閉じる


<<最初から読む

5 / 34ページ

例えば

息をも潜めて

ひっそりと過ごす

この夜のように

色を消して

静かに想い続けるようにして

永遠を見ては

出ない涙が

内側で揺れる


倒れそうになる瞬間に

強く吹く風が

言葉を乗せているようで

支えられながらも

酷く苦しい


そんな形にならなくてもいいから

その存在を守って


2007.6.30.

種子




陽のあたる部屋で澄んだ水に浸すか

常に日陰にある壁際で這うように水を探す野草となるか

野草であったとしても

生きる


2007.6.13.

十三夜

ひそかに足音がするよ

空気のにおいが変わってゆく
少しづつ少しづつ
その澄みを増していく
こんな澱んだ南にもね

そこに貴方がいて
ああ
月がこの眼に

ため息が漏れる
いつも飽いている様なこの胸が
満ちていく瞬間

月がこの眼に


2006.11.4.

さかな

ゆーらり

ゆららり

目覚めた真夜中は

身体が左右に

揺れて

揺れて

空間の感覚を失くす

ゆーらり

ゆららり

さかなは

こうして泳ぐのか


2007.5.26.

誰もが



あの人は唯一であって

全てであって

そして個であった

そして

誰もが


2007.4.17.

読者登録

凪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について