閉じる


セルフSEOで無料集客を実現する方法とは?

セルフSEOで無料集客を実現する方法とは?

セルフSEOで無料集客を実現する方法とは?

では、ここからは、セルフSEOに関する具体的な
ノウハウに関して説明していきます。

SEO対策の大きな流れとしては、実は、私が普段コンサルティング
の現場で活用している“戦略立案”の流れとほぼ同じになります。

いきなり小手先のテクニックに走るのではなく、
まずは戦略をじっくり検討します。

なお、SEO対策の大きな流れは以下の通りです。

●ステップ1:
自社ホームページに訪れてほしい人を明確にする。
つまり、あなたのビジネスにおける見込み客を定義します。

●ステップ2:
見込み客の悩みや欲求を洗い出す。
洗い出しは、キーワードを意識する。

●ステップ3:
悩み解決や欲求を満たす良質なコンテンツを提供する。
オリジナリティや独自性があり、内容が詳しく
書かれているコンテンツがベスト。

●ステップ4:
良質なコンテンツを定期的に増やしていく。

これがSEO対策の大きな流れになります。
つまり、ポイントはたったの2つです。

1.キーワード
2.良質なコンテンツ(質と量)


見込み客が普段、どんなキーワードを使って検索しているのか?
そして、そのキーワードを含んだ、質の高いコンテンツを
定期的に発信していくこと、この2つが本質的に
最も重要なポイントになります。

では、SEO対策のテクニック的な視点で考えた場合、
何がポイントになるでしょうか?

SEO対策は、大きく分けるとたったの2つしかありません。

1.SEO内部施策
2.SEO外部施策


更に掘り下げてSEO対策に関して説明して行きます。
まずは、SEO内部施策に関してですが、簡単に説明すると、
htmlのコードをユーザーに分かりやすいように記述しましょう
と言うことになります。

その内容としては、
(1)タイトルタグ
(2)メタキーワード
(3)Description
(4)h1タグ
(5)本文
(6)URL
(7)サイトマップ
(8)サイトユーザビリティ
などの基本的な要素があります。

一つずつ詳しく説明して行くと、かなりのページ数になりますので、
このレポートでは、ポイントを絞ってお話します。

SEOのごく一般的なテクニックは、ネット上でも見れますし、
書籍も出ていますので、そちらをご覧下さい。

上記(1)~(5)ですが、これらすべてに上位表示を狙う
キーワードを埋め込むようにします。例えば、上位表示を狙う
キーワードが“経営相談”の場合は、(1)から(5)すべてに
この“経営相談”というキーワードを入れるようにします。

なお、キーワードの選定方法に関しては、
Google AdWordsのキーワードツールの活用をお勧めします。

例えば、“経営相談”の場合は、月間の検索数が6,600になっています。
検索回数が多いキーワードの方が上位表示できた時の
アクセス数が増えますが、その分競合サイトも多く、
上位へ表示させることが大変という側面があります。

そのため、狙うキーワードに関しては、競合となるサイトに
勝てるかどうかの見極めが必要になってきます
(検索順位は、相対的評価によります)。

ちなみに私の場合は、月間検索数が4桁のキーワードを
狙ってSEO対策するようにしています。

3桁だと上位表示できても、そもそも検索回数が少ないので、
サイトへの流入数が期待できません。

一方、5桁以上の場合は、競合が激しくなりますので、
上位表示させることが難しいという側面があります。

経験上、4桁だと十分上位表示可能ですし、流入数も
まとまった数字になることが多いです。あなたも、
月間検索数4桁を目安として、キーワードを
選定すると良いと思います。

続いて、SEO外部対策のポイントを説明します。
これは、非常に単純で、他のサイト運営者から
勝手にリンクを貼って紹介してもらうことが最も大切です。

あなたが運営しているサイトがとても役に立ち、ブログや
他のサイトなどで紹介され、そこにリンクが貼られる状態が
ベストな状態と言えます。その数が多ければ多い程、
Googleからの評価も高くなります。

ただ、現実的には、それほど多くの人に紹介してもらえる
ということはありません。私のクライアントで、1,000以上の
自然リンクを集めたサイト(月間アクセス数は、30,000以上)が
ありますが、これはレアケースになります。

そのため、ある程度自分でリンクを集める努力が必要です。
ここで、自分でリンクを集めることができない会社や個人は、
SEO対策会社へお金を払って外部リンクを
貼ってもらうという行動を取ります。

でも、この行為は、Googleの理念に反する内容となりますので、
いずれ通用しなくなる日が来るかもしれません。では、自分で
リンクを集めるためには、具体的にはどうすれば良いのか?
その方法を説明したいと思います。

■SEO外部対策1:プレスリリースサイトに関連記事を投稿する


無料でプレスリリースを投稿できるサイトがあります。
Googleの検索窓に “無料プレスリリース” と入力し、
検索すると関連サイトが多数出てきますので、参考にして下さい。

プレスリリースを扱うニュースサイトは、記事の更新頻度が高く、
プロのライターが記事を書いているケースが多いこと、
Googleにインデックスされているページ数が多いことから、
Googleの評価も高いので、リンクをもらえると非常に効果的です。

運営サイト「戦略企画.com」は、意識的にプレスリリースを発行し、
リンクを貼って頂きました。この地道な活動の
効果が大きいと思います。

■SEO外部対策2:無料ブログを運営し、そこからリンクを貼る

例えば、アメブロなど無料で運営できるブログを自分で運営し、
そこから自社ホームページへリンクを貼ります。アメブロの
ようなメジャーなブログは、ページランクが高いので、
被リンク用サイトとしては効果的です。

私の場合は、こちらのアメブロを運営しています。
手堅く独立起業ブログ
※ページランク:3

また、ドリームゲートの社長ブログも運営しています。
一人起業戦略・年収1000万円ブログ
※ページランク:2

■SEO外部対策3:無料で登録できるサイトへ登録する

無料で登録できるポータルサイトや中小検索エンジンに
自社ホームページを登録すると、そのサイトからリンクを
もらうことになりますので、リンクを増やすことができます。

例えば、Googleの検索窓に “中小検索エンジン” と入力して
検索すると該当サイトが多数出てきますので、ページランクが
比較的高いサイトを中心に登録して行きます。

■SEO外部対策4:ソーシャルメディアを活用する

TwitterやFacebook、YouTube、SlideShareなどの
ソーシャルメディアから自社ホームページへリンクを貼ります。
これらは、 すべて無料で使うことができますし、Googleの
ページランクも高いので、リンクの質も非常に良いです。
無料なので、使わない手はないと思います。

このように手間かも知れませんが、リンク数を増やしていくことが可能です。
また、自社サイトにどれくらいリンクが貼られているのか?
チェックするサイトがありますので、以下のサイトへアクセスし、
自社ホームページのURLを入力してみて下さい。

Open site explorer: http://www.opensiteexplorer.org/



※「戦略企画.com」のTOPページ(http://strategy-plan.com)は、20種類のドメインから
合計398のリンクが貼られていることになります。