twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ホラー・オカルト 作者 堀田耕介
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

30 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 27ページ (Web閲覧)
28ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
小さいころ、父はよく兄弟を連れてきた。ずいぶんうじゃうじゃいるなと思った。ある日兄弟たちは突然いなくなった。父は頭を抱え、どこかに行ってしまった。私はそうなのかと思った。私は自然に学校を出て、自然に工場に就職した。そして同僚の女の子と結婚して妻は退職し、子どもが生まれて、そして工場は倒産した―――生きる意味は何か、私は何をするために生まれてきたのか、そんな出口のない問いに取りつかれていた頭の中で生まれた奇妙な作品。2007年に書かれたものをリバイバル公開、「スマホ小説」第1弾。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧