閉じる


プロローグ

街灯のかすかな明かりだけが差し込んでくる部屋の中。
和臣の身体が浮かび上がる。きれいに筋肉のついた、たくましい身体。
高校生になってからもどんどん身長が伸びて、ぐんと引き締まった印象になった。
その和臣と朝矢は今、身体の中心で繋がっている。

「何ぼーっとしてんの」
「あぁ…っ」
ぐっと奥まで突かれて、背筋をぞくりと快感が駆け昇った。
和臣はゆっくり顔を近付けて来て、息がかかりそうな距離で囁いてくる。
「俺としてる最中に考え事?」
「違…、オミのこと、見てて…っ…」
わざと腰を引いて、抜けそうな所でゆるく遊ばせるように焦らしてくるのがたまらない。
頬にちゅっとされて、そんな小さな事でも刺激として受け取ってしまう自分の身体がうらめしかった。
「俺のカラダ見てたの?で…どう?」
「どうって…ぁ…あ……」
繋がった部分に意識が集中して、和臣の言おうとしている事がすぐには理解できなかった。
「欲情した?ってこと」
「ぁうっ……」
くちゅ、と音がして、ずっと蜜を零し続けている朝矢自身を握り混まれた。
和臣は指の腹で先端をぬるぬると撫で回して、朝矢を追い詰める。
「ねえ、欲情した?」
「っバカ…、あっ……や…んぅ…」
付き合い始めて1年。
こうして関係を持つようになって、和臣の新たな一面が見えた。
普段は学生らしくしているのに、セックスの時だけ妙にいやらしい事を言ったりする。
トモが恥ずかしがるのが可愛いんだよ、なんて言われたって…。
「ねえってば」
挿入っている所を指でなぞられ、そこがきゅうっと締まるのが自分で分かった。
早く動いて欲しくて、この疼きをどうにかして欲しくて、無意識に腰を浮かせてしまう。
「あ…じゃなきゃ、こんな事……しな…っ……」
あまりに恥ずかしくて、ぎゅっと閉じた瞼が熱くなった。
そこに和臣の唇がやわらかく触れてきて。
「嬉しいよ」
次の瞬間、和臣は激しく腰を打ち付けてきた。
「あぁぁっ……あぁ……あ……」
熱いモノが中を擦る度に、頭が真っ白になりそうな感覚に襲われる。
さんざん焦らされて溶けそうになっていたそこは、和臣を離すまいと絡み付いた。
「トモん中、すごい気持ちい…」
感じているのか、少し掠れた和臣の声に一層煽られる。
「あ…っ、あっ……ふ…ぁ…」
声を殺そうとすると、たっぷり使ったローションでぬめるそこから淫らに濡れた音が聞こえて、聴覚からも犯されている気分だった。
何をどうしてもひどく感じてしまって、自分をコントロールできずに昇り詰めて行く。
「あっあっ…あっ……オミっ……」
「何?」
「…っもう……」
「イキそう?」
必死に頷いて限界を訴えると、和臣は朝矢の手を握ってくれた。
「いいよ、イッて」
「っああぁ………っ……」
深く貫かれ、朝矢は薄れ行く意識の中で和臣に抱き締められるのを感じた。

第1章(1)

今日も一日よく晴れていた。
真っ赤な夕焼け空がまぶしい。
そのまぶしさをさえぎるように朝矢と空の間に入ってきた、もっとまぶしい笑顔。
「お待たせ。帰ろうぜ」
朝矢の大好きな、和臣の笑顔。
「あれ、残ってんのトモだけ?みんなは?」
「日が暮れる前に帰りたいってさ」
日直の仕事をサボろうとして先生につかまった和臣は、さっきまで職員室でしぼられていた。
朝矢はクラスメイト達とだべりながら和臣が戻ってくるのを待っていたのだが、あまり長いので皆は帰ってしまったって訳で。
「やっぱりトモだけだよなあ、最後まで待っててくれるのは」
和臣は顔の前でありがたそうに手を合わせる。
「そりゃあ…」

待ってないと一緒に帰れないじゃん?
1人だけ残ればオミを独占して帰れるし。
何の為に同じ高校受けたと思ってるんだよ。

心の中ではそう思ってたけど、
「まあ、友達として当然だろ?」
手を腰に当ててふんぞり返ってみせる。
和臣はそんな朝矢に「へへー」なんて頭を下げたりして。
こういうバカみたいなやりとりだって、朝矢には楽しくてしょうがない。
「じゃ、お礼はラーメンおごりでいいからな」
「へっ?」
朝矢の一言に、和臣が目を丸くして顔を上げた。
「待ってたら腹減っちゃったよ。食って帰ろうぜ」
確かに、腹も減っている。
でもそれ以上に、このまま帰るのがもったいなかった。
和臣と少しでも長く一緒にいたくて。
「負けるよなあ、トモには」
「よし、決定!」
何で朝矢がこんなにテンションが高いのか、和臣はきっと知らない。


「やっぱここのラーメンうまいよなー。ごちそーさん!」
和臣と一緒に食べたから、腹だけでなく胸もいっぱいになったようだ。
とは、本人には言えないけれど。
「遅くなっちゃったけど大丈夫か?トモん家遠いのに」
「だーいじょぶだって。うちの親ちょっと過保護だから、たまには心配させた方がいいんだよ」
和臣は高校に近い方がいいからと実家を出て、学校から自転車で20分くらいの所にあるアパートで一人暮らしをしている。朝矢は千葉の実家から。家族は好きだけれど、あまり干渉されるのはちょっと煩わしい。思春期というのはそういうお年頃だ。だからある程度奔放が許されている和臣がうらやましかった。
でも、自分が一人暮らしをするとして、家事がつとまるとも思えない。料理なんかした事もないし、掃除も洗濯も面倒くさい。
そういえば、和臣はいつもどうしてるんだろう。一人で全部やっているんだろうか。できるものなのか?それとも誰か……
イヤな考えが頭を過ぎって、慌てて振り払った。
「ほらトモ。駅まで乗せてってやるよ」
和臣は自転車にまたがると後ろを指差した。
そうだよ。考え過ぎだ。
俺って単純、と思いながらも、にやける顔を隠すようにしっかり和臣の背中にしがみついた。


第1章(2)

トモこと幸田朝矢(こうだともや)とオミこと木下和臣(きのしたかずおみ)の出会いは、2年前にさかのぼる。
中2だった朝矢達は、それぞれが埼玉と千葉に住んでいたから当然中学は別だった。
それが何故知り合ったかというと、簡単に言えばナンパだ。
…簡単に言い過ぎかも知れないけれど。
学校の行事で渋谷に来ていた朝矢は、帰りに友達と別れた後で人混みに飲まれた。
もともと小柄だし、その頃は渋谷なんて慣れていなくて前に進むのも大変で。
弾き出されて逃げるように入ったファーストフード店もとても混んでいて、とりあえずポテトとコーラなんかを買ってみたけれど席がない。
(何やってんだろ俺…)
「ここ、空いてるよ。相席だけど」
トレイを手に途方に暮れた朝矢に近くの席から声をかけてきたのが和臣だった。
「え、あの」
「いいから座んなって。突っ立ってると他の人に邪魔だしさ」
向かい合った和臣はすごく大人っぽく見えて、最初は年上かと思った。
お礼がてら自己紹介をしたら同い年だと分かったものの、朝矢はどうしても畏縮してしまう。
自分より大きいだけじゃない、朝矢の友達にはいないタイプだったから少し戸惑っていたのかもしれない。

でも、カッコいい。
そう思った。

和臣は明るい性格で話も上手く、屈託のない笑顔でどんどん朝矢の緊張を解いてくれた。しばらく話すうちに、気がつけば朝矢達はすっかり打ち解けていたのだ。
「ね、また会えるかな?俺と友達になってよ」
最初にそう言ったのは朝矢の方からだった。
和臣は快く応じてくれて、「他校の友達欲しかったんだ」なんて言ってくれて。
聞いてみたらお互いの家が遠くてがっかりした。こういう渋谷みたいな所に出てくるのは苦手だし、どうしようか。なんて考えていると、和臣が身を乗り出して
「千葉に住んでるってさあ、もしかして海近い?」
と聞いて来た。
朝矢の住まいは最寄り駅の名前に「海岸」がついているくらいで、家から海まで自転車で行ける。
そう説明すると、和臣は自分が千葉まで遊びに行くと言い出した。
「ホラ、埼玉って海なし県じゃん?水に飢えてるんだよ」
そんな理由だったけれど。
じゃあ早速今度の日曜に、と約束をして、一緒に電車に乗った。
「あのさ、俺のこと木下君とか呼ばなくていいから。オミって呼んで」
「オミ?」
「カズオミだから。兄貴の和典がカズって呼ばれてるから、俺はオミ」
お兄さんいるんだ、と呟く。 和臣のお兄さんなんていったら、一体どれだけいい男なのだろう?
「で、君のことは?何て呼ばれてんの」
「えっと…みんな名前で朝矢って」
「じゃ、俺はトモって呼ぶ」
そう言われてなんだかどきっとした。他のみんなとは違う、「特別」な気がしたから。
実際和臣はそんなことまで考えていないだろう。それは分かっているのだけれど、朝矢は一人で赤面した。
「じゃあな、トモ。日曜に」
和臣は早速その呼び名を使って、乗換駅で降りて行った。

日曜になればまた和臣に会える。
その気持ちの正体が恋だったなんて、「新しい友達ができた」という喜びに支配されていた朝矢自身が、その時はまだ気付いていなかった。


その日の夜、朝矢は夕食の席で和臣の事を家族に話した。
うちはいわゆる家族団らんをきちんとしている家で、その日あった事なんかを話すのも普通の事で。
何より朝矢は新しい友達ができたという喜ばしいニュースを、早く誰かに話さずにはいられなかったのだ。
背が高くて、大人っぽくて、カッコよくて、他の友達とは違ってて。
そんな人が朝矢の友達に加わったという事に家族も多少驚いてはいたけれど、こっちに遊びに来るなら連れてきたらと言ってくれた。
「そんなにカッコいいんなら、私の彼氏にしてもいいかもー。2コ下なら許容範囲だし」
姉のこの発言には、即座にダメだと言っておいた。
でも、考えてみれば和臣がモテない訳がない。まだ中2とはいえ彼女くらいいるのかもしれない。渋谷で遊んだりしてるんなら声をかけられることもありそうだし、和臣が朝矢に声をかけてきたみたいに女の子に声をかけている事だってあるかもしれない。
あまり考えたくなかった。

第1章(3)

日曜日。
朝矢は張り切って約束の30分前には駅に来ていた。
もし和臣が早く着いてしまって、待たせるような事になったら申し訳ない。それよりも早く和臣に会いたくてしょうがなかった。
昨晩和臣が待ち合わせの確認で電話をかけてきた時、当時は携帯を持っていなかったから家の電話にかかってきたのを母が取次いでくれたのだが、朝矢は礼もそこそこに子機を奪い取るように部屋にこもって話をした。
どきどきして眠れなかったけれど、何とか早起きして今に至る。
「そろそろかな…」
そわそわしながら、電車が着く度に改札から出て来る人たちの中に和臣の姿を探す。
待ち合わせの10分前、和臣を見つけた。
「オミ!ここ!」
和臣が気付くように飛び跳ねて手を振って。
「おー、ごめん待たせた?」
「ううん、全然。…あれ?何、それ」
見ると和臣は、小さなラジカセを持ってきていた。
「ああ、結構持ち歩いてるんだ」
「でもラジカセならうちにもあるよ。それじゃないとダメなの?」
「外で使うからさ、自分のじゃないと。俺ダンスやってるんだ」
「ダンス!?」
びっくりした。
聞けば和臣は体を動かすのが好きで、自己流ながら海外アーティストのビデオで研究したりしてダンスの練習をしているという。どこでもできるように、休日も出かける時はラジカセを持ち歩く事が多いのだそうだ。
「公園とかでやってると、見てて拍手してくれる人もいるんだよ」
「すごいね…」
感心してしまう。つくづく自分とは違う世界を見ているというか。
でも和臣はそんな朝矢に対して、もっとびっくりするような事を言い出した。
「すごいねじゃないって。今日からトモもやるんだよ」
「へっ!?」
何の為に持って来たと思ってんの、と和臣は笑った。
「トモ、見た感じ運動神経は良さそうだし。大丈夫だよ」
俺がちゃんと教えてあげるから。
そう言って笑顔を見せられると、朝矢はそれ以上NOと言えなかった。

ちょっとうちにも寄らせてみたら、和臣は家族からえらく評判がよかった。
「昨日の電話の時にも思ったのよー、礼儀正しいわよねえ」
母がデレデレしている。
「やだ、ホントにカッコいいじゃん!」
姉までしゃしゃり出て来た。
「オミ君てさ、彼女とかいないの?モテるでしょ」
その言葉にどきりとした。考えないようにしていた事なのに。
やっぱりいるんだろうか。でもいたとして、それが朝矢に何の関係があるかと言われるとよく分からない。
ぐるぐると思考を巡らせていると、和臣が明るい声で答えた。
「いないですよー。欲しいですけど」
「「えっ、ホントに?」」
姉と朝矢の反応が見事にかぶって、思わず顔を見合わせる。
和臣はそんな朝矢たちを見て吹き出した。
「そっくりだ」
やめてよー!と反論すると、苦笑する朝矢。
正直、ほっとしていた。


その日は和臣のダンスを軽く見せてもらって、朝矢は基本的なステップなんかを少し教わった。
和臣は自分で言った通り丁寧に教えてくれて、腕が触れたりする度に朝矢はどきどきした。
慣れないダンスを人通りのある所で練習する緊張もあったんだと思う。
それ以外の何か……あまり感じた事のないような感覚。
楽しい時間はあっという間に過ぎて、朝矢は和臣を駅まで送って行った。
改札を抜けた和臣に手を振ってホームに向かう後ろ姿を見送っていると、その後ろ姿がふいに振り返って。

「来週も来ていい?」

和臣は確かにそう言った。
朝矢は驚いたのと嬉しいので何も口に出せず、ただただ何度も頷いた。


それから何度会っても、あのどきどきする感覚はなくなる事はなかった。
親友と呼んで何ら問題ない程距離が近くなって、たまにはプロレス技をかけ合ったりするような遠慮のない仲になっても、和臣と触れあう事に精神的な免疫ができないままで。
和臣に会えなくて寂しくて仕方がなかったテスト期間に、朝矢は自分の気持ちをこう解釈した。
きっと恋なんだ、と。

第2章(1)

相変わらずの片想いながら、和臣に恋して早2年。
幸いにもというべきか学力が同程度だった朝矢達は、現在同じ高校に通っている。
和臣に合わせて選んだ都内の高校。
受かった時も嬉しかったけれど、同じクラスだと分かった時は涙が出るほど嬉しかった。
しかも、一人暮らしを始めて自転車通学になった和臣は毎朝学校の最寄り駅で朝矢を拾って、特に用事がない限りは帰りも駅まで乗せて行ってくれるという大サービスで。
ゴールデンウィークが明ける頃には、朝矢達は学年でも有名なコンビになっていた。


雲行きが怪しくなって来たのは、朝矢達の周りに女の子が集まるようになってからだった。
正確には朝矢達、というより和臣目当てなんだと思う。和臣は入学当時からとても目立っていて、あちこちからあの子が和臣に惚れたらしいなんて話も聞こえ始めていた。
朝矢みたいなちんちくりんがいつもつるんでいる事で、和臣はかなりガードが緩いと思われたのだろう。実際和臣は人を変なことで判断したりせず、誰とでも仲良くなれるタイプだった。
そして今日も、弁当を食べ終わってしゃべっていた朝矢達の周りは騒がしい。
「木下君と幸田君てさ、全然違うタイプっぽいけどすごい仲いいんだねー」
「意外だよねー」
うるさい、女子ども。と朝矢は唇を尖らせた。
まるで朝矢が邪魔だと言われているみたいで、居心地が悪いったらなかった。
「みんなトモの良さを分かってないんだよ。何でこいつが俺の親友なのか考えてみろって」
和臣本人がそうフォローしてくれるのが唯一の救いだ。
「木下君の方から声かけて知り合ったんだっけ?」
「そう、俺の見る目は確かだったってこと」
「やだー、それってナンパ?」
キャーっと黄色い声があがる。だからうるさいってば。
朝矢は愛想笑いを浮かべつつ、心の中で悪態をついた。
誰にでも優しい和臣がこの時ばかりはうらめしい。そこが大好きな所でもあるのに。
「俺、喉乾いたから自販行ってくるわ」
自分の心の汚い部分を見続けるのが嫌で、朝矢は席を立った。

休憩や勉強の為に開放されている多目的ホールで、朝矢は缶ジュースを飲みながら残りの昼休みを過ごす事にした。
もしかしたら和臣が追って来てくれるかも…と思ったけど、そうではないらしい。
(そりゃそうだ…あいつは俺の事、友達としてしか見てないんだから)
ちょっとでも期待した自分が情けなくて、余計に落ち込んだ。
「よお。相方が色男だと大変だな」
向かいに座ったのは同じクラスの奈良俊介だった。高校に入って早々仲良くなった友人だ。無条件にいいやつ、というところか。
「うらやましいなあ、毎日ハーレムで」
俊介はそう言って、テーブルに突っ伏すようにだれている朝矢の額を指でつつく。
「代わってやりてえよ。俺クラスの女子に興味ねーし……あ」
待てよ、と。俊介と代わったら、「いつも和臣と一緒」いう朝矢の定位置が……。
「うわ、贅沢。じゃ代わってくれよ、マジで」
「ダメだ。やっぱり代わんね」
「何だとー。さては興味ないとか言って、誰か狙ってんな?」
「違げーよ、バカ」
バカバカしい会話で少し気分を晴らしていると、俊介の後ろから朝矢に声がかかった。
「幸田君、今ちょっといい?」
これまた同じクラスの佐藤香織だった。女子の中では背が高めで、割と美人な方だと思う。朝矢とは普段ほとんど接点がない彼女が何の用なのか、とっさに想像がついた。
「あ、俺外した方がいいよな?」
「ごめんね、奈良君」
俊介と入れ代わりに、彼女が朝矢の向かいに座った。
案の定、香織の話は和臣に関する事だった。
彼女はいつも群がってくる女子達に混じっている事はない。どちらかというと大人しい感じだったから、印象は悪くなかった。それだけに、この子が和臣にそういう感情を抱いているという事は朝矢に取って心中穏やかではないのであって。
「幸田君、いつも一緒にいるでしょ…だから」
つまりは朝矢に和臣との仲を取り持ってくれと。
朝矢が和臣に惚れてるから他人の手伝いしてる場合じゃない。
とは言えず。
「うーん、俺からっていうより佐藤さんが直接動いた方がいいんじゃない?オミにはストレートな方がいいと思うし」
「そうなの?」
「あいつ、ああいう性格だし。それに俺が佐藤さんの相談受けたって知られない方が良くない?」

ゴメン、佐藤さん。俺から和臣に誰かと付き合ってやってくれなんて言えないんだよ。言いたくない。俺だって自分の気持ちを伝えたいけど伝えられなくていっぱいいっぱいなんだ。
「佐藤さん結構かわいいから、いけるかもよ。頑張んなよ」
本当はそんな事望んでないくせに、俺のバカ。偽善者。
俺だって誰かに「頑張れ」って言って欲しいよ。


和臣から「佐藤さんに告白されて、付き合う事にした」と聞かされたのは、その数日後の事だった。


読者登録

反町しんさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について