目次
「死後の世界」をお話しします
東日本大地震後の御霊上げを終えて
3月12日岩手県宮古 午後2:12の祈り
3月11日宮城県・岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
3月10日宮城県の現状と御霊鎮魂祈り
3月9日岩手県の現状と御霊鎮魂祈り
渋谷の土地に感謝する
2012年03月06日のつぶやき
日本の東の柱(光岩)始動!
愛知県豊田市の皆様、ありがとうございます。
六甲山 石宝殿(白山の宮)
六甲山 保久良神社(古代祭事場)
大阪に入りました!
生きながらにして生まれ変わるチャンス
神言葉 4 光の巫女たち始動!
2月18日 神言葉 3
2月18日 神言葉 2
2月18日 神言葉1
春日大社の裏山に降りた宇宙エネルギー
平安の世を願った藤原一族
隠された記憶が一気に吹き出る!
宮古島 八重干瀬(やびじ)ツアー2012募集開始(7名限定)
マスターメッセージ 「光の柱」
東日本大地震 一周忌御霊鎮魂の祈り
伊豆国一宮・総社 三嶋大社の節分祭
修験の郷 伊豆山神社
根源神メッセージ
静岡県熱海市 来宮神社(きのみやじんじゃ)
兵庫県 西宮神社に隠された因縁
京都 下鴨神社の隠された因縁
2012年1月29日富士山地震 震度4(静岡にて)
2012年1月28日富士山地震 震度5弱 (東京にて)
1/27 マスターメッセージ(北海道にて)
啓示「2012年3月12日光の柱崩壊」について
東日本大地震の一周忌御霊上げ
世界の神話から神心を知る
17年前に阪神・淡路大震災が起きた今日、思うこと。
夢のメッセージ
アメノウズメノミコト
光に戻り、ありがとうございます
2012年 祝事(解説付)
2012年 元旦の夢
2011年の年の瀬に思うこと
天皇魂メッセージ
天皇誕生日に 天皇魂納め!
京都御所 典礼の儀
地球を愛する皆様へ
「ぬくもり」を与えてくれる人
ハートランド龍球WEBSHOP 年末年始商品情報
心を忘れる言葉、「忙しい〜!」
12月12日12時12分(2011年の陰陽大転換)
食べ物について
個人の学びから全体の学びへ
負のエネルギーを引き寄せない方法
扉を開く
カムイフム(神様の音)
日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編
日本人を輝かせる役目の人たち 3 中部東海編
日本人を輝かせる役目の人たち 2 関東編
12/1は、北の龍神祭!
2012年を予知する!
地球創生神事の最終目的
自分の愚かさに気づく学び
日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典
西京都神事 熊野で降りたメッセージ
西京都神事 小浜・常神メッセージ
次の大きな波に乗るために…
心の内鏡を開きましょう!
体の痛みの外し方
濃厚な圧縮エネルギー期間でしたね
西京都神事を終えたあとのメッセージ
大いなる宇宙神メッセージ
西京都(さいきょうと)神事 中心納め 橿原神宮(奈良県) 
西京都(さいきょうと)神事 西祈り 明石(兵庫県)
西京都(さいきょうと)神事 南祈り 熊野・潮岬(和歌山県)
西京都(さいきょうと)神事 東祈り 津(三重県)
巫女集団 鏡一族の祈り場所(琵琶湖)
西京都(さいきょうと)神事 北祈り 小浜・常神(福井県)
京都御所 天皇魂入れ
日本人を輝かせる役目の人たち 1 関東編
とてもつもなく急がされている宇宙のメッセージ
伊良部島の名主御嶽(ナーヌスうたき)が開きました!
男神の争い心を無くす沖縄国神神事
伊良部島ユークイの元(ムトゥ)
日本を支えるもうひとつの首都、「西京都」構想!
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の神々へ宣言したこと
見つからないものを見つける方法
やりたいことが、うまくいかない時は!
ポータル 光の家族
沖縄本島 地球創生勉強会 10/22(土)15:00より
SMAPのカウンセリングを依頼された・・・
明日を楽しむ工夫
2011年も残り3ヶ月!!
山梨ツアー4 古代儀式復活!
山梨ツアー3  山梨交流会
山梨ツアー2 古代祭事場を発見!
山梨ツアー1 戦国時代のカルマが吹き出した!
台風15号直撃のなか、静岡市内大浄化神事
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 6 伊邪那岐神社
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 5 淡路島
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 4 早明浦ダム
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 3 高知の神々
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 2 シュメール民族
隠された日本人の心の鍵を開く四国神事 1 家長制を超える精神性
四国神事が無事に終わりました!
魂の繋がりの意味と目的
四国神事 9/12-14
人生の登るべき階段は、自分で見つけること!
わかってるけどできないの?しない?
心変わりと心の蓋
国語的な三次元、四次元、五次元・・・の意味
アセンション、シフトチェンジの日!
神様に向き合う心と人に向き合う心の違い
もう、始まっています!
読み取りワークの開催
クリンキット族の御霊たち
永い間・・・
聖天使の陰陽の羽根が開いた!
許せない人
最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟
ワタリガラスの神話と祈りの音
光の聖戦
闇に光を!
デトックス&クリーニング療法
原爆投下・終戦記念日・お盆
あっついですね・・・
やさしさを勘違いしている人たちへ
今日、歩く道
他人の為は、自分の為!
宇宙について語り始める時期が来たようです
神玉、神霊、神魂
田舎の野菜が命を守ってくれる
解脱修行コースと欲望達成コース
日本民族のカルマ解放 5 渡来人のルート
日本民族のカルマ解放 4 隠された大量虐殺
日本民族のカルマ解放 3 京都の北斗七星結界
日本民族のカルマ解放 2 神道と陰陽道
日本民族のカルマ解放 1 渡来民族とは?
日本民族の根底に眠る隠された思い
どん底から世界一!
秦氏の解放ともうひとつの京都
人を傷付けない為に・・・
関西の宇宙エネルギーを繋ぐ!
今日のてんつくマンは、いい!
台風6号(マーゴン)の大浄化
三層の意識
京都神事を終えたメッセージ
京都神事 7月8日(最終日)
京都神事 三日目(七夕)
京都神事 二日目
京都神事 一日目
「船を乗り換える」メンタルマネージメント
あなたは何か変わりましたか?
天皇制の意義
火の神(ヒヌカン)を床の間に戻す重要性
子供の誕生を祝う抱増御願(だつますうがん)
沖縄本島 今帰仁上り(なきじんぬぶい)
故 谷浩一君一周忌を迎えて
沖縄本島 東御廻り(あがりうまーい)
沖縄本島の神おばー
大阪 陰陽師結界と土地に住んだ人たちの思い
問われている意味
樽前山 ご来光登山2011
相対宇宙と絶対宇宙
もし、あなたに守りたいものがあるのなら…
幸せの総攻撃!
とっても素敵な人たちばかりで・・・
今日は、変わる日!
色々なことを整理する
今の自分を許しなさい
自分を見つめ直す
神様が何とかしてくれる?
只今、エネルギー上昇中!
利権を手放さない企業家と政治家たち
北海道へ移住しましょう!
土地の神様へご挨拶を忘れると・・・
5/24 夜中0時のメッセージ
夜中0時のメッセージ
地球人類の連鎖覚醒始動
住吉大社にお礼参り(大阪)
あなたの「思いこみ」が現実を判断している!
関東にレインボー龍!
考え方を変えて未来を変える!
兵庫神事(広峯神社・陰陽師の里・神鍋)
四つの善悪
滋賀県 白髭神社・竹生島(ちくぶじま)
滋賀県 鏡神社・鏡山(竜王山)
滋賀県 大津京・佐久奈度神社
奈良県 飛鳥京・葦原中国・八咫烏
天の岩戸開き 大神島
2011八重干瀬(やびじ)祈り
伊良部島皿主 神オジーの退任祝い
震源地の神様と対話
2011龍神祭 伊良部島を守る神様
3/11東日本大地震から49日
2011龍神祭 「なべ底」
沖縄の先祖祈りについて
やっと、滋賀県!
祈りの力
放射能の対応について
震災1カ月で考えるべき国家プロジェクト
4月7日23:46 宮城県沖 震度6強 メッセージ
レジ打ちの女性
道理と摂理
日本のひな型「沖縄」
今、震災後にできること!
2011/3/11 大地震の本当の意味
新時代のエネルギー
世界基準になる日本人!
3/20 夜中0:00のメッセージ
平常心で、希望を持って下さい!
日本国民に「有事」を宣言します!
この国を守る!
大和魂!!!
日本人なんだ! 復興を確信!!!
3月11日東北地方地震 御霊鎮魂の祈り
3月11日東北地方太平洋沖地震発生
内なる目覚めの為に 6
内なる目覚めの為に 5
内なる目覚めの為に 4
内なる目覚めの為に 3
内なる目覚めの為に 2
内なる目覚めの為に 1
伝えよう日本のあゆみ(近現代史)
人類の隠された歴史
朝のお努め
抜けました〜!
「うつろいの神」が泣いている
みんながワクワク!!
これからの地球創生活動
「地球創生SNS」スタート
2月22日の意味
静岡県 大久保長安神事
奈良 橿原神宮:神武天皇
奈良 藤原京神事
奈良 平城京神事
関西神事の本当の目的
日本神話の正しい解釈
アイヌの最高エカシが語るカムイ神話
日本民族のカルマ解消
繋がりの紐
よそごろの神
旧暦の元旦までに
あなたは無意識に人を傷つけています
魂が目覚めるワークと神事
全ての女性たちの目覚めを!
武士の魂
1月11日の祈り
魂の目覚めワーク
今年なすべき事は
お正月気分も終わり・・・
2011年 初春
共振の原理
2010年 年末の心がけ
大阪 難波宮メッセージ
三浦半島 城ケ崎神事(神奈川県)
関東「南」神事 野島崎(千葉県)
信じるものや人に囚われないで下さい
自分の位置と役割
感受・感応のメッセージ
関東と関西の土地の因縁
強気と弱気の人生
理性と本質の混乱
私は自由に生きる!
真実の理念崩壊
関東「東」神事3  鹿島神宮・香取神宮
龍神・宇宙メッセージ
北の龍神祭2009と地震メッセージ
関東「東」神事2 息栖神社・銚子・犬吠崎
関東「東神事」1  霞ヶ浦と北浦の龍
「スピリチュアルカレンダー2011」予約開始
自分の足元を見なさい
11月11日の新しい出会い
11月11日を迎えて
陰陽大逆転による価値基準の崩壊
日本人が世界を変える!
2010年11月11日の意味
「ふと」思う理由
伊良部島の歴史から大神の意思に気づく
神々の統合祈り
神守り会議
台風14号に・・・
13人のグランドマザー世界会議へのメッセージ
13人のグランドマザー国際会議(奄美大島)
正しい先祖祈り
先祖と土地から受ける影響
結果の西洋医学、原因の東洋医学
褒められた経験
創造と計画と行動の一致
神様の向き合い方
伊良部島ユークイ2010に書籍奉納
看取る歓び
訃報から100日
意識転換とは?
日刊スゴい人!
高校生はこれを読め!
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16
ついに発売!「白龍の神導き」吉岡学著
自然界のエネルギーを身体に取り入れる方法
美と歓びに生きる 8
美と歓びに生きる 7
江戸五色不動の結界 (東京都)
美と歓びに生きるコツ
美と歓びに生きる 6
美と歓びに生きる 5
ご先祖の正しい弔い方
ダブルレインボー
谷浩一氏の御霊を送る四十九日の祈り
北海道十勝 帯広神事
美と歓びに生きる 4
京都御所・京都伏見桃山稜
美と歓びに生きる 3
美と歓びに生きる 2
美と歓びに生きる 1
つながりを守る神様
訃報から「よなのか」
地球交響曲ガイアシンフォニー第七番
ご先祖祈りの方法
9月23日 意識転換のエネルギーが流れ込む
行動し続ければ願いは叶う!
日本を元気に!!
優勝!!世界第一位、全日本チームテイケイ!
最終日・ラフティング世界大会!
あと一日!
ラフティング世界大会 2日目!
速報!暫定一位!
緊急! 雨の日は土地の浄化祈り!
挑む世界一!
雨のしずくは”おっぱい”!?
緊急!産みだしの祈り
女性が希望を産みだすと…
訃報からもうすぐふた七日
啓示を受けて
天上人 谷浩一
伊豆諸島神事 終了
三宅島神事 
神津島 神様の思い
神津島 天上山の祈り
神津島(こうずじま)神事
訃報
伊豆諸島神事
デジャブ
水を産みだす山神様
祈りの力
13人のグランドマザーメッセージ
比嘉吉丸さん勉強会(札幌)
心を開く
地球を救いなさい
6月は動く!
五月の満月
御前崎祈り(静岡県)
13人のグランドマザー会議
神降りと神守り
内側の敵
自己浄化
下意識と地震の関係
生まれた土地と住む土地の意味
故郷の歴史と先人を慕う
審判の日
2023年 審判の日
一宮宣言祈りのルール
大地震の啓示
宇宙神メッセージ(4/25)
伊勢山皇大神宮
自分に向き合う
内在神
神産み
勝つ事の意味
食べるという欲求
太陽神を祀る理由
牛頭大王(ごずだいおう)
御霊洗いの神事
大神島・ウハルズ御嶽・成川洞窟
2010年 八重干瀬(やびじ)祈り
2010年 南の龍神祭(伊良部島)
2010 八重干瀬(やびじ)祈り予定
青年会 第一回総会
信頼という繋がり
日光神事を終えて
日光神事 4 天海僧正
日光神事 3 憾満ガ淵(かんまんがふち)
日光神事 2 本当の目的
日光神事 1 古峯(ふるみね)神社
久能山 徳川家康公
三保の松・百人祈り(静岡県)
鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる
水の汚れは大人の心
清水の次郎長親分(静岡県)
巴川の源泉守り(静岡県)
羽衣の松・百人祈り(静岡県)
関東神事 西祈り
初体験 ラフティング!
『青年会』発足
電化製品が壊れる理由
新発売! 愛と気づきのメッセージ集!
絵本 Harmony 限定発売
ありがたやの心
2010新春メッセージ 5
2010新春メッセージ 4
2010新春メッセージ 3
2010新春メッセージ 2
2010新春メッセージ 1
直列エネルギー祈りのメッセージ
1月11日11時11分の祈り
2010年宮古島 八重干瀬(やびじ)祈り日程
変化に順応する年
2010年 あけましておめでとうございます
2010年1月1日 満月の祈りに合わせてメッセージ
素晴らしい若者たち
2010年のメッセージ
2010年の始まり
12月12日12時12分の祈り
12月1日の転換
北の龍神祭のご報告
八重山諸島の民俗ルーツ
寅年の役目
宮古上布と琉球王朝
西表島祈り 八重山諸島
竹富島祈り 八重山諸島
波照間島祈り 八重山諸島
石垣島祈り 八重山諸島
三峰神社 埼玉県秩父市
11月11日の祈り
伊豆神事 宇宙メッセージ
伊豆神事 4 修善寺・城ケ崎
伊豆神事 3 天城山縦走登山
伊豆神事 2 石廊崎・黄金崎
伊豆神事 1 源平のカルマ解消
北の龍神祭 開催決定
天命を得て 存命を待つ
秋の発表会
天狗の里 静岡県秋葉神社
親の心 子知らず
全国一宮宣言祈り・胆振国
気体(香り)の時代
三保の松原
地球創世会議 in 鎌倉
9月9日の祈りメッセージ
富士山神事を終えたあとの神メッセージ
2009年9月9日9時9分
2009年9月9日9時9分9秒
千歳神社のお祭り
新しい統合
民主党政権
感じる力
予知能力
時間の加速
大きな地球の意思
先祖感謝の日
8月15日の御礼祈り
地震に学ぶ
伊豆東海関東地震
マスターとの対話
いにしえの道からの伝言
私はなぜ○○○をしているのか?
あなたへのメッセージ
初めての神事
富士の神メッセージ
無依(むえ)の境地
これからの地球創生1000年プロジェクトの活動
富士山神事第十一回  富士山神事を終えて
富士山神事第十回 伊豆半島 大瀬神社
富士山神事第九回 本栖湖(北西)・山宮浅間神社(南西)
富士山神事第八回 忍野八海(東北・鬼門)
富士山神事第七回 須山浅間神社・御胎内神社(南東)
富士山神事第六回 頂上祈り・富士山本宮浅間大社奥宮
富士山神事第五回 富士山登山
富士山神事第四回 御室浅間神社(北)・須走浅間神社(東)
富士山神事第三回 毘沙門天(南)・人穴浅間神社(西)
富士山神事第二回 富士山本宮浅間大社(裏鬼門)
富士山神事第一回 私という我 
宇宙と地球を繋ぐ富士山神事
夕張岳 頂上祈り
宮古諸島 龍宮神祭 伊良部島
龍宮神祭  池間島・来間島
龍宮神祭 大神島
龍宮神祭 多良間島
沖縄慰霊の日
日本のひな型 北海道苫小牧市
変わるチャンス
2009年6月1日以降のアセンション
新しい生き方
然別湖源泉祈り・天望山神事
天の言葉は神の意思
ボディートーク
数字の「1」
先祖感謝の祈り
夕張神事のご報告
宇宙メッセージ(宇宙語)
大祓いの意味
2009.5.6 神メッセージ 三天門(さんてぃんもん)
藻岩山のお地蔵様
空知炭田の祈り
地球内宇宙メッセージ
聖地 然別湖温泉ホテル風水 源泉祈り決定
4/26 エネルギー上昇日
土地の歴史
見えない大掃除
新しい人に出会う
マスターマインドグループ in 箱根
然別湖温泉ホテル風水 八重干瀬報告
2009.4.4 神メッセージ
八重干瀬2009 & 南の龍神祭
宇宙神と対話
夢のメッセージ
お彼岸と ”おはぎ”
ガイアプロジェクト2012
週刊 「毎日幸せ」 エネルギー転換
3/16 エネルギー上昇日
用意された3年間
沖縄本島 村建て神事 2/20-2/22
奄美本島神事 2/25-2/27
沖永良部島神事 2/24-2/25
与論島神事 2/23-2/24
沖縄本島・奄美諸島神事(2/20-2/27)
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
週刊「毎日しあわせ」 生き字引き
自分の事ばかり考えて
マスターマインドグループ
希望の島
新しい村づくり
農業株式会社
三代先に残すもの
神仏習合
長老会発足
2009年6月以降のアセンションステップ
新しい始まり
エネルギー転換
富士山頂上神事
神隹隹(かみつがひ) 
二つの啓示
2018年 全ての人間の意識が転生する
株式証券取引の世界
存在の証
人間の可能性
2008年最後のエネルギー転換日
小説 「塩狩峠」
2009年 宇宙エネルギー上昇日
四国岡山神事を終えて
兵庫 座談会
四国岡山神事 4
四国岡山神事 3
四国岡山神事 2
四国岡山神事 1
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
内在する神
北の龍神祭 2008
鹿児島神事
日本人の思想とカルマ
カルマのはずし方
世界一を目指す人たち
変化のチャンス
宮城県の龍
小室哲哉のゴーストライター
宇宙守護存在メッセージ
自然の命
11月1日
北の龍神祭  開催決定
沖縄出雲伊勢神事 4 伊勢
沖縄出雲伊勢神事 3 出雲
沖縄出雲伊勢神事 2 沖縄本島
沖縄出雲伊勢神事 1 宮古島
神場の出来事 宮古島 
伊良部ユークイ2008
愛することを忘れた人たちへ
北海道から沖縄・出雲・伊勢へ
十勝岳 神事
奥尻島 神事
北海道 道東神事 釧路川源流・屈斜路湖・川湯硫黄山・神の子池・裏摩周祈り
北海道を守った厚岸 国泰寺祈り
北海道 四方祈り決定
魂の名前
立ち上がる男たち
大地の揺れ
土地を持たない民族
直感と行動
北海道 アポイ岳・天塩岳・カムイヌプリ繋ぎ
友人葬
水の神様
北海道1000km神事
所有という不安
ママのおなかをえらんできたよ
魂の本質の役目
北海道神事 決定
白山神事 神言葉
白山神事2 神仏元改めの儀
白山神事1 天河原(てぃんがーら)
白山神事 祈りの時間
やまたのおろち
無から有を生み出す力
国の建て替え・建て直し
すべては準備しだい
有珠洞爺・善光寺・地蔵堂・亮昌寺神事
恵庭岳 頂上祈り
6月14日岩手県震度6地震
唯物主義から無二物主義
霊守護・神守護を感じる方たちへ
風のメッセージ
北海道 洞爺湖サミット
アイヌとキリシタン
御仏と神に感謝
啓示・神事の意味
岩木山神事と神導き
中国四川省地震と神事
聖地 然別湖 御霊あげ
2008 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
父方の先祖祈り
母方の先祖祈り
南の龍の地を守人たちへ
南の龍神祭2008
2008年 宇宙エネルギーの動き
光の柱の崩壊
八重干瀬(やびじ) 宇宙神祈り
ルーツと統合
2018年夏 オーストラリア中央部陥没
2008.3.11  宇宙メッセージ
無意識が見せる映像
生きる術(すべ)
啓示を受ける人
運命は決まっている
音の時代
2012年3月12日 光の柱の崩壊
大いなる存在との対話
皆様へ
日本の目覚め
お父さん、ごめんなさい
大人が変わること
15歳の光
85歳の光
愛の両面性
父性から母性へ
ご先祖様からのメッセージ
旧暦 新・十二支祈りとメッセージ
新・十二支 始まりの祈り
「無」とゼロの世界
2008.2.2 マスターメッセージ
土地の感謝祈り
意識の変化と食べ物
癒しから希望へ
2008.1.27  宇宙メッセージ
2008.1.26 宇宙メッセージ
夢からの伝言
映画 EARTH (地球)
2008年 エネルギー上昇メッセージ
1月11日の気づき
全国の元旦宣言祈り
2008元旦祈り
新年の祈り 2
新年の祈り
神との対話 2007.12.17
冬至祈り 沖縄本島2007
アカシックレコード・フォローワーク
12/12/12/12
水の神様
2008年の宇宙エネルギー
12/1 龍神祭
2007.11.27 宇宙メッセージ
龍神祭のお知らせ
新しい始まりの自分
祈りの意味
11/17の祈りエネルギー
11/18(日の出) あなたが宣言する地球の未来
11/17 祈りのご報告
2007年11月17日宇宙と地球をつなぐ祈り
11/17の祈りにご参加ありがとうございます
アカシックレコードの情報を特別公開 その8
アカシックレコードの情報を特別公開 その7
アカシックレコードの情報を特別公開 その6
アカシックレコードの情報を特別公開 その5
アカシックレコードを公開する意味
アカシックレコードの情報を特別公開 その4
アカシックレコードの情報を特別公開 その3
アカシックレコードの情報を特別公開 その2
アカシックレコードの情報を特別公開 その1 
ユークイ2007とニライカナイ
霊的意識から宇宙意識へ
池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29
伊良部島 ユークイ(豊年祭)2007
豊年祭の意味
人生の目的
ユークイ(豊年祭)2007の日程
生まれてきた本当の意味
14番目の星
「ひとつ」
2007 中秋の名月&祈り(然別湖)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/18)
洞爺湖 宇宙メッセージ(9/16)
洞爺湖 宇宙神事 北海道虻田郡
見える世界の虚像
黒岳 頂上神事
鹿島神宮 & 東京講演会
霊峰 恵山(函館)登山 神事
天孫降臨・オノコロ神事 熊本県宮崎県 
積丹半島 神事
利尻岳(利尻富士)登山 神事 
イルムケップ 水祈り 芦別
サッさとやる!
白老ポロトコタンの祈り
大宮八幡宮(東京)
羊蹄山登山神事2007
斜里岳登山・道東 神事
勾玉(まがたま)
目覚めと出会い
北海道神事 石狩川・トムラウシ
2007.7.26 マスターメッセージ
星の記憶
2007.7.20 マスターメッセージ
イルムケップ山神事 &FIRE THE GRID
2007.7.17 マスターからの伝言
2007.7.16 マスターメッセージ
2007.7.15 マスターメッセージ
日本人のルーツを探る
与那国神事の気づき
与那国島神事 二日目  日本最西端の地 
与那国島神事 一日目  日本最西端の地 
6/23〜沖縄慰霊の日〜  伊是名島2007
池間島 ウハルズの神
水納島(みんなじま)神事 宮古諸島
龍球王国メッセージ
男たち、立ち上がる!!!
水納島(みんなじま)の神メッセージ
これからの日本
義父の御霊と神との契約
絶対と相対
天地循環の摂理
龍球王国建国報告 然別湖
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
龍が立つ日 八重干瀬2007
神人(かみんちゅう)の神名
人間の神名
地球の鼓動
3/25 朝の地震
2009年 全宇宙時間軸の縮小
2008年 警告!北京オリンピック 
人間の選択で決まる
宇宙の縮小の始まり
新しい神との対話
神様からの御礼・・・斎場御嶽(せいふぁうたき)
2007.3.16  龍球王国 神メッセージ
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ
2007.3.13 宇宙メッセージ
意識が現実に届く時間
天の岩戸開き 久米島神事
龍球王国建国宣言 2007/3/12
2007年 宇宙と地球を繋ぐ祈り
2007年 沖縄諸島の調和を整えなさい
神人 浦崎芳子さんの生まれ故郷 伊江島
伊平屋島 神さまの証文
沖縄諸島  愛と調和の五島祈り
神さまの裏話
パワースポット石庭と宮古島講演会
旧暦の元旦(2007/2/18)
伊良部島 黒龍(陰)の祈り
シャーマン マリリンさんとの出会い
シャーマンと出会う意味
2・22 直列エネルギーの意味
私の目覚め
守護神 白龍
宇宙調和 沖縄諸島の祈り 決定!
映画 不都合な真実
祈りの日
誰かを責めたくなる理由
三重城(みいぐすく)・与座河神(よざかーしん)
2月の意識転換・・・旧暦の新年
神人(かみんちゅう) 浦崎芳子さん
2007年の次元上昇月
すばらしい大人たちとの出会い
『すべてはひとつ』
御天長老(うてぃんちょうろう)さま
沖宮(おきのぐう)と天照大神
愛の気付き
 『許し』
緊急!沖縄祈り(1/14-16)/久米三十六姓
2007/1/11 直列エネルギー
沖縄本島 愛と調和の祈り 「光の柱」
光の柱
永遠不変な愛
沖縄本島 愛と調和の祈り 東・南・西祈り
存在への感謝
宮古島と伊良部島の神の意味
2007年 マスターメッセージ
煩悩とカルマ
2007年へ向けて
沖縄本島神事 四方祈り・国四鎮(くにゆちん)
沖縄本島神事 カラハイ軸・赤崎龍宮・備瀬龍宮・北谷龍宮
沖縄諸島神事  北祈り=辺土(へど) 沖縄本島
京都 籠神社・真名井神社
京都 元伊勢内宮・天岩戸大神宮
京都 元伊勢 外宮
京都 大本教
京都 船岡山・松尾大社
宇宙会議・地球ミッション
依存と自我、そして、執着心
地球創世会議 in 北海道
神どころを売買する???
龍神ツアーのお礼参り
自主上映映画 地球交響曲ガイアシンファニー
龍の意味
過去と未来
伊良部島 豊年祭(ゆーくい)2006
神々の場所 なべ底 伊良部島
宮古島トライアングル
下地町の井戸と水の神さま
御霊上げは ゴミ拾い!!
神様のお話し会 伊良部島
沖縄本島神事 首理城の祈り
沖縄諸島神事 白川神社 宮古諸島繋ぎ 
地球創生に動いている仲間たち
11/5 満月の日のメッセージ
水の神さまが転生した女性
エネルギー上昇に対する心構え
エネルギー上昇の本当の意味とは?
エネルギー上昇の対応について
11・1 直列エネルギーの日
京都 安倍清明神社
奈良 天河弁財天
旧暦9月1日 豊年祭日取り降ろし
神さまの意味と年長者
神さまのことを正しく知る必要性
2006年11月11日の意味
”天女の井戸祭り”
本物のユタ?偽者のユタ?
神人(カミンチュウ)の本当の役目
神人(カミンチュ)=ユタへの道
宮古島の神さまへご挨拶するときのルール
大神島の役割
龍が立つ!
伊良部島の真夜中の祈り
龍が全国を駆け巡っています!
インドと伊良部島
太古の繋がり
神が守る場所 『通り池&なべ底』
龍と伊良部島
北海道の龍宮神 然別湖
ストーンサークルの意味
宮古島と伊良部島の神の意味
時間を超える方法
宮古諸島神事の場所
宮古諸島神事の気づき
宮古島 石庭(いしにわ)2006
宮古諸島神事 東平安名崎
宮古諸島神事 八重干瀬(やびじ)祈り2006
宮古諸島神事 ウハルズウタキ(大主神社) 池間島
宮古諸島神事 宮古島 四方祈り
宮古諸島神事 海から眺める大龍門
宮古諸島神事 伊良部島 四方祈り2
宮古諸島神事 伊良部島四方祈り 1
伊良部島の水祈り
宮古諸島神事 前日の出来事
潮吹き岩(スーフツミー) 伊良部島
宮古諸島神事の目的
神事の意味
宮古諸島神事 伊良部島のユタ
宮古諸島神事の意味
宮古諸島 愛と調和の祈り
龍宮城 伊良部島
「母と子の輝くお産」
宮古島のパワースポット 「石庭(いしにわ)」2005.10
米寿(88歳)祝い
宮古島と北海道のつながり 2
宮古島と北海道の繋がり 1
2/11 流氷の街 女満別町でスピリチュアル講演会
新設!スピリチュアルスクール プレ講習会
体調不調も、御陰様!
2/4  旭川スピリチュアル座談会
宮古島に ”龍が立つ日” 決定! 
1/28  苫小牧 スピリチュアル座談会
宮古島を守る神々の島 ”池間島”
宮古島を守る神々の島 ”大神島”
神の聖地 御獄(うたき)のルール
宮古島に、”龍が立つ日”の意味
2006年 宮古諸島の調和を整えなさい
2006年 明けましておめでとうございます
龍宮神社に参拝!
全ての皆様に感謝いたします
年末のお客様
2006年以降のエネルギーの流れ
水への愛と感謝プロジェクト
”0”ゼロの意味
やることに追われる年末
2006年旧暦3月1日に龍が立つ!
地球交響曲ガイアシンフォニー札幌上映会を終えて
隠れた人間国宝 然別湖温泉ホテル風水 おかみ 中木喜三重さん
母と子が輝くお産
アクエリアスの時代
伊良部島 ユークイ(豊年祭)に初参加!
人間とは?
浦河ミステリーツアー
すべては光の存在です
ダイエー元会長中内功 83歳で死去
光の浄化
心の世界を 3 次元に表した図
人生のくさび
全ての崩壊は自らの内側から
ありがとうボランティアからのメール
ありがとうボランティアグループより
マヤカレンダーの言葉から
”痛みを感じない ”病原菌ウイルス発見!
魂レベルを引き上げなければ!
ぜ〜んぶ、自分のせい!
消えた産婆さん
親の老後は、自分の未来!
今年のお盆はいかがでしたか?
お盆とは?
環境科学エネルギー
水の結晶
忘れていた自分
霊性(Spiritualism)
今日は、ゴミのことから心を考える!
プチ断食
自分を感じる時
桜の季節がやってきましたね
宮古島 石庭(いしにわ)2005
私の役割りとパワー
映画コンスタンチンを観て
「ボランティア」とは何なんでしょうか?
「どさんこ100万人のゴミ拾い」にご参加ありがとうございます。
素直に生きる事!
5 月1日、今日という日をありがとうございます
伊良部島 ヤマトブー大岩
伊良部島 黒浜・長浜・佐和田ウタキ
伊良部島 ヌーシの入り江
気伊良部島 気をつけて!ゴルフ場
伊良部島 滑走路の御霊上げ
伊良部島 ヌーシウタキ
伊良部島 仲地ウタキ
伊良部島 龍門(塩吹き岩の付近)
伊良部島 国仲ウタキ
伊良部島 ユタとの出会い
宮古島 二度目の石庭
伊良部島 白龍の導き
北海道、春の名物 氷割り!
今日のはまりごと
テレビの対談・性について
愛って何?
エトピリカ
春の雪・・・想念?
1時間で幸せになる方法
愛に満ち溢れた今日の日
今したいことをしていたら、未来もしたい事ができる?
ふと、寂しさを感じる時は・・・
行動は、意識か現実か?
愛と光のプロジェクト総会
高次元意識を現実で使う方法
あなたの運をよくする方法
愛と光のプロジェクト
白龍の神導き
宮古島・伊良部島の神さまとの出会い
21世紀の新しい光降ろし
21関の光を地球へ繋ぎなさい
地球創生1000年プロジェクト
21世紀のテーマは「調和」
全ては無である
地球を救いなさい

閉じる


<<最初から読む

53 / 956ページ

個人の学びから全体の学びへ

2011年は、沖縄・四国・関東・東海・関西地方で、神事や読み取りワークを地元の方と何度も行いましたが、神様メッセージをサニワしていて気づいた事があります。

これからは、「個人の学びが目的の時代ではない」ということです。

死ぬまで私たちの学びは終わりませんが、何かをする時の「目的」が個人の学びではなく、「大勢の人の為に、自分の学びが繋がっていることを最初から意識して動く時代になった」という意味でお伝えしています。


土地神の思いを読み取り、望みを叶える働きをすると、先祖や内在神・守護神は歓びますが、同時に、自我に押し込めていた土地の因縁や辛い魂の記憶が溢れ出る場合がよくあります。

通常、それは個人で乗り超えるべき学びなのですが、一緒に大きな神に向き合う事で、誰も問わず、誰も責めず、一緒に過去の辛い思いを手放すための作業だと思えれば、共に祈る土地の仲間たちに前へ進む勇気をもらっていることを気づけます。


自分が求める真実を神に望むのではなく、誰よりも、自分自身が解放できていないことに、まず気づかなければ、どれだけ多くの神に向き合っても、それは、個人の学びで終わってしまいます。

あなたの祈りは、誰の為の祈りなのですか?

何の為に、あなたは祈りをしているのですか?

と質問することも多いのですが、その祈りの奥に「自我の願い」が込められていることを感じる時があるからです。


自我に押し込めた孤独な思いを手放なさないまま、次のステージへ上がれるほど、2012年の学びは甘くありません。

何度も何度も、「純粋な本来の自分に戻りなさい」と問われることが、次々に起きる年だと思って下さい。


一宮宣言祈りや、地元の氏神や産土神にきちんとご挨拶して下さい」と皆様にお願いしている理由も、あなた自身が土地神の化身として働く意味に気づいて欲しいからこそ、お伝えしています。


地球創生の祈りは、私の為でも、地球の為でも、個人のためでもなく、大きな愛と信頼の集合意識の繋がりの幹を太く繋ぐ為の祈りなのです。

だからこそ、どうぞ毎日、お世話になっている土地の神様の思いを聞きに行って下さい。


世界の平和を願う祈りよりも、遠い誰かの為に祈るよりも、もっとも尊い祈りは、自分の足元を毎日、守って下さる土地の神仏に代わって自分が行動することこそ、魂の祈りだと思います。



「先祖」の思いを繋び合わせれば、命を守ってくれている「自然神」の思いにたどり着きます。

「自然神」の思いを繋ぎ合わせれば、大きな地球という星に命を与えてくれた「宇宙神」の思いに到達します。


「宇宙神」たちの思いを繋ぎ合わせれば、命そのもの、生命エネルギーそのものを産み出した全宇宙の「創造主」の思いに到達します。

だから、「私たちの祈りや意識は自分だけの学びでは無い」と気づくことが大切なのです。


どうか、さらに一歩、自分が無意識に守っている心の奥底の思いの壁を壊して、多くの人たちの学びとして学びあう大きな愛の行動していきましょう。


間もなく「宇宙のシンフォニー」が、始まります。

未来の鐘の音が、あなたの耳元にも届きますように!


2011.12.10 Sat


負のエネルギーを引き寄せない方法

12月は色々なエネルギーが大きく動く時期なので、家や部屋の大掃除も必要ですが、「引き寄せの法則」を理解しているならば、まず自分自身のクリーニングが第一だと思って下さい。

自分自身をクリーニングする必要性は、神仏を信じない人でも見えない聞こえない人でも、常に何かや誰かのエネルギーを受けているので、必ず、毎日、行う事をおすすめします。

普段、強気な人ほど忙しい時期に突然、体調を崩したり、大きなケガをしたりすることがあるのでご注意下さい。※弱気の人は、常にこういうことを意識していので大丈夫だと思いますが…


それと、何となく体が重だるいと感じる、「疲れ」を馬鹿にしてはいけません。

「疲れ」は「憑かれ」と同じで、心身の波動が落ちた状態を表していますので、そのままにしておくと、突然、強い憑依現象に襲われてウツになったり、精神を壊してしまう場合があります。

まずは、誰にでも簡単にできるクリーニング方法をご紹介しておきますね。




☆水のエネルギーを使う方法☆

1、できれば、自然の中にある温泉でゆっくりする

2、自宅のお風呂に「あら塩」を大さじ5杯入れて「腰湯」する

3、水風呂とお湯に、3分づつ、交互に入る(免疫力向上)

4、頭にシャワーの水滴をぶつけて滝行をする(頭のツボ刺激)

5、加湿器に、フレグランスや「あら塩」を少々いれる

6、コップ1杯の水を部屋の隅に置いて、水の精気がないのは自分だと気づく目安にする
※観葉植物でも同じ効果がありますが、水のほうがわかりやすいですよ!



☆部屋や家や土地の空間クリーニング☆

1、水やお湯でお掃除をする時に、「あら塩」を少々入れて拭く

2、洋服・シーツ・カーテンなどを洗う時に洗濯機に「あら塩」を少々入れる

3、普段、生活する部屋や寝室・玄関に「塩盛り」をする

4、家の四隅に塩・水・酒を撒いて、土地神様に感謝を伝える

5、神棚や祈りの場所を丁寧にお掃除する

6、氏神や産土神に、今までの感謝を伝えに行く



☆自分の意識でエネルギーをクリーニング☆

1、朝と寝る前に、「今日も一日ありがとうございます」と感謝の言葉を唱える

2、今日、誰かに怒ったり、感情をぶつけた人は、神様を通して謝る

3、自分や誰かを責める気持ちが出て来たら「ありがとうございます」と唱え続ける

4、ふと思う「負の思い」の責任は、自分だと気づいてお詫びと感謝祈りで転換する

5、元気が無い時は、元気が無い人に会わないことと他人の愚痴を聞かないこと

6、元気な人や輝いている人と話しをする



☆自分の体のエネルギーをクリーニング☆

1、元気な子供と一緒に遊ぶ

2、自然の中へ行って、深く深呼吸を繰り返す

3、ポケットやブラの中に「あら塩」の小袋に二個入れておく
  ※脇や股間などのリンパにエネルギーは溜まりやすい

4、自然な香りのフレグランスを持ち歩く

5、チャクラクリーニングオイルでボディメンテナンスをする

6、朝と夕方、ストレッチ体操をして邪気を外す

7、気分が落ちた時に、腹式呼吸を10回する

8、すぐにエネルギーをあげたい時は、その場でジャンプを繰り返す

9、なるべく体が温まる地元の根菜類を土鍋で食べる





2011.12.08 Thu


扉を開く

11月末に続いた三連チャンの読み取りワークは、とても疲れました。

今も、体の中に負のエネルギーが残っているほど、強く守ってきた存在たちの思いを感じています。

確かに、人間がそうしてきたように、先祖や神々が人を問うこともあるでしょう。

しかし、その問われた想いをどう喜びや感謝に転換するかは、私たち生きている人間が決めることなのです。


昔のように、同じものを守ろうと必死になっている人もいますが、よく考えてみて下さい。

私たちが何か古い想いに縛られて、故人と同じような守りに徹すれば、どうなるでしょうか?

それは、いずれ、戦いになります。

必ず、大事なものを守る為に誰かと戦わなければいけなくなります。



現実世界に、置き換えて考えてみましょう。

あなたを厳しく導いてくれた親や上司や信頼の出来る人から、「これをあなたに託すから大切に守って欲しい」と言われたとします。

すると、ほとんどの人は誰にもその事を教えず必死に守ろうとします。


ねー、困ってるんだけど、大切な鍵はどこにあるの?

と聞かれても、きっと、あなたは鍵のありかは教えないでしょう。

自分がその鍵を守る番人だと、思いこんでいるからです。


よく考えてみて下さい。

あなたは、本当にその鍵を守りきれるのでしょうか?

命をかけて、家族よりも、優先して守ることができるのでしょうか?



私たち人間は、最後の最後に「自分の命だけは守りなさい」と教わってきたはずです。

だからその為に食料の備蓄もするし、お金も蓄えようとしているはずです。それは現実的には、良いことだと思います。


でも、見知らぬ誰かが、目の前で命を落とすかどうかを決める役目が、もし、あなただとしたら、あなたの守っているものをどう有効に使うかを、もう一度、考えてみませんか?



家族に残す土地、財産、大切な想い出の物は、あなたが死んだあとはどうなるのでしょう?

また、同じように、誰かに渡して守ってもらえるのでしょうか?

何の為に守るのか、もう一度、よく考えてみて下さい。


先祖たちの想いをあなたは、本当に理解していると言えるのでしょうか?

先日、見たドラマの中で、いい言葉を言っていました。

いいか、お金は死んだ者の為に使うのではなく、生きている者たちの為に使いなさい!

人を活かすために、お金を使いなさいという教えの言葉です。


今の日本のルールでは、土地や財産は、三代引き継げば税金で無くなるようになっていますので、決して守り続けることは無理だと思ったほうがいいと思います。

豊かな創造性を働かせれば、もっと有効に、土地やお金や資産を使える方法があると思いませんか?


未来に希望がある人や分野に、投資するという方法もありますね。

みんなでまったく「新しい調和の世界」を創りだして、何が起きても支えあえる仲間の輪を創るという方法もあります。

そこにいる人は、命を守る為に誰かの役に立つ何かを持っていなければ参加できないのは、当然です。


お金というエネルギーは、使う人の心次第ですから、社会的な共有価値観を理解できて、自己責任がない人に渡してはいけません。

渡したことで逆に、不幸な人生になることは、宝くじに当たった人の、その後の人生を知ればわかるはずです。



今、人間は「新しい創造」をしなければいけない時期にきています。

過去の人たちが築いてくれたものに感謝しながらも、新しい調和の未来をどう作るかを、一人一人が考えなければいけない時期なのです。


政治家に任せればうまくいくと思った自分の愚かさに気づいたら、自分たちが行動するしかないとは思いませんか?

法律やルールは、常に、運用が時代によって違うからこそ、これからもどんどん変わり続けることでしょう。

そして、国の財政を優先して考える官僚は、国民からまた新たな税金を取るしか考えつきません。

過去の既得権と自分を変えずに、周りの人に変わってもらおうという発想しか出てこない愚かな人たちが日本を動かしているのが現状です。


政治でも、会社でも、個人でも、大切なことは同じです。

何が起きても、私たちは常に、新しい価値観の創造をして変わらなくてはいけないと、揺り動かされているだけなのです。


大震災で最初に人間が欲しがった物は、水と食料です。


だから、最優先事項は「地域ごとの食料自給率を上げること!」なんです。

自分たちの生活範囲内で誰かが食べ物を常に生産していて、自分の分が安全に確保できる環境を作るしか、命は守れません。


安全な水が欲しかったら、川の源流に行って自分の目でみて下さい。


いろいろ流れている将来への不安やこれからの問題をどうしようかと悩んでいる人たちもたくさんいますが、

他人や現状はすぐに変わらないからこそ、自分の考えや価値観、こだわりを最初に変えなければいけない と気づいて下さいね。

発想が豊かにならない人にとっては、人・物・金に対して、守るべきものと手放すべきものを見極める時期だとアドバイスしておきます。


10年以上先の先端技術を研究している人たちは、過去の概念に囚われずに、常に豊かな創造性で新発見を続けています。

私の手元にも、いくもの先端技術が届いていますが、使い方は人間の心がけ次第のものばかりになってきています。

心に見合った使い方しかできないのは、サル君と同じかも?



人間は進化した最高知性の動物だからこそ、新しい創造性を働かせて、2012年以降に使える新しい価値観を持たなければいけない時期にきたと思って下さい。

親も子供も、社会も国も、仕組みが変わり続けている今、これからもっと大きな枠組みの発想で物事が動き出します。

その時の世界の意識リーダーは、誰なのでしょうか?

その時に命を守ってくれる地域のリーダーは、誰なのでしょう?


また、誰かに依存しますか?

何度も言ってますが、世界の最高知性と魂を持つ国民は日本人です!

あなたも日本に生まれた一人なら必ず、大きな知性と愛を持って産まれているはずです。

だからこそ、過去の素晴らしい知恵や知識を先人から学び、新しい創造性を十分に発揮して、どんどん変わる来年の次元上昇の波を乗り越えて下さいね。


2012年のイメージは、東日本大地震で起きた大津波が、あなたの人生に降りかかると思って下さい。

大きな津波が、あなたの生活基盤も概念も、一瞬で揺るがすほどの事が起きるからこそ、互いの命を同等に守る「真の信頼関係の人の繋がり」が必要なのです。

家族でさえ、常に、守りきれないことは、今年、学んだはずですよね。


あなたを守ってくれるのは、地域の人の繋がりなんですよ。

寿命は私たちが決めるのではなく、天の采配ですから、必要以上に命乞いをしないこともお願いします。


今、出来ることと、天に上がってから出来ることは違うからこそ、この三次元世界の波動を一緒に引き上げる仲間たちと一緒に豊かな心で未来を創造していきましょうね。


その為には、まず、あなた自身が誰にも知られたくない隠している「心の扉」を開ける必要があることにも気づいて下さいね!

「心の扉」を開けられない人は、また、誰かに依存して傷つけられたと感じ、相手を非難することで自分を守る経験を繰り返しますからね!


最後の最後、「心の扉」をあけるかどうかの出来事があなたに起こるとだけは言っておきます。

社会で何が起きるかが問題なのではなくて、誰にも知られたくない、見せたくない、あなたが必死に守っている最後の扉をあけなければいけない時期が、全員に、まもなくやってくると思って下さい。


心の奥の扉を開いた人たちは、過去の想いに囚われない、あなたらしい新ステージへ向けてエネルギーが上昇しますので、どんどん波に乗って上昇して下さい!

人間全体として見れば、囚われや過去の想いに苦しむ人が増える半面、今まで出来なかったことがどんどん叶って、夢を叶える人たちも増える年になります。

(心の奥底で思ったことが)すぐに叶うスピードは、過去、最高のエネルギーで、実現スピードがアップしますよ!

だから、力を抜いて上手に上手に、波に乗ることです。


争わず、争い心を掴まずに、今、自分に出来ることがあることに感謝して「今できること」を楽しんで下さい。

未来は、「今」、あなたが思ったとおりになりますので、大きな愛を交換し合いましょうね!

2011.12.07 Wed


カムイフム(神様の音)

12月4日、北海道白老町にあるアイヌコタン(集落)内で、「日本の先住民族アイヌとワタリガラスを繋ぐ祭典 カムイフム」が行われました。

主催は、苫小牧市から地域の人たちに愛を発信し続けている若者が中心となっていますが、サポートしているのはまったく利害関係のない他人のお父さんやお母さんたちです。

組織化はしていませんので、リーダーもいません。

全員がボランティアで、自分や誰かの歓ぶ顔が見たくて支え合っている素敵な仲間たちです。

誰かがやりたいことを始めると、支えたい人たちが自分の歓べる範囲で支え愛ます。

強制は、一切ありません。参加するもしないも、全く自由な人の繋がりです。

大切にしたい思いが同じだから、自分のことと他人の事を同じように考えられる心の大きな大人たちの繋がりです。

このボランティアの集まりを「ピリカレラ(美しい風)・ガイア(地球)苫小牧」と言います。

同じ道を通り、同じ水を飲み、同じスーパーに通う人たちの大切な繋がりを守り、本気で子供たちへ伝え残したいと思っている素敵な大人たちの活動のおかげで素晴らしいコンサートが実現しました。


まず、ポロトコタンに入ると、大きなアイヌの神様が出迎えてくれます。


熊も、「おー、よくきたな!」と言ってくれます。


会場は「チセ」と呼ばれるアイヌの大きな家を丸ごと一棟借り切って、素敵な音楽演奏が行われました。


出演者は、奈良裕之、ブルーレイバンwith中居栄幸、トヤトヤ、根繋ぎ、サヨコとナラ、かたつむりスピード、なまらなまら です。



僕は途中からポロト湖の神様に呼ばれたので、ムックリを購入して湖の神様に音奉納をしていました。

アイヌのコタンに行くと、こういう形でイナウが祀られている場所がありますが、その先は神様の世界ですので、絶対に超えてはいけない暗黙のルールがあります。

感謝祈りをしてからムックリの音を奏でると、光や風の神様が美しい舞いを見せてくれました。








久しぶりにアイヌ資料館をゆっくり散策してみました。
これは樹の皮を剥いて作ったとても貴重がジャケットです。現在も、この皮が取れる大切な樹を守ろうとしている人たちがあちこちにいます。


カムイノミ(神様への祈り)という儀式のひとつの様子です。


子供の頃に見たアイヌ民族の身長は、150〜160cmほどでした。女性たちは、結婚すると顔にイレズミを入れて、悪いものが近づかないようにしていました。


子供の頃に芦別市で見た旭川アイヌの「イオマンテ(熊送り)」の儀式は、衝撃的でした。


寒さが一番厳しい2月、真っ白な雪の原っぱに小熊が太い鎖に繋がれています。

その小熊を見守るように、エカシ(長老)数名と正式な衣装を来たオバーたちが横一列に並んでいます。

若い男たちが手に弓を持って、小熊を中心に踊り始めます。

途中から、踊りながら熊の体に弓矢を打ち付けます。

一本、一本、弓矢の数が増えていきます。

小熊は必死にもがき暴れますが、踊りと弓矢は続きます。

何本もの弓矢が小熊の体に刺さり、あたりの雪は血の色に染まります。

少しづつ小熊の動きが鈍くなり、やがて、命は絶えてしまいます。

小熊の口から魂が親元へ戻るように、全員が祈りの歌と踊りをして儀式が終わります。


狩りで親を亡くした小熊を一年間大切に育てたあと、その子熊を感謝しながら殺して親の元へ送る儀式を二度、見たのですが、日本で最後の儀式だとあとで知り、驚きました。

何人もの長老と女性たちが氷点下20度以下のなか、立ったまま儀式を見守っていましたが、女性の洋服の下は裸だと部族の人に聞き、本当に神に身を捧げながら祈っていた事に驚きました。

熊の皮や肉、油は、冬の厳しい北海道ではとても貴重な栄養源だからこそ、自分たちの命を繋いでくれる熊の神様に、毎年、感謝の祈りとして行っていたのが、「イオマンテ」という儀式です。


私が産まれ育った芦別市は、旭川アイヌにとって最高の「熊の狩り場」だということも後で知りました。

特に私が産まれた常磐町は、仮の住まいを川の横に作って住み、熊を射止めては皮を剥いで川の水で洗って干していた大切な「猟場」だということも歴史を色々、調べてわかりました。

今も常盤町には何本もの川が流れ込んでいますし、植物や薬草が豊富な山が繋がっている為に、子供の頃から熊やキツネや野ウサギはよく出ました。


今年はどんぐりが天候不順で不作だったので、何度も熊が町へ降りて来た事件もありましたが、私たち北海道の人間はそれほど熊を撃退しません。

命の循環や自然の恵みを動物たちから与えられていることを身を持って学んでいるからです。


エカシ(長老)たちが示す賢い指針によって部族は命を守れてきたからこそ、知恵を持つ先人を大切にした民族がアイヌ民族です。エカシ(長老)の証は、この長いヒゲです。



私たち和人は100数十年前にアイヌの土地を奪って住んだ人間ですが、大きな自然の神様に感謝する気持ちは同じです。

だからこそ、先人や諸先輩たちから知恵を学び、全ての命を継承できる人の心を育てていきたいと思っています。

ポロトコタンを貸して下さったエカシ、また、白老の皆様、本当にありがとうございます。

この場所で和人がイベントを行ったのは初めてだからこそ、守護して下さる神々の思いを強く感じています。

共に同じ大地に生きる人間として、互いに知恵を出し合って生き抜く知恵を話し合っていきましょう。

関わって下さった全ての皆様、イライライケレー(ありがとうございます)


2011.12.06 Tue


日本人を輝かせる役目の人たち 4 関西編

11月27日の関東神事ワーク、28日の静岡浅間神社に引き続いて29日は、関西でも読み取りワークを行いました。一年前から関西の土地の歴史や民族の歴史を一緒に調べている仲間が、どうしても気になる場所があるからと同行しました。まずは、摂津国の総社です。


◎難波神社 大阪府大阪市中央区博労町4丁目1番3号



まず、ここで生まれた女性は、門の前ですぐに問われました。神に向き合う心があるくせに、なぜ、産土神に挨拶に来ないかと!

関東のワークでも神様に言われましたが、産土神:うぶすながみ(自分が産まれ落ちた場所の神様)に感謝祈りをしていなければ、どんな素晴らしい場所で祈りをしても通じないという事に気づいた人は、出来る限り早く産土神に御挨拶に行って下さいね。

もし遠くて行けなければ、繋ぎ祈りでも大丈夫ですよ。※細かく言うと、本籍地ではなく、病院で生まれた人はその病院の近くの氏神です。


難波神社の鳥居をくぐって右手にある「十四柱相殿」の末社に行くと、霊媒体質のOさんに神が乗られて震え始めました。誰が乗っているかを調べると、徳川家康公と春日四柱大神でした。

この苦しい想いは、戦国時代の人間の争いが大きく関係しています。秀吉が関西と全国を納めたあと、最終的に、徳川家康が豊臣家を封じ込めた形になりましたので、この地は豊臣家の家臣たちが守っている土地だからこそ、同列に置いている徳川家康とその守護神に対して、ものすごい圧力で押さえつけていたのです。

神々の苦しみを知ったので、改めて、天照皇大神と豊受姫大神に力を与えて大きく働いて頂き、過去の一切の争い心を納める祈りをして因縁は収まりました。この思いは、この土地に産まれ人や住んだ人たちの心にも影響している先祖の思いですので、全ての想いを光に戻しました。


博労稲荷神社では皆さんに詳しく説明しませんでしたが、関東ワークで情報公開したように、ウル(牛)族と龍族に分かれて祈りをしてもらいました。

前に出た数名の方たちは、魂の記憶にウル族として地球に来た記憶を持っている方たちです。重要なことを付けくわえますが、

龍族の方たちは、地球の自然循環を作った方たちですし、ウル(牛)族の方たちは、全ての命の仕組みを作った方たちです。どちらも大切なのですが、役目の違いで争った過去を思いだしたら、自分で全てを光に変えて下さいね。



本殿では、国繋ぎをしてる女性が総社に挨拶に来ていないことを問われました。

総社は、国を守るお母さん、一宮は長男だと覚えておいて下さいね。

物事の順番を正しく知らない人は、神様にも守護神にも愛されませんよ〜。

あら、急いで総社に行かなければいけない人が、多いこと、多いこと(^^)



二か所目の神社は、摂津国一宮 座摩(いかすり)神社

大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目渡辺3号




この神社は、「渡辺、渡部という名前の発祥の地」でということで、参加者の渡辺さんが教えてくれました。帰りには、一族を代表して日々、感謝祈りをしている彼女にお礼の言葉が降りました。

上方落語の発祥の地としても、有名なようです。本殿の右側や左奥にはいくつもの末社がありますが、その時に皆さんに説明した言葉をそのまま公開します。


まず、末社に御挨拶にする時は、左から御挨拶するのが順序です。

末社の二番目に「繊維神社」を置いている意味は、ここはたぶん、繊維・糸・蚕とか、そういうものの産業が、何よりも大事だったということを示しています。

その次に大国主を置き、その次に天照大神を置いているので、これは普通とは逆なので、出雲系の本来の土地神のうえに、あとから他の祭神が入ってきたという流れを示しています。


左奥の「陶器神社」を見た瞬間に、「秦氏」だとわかりました。

秦氏が陶芸を伝えてるんです、この土地に。


それは当時の人にとっては、生活するうえですごく大切なことだったんです。

陶芸って、色々な土の特徴を熟知して、それを上手こねて、焼いて、体に害のないうわぐすりを塗って器にするという特別な技術が必要なんです。

それを伝えた秦氏一族は、やっぱりすごい知恵者集団なんですよ。

だから、こういう形で祀るということは、とても大切ですごい事だとと思います。


いろんな大事なものがここから始まり、伝わったり守った事を後世の人の為に「陶器神社」として祀って教えているのは、初めて見ました。

それぐらい陶芸の方たちが、貴重な文化を伝承されたことに感謝して奉納してるということは、すごく秦氏たちの知恵に感謝しているという意味があります。

いいですねー、珍しく誉められていますよ、秦氏!

相当、素晴らしい知恵者集団だったからね、秦氏は。



この神社は、祭神から歴史を学べる大切な摂津国の一宮ですね。本殿の神様も、その事に気づいたことにお礼を言って下さいました。


祈りを終えて、地下鉄本町駅の地下に降りると、私の左足を強く引っ張る存在がいました。

最初は無視したのですが、どうしても強く引っ張るので、巫女の女性にも体を使って感じてもらいました。ちなみにこの巫女は、この土地で働き、よく地の利を知っている女性です。

すると、わかったことがありました。

現在、繊維関係の会社が集まって出来た大きなビルがありますが、昔は、その場所に「繊維の神様」を祭っていたようです。現在は、移転したのですが、土地には神様の記憶が残っていました。

本来、使わない地下を人間が使うようになったことで起きている問題なので、このビルの関係者は、一度、ビル全体と繊維神社にお詫び祈りをしたほうがいいと思いますよ。

そうしないと、土地にへばりついた神様が人の体に乗って、体調や精神が壊れる人が増えると思いますので、どうぞ宜しくお願いします。誰かお知り合いが働いていたら、教えてあげて下さいね!





三か所目は、豊崎神社 大阪府大阪市北区豊崎 6-6-4

この地は、難波長柄豊崎宮の跡地で、平城京から平安京に遷都するあいだ、一瞬、この地に宮が置かれたと言われています。





不思議に、私が最初に引っ張られた場所は、右手にある「東照宮」でした。

手を合わせると、色々話したいことがあるようですが、「ちがう、ちがう、ひだりひだり」と神様が教えてくれます。でも、何かを隠していることは、すぐにわかりました。



恵美須神社の神様に向き合うと、ここに入った民族の気持ちを色々、教えてくれました。

すごく不思議な感じがしたので、その確認を鹿島神社で行うことにしました。



ここに鹿島神社がある理由は、人間的、歴史的に書かれたものでもいいと思いますが、神様が人間にそうさせた理由が、向き合ってすぐにわかりました。

以前、関西に難波宮を作った渡来人の話を書いたことがありますが、その渡来人がやってきた母の地と、鹿島神宮・香取神宮・鳥栖神社などの関東の千葉に入った渡来民は、同じ母国からやってきたことがわかりました。

それは国という小さなくくりではなく、もっと大きな文明の影響を受けた渡来民のことです。

そう、シュメール王国からやってきた魂が関東と関西にたどりついて、国を作り始めたことがここの神様の言葉ではっきり教えてくれたのです。


関東の稲荷社でウル(牛)族と龍族の確認をした時と同じく、全員が一列に並び、「あなたの魂はどこからやってきたのか?東か?西か?」を一人一人に問いただすと、すぐに答えは出ました。

半数の方の魂は、以前、関東から日本に入った記憶を持つ魂であることが判明しました。


では何の為に、今世、関西の地に生まれたのでしょうか?

それは、母地の想いを思いだし、何度も歴史で繰り返された西東の想いを和合するために生まれた魂の役目があることに全員が気づきました。



和合祈りをしたあと本殿に向き合うと、神様は、とても喜んで下さり、「福録餅」を全員に下さいました。その時に説明した内容をそのまま公開します。


皆さんが頂いたのは、赤と白のヒモで蝶結びに結んである中に、白い餅が入っています。

神様が下さった「福録餅」の意味は、ひとつひとつの米粒(一人一人の想い)はバラバラだけど、繋ぎ合わさって粘り気(想い)を出し合って、ひとつのものになって働く、その思いを繋ぐという意味があるんです。

このお餅をもらうという意味は、関東と関西に入った民族の神の思いを理解してつなぎ合わせる心で、神にも人にも向き合ってほしいという意味があります。

お前たちはそのために生まれてきて、今、挨拶に来て初めてわかったように、たまたま今回は西に生まれても、魂としては、その役目を持って集まっているので、その事に気づく為に、今日という日が与えられたのですと。

だから、母地を守る神々の想いをつなぐことをやっておくれ。でも、争うなよ!

餅のように、ひとつになって働いておくれ、わかるな、我々の気持ちが!


さあー、関西の方たちと関東の方たちが心をひとつにして、母地の神々が喜ぶ本気の和合の時代に入りますよ!




四か所目は、霊媒体質のOさんが、偶然、かかって呼ばれた
御津神社 大阪府大阪市中央区西心斎橋へ行きましたが、大変な場所でした。

入ってすぐ右手にある龍の御宮の樹は、バッサリ切られているので天に繋がる力が働けません。


本殿までの空間もそうですし、本殿の神様も物凄い力の念が渦巻いていました。

そんなこともあってか、空の上では、龍が動いていました。


私がその時、感じた言葉をそのまま公開します。


この力は、九龍(クーロン)来てるかも、わからんな。

この一族、中国から入ってきている。

沖縄の久米(十六姓)もそうだけど、ここには中国から九つの姓の人たちが集団で入ってきた。

その人たちは、この場所が混乱している時期に金と力で治安も全部、納めた人たちがいて、沖縄本島もそうだったように、結局、この一派がこの地域を全てを納めていた。

今は、名前は変えているけど、ここの土地は、その人たちの想念がうずまいてるんだ。


土地が念の渦が巻いてるから、空の上で龍が動いてるんだよ。

最初に入った中国人たちの上に、更に、マウンテン・マウス・グループが入って、力で押さえ込んでるから、さらに人の念の力がすごくなっている。

この念の大きさは、この神社を中心にして半径1.5キロの円がテリトリー。

きっと、そこまで勢力があるから、その念がここにピタッと集まって入ってる。



このあと、全ての想いを外す祈りをして帰ろうとすると、物凄い思いが私の体に入ってきて、右胸を締めつけながらこう言われました。


これで、すべて外したつもりか?

お前たちが外して、また、一から始めるつもりか?

それをお前たちは本当に出来るのか?



新しい始まりのバランスを作るならば、それなりの事をしなければ、我々も納得をしないぞ!

お前達が、どうするのかをハッキリ言え!



大神と話し合い、全てが納得するための知恵を出しました。

関西を心から愛する男神が、ここを中心に大きく時計回りでまわって大地の下に渦を作ります。

こうすると土地に残っている想いが外れて、一番下の収まるべきところに収まります。

それとは逆に、霊媒巫女が、時計と反対に回って、全ての呪縛を外しながら、上に上がりたい想いが上れるように祈ります。

そして、その中心を守る役目の巫女は、その両方のエネルギーを自分自身で回って作り、全てのエネルギーの中心地をゼロ磁場にして全ての想いを愛と感謝に転換します。

あとは、全員が愛と調和の心で一歩一歩、現実世界に心の輪を広めます。

この宣言を聞くと、体に入っていた存在は、やっと、外れてくれました。

関西を愛する仲間たちが、必ず、今、宣言したことをやり遂げてくれますので、皆さま、どうぞ見守ってあげて下さい。




こんなに大変だったのに、まだ、あるんですよ〜(^^;

五か所目は、最も、恐ろしい状態になっている「天龍」の神様を祀る場所です。

大阪市阿倍野区あさひ町1-8





数ヶ月前に仲間に言われて訪れると、黒龍・白龍・天龍を祀る場所がありましたが、黒龍以外の場所はそれはそれは大変な状態でした。

特に天龍の場所へ近づくだけで霊媒巫女は震えが止まらず泣き出すし、他の人も動けなくなるほど神様が怒っていたのが、天龍の場所でした。

この時の神メッセージを聞いた男性や仲間は、毎日、水と塩でこの場所を清めに通い、近所の人にも天龍の神様がいることを行動で示してくれました。

しかし、白龍の場所にはマンションが立つようで、もう壊されたみたいです。

夕暮れの時間、もう一度、神の声を聞きに全員で、天龍の場所へ行きました。



お前たちはまだわからないのか!

問いているだけではなく、これからどうするのかを聞いているのだ。

それは、ここの場所のことだけではなく、この地の繋がりを守る者たちとして、どうするかを、自分たちで話し合い、その方向性を決めて宣言しろ!

それができなければ、我々は承認をせず、人間の粗末な行いの明らかな証しとなる出来事が起きるであろうと言うしかない。

その宣言をすることが、お前たち人間のするべき役割であろう。

この地を守るのであれば、その証を立てよ!と言っておるのだ。

わかるか、お前たちの心がけしだいなのだぞ。


誰かを問うことはせぬが、これまでの行いについては問うぞ。

はっきりその道を示しなさい。よろしくお願いします。


黒龍・白龍・天龍が、この地があったが、白龍が無くなり、天龍がこの扱いです。

でも、この土地を守る、神たちの思いがわかるあなた達なら、これから自分たちの意志として、どうするかを自分で宣言して下さい。

形・場所・作った人の思いに囚われず、今あるもの・ないものに囚われず、本来、神を祀る心の意味をわかり、自分の心の中に、黒龍・白龍・天龍の文字を刻み、心の中でのまつりごとをし、この地を守り、この地を守る神々に感謝し、その心を伝え広めることをみなさんにお願いします。

では、その思いを、心の中の祈りを神に宣言して下さい。

ここを守ってきた三名の人たちが、一人一人、今後、どうするかを宣言しました。


形がなくなる事は人間のお互いの愚かもの同士だから、それについては問いてはいないが、祀る意味がわからなくなった時に、そこに降ろした神々の役目の意味がなくなるんです。

一番言いたいことは、場所を戻せとかそういうことではなくて、その守った神の思いがわかってないことに対して言っているのだ。

だから、神を心の中でも、自分の中でもいいから、小さく字に書いて祀ってもいいですよ、祈り場所がない人は。

でもその神々が働いて、この地を守っていてくれているということを、自分の中でしっかり入れて、神々が守り続けるということさえ知っていれば、お宮はただの通し番だから、その存在たちは、皆、常に働いていることを覚えておきなさい。

目に見える場所・人・物の部分にだけに囚われて考えるのではないということを、神は言っているのだぞ。

その意志を汲んでくれるのは人間だからこそ、そのこころを大事にしておくれ。

その心があれば、我々もあなたたちに力を貸せる。

そのことをよろしくお願いいたします。


関西の皆様、本当にご苦労様でした。一緒に日本を輝かせる仲間として、全国の人たちも応援してくれていますので一緒に頑張りましょうね!これからも宜しくお願いします!



2011.12.05 Mon



読者登録

heart-landさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について