目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

33 / 53ページ

NASで問題

1.目的
MacとWindowsから、読み書きかできること。


2.実績
Century NAS BOXを購入したとき、Windows7で設定し、大量のファイルをNASへ保管した。
このとき、MacはOSがSnow Leopardだったので、Macから読み書き可能だった。

OSをLionにアップグレードした後、MacからNASのフォルダに入れなくなった。
事前情報を知らなかったので、あれやこれやの方法でアクセス可能を考えては試行錯誤した。
当時、ネット検索を欠けても解決法がなく、ネットワークアクセス方法がAppleによって変更されたことを知らなかった。

解決策その1
Macをデュアルブートにして、Snow Leopardもインストールしておく。
Snow Leopardなら、NASへのアクセスは問題ない。
実際は、外付けHDDをUSBでつなぎ、Snow Leopardをインストールした。
しかし、再起動するのは面倒すぎる。

解決策その2
余っていたUSBのHDDケースと、バッファローのルーターを使って、簡易NASが使えることに気がついた。
1TBのHDDをケースにいれ、Windowsから設定。
その結果、WindowsとMacから読み書きできた。
その後、本家NASのHDDを外し、容量を2TBまであげた。

メリットとして、LogitecのHDDケースには電源の自動ON/OFF機能がついていたこと。
このおかげで、ON/OFFの面倒さがなくなり、音楽データがいつでも聞けるようになった。

簡易NASには、
iTunesとSongbirdとQuicktimeから聴けるように、CD音楽や録音したラジコデータがある。
また、自炊した200冊を超える本や雑誌も、E-honアプリケーションで読み放題。
DVDから読み込んだ動画も入れた。
本家NASにバックアップするソフトやデータ類も保存できる。
おまけに使わない時は、勝手に電源が切れる。

解決策その3
Mac Lionに対応したNASのHDDを買う。
ちまたにはいろいろ売られているが、今は不自由していない。

解決策その4
仮想化サーバーや仮想化クライアントを使用する事により、手間は増えるが確実にNASへアクセスできる事がわかった。
現時点では、ほぼWindows PCを使用しなくてもできる事がわかったので、Mac主導に移行できる。
ただ、NASのバックアップからみると、マシンの負荷を無くす目的で、Windows PCを稼働しておくという選択肢がある。




MacからWindowsへ

1.目的
Mac LionからWindows7の共有フォルダにアクセスしたい。

2.設定
Windowsのワークグループ名を、Mac側にも同じワークグループ名で設定する。
(システム環境設定ーネットワークー詳細ーWINSーワークグループ)
Macのファイル共用を設定する。
(システム環境設定ー共用ーファイル共用)
MacにWindowsユーザー名を登録する。
(システム環境設定ーユーザーとグループ)
Windowsの特定フォルダを共用設定する。

3.実績
MacのLionに表示されるWindows7のコンピューター名をクリックしてもアクセスがはじかれる。
MacのSnow Leopardでは、Windowsにアクセスできた。
しかたないので、Macの「サーバー接続」を使った。
WindowsのIPアドレスを調べて、「smb://192.168.1.5」と入力。
これでアクセス可能になったが、釈然としない。
やっぱり、Windowsのコンピュータ名からアクセスしたい。



USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入

1.目的
LAN、NASで転送するファイルのコピー速度を速くする。
Windowsのみで運用していたNASを廃止し、Macでバックアップの運用をする。

2.設定
RATOKの3.5インチHDDケース(RS-EC32-U3R)をAmazonにて7046円で購入。
内蔵する3.5インチHDDは、Seagate 3.5inch 3.0TB ST3000DM001/NをAmazonにて9780円で購入(2台)。

RATOKの3.5インチHDDケース(RS-EC32-U3R)は、WindowsとMacの両対応でRAIDが使える機種。
通常のSINGLEモードでは6TB迄使えるが、ここは将来の故障も考えてRAID1(ミラーリング)で組むことにした。
上限は、3TB迄となる。
RAID1への変更は、本体後ろのボタン設定で行う。
いきなり設定するのは難しく、マニュアルを読まなければRAID1への変更はできない。
また、RATOK(RS-EC32-U3R)はUSB3.0で接続できるのため、ファイル移動の時間短縮が望める。

3.実践
Macのディスクユーティリティで、Mac OS拡張(ジャーナリング)を使いHDDをフォーマットする。
付属のドライバーが付いていたが、RATOKのサイトで「RAID監視マネージャー for Mac」をダウンロードした。

ファイルをWindows専用のNASからいきなりMacにつなげてRATOK(RS-EC32-U3R)に転送することは出来ないので、まずはWindows機を起動して、NASから外付けHDDへ転送した。
次に、Macを起動して外付けHDDからRATOK(RS-EC32-U3R)に転送した。
所用時間は丸2日かかった。
NASから外付けHDDへ転送するのに1.5日かかった計算になる。
これだから、NASは・・・使いづらいと思うのである。
外付けHDDからNASへの転送は、USB2.0経由であったが半日で完了した。

あとは、HDD1の転送されたファイルをHDD2へリビルドするため、5時間ほどかかる模様。
ディスク容量は、2.7TBあった。

これで、USB3.0の恩恵を受けられるようになる?
Windowsの場合は、「RATOC Fast USB」が使えるそうなのでさらに速いのか?



USB 3.0 ポータブルHDDを購入

1.目的
LANでファイルを転送するより、USB3.0で転送する方が速いので導入した。

2.設定
Ma mini、 MacBook Air、 MacBook ProがUSB3.0を装備しているので、これように購入した。
Mac miniには、USB3.0ハブを中継し、使い勝手をよくした。
・Lacie 2.5インチ ポータブルハードディスク rikikiシリーズ USB3.0/2.0 1TB LCH-RK1TU3
・WD My Passport for Mac 2TB (Mac用 TimeMachine対応 / USB3.0接続) WDBKKF0020BSL-JESN

3.実績
LANだと2日かかるファイルの移動が、4時間で完了した。



Windows 2000 (VMware Fusion 4)

1.目的
過去に使ったWindowsのソフトを再利用する。.
過去のWindowsデータを有効利用する。

2.設定
VMware Fusion 4 に、Windows 2000 Professionalをインストールする。
HDDを8GBに設定。
メモリを256MB → 512MBに変更。
ネットワークアダプタ2を追加し、物理ネットワークに直接接続する。
共有をオンにする。

Windows 2000 のインストールは、短時間で完了。
しかし、画面解像度が16色から変更できない。
VMware Tools もインストールできないので、画面も1280X768に拡大できない。

ネットを調べてみると、パッチが必要のこと。
Windows 2000 用セキュリティ問題の修正プログラム (KB835732)
以上のパッチを探して、インストールする。

Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) も、インストールする。
IE6も、インストール。

仮想マシンのハードウェア設定で、共有フォルダにDropboxのフォルダを追加する。

3.実績
過去のデータを再利用するため、以下のソフトをインストールした。

InfoStudio(旧名:超仕事人) ー シェアウェア
テキスト形式で保存し、時系列やGREP検索で管理できる情報管理ツール。

標準の保存場所は"C:¥bun" であるが、仮想ディスク内での利用では有効活用できない。
ワークシートの保管場所を、Dropboxのdata¥InfoStudioフォルダに変更し、直接参照できるようにした。

ネット情報をテキストファイルに保存してあるので、いつでも再利用できる。
忘れてしまった情報を、思い出すことが出来る。
Macのソフトへの流し込みや新たなデータベースの作成が出来るかもしれない。


IdeaTree ー シェアウェア
独自形式での保存、アウトラインプロセッサによる情報管理ツール。

"設定ーファイルー前回ファイル"を記憶のチェックを入れておけば、標準保管場所の設定は必要ない。

InfoStudioと同じような利用方法になると思う。
ただ、Windowsは今後も使うので、Macソフトへの全面移行は極力さけたい。


eMemoPad ー フリーウェア
独自形式での保存、アウトラインプロセッサによる情報管理ツール。

デフォルトのデータ保存フォルダを、Dropboxのdata¥eMemoPadフォルダに変更したいが、設定の保存ができない。
全般タブの「作業フォルダごとの設定を有効にする」のチェックをオンにした。
バックアップタブの「バックアップを作成する」のチェックを外した。
これで起動時のファイルを開くで、eMemoPadフォルダにアクセスできるようになった。

過去のデータが参照できるようになった。
当時は、書籍の情報を手入力でシコシコと入力するしかなかった。
現在のように、PDFで取り込みながらコピーしてデータを流し込むことが出来なかった。
データとして、「東洋医学の知恵」などの貴重な資料がある。

NanaTerry ー フリーウェア
独自形式での保存、アウトラインプロセッサによる情報管理ツール。

NanaTreeの派生版。
NanaTreeの開発が終了したので、新たに立ち上げられた。





読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について