつ、行かなければいけない場所が啓示で降りていた「葦原中国(あしはらのなかつくに)」の場所です。

それは、古神道(こしんとう)の大倭教(おおやまときょう)が管理している「大倭神宮」の中にありました。





事前に許可を得ていたので柵の中に入ると、500人の黒衣装を着た人たちが伏して私を待っていました。

頭に黒い被り物をして黒装束を着た八咫烏(やたがらす)の一団です。

その中心には、過去に祭事をした岩が大切に祀られていました。



じっと見ていると、過去に行った祭事の映像が出てきました。

ここは昔、麻のタイマツを中心に集めて火を付けて、天の太陽(アマテラス)に繋ぐ儀式が行われていた場所です。

周りには白装束を着た巫女たちが囲み、神聖な火の儀式を取り仕切っていました。

祭祀は、私が立っている場所から火を付けて、全国の必要な場所へ一斉に八咫烏(やたがらす)を放つ為の合図にもなっていました。

耳元で、誰かがそっと、教えてくれました。

長い間、お待ちしていました。この日が来るのをずっと、待っておりました。どうぞ、宜しくお願いします。

昔の儀式を再現して欲しいと、500人もの八咫烏(やたがらす)が集まって来ていたのです。

祈り始めると、どんどん昔の映像がクリアに見えてきました。

たくさんの人がこの祭事を見守り、重要な神メッセージを各地へ繋ぐ場所だとわかりました。


ここは確かに、「葦原中国(あしはらのなかつくに)」です。

与那国島で「天孫降臨・オノコロ」と大神に言われ、九州神事を行いましたし、前回の奈良神事で、葦原中国(あしはらのなかつくに)と言われて、色々調べて大倭教の本に書かれていた内容でわかりました。

ここから日本中へ、そして、世界へ八咫烏(やたがらす)が飛び立っていったのです。

八咫烏(やたがらす)が、どういう意味を持っていたか、本当の意味をご存知でしょうか?

それは、人間を導く重要な民の神意思を受け継ぐ印として、八咫烏(やたがらす)の印を残したのです。

この事は、世界の歴史のどの本にも書かれていないと思います。

アメリカのインディアンにも、日本の天皇家にも、世界の重要な場所にも八咫烏(やたがらす)の記録は残っていますが、ここが全ての発信地なのです。

では、最初にこの場所に来た民族はどこの国から来た民族なのでしょう???

それは、これからひとつづつわかるはずです。

大神は、日本にやってきた全ての民族の思いを明らかにして、その思いを全て正しく納める為に、私を動かしていますので、きっと、答えはいずれ出てくると思います。

八咫烏(やたがらす)は、映画ガイアシンフォニーにも出てきますが、正しくは、日本の古くから信仰されていた本当の神道と言える「古神道(こしんとう)」の記録だと思って下さい。

「古神道」を調べても明確な答えがなぜ出ないかと言うと、形を残さず、文字を残さず、全ては神と対話出来た者だけに伝承された祈りの術だからです。

現在の日本神道は、古神道の精神を文字にして、形にした為に、方向性が間違った方へ向いています。

現代の神社にある鳥居や建物は一切、本来、祭事の時だけ組みあげて、終われば壊すのが本来の姿でした。

「無二物主義から唯物主義」になったことで、日本人の精神性を伝える神の姿さえ変えてしまった一つの歴史だと認識して下さい。

神の心を持つ者だけが成すべき役目を持つ者だからこそ、一人でも多くの人が眠りから覚めて、日本を、そして、地球を導く魂の役目を果たして欲しいと願います。

2011.05.04 Wed



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について