目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

6 / 53ページ

ToDo管理

1.目的
MacとWindowsとiPadとiPhone共通のToDo管理をしたい。


2.実績
iPhone購入以前は、CasioのカシオペアやDELLのPDAでなんとなくToDo管理的なことをしていた。
その後、システム手帳を買ってデビッド・アレンなどのGTD本を読みあさり、自分でも満足していた頃にiPhone 3GSを購入した。
ゲームなどはそっちのけで、スケジュールアプリやToDoアプリをダウンロードしては、毎日せっせと入力した。

iPhoneで管理

スケジュール
PocketPCで使っていた「さいすけ」と「Pocket Informant」をダウンロード。
メール管理は、既にGoogleで運用していたため、スケジュール管理はスムーズに移行できた。
どちらも使いやすく、メインは「さいすけ」
今は、「Week Calender 4.2」
スケジュールでカラフルな色を選べるため。

ToDo
いろいろダウンロードしてみたが、「OmniFocus」と「Things」
価格は高かったのだが、使いやすそうなので選んでみた。
当初、Macと連携する手段がWiFiだけだったので、目論見と違った。
また、Mac版の「OmniFocus」と「Things」の価格が高すぎる。
以上の理由で、MacでのToDo管理はやめてしまった。
当然Windowsは、はなから無理だとわかっていた。

その後、「OmniFocus」がOMNI Serverを立ち上げてくれたので、iPadと同期できるようになった。
わたしに取って、iPadのToDo管理はあまり意味ないのだが、まあ便利かなと。
余裕があればMac版も買ってみたい。

「Things」もクラウドを立ち上げてほしい。
今は、iCalと同期。

MacとWindowsで管理

スケジュール
最初は、iPhoneとGoogleで管理していた。
今は、AppleがiCloudを立ち上げたので、MacのiCalとiPhoneのWeek Calenderを使用。
Windowsでスケジュールを見ることは、無くなった。

ToDo
現在知っているソフトでは、「Wunderlist」のみ。
iPhone、iPad版もあるので重宝している。
ただ、「OmniFocus」と「Things」のような使い方ができないので、不満が残る。
文字入力中にENTERキーを押すと、勝手に確定してしまうところがダメなところ。

日記帳で管理

「Day One」に、何でも書き込む。
Mac、 iPhone、iPad版が出ている。
気になる事、考察、用事、小まとめなど、細々した事を書き留める。
外では、iPhone版で行い、自宅ではMac版で入力する。
あとでその内容を、別のソフトやデータに貼付ける。

現在、iPhoneのメモ帳からこちらに移行済み。
長文ならば、メモ帳の方がよいと思う。
Day Oneは、箇条書きで意味が通じるため、即興で入力する事に向いている。


Linux on Mac

1.目的
LinuxとMacのファイル共有がスムーズにできる事。
Ubuntuを使って、使える代物なのか試してみる。

2.実績
Windowsの仮想マシンでは、VMware Fusionを使用したので、Ubuntuは、Parallels Desktopを使用する。

Ubuntu 11.04のインストール

ISOファイルをダウンロードして、Parallels Desktopから読み込ませる。
プロセッサは、1個にしてメモリを1GBに設定した。
インストールは、そんなに時間はかからず、すぐ終わった。

日本語化

問題は、日本語表示になっていない事。
以前のUbuntuと使い勝手が変わっているので、システムを変えるのに苦労した。

まず、languageを探してみるが、見つからない。
サーチボタンなるアイコンがあったので、languageと入力する。
見つかったのだが、日本語環境が選べない。
日本語の文字は見えているが、クリックしてもEnglishのまま。
何気なく、日本語の文字を上にドラッグすると、移動するではないか。
おお!と驚き、一番上までドラッグした。
これで日本語が最優先される。
あとは、Apply System-Wideなる設定をしておいた。

となりのタグに、Regional Formatsがあるので、ここも日本語に。
さらにおまじないで、Apply System-Wideをクリック。

これで再起動。
無事、日本語化完了。

画面が5分で暗くなってしまう。
サーチボタンより、screenと入力。
スクリーンセーバーの時間設定を、1時間にした。

Ubuntu 11.10のインストール

手順は、Ubuntu 11.04と同じ。
インストール時間は、18分。

日本語化

サーチボタンで、Language supportを呼び出し。
Install/Remove Languagesで、Japaneseを選ぶ。
Apply Changesをクリック。

「日本語」を一番上までドラッグ。
おまじないで、Apply System-Wideをクリック。

Regional Formatsも日本語に。
さらに、Apply System-Wideをクリック。

そして、shutdown。
新たに11,10を起動。

ファイル共有

仮想Windowsマシンのように簡単にできないので、ネットワーク2を追加し、Ethernet接続を増やした。
Ubuntuからも、ネットワーク経由でファイルにアクセスできた。
ただ、Excelファイルの互換性がなかったのか、起動できなかった。
双方とも、LibreOfficeで作成する必要がありそうだ。
今後の懸案事項である。



Mac Only

1.目的
Windowsソフトを使うより、Macソフトの方が有利なものを選び出す。

2.実績

ScanSnap S510 for Windows(電子書籍化)
1)Macでのスキャンは速く快適だが、OCRテキスト認識ができない。
2)Windows PCも速いし、OCRテキスト認識も付加されるが、テキスト認識に時間がかかる。
3)仮想マシンでは、OCRテキスト認識の速度が遅い。

雑誌の場合
Windows PCを使う必要はない。
雑誌は、画像が多く文字が少ないため、OCRテキスト認識の必要があまりない。
ScanSnap S1500Mに買い替える選択肢もあるが、雑誌だけならMac用ドライバを使う事で十分。
Adobe Acrobat PRO for Macを購入すれば、必要なときにOCRテキスト認識ができる。
また、仮想化マシンにインストールしてあるAdobe Acrobat 9でOCRテキスト認識ができる。
Adobe Acrobat 9 Standardは、2台までインストールできる。(ディスクは2枚所有)

単行本の場合
画像がなく、文字情報だけであり、文字を引用する場合もあるため、OCRテキスト認識は必須。
ページ数が多い場合は、Windows PCにScanSnapを接続すればよい。
ページ数が少ない場合は、Macの仮想マシンで読み込ませればよい。
OCRテキスト認識が必要ない書籍は、Macで直接スキャンする。

結論
雑誌と単行本は、すべてMacでスキャンする事にした。
ドキュメントスキャナーと通常スキャナーは、Macへ接続する事にした。
OCRテキスト認識が必要な場合のみ、Windows PCを使用する。
または、仮想化マシンでOCRテキスト認識させる。


書籍の閲覧
Ehonは、フリーで使いやすい。
フォルダごとインポートすれば、表紙部分がサムネイル表示され、どんな本かすぐわかる。
書籍の表紙はオリジナリティあふれているので、必ず取り込んでいる。
また、リスト表示にすれば、カテゴリー別に表示もできるので、見つけやすい。
ダブルクリックすれば、本が開き内容が確認できる。
拡大・縮小はボタンで操作でき、マウス操作でページを移動できる。
Magic TrackPadがあれば、指を滑らすだけで楽ができる。
Windowsに、Adobe Digital Editionなるものがある。
操作性が違い、一覧表示には向いているが、こちらのほうが断然使いやすい。

書籍のスライドショー
Acrobat Readerで、スライドショーができる。

自動スクロール
<表示ーページ表示ー自動スクロール>
自炊した本を、自動でページがスクロールされるので、雑誌の見出しを大まかに閲覧する場合に便利。
見たい場所で止めるときは、ESCキーを押す。

全画面でスライドショー
<環境設定ーフルクリーンモードー表示ページを切り替える間隔>
を、10秒程度に設定しておくと、
<表示ーフルクリーンモード>
フルクリーンモードに切り替えると、10秒ごとにページが切り替わる。
終了は、ESCキーを押す。

環境ビデオのように、パラパラとめくりながら流しておく事ができる。
今まで使った事がなかったので、こんな便利な機能がある事を知らなかった。
おすすめの機能である。


Webブラウジング
FireFox
SafariよりFireFoxがメイン。
使い慣れているかもしれないが、前回の画面を表示できることと、ピン留めでサイトを固定できることが嬉しい。
Safariは、ラジ録2の使用で常時使用しているためでもある。

また、WebクリップはEvernoteを使用しているので、Safariからクリップするよりも、FireFoxのアドオンの方が速くて、狙いどうりのスナップが取れると感じている。

Google Chrome
Gmailをメインに使っていて、機能を増やしたい人は、Google Chromeがオススメ。

Evernote クリッパーはもちろんの事、Wunderlistが機能拡張できることを知ったので、インストールしてみました。
ちょっと使うだけで、これはFireFoxの代用になると確信しました。

また、少し使ってみただけですが、使いやすいです。
機能拡張できるアプリも多いようですし、メインのブラウザーとして運用できそうです。

WebのIDとパスワードをどこまで記憶してくれるかがカギで、これは使ってみないとわかりません。
当面は、FireFoxとの併用になるかと思います。

今、ToDo管理の試行錯誤をしており、Wunderklistがブラウザー内のタブで管理できれば、他のToDoソフトを買わないで運用できるかもしれません。

とにかく、今日からChromeを使います。
Windowsでの使用感も気になりますし、もっと感動が見つかるかもしれません。


仮想画面
Windowsでは使ったことはないが、勝手に画面がスクロールしてくれるのは、使いやすい。
また、Magic TrackPadを持っていることが前提で、スパッ、スパッと画面が切り替わる爽快感は、Windowsでは味わえないだろう。
「このソフト、じゃま!」と言いながら、右手を払うジェスチャーは、心をそのまま表しているようだ。

結論
[その1]
Macは、バックグラウンドで何か処理しながらメインソフトを動かす。
初心者の事を考え、何でもできるんだぞ、というコンセプトなのだろう。
Windowsは、メインオンリーの処理が多い。
その仕事に集中しなさい、というソフトが多すぎる。
未だにマルチタスクという考え方が薄いのだろう。

MacはAppleが管理しているので、ソフトの連携はうまい。
Windowsは、サードパーティーだらけで、ソフトの連携を全く考えていない。
データだけ使い回ししているように思えるのが、今の感想だ。

iPhoneやiPadは、ほかのアプリを使えるよう、アプリ内でデータを引き渡す場面が多い。



Backup管理

1.目的
Macから、Windowsから作成中ファイルのバックアップ、永久保管ファイルのバックアップ、システムのバックアップ等を最適化する。

2.実践

作成中ファイル

Yahoo!ボックス
Yahoo!ボックスは、Yahoo!オークションなどで、ユーザーとなれば50GBが与えられる。
無料でも5GBで、ブラウザー経由ならWindows、Macのマシンの差はない。

作成中のドキュメント類、データ類をバックアップするのに最適。
アクセス中にもたつく事もなく、動作は軽い。
Macの書類の中身を、作成時期別のフォルダを作りデータを放り込む。
古くなったフォルダは、削除すればよい。
現在、50GBの容量を持っているため、臆せず放り込める。
ファイルの閲覧はできないが、バックアップとしては良好。

写真は、iPhone・iPadから直接閲覧できるので、まとめて置いておく事ができる。




Mac システム改善

1.目的
Macのシステム改善をメインに行う。

2.設定

3.実績

入力方式

ATOK 2012 for Mac
ATOKをインストールしてみた。

Mac標準のことえりでは、デリートキーや矢印キーを連続で押すと、カーソルがとんでもない場所に移動してしまう。
文書の入力中にこのパターンに陥ってしまうと、せっかく入力した文章が途中で書き換えられてしまう。
ほんとに、困ったちゃんだった。

ATOKをインストールしてからは、こういう変な挙動の動作がしなくなったため、正解だったと思う。
速攻で、ATOK 2012を注文しました。

入力システムというありふれたソフトなので、ワクワクするような感じはないのですが、これで不満が解消できれば満足するでしょう。






読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について