閉じる


<<最初から読む

16 / 34ページ

街灯の涙

雨の雫にまじって

街灯のはしから大粒の涙がこぼれた


じっと黙って立っているひと

じっと黙って照らしているひと
 

彼の悲しみはどんなだろう

 
2001.11.5.

刻印

ふわふわと

漂う夢

想いをそのように

残して

刻み込め


2007.7.16.

カテゴライズ



自分自身を開くも閉ざすも自分自身

容易なカテゴライズ

例えば犯罪者

例えば精神異常者

そうしてカテゴライズしていくことで

自分自身を他人と切り離し

そうすることで自分がそのものと違う種であることに安堵する

堕ちた安心感

相手を理解しようとしない姿勢そのものの形

無関心であることはもっとも性質が悪い


2007.6.15.

手を離した瞬間の浮遊感に酔う

詰め込まれた世界

溢れ落ちていくもの

零れ落ちていくものに

眼を向けているものがいない

しがみつくのに必死なのさ

自ら手を離そう


2007.5.23.

長いもの

ろくなものはない

巻かれて

先にあるものを腐らせる

気付かずに巻かれて

気付いた時にはなくしてる


2007.5.15.


読者登録

凪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について