閉じる


<<最初から読む

2 / 8ページ

なぜ、ネット集客の強化が必要なのか?

なぜ、ネット集客の強化が必要なのか?

あなたは、何か悩みを抱えていたり、満たしたい欲求がある場合、
どんな行動を取りますか?恐らく、Google(グーグル)もしくは
Yahoo!(ヤ フー)などの検索エンジンにキーワードを入れて、
悩みを解決してくれる情報や自分の欲求を満たしてくれる情報を探すと思います。

例えば、あなたは中小企業もしくは一人会社の経営者で、
業績が思わしくなく、経営に関して悩んでいると仮定しましょう。

コンサルタントに経営に関して相談したい、しかも最初は“無料”で
相談したいと考え、Googleの検索窓に “無料経営相談”
というキーワードを入力し、検索ボタンをクリックしたとしましょう。

こんな感じで検索結果が表示されます。

※2位に表示されているのは、私が運営している「戦略企画.com」です。



そして、Googleの検索エンジンに表示されたサイト情報を上から
順番に眺めていくと思います。その時、自分が求めている情報が
掲載されているかどうかは、数秒で判断することでしょう。

自分が求めているコンテンツと違う場合は、数秒以内に
そのサイトから去って行き、逆に気になる情報が
詳しく掲載されている場合は、そのサイト情報を
しっかり読むと思います。

そして、思い切って経営相談を受けたい場合は、
お申込みフォームに必要な情報を入力すると思います。

もしくは、コンサルタントが提供している“無料レポート”や
ブログを読むかも知れませんね。現にあなたは、
こうして私が書いた無料レポートを読んでいます。

これが人間の一般的な行動パターンです。
もちろん、ネット上の情報は信じない、信頼ある知人や
友人から紹介してもらう、という方もいると思います。

しかしながら、まずはGoogleやYahoo!などの
検索エンジンで検索する、という人が
圧倒的に増えています。

特にスマートフォンの普及により、この傾向が加速しているようです。
また、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアも
すごいスピードで普及しています。

もう、ビジネスを行う上では、業界・業種関係なく、
インターネットの活用が必須の時代になっているのです。

なぜ、セルフSEOがネット集客で重要なのか?

なぜ、セルフSEOがネット集客で重要なのか?

私には、IT業界やコンサルティング業界、士業、教育業界、美容業界など
のクライアントがいます。いずれの業界も自分達のノウハウを活用し、
サービス提供しています。一方、同業他社も多く存在しています。

自分のノウハウを活用してサービス提供するビジネスモデルなので、
設備投資などの大きな初期投資が不要(一部例外もあります)であり、
参入障壁が低いためです。

見込み客を集めるためには、告知媒体を作り、広く告知する必要があります。
そのためには、ブログ・ホームページ・ランディングページなどの
WEB媒体が必要であり、そこにアクセスを集める必要があります。

つまり、広告宣伝費が結構かかります。恐らく、人件費や事務所費用などの
固定費を除くと、経費項目の中で一番高いのが
“広告宣伝費”ではないでしょうか?

でも、広告宣伝費を減らしてしまうと、そもそもお客さんが
取れなくなってしまいます。そのため、なかなか
削減するのが難しいと思います。

一方で、競争が激化し、広告宣伝に関して、費用対効果が
合わない状況に追い込まれている会社
(もしくは個人事業主)も存在します。

そこで、あまりお金をかけないで集客する方法を考えた場合、
自社ホームページを自社でSEO対策して無料で濃い
アクセスを集める“セルフSEO” が非常に有効だと思います。

今後、ネットでの集客を強化していく中で、
セルフSEOが重要な理由はここにあります。

SEO対策と言えば、SEO対策会社へお金を払って対策してもらうことが
当り前だと思っているかも知れませんが、正しいノウハウを学び、
愚直に実践すれば安定的に、しかも無料で検索による濃い見込み客からの
アクセスを自社WEBサイトへ集めることが可能です。

私自身、「戦略企画.com」というサイトを2009年5月より
本格運営していますが、個人で運営しているサイトの割には、
月間で約17,000アクセス(2011年8月のデータ)を安定的に、
しかも広告宣伝費ゼロで集めています。

なぜ、無料でそんなにアクセスが集まるのか?ですが、
それが今回お伝えする“セルフSEO・無料集客法”
のノウハウになります。

そもそも“セルフSEO”とは何か?

そもそも“セルフSEO”とは何か?

まずは、SEOに関して、基本的なことを説明します。
恐らく、SEOという言葉は、ご存じですよね。
Search Engine Optimization

を略してSEOと言います。

SEOは、
検索エンジンで上位表示させるためにWEBページを最適化すること
という意味になります。それに”self(セルフ)”が付くので、
セルフSEOとは、自分でSEO対策するという意味になります。

先ほども少し触れましたが、通常、SEO対策と言えば、
SEO対策会社へお金を払ってSEO対策してもらうという
イメージが強いと思います。そして、そのSEO対策費用は、
キーワードによって異なります。

多くの人が検索するようなビックキーワード(月間検索回数が5桁以上)になると、
かなり費用が高くなります。恐らく、そのようなキーワードでトップ10に
入るようにするのは、相当難しいでしょう。

でも、キーワードは、いろんなキーワードがありますので、
ビジネスに繋がりやすく、競合もそれほどいないような
キーワードを探し出し、しっかりSEO対策すれば、
検索結果で上位表示させることは十分可能です。

セルフSEOに成功すれば、

●SEO対策会社へSEO対策を依頼する必要がありません
●広告宣伝費ゼロでも集客できます
●つまり、無料集客できることになります

一方、SEO対策会社へSEO対策を依頼すると、

●毎月、SEO対策費用を支払う必要があります
●上位表示できる保証はないですし、上位表示できてもクリックされなくて、
アクセスが取れないリスクもあります
●契約解除となれば、外部施策で貼り付けたリンク
(バックリンク)が外されるので、検索順位が落ちる可能性があります。

つまり、お金はかかるし、契約解除となればリンクも
外されるので、投資したコストが資産になりません。

もちろん、セルフSEOの知識を得るために、私のような
コンサルタントからノウハウを学ぶ必要があり、
そのコストは必要になりますが、

自分でSEO対策していくので、コンサルタントとの
契約が終了しても自分の資産として残ります。

この違いは非常に大きいですね。

ということで、私の場合は、セルフSEOをクライアントへ
お勧めしていますし、実際にSEO対策の
具体的な方法を伝授しています。

ただ、セルフSEO対策は、結構大変な面もありますので、
どうしても自分でSEO対策するのは無理という方には、
信用できるSEO対策会社を紹介するようにしています。

また、SEO対策以外にも運営サイトへアクセスを集める方法は
ありますので、自分にマッチした方法を採用し、
成果を上げれば良いと思います。

私の場合は、あまりお金をかけないで集客する方法を
日々研究しているので、セルフSEOが得意です。

セルフSEOに取り組むことによって、あなたは
2つの大きな資産を得ることができます。

●資産1:セルフSEOのノウハウ
●資産2:無料集客できるサイト


これは、非常に価値が高いと思います。

では、ここからもう少し “セルフSEO” の本質的なことをお話したいと思います。

■SEOの本質的な内容は、Googleの理念にヒントがある

ご存じの通り、日本の検索エンジン市場の約90%を占めているのが
Google(グーグル)の検索エンジンになります。

日本では、Yahoo!のシェアが 高いのですが、Yahoo!は
Googleの検索エンジンを活用していますので、
Googleがトップシェアということになります。

そして、Googleの検索エンジンは、優秀なエンジニアによって、
日々進化しています。なので、小手先のSEOテクニック
(例えば、とにかくリンクをたくさん貼るような方法)は、
もう通用しなくなりつつあります。

では、どうすればいいのか?ですが、ヒントは、Googleの理念にある
と考えています。あなたは、Googleの理念は、ご存じですか?
Googleで検索すると、以下の文章を発見することが出来ます。

Googleの理念:
完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、
ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである


Googleは、この理念達成を目指して、日々検索エンジンの改良に
時間とお金を投入しています。検索エンジンは、この方向性に
向かって進化していくわけですね。

つまり、セルフSEOのポイントは、
Googleの理念にマッチしたサイトにすること
と言えます。

小手先のテクニックではなくて、ユーザーが欲しい価値ある情報を
発信していけば、自然とGoogleから評価が得られ、
上位に表示されるようになるということになります。
これがSEO対策の本質的なところだと思います。

実は、私が「戦略企画.com」のサイトを企画し、運営を始めた
2009年4月頃、私自身、SEO対策に関して、詳しい知識を
持ち合わせていませんでした。

でも、一つだけ非常に意識していたことがありました。
それは、”ユーザーにとって有益な情報を
発信する”ということでした。

それをただ愚直に実践していたら、3か月目に月間10,000アクセスを
超えるようになったのです。SEOを意識しなくても、勝手に上位表示され、
自然とユーザーが増えて行きました。SEOの理論に関しては、後付けだったのです。

Googleの理念が記載されているページには、こんな記載もあります。
ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
まさにその通りの結果となったわけです。

あなたは、SEOのテクニックばかりに気を取られていませんか?
ユーザーの悩み解決や欲求を満たすことにフォーカスすると、
自然と良い方向へ向かうはずです。

では、セルフSEOで無料集客を実現するためには、
具体的にどうすれば良いのか?これから説明します。

セルフSEOで無料集客を実現する方法とは?

セルフSEOで無料集客を実現する方法とは?

では、ここからは、セルフSEOに関する具体的な
ノウハウに関して説明していきます。

SEO対策の大きな流れとしては、実は、私が普段コンサルティング
の現場で活用している“戦略立案”の流れとほぼ同じになります。

いきなり小手先のテクニックに走るのではなく、
まずは戦略をじっくり検討します。

なお、SEO対策の大きな流れは以下の通りです。

●ステップ1:
自社ホームページに訪れてほしい人を明確にする。
つまり、あなたのビジネスにおける見込み客を定義します。

●ステップ2:
見込み客の悩みや欲求を洗い出す。
洗い出しは、キーワードを意識する。

●ステップ3:
悩み解決や欲求を満たす良質なコンテンツを提供する。
オリジナリティや独自性があり、内容が詳しく
書かれているコンテンツがベスト。

●ステップ4:
良質なコンテンツを定期的に増やしていく。

これがSEO対策の大きな流れになります。
つまり、ポイントはたったの2つです。

1.キーワード
2.良質なコンテンツ(質と量)


見込み客が普段、どんなキーワードを使って検索しているのか?
そして、そのキーワードを含んだ、質の高いコンテンツを
定期的に発信していくこと、この2つが本質的に
最も重要なポイントになります。

では、SEO対策のテクニック的な視点で考えた場合、
何がポイントになるでしょうか?

SEO対策は、大きく分けるとたったの2つしかありません。

1.SEO内部施策
2.SEO外部施策


更に掘り下げてSEO対策に関して説明して行きます。
まずは、SEO内部施策に関してですが、簡単に説明すると、
htmlのコードをユーザーに分かりやすいように記述しましょう
と言うことになります。

その内容としては、
(1)タイトルタグ
(2)メタキーワード
(3)Description
(4)h1タグ
(5)本文
(6)URL
(7)サイトマップ
(8)サイトユーザビリティ
などの基本的な要素があります。

一つずつ詳しく説明して行くと、かなりのページ数になりますので、
このレポートでは、ポイントを絞ってお話します。

SEOのごく一般的なテクニックは、ネット上でも見れますし、
書籍も出ていますので、そちらをご覧下さい。

上記(1)~(5)ですが、これらすべてに上位表示を狙う
キーワードを埋め込むようにします。例えば、上位表示を狙う
キーワードが“経営相談”の場合は、(1)から(5)すべてに
この“経営相談”というキーワードを入れるようにします。

なお、キーワードの選定方法に関しては、
Google AdWordsのキーワードツールの活用をお勧めします。

例えば、“経営相談”の場合は、月間の検索数が6,600になっています。
検索回数が多いキーワードの方が上位表示できた時の
アクセス数が増えますが、その分競合サイトも多く、
上位へ表示させることが大変という側面があります。

そのため、狙うキーワードに関しては、競合となるサイトに
勝てるかどうかの見極めが必要になってきます
(検索順位は、相対的評価によります)。

ちなみに私の場合は、月間検索数が4桁のキーワードを
狙ってSEO対策するようにしています。

3桁だと上位表示できても、そもそも検索回数が少ないので、
サイトへの流入数が期待できません。

一方、5桁以上の場合は、競合が激しくなりますので、
上位表示させることが難しいという側面があります。

経験上、4桁だと十分上位表示可能ですし、流入数も
まとまった数字になることが多いです。あなたも、
月間検索数4桁を目安として、キーワードを
選定すると良いと思います。

続いて、SEO外部対策のポイントを説明します。
これは、非常に単純で、他のサイト運営者から
勝手にリンクを貼って紹介してもらうことが最も大切です。

あなたが運営しているサイトがとても役に立ち、ブログや
他のサイトなどで紹介され、そこにリンクが貼られる状態が
ベストな状態と言えます。その数が多ければ多い程、
Googleからの評価も高くなります。

ただ、現実的には、それほど多くの人に紹介してもらえる
ということはありません。私のクライアントで、1,000以上の
自然リンクを集めたサイト(月間アクセス数は、30,000以上)が
ありますが、これはレアケースになります。

そのため、ある程度自分でリンクを集める努力が必要です。
ここで、自分でリンクを集めることができない会社や個人は、
SEO対策会社へお金を払って外部リンクを
貼ってもらうという行動を取ります。

でも、この行為は、Googleの理念に反する内容となりますので、
いずれ通用しなくなる日が来るかもしれません。では、自分で
リンクを集めるためには、具体的にはどうすれば良いのか?
その方法を説明したいと思います。

■SEO外部対策1:プレスリリースサイトに関連記事を投稿する


無料でプレスリリースを投稿できるサイトがあります。
Googleの検索窓に “無料プレスリリース” と入力し、
検索すると関連サイトが多数出てきますので、参考にして下さい。

プレスリリースを扱うニュースサイトは、記事の更新頻度が高く、
プロのライターが記事を書いているケースが多いこと、
Googleにインデックスされているページ数が多いことから、
Googleの評価も高いので、リンクをもらえると非常に効果的です。

運営サイト「戦略企画.com」は、意識的にプレスリリースを発行し、
リンクを貼って頂きました。この地道な活動の
効果が大きいと思います。

■SEO外部対策2:無料ブログを運営し、そこからリンクを貼る

例えば、アメブロなど無料で運営できるブログを自分で運営し、
そこから自社ホームページへリンクを貼ります。アメブロの
ようなメジャーなブログは、ページランクが高いので、
被リンク用サイトとしては効果的です。

私の場合は、こちらのアメブロを運営しています。
手堅く独立起業ブログ
※ページランク:3

また、ドリームゲートの社長ブログも運営しています。
一人起業戦略・年収1000万円ブログ
※ページランク:2

■SEO外部対策3:無料で登録できるサイトへ登録する

無料で登録できるポータルサイトや中小検索エンジンに
自社ホームページを登録すると、そのサイトからリンクを
もらうことになりますので、リンクを増やすことができます。

例えば、Googleの検索窓に “中小検索エンジン” と入力して
検索すると該当サイトが多数出てきますので、ページランクが
比較的高いサイトを中心に登録して行きます。

■SEO外部対策4:ソーシャルメディアを活用する

TwitterやFacebook、YouTube、SlideShareなどの
ソーシャルメディアから自社ホームページへリンクを貼ります。
これらは、 すべて無料で使うことができますし、Googleの
ページランクも高いので、リンクの質も非常に良いです。
無料なので、使わない手はないと思います。

このように手間かも知れませんが、リンク数を増やしていくことが可能です。
また、自社サイトにどれくらいリンクが貼られているのか?
チェックするサイトがありますので、以下のサイトへアクセスし、
自社ホームページのURLを入力してみて下さい。

Open site explorer: http://www.opensiteexplorer.org/



※「戦略企画.com」のTOPページ(http://strategy-plan.com)は、20種類のドメインから
合計398のリンクが貼られていることになります。


セルフSEOの成功事例は?

セルフSEOの成功事例は?

ここまで、SEO対策の本質的なところとテクニック的な
内容の一部を紹介してきましたが、私が普段セルフSEOを実践し、
その検索結果を見て思うことは、やはり本質的なところの重要性です。

テクニック的なところは、もう当り前の世界であって、本質的なところである
「ユーザーにとって有益な情報を定期的に発信していく」
これが非常に大切だと感じています。

では、これをどうやって実践し、どんな成果が得られているのか?
コンサルティングサービスを提供している私の事例
(「戦略企画.com」の事例)をここで紹介したいと思います。

まずは、アクセスの量に関してですが、これが直近1か月の
アクセス数の推移になります。月間約17,000アクセスとなっています。



検索キーワードの流入に関しては、直近1か月で2,326種類のキーワードから
運営サイトへの流入があります。サイトをオープンした2009年4月13日 から
この無料レポートを書いている2011年8月20日までの期間で見ると、
実に22,582種類に及ぶキーワードから流入しています。


から運営サイトへの流入があります。サイトをオープンした2009413日からこの無料レポートを書いている2011820日までの期間で見ると、



実に22,582種類に及ぶキーワードから流入しています。








※検索によるサイトへの流入は、右肩上がりの傾向です。

アクセス数の増加に伴い、経営相談やお問合せ、ワンコイン勉強会や
プライベートセミナー参加者が増え、クライアント獲得に成功しています。

ちなみに、このサイトへアクセスを集めるために費やしている広告宣伝費は、
ほぼゼロです。無料で集客することができるネット集客の仕組みが
構築できています(キーワード調査のため、Google AdWordsをある
一定期間運用するケースはあります)。

では、これをどうやって実現しているのか?
その種明かしをしたいと思います。

戦略企画ドットコムの運営サイトである「戦略企画.com」は、
コンセプトサイト+ブログサイト
という構成になっています。

このサイト構造がポイントで、特にブログがポイントになります。
このブログは、アメリカで多く活用されているWordPress
(ワードプレス)というオープンソースのブログ(CMS)になります。

特長としては、Googleが掲げるSEOの評価項目が約200項目あるのですが、
その80~90%を網羅していると言われています。

こちらの関連記事が参考になります。
http://wpnavigator.com/attracting-customers/high-performance-seo-with-wordpress/

戦略企画ドットコムが運営しているWordPressブログ:気づきのシェア



このブログサイトに質の高い有益なコンテンツを週1から2回程度掲載し、
情報発信しています。このブログサイトにおけるGoogleの評価が高く、
狙ったキーワードで上位表示を実現できています。

例えば、2011年7月21日に “セルフSEO” と “無料集客” という
キーワードを意識してブログ記事を書いたのですが、
ブログ記事をアップした瞬間に “セルフSEO” で検索したところ、
Googleで14位に表示されていることを確認しました。

1か月後の8月20日現在では、“セルフSEO”で9位表示、
“無料集客”に関しては、Googleで8位表示という結果です。

このように狙ったキーワードで上位表示を実現できています。

そのため、

●自然検索によるサイトへの流入量が増え
●無料とは思えない良質且つ大量の記事を読むことができることから
●お気に入りに入れてもらい、定期的にサイトを訪問してもらえる

という流れを作ることができたと分析しています。

実際、サイトへのアクセス量の約70%は、ノーリファラー
(つまり、URLを直接入力するか、お気に入りからアクセスすること)
となっています。

読者登録

戦略企画ドットコムさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について