閉じる


試し読みできます

 

 

 

婦人十一題(ふじんじゅういちだい) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

一月

 よいものだ。かるた会へと急ぐ娘の若い胸は、歩きにくい駒下駄こまげたいた足も、き水の上を滑るように進ませる。まれるであろう恋の歌をおもうだけでも、夕暮れの線路せんろさえ風雅な丸木橋まるきばしに感じられるに違いない。電車の通過で立つ松の枝を鳴らす風に、春着はるぎそでを引き合わせてはやる気持ちを見せるのもまた風情ふぜいである。やがてまもなく、家の中のにぎわいの余韻よいんで、まるでひそひそ話をしているような門をくぐり、正月の輪飾わかざりのされた大きな玄関げんかんから、きぬ足袋たびを軽やかにはこんで高廊下たかろうかく。そのやかた奧方おくがた夫人ふじんは、普段ふだんでさえ白い鼈甲べっこうに真珠をちりばめた毛留ブローチをつけ、つるのように白い肌に、孔雀くじゃくよそおいをして、その姿だけを見慣みなれているので、『この新春のもよおしでは、どれほどきらびやかなのかしら、』と思っていたのに、どうしたわけか、玄関近くの茶ので客をむかえる姿を見ると、髪はくしに巻きつけてとめただけ、化粧けしょうも薄く、半襟はんえり付きの地味じみしま銘仙めいせんに、おびを引っかけ結びにした身なりで、『いらっしゃい。』白鳥をかたどった真鍮しんちゅ製の茶釜ちゃがまが置かれ、座敷ざしきはしら行燈あんどうが掛かって、ともし火があかく照らすそこには、おでんに燗酒かんざけ甘酒あまざけもある。
    ―それであなたは、どッちがいと
      言うんですか―
    ―わからない―


試し読みできます

二月

 みやこに住む父と母はお帰りになった。けれどもまだ、しゅうとしゅうとめのほか、知らない客が何人もいる。侍女じじょの付きいをじらって断り、嫁君よめぎみみずから着物をいていくにつれ、浴室はさッと白く染まる。うるわしいその身体からだの輝きとともに、山に、町に、ひさしに積もった雪の光もうつるのだ。このとき、嫁君はようやくほっとわれに返った心地ここちになり、しかも湯気ゆげに包まれうっとりとして、どこへ鼈甲べっこうくしかんざしを置いたかも忘れ、足元のみだばこに収めようとした緋縮緬ひぢりめんの下着も、手につかずにそでからこぼれ乱れた。かんばせはほんのりと染まり、姿見すがたみに映るそのおもかげは、一重ひとえ薄紅うすくれないの花びらに、を押さえた手が白くかさなり咲く、らんの葉を浮かべた湯に開いた見事な冬牡丹ふゆぼたんのよう。花の中心、しべきざまれているのは誰の名であろうか。その文字もじ金色こんじきに輝き始めるにつれ、口がかわき、また耳が熱くなる。高島田たかしまだった髪の前に、冷たいやいばがある。まどを上から下へつらぬいているのは、すだれのように並び下がった氷柱つららなのだ。嫁君よめぎみはそれをカチリと音させて折ってかし見た。人がもしこの様子をながめていたら、鋭い切れ味でれるものの血をほとばしらせる匕首あいくちではないかとおどろいたことだろう。嫁君は氷柱をくちびるに含んで微笑ほほえんだ。考えても見たまえ…先ほどの式で三三九度さんさんくどさかずきわして以来、この氷柱が彼女の胸に通った初めての甘くさわやかなつゆだということを。―君はそれを見たのかい―いや、聞いたのさ。


試し読みできます

三月

淺蜊あさりやア淺蜊の』―というあさり売りの声の響く、高台たかだい屋敷町やしきまちの春まだ寒い午後、ある庭園に、庭下駄にわげたいた足を爪立つまだてるほど、手を空に向かって差し伸ばした一人の美しい娘がいる。樹々きぎの枝に残った雪にも、ちらちらとその指の影が映り、あかく輝く大きな太陽に照らされ、雪はむらさきたもとうすく糸を引くように落ちかかる。この人は何を熱心にしているのであろう。歌をんでその枝の紅梅こうばいつぼみを開かせようとしているのではない。『自分で炊事すいじするようになった時のために』という思いがこうじて、家事の稽古けいこ白魚しらうお目刺めざしを作っているのだ。それなのに、『目を刺すのはかわいそう』と、糸で抜き止めているのは尾であるのを見よ。その糸の色も、腕をすり落ちる袖口そでぐちも、絵に描かれた篝火かがりびのようなくれない色。針でみずからを傷つけることのないよう、思わず願う。『お嬢様、これを着なさいませ』と、乳母うばらしき女が走り来て差し出すのに答えて言うには、『エプロンなど掛けて白魚しらうおの料理ができますか。』これを聞いて、魚もきかえるに違いない。白い手首がさらに三寸ほどあらわになった。


試し読みできます

四月

 船首みよしに上半身はだけた乱れ姿の船頭せんどうを乗せ、歌妓うたひめ一挙一動いっきょいちどうに、その手に握られた見送りの糸が揺れ流れつつ、花見船はなみぶねがいくつも並んでぎ出てゆく。土手どてかすみが低くたなびき、桜の明るく咲いている三囲みめぐり神社のあたり、新しい五大力船ごだいりきせんの側面一段高いところに、着物もおびも向かい合った、二人の女の姿があった。一人は上品に気高けだかまげい、一人はつややかな島田髷しまだまげである。もうまゆも白くなった老船頭のぐのにまかせ、蒔絵まきえ調度品ちょうどひんに、待乳山まつちやまの丘のかげが落ちて、三日月みかづきせたかのような風情ふぜい。絶え間なく寄せ来る波に映る、花のように美しい二人の姿は、まるで竜宮りゅうぐうへと行くようだ。人も酒も狂ったように騒ぎ乱れる中、突然打ちましたつづみの音がえ起こった。さあ、いよいよ金と銀のおうぎを手に、この二人が立って舞うのだろう、と思って見ると、上品なまげの女が、なよやかにすらりと浮くように立ち、年下とししたの島田のびんの乱れを、かしりのくしで整えた。なんと心憎こころにくいこと。やがてかねが聞こえてくると、この船は、深川ふかがわ木場きばへと帰っていった。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について