閉じる


<<最初から読む

6 / 6ページ

ストーリー5

 どれだけの時間が過ぎただろうか。ヒロムはオフィスのロッカールームに閉じこもり、ポケットに忍ばせておいたスニッカーズをムシャムシャと食べていた。

 時は遡る。
 ヒロムは、激怒していた。所有物である、消しゴムの角を、同僚のノブ・シュバイッツアーに使われてしまったからだ。

 「そんなに怒ることはないだろ、ヒロム君。この消しゴムは元々は事務用品。会社のお金で買ったものだ。とすれば、この消しゴムは君のものではい。会社のものだ。」ノブは正論を武器にヒロムの怒りをするりとやり過ごそうとする。

 ヒロムはノブの語りぐさや、そう偉そうに言い腐った堀の深い顔の、その表情にイライラさせられ、怒りの奇声を上げた。「いいいいいいいいいんんん!いいいいいいいいいんん!んんんんん!もももももも!ふぐふぐふぐ!ふもももももも!」

 ヒロムは素早い動きで、近くのロッカーへと入り込んだ。ロッカーからノブへの怒声を響かせる。

「このロッカーは大塚商会で購入したロッカー! そして大塚商会で働く人々はこの地球で生まれた我々の共同生命体! そしてこのロッカーは我々共同生命体より生まれしマテリアル! そう! そうだ! われら大宇宙は常にひとつだ! そう! このロッカーも大宇宙の一部! そう! いわば 言わずとも知れた! このロッカーは俺だ! どうだ! 俺はもうこのロッカーから出ない! 出ないぞ! どうだ! そんな俺をお前よ止めてみろ! 消しゴムの角の落とし前として、心を閉ざした俺を、お前の熱い心と、同僚思いの優しさで、この天野函館より誘き出してみるがよい! 俺が出てこぬ限りこの世は限りなき闇さ! 世界はもはや俺の思うがまま!! ふふん!」

「・・・・・・・・」ノブはヒロムが興奮している間に客先へと営業に出発していた。ヒロムの虚しくも孤独な籠城はこうして始まったのだった。

 スニッカーズを食べ終わる。ヒロムはなんだか尿意を催してきていた。そして、だんだんとそれを我慢できないようになり、もぞもぞと足を動かしつつ、落ち着かない時間が続いていた。

 ヒロムは、これはいかん、と砂漠でオアシスを追いかける自分を想像し尿意を鎮めようとした。砂漠で限界に追いつめられたとき、人はなにを考えるのだろうか。生きること? 愛する人と再会することだろうか? ぶつぶつとロッカーで想像を膨らませる。

 なんやかんやあっての壮大なストーリの末の遭難ならばそうなのかもしれない。しかし、テレビを見ながら柿ピーをつまみつつ、ふと、次の瞬間、唐突につなぎ目も無く、訳も分からぬまま、空間と時間と肉体が移り変わり、砂漠で命の限界を向かる自分というシチュエーションにおかれた場合ならばどうだろうか?

 焼き照りつける日差しも、乾き水分を失い自由が利かなくなった肉体も、正常な思考を失ったどこか狂った精神も、それぞれがどことなく心地よく、柿ピーが歯に詰まったまま、「ありー、なんじゃー」なんていいながら、苦しみや後悔もないままに、天命を全うすることができるのではないだろうか?

 そうだ!! 全ては連続なのだ!! 我々は連続の中で生かされているのだ!! 感情も価値観も全て知らず知らずのうちに連続の中で植え付けられたもの!! 我々が生み出したものではない!! 我々は連続性に洗脳されている!! 我々は目覚めなければいけない!!

『ソウナガイユメカラ!!!』

 ヒロムは、そんなこんな考えている間に、結局は、尿意を我慢することができなくなり、はらりと一粒の涙を流すと、激しく失禁した。そして、泣いた。嗚咽し、恥も外聞もなく泣き崩れた。尿にまみれつつも優しく美しく恥じらいの気持ちは忘れなかった。

数分後、ヒロムは素知らぬ顔でロッカーからするりと出てくる。時計を確認する。時間は15時28分。籠城時間は、2時間53分ほどだった。「こんな日もあるさ」ヒロムは誰に言うでもなく、そんな言葉を発すると、ひとり定時前に帰宅していった。

この本の内容は以上です。


読者登録

坂下みゅーたさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について