目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

26 / 53ページ

ScanSnap iX500 を購入

1.目的
ScanSnap S510をある団体に寄贈するため、新機種のScanSnap iX500を購入する。

2.設定
机まわりをレイアウト替えしたため、パソコン机の置き場所も一新した。
従来はサイド机においていたのだが、メインデスクの上の段に移動した。
スキャンする場合、腰を上げないと出来ないが、そう頻繁にすることもないのでよしとする。
設定は簡単に終わったが、iPhoneでのじかスキャンがうまくいかない。
MacBook Airで設定したときはうまくいった。
しかし、日をあらためてスキャンをしようとすると、ScanSnapが認識されない。
いろいろ試してみたが、うまくいかないので、iPadへの転送は別の方法で行うようにした。

3.実績
スキャン時間が短縮出来るようになった。
紙詰まりもなく、スムーズだ。
AmazonでPLUSの裁断機PK-513Lも購入したので、手作業で本をばらすこともなくなり、楽になった。
iPadへスキャンした紙は、MacのDorpboxへ放り込み、iPadでDropboxを開き、GoodReaderで読み込む。
これが一番スムーズである。
アプリしだいでは、直接iPadへ転送できる物もあると思うので、そのへんは要チェックである。

Macで一番懸念していた検索可能なPDFに変換できる機能も、ABBYY Scanが付いてくるので5万円もするAcrobat PRO for Macを買わなくてよかった。
今回の機種は、MacとWindowsが両方インストールできるため、お得感がある。
以前は各OS用に機種が違ったため、今回は導入しやすいと思う。



ToDoソフトの使い分け(まとめ)

1.目的
MacのソフトとiPad・iPhoneのアプリでToDo管理の使い分けをはっきりさせる。
MacとiPadとiPhoneでそれぞれ連携して管理できるアプリ、ソフトをそれぞれの用途に分類し使い分ける。

2.設定
MacとiPadとiPhoneでそれぞれ連携して管理できるアプリ、ソフトの使い分けは、
ToDo・・・日々の行動を管理する。
OminiFocus・・・プロジェクトと予定を管理する。
Things・・・アイデアと備忘録を管理する。

それぞれクラウドでどの機種も同期できるので、管理しやすい。
個人的にアプリ、ソフトはこの3つに決めたが、手持ちソフトの中で管理すれば、これらに限らなくてよい。

3.実績

ToDo
毎日のやるべきこと、特に今日すべきことを記入する。
今日すべきことを思い出したら、追記しておく。
人間はすぐ思いついたことを次の行動で忘れてしまうので、忘れないためにも備忘録として書いておく。
MacとiPadとiPhoneのすぐ入力できる機器をその場で使いこなし、記録と管理しておく。
終わった事項はその場でチェックしなくても、もうその事項は終わっているので、後日かその日のうちに完了チェックしておけばよい。

OminiFocus
プロジェクト、やるべき大まかな仕事と総称してやるべきことを書いておき、細かな具体的な事項を記入していく。
やるべき項目が増えていくので、プロジェクトに下にどんどん追記していく。
完了のチェックをすることが目的ではないので、たまに見返したときチェックすればよい。

Things
思いついたアイデア、まだ煮詰まっていないやるべきこと、それらをどんどん追加しておく。
また、決して忘れてはいけない心構えを書いておく。
書いておけば、また見たときに思い出す効果がある。





Apple Cinema HD Display (23インチ)

Apple Cinema HD Display (23インチフラットパネルモデル) の中古品を購入

最近はやりのぎらつくようなディスプレイではない。
目に優しく、しっとりとした感じのディスプレイだ。

ここ1ヶ月ほど使ってみたが、目が疲れないような気がする。
いつも、夜中や朝方にディスプレイを見ているが、特に目が疲れるようなことはなく、自然な感じ。
中古で2万数千円ぐらいだった。
この買い物は正解だったようだ。

1920X1200サイズの縦長も、Macに合っていて充分すぎる。
iMacをいつも視野に入れていたのだが、このディスプレイを買ってからMac miniで満足できるようになった。




所有機器

1.Sycom ミドルタワー Pentium 4 3.0GHz
HDD 500GB /メモリー2GB
OS Windows XP Professional
OS Windows Vista Ultimate

2.DOSPARA Galleria JD ミニタワー Intel Core Duo 3.0GHz
HDD 1TB /メモリー4GB
OS Windows 7 Professional

3.周辺機器
モニター
BenQ 24インチ ・・・メイン(Mac+Windows)
I.O DATA 19インチ ・・・サブ(Windows+Towns)
DELL 19インチ ・・・休止中
三菱 15インチ ・・・休止中

パソコン自動切替器
ラトック REX-230UDA
サンワサプライ SW-KVM4LU

HDD
Logitecケース+2TB(USB)・・・Buffaloルーターとの接続で簡易NAS化
CENTURYケース+2TB+1TB(NAS)
CENTURYケース+1TB+500GB(USB)
I.O DATA 320GB(USB)

プリンター
ネットワークHub名人 CNUH4P(USBプリンター切替器)
Canon レーザープリンター LBP3300(USB)
Canon インクジェットプリンター iP4500(USB)

ドキュメントスキャナー
Fujitsu ScanSnap S510(USB)

スキャナー
Canon LiDE60(USB)


Windowsの主なソフト

OSは、Windows 7 Professional、XP modeを使いたいために購入。
しかし、XP modeは全く使用せず。
Windowsは、Windows 3.0 Multimediaから、Windows 8 Consumer Preview版まで。
途中、WindowsMeとVistaは未使用。
数々のオンラインソフトを試行してみるため、1年に一回はHDDをフォーマットする。

Office2007
仕事に使用しない。
WordとExcelも入力はほとんど行わない。
データを流し込むときとデータをクラウドで流用するときだけに使う。
Outlookは、PDA時代に母艦のソフトとして使っていたが、メールをGoogleで一括管理したため、使わなくなった。
その時代のメールは、秀丸メール(鶴亀メール)を使用。

一太郎2012 承
一番使用頻度は高いのだが、直接書くことはしない。
エディタから文章を、コピーペーストした後、文章を整形するだけ。
あとは、印刷のみ。

花子2012
昔は、Windows Drawというソフトを使っていたので、いざというとき使えそう。

JUST PDF2
一太郎文書をPDFに変換するとき、必須のソフト。
これも使用頻度の高いソフト。

Adobe Acrobat 9
本や雑誌をPDF(自炊する)にするとき、必要なソフト。

ScanSnap Manager (S510)
人生で一番重要な気功の本を、PDAに取り込み、いつでも見られるようにしたいため、ScanSnap S510を買った。
その後、iPhoneを購入しPDFに目覚め、iPadの発表を皮切りに長年たまった本や雑誌をすべてPDFにしようと決心した。
かなり悩んだが、大事な本を切り裂いたら、一気にPDF化の道が見えてきた。
これが、iPad発売の4ヶ前である。

初期の本は、取り込み解像度がノーマルなのでくっきりしない。
これは解像度をあげるとよいが、ファイル容量が増加する。
それから何でも取り込むようになり、中学時代の年賀状も取り込み、やっと処分できた。
過去の思い出が再発見できるので、処分はともかく、オススメである。

アイデアツリー
誰でもしているインターネット情報の印刷をやめる。
最初は、ブラウザーで保存したが、あとで参照しないことが多すぎて、文字情報だけをテキストファイルで保存した。
そのとき使用したソフトが、「超仕事人」だった。
検索は便利だが、リアルタイムさに欠けるため、のちにアウトラインプロセッサを試してみた。
かなり使いやすく、参照したい文字データもすぐに見つかる。
写真や図は貼付けできないのだが、コピーペーストしておけば覚えなくてよい。
シェアーウェアのパスワードやサイトのIDとパスワード管理で重宝した。

秀丸エディタ
Windows3.1時代から使っている老舗のソフト。
一時期浮気もしたが、いまだに使っている。
ワードや一太郎のデータは将来読めなくなるが、テキストファイルは「永遠に不滅です」

Launch USB Server
USBプリンター2台をLANへ切り替えるソフト。(ハードが必要)
Windows7に対応していないので使用をやめたが、昨年のアップデートで復活。

1Password
iPhoneやiPadではおなじみのソフト。
Windows版の出現やDropbox対応で、いっきに主役へ。
Firefoxとの連携では、手放せない存在。

TeraCopy
NASやHDDへファイルをコピーするとき超便利。
転送速度も速い。
NAS問題のさなか、使うようになった。

WinRAR
圧縮解凍ソフトは様々なものを使ってきたが、現時点はこれが便利。
スキャンしたマンガをZIP圧縮するときに使用。

Radika
インターネットラジオradikoを視聴・録音ができるソフト。
予約録音ができるのでずっと使用してきたが、夜中の録音はパソコンがうるさいため、今はファンの音がしないMac miniで、ラジ録2を使って録音。
主に、古い洋楽とかも聞ける「くり万太郎のオールナイトニッポンR」を録音。

MediaMonkey
iTunesと同じタイプの音楽プレイヤー。
今は未使用。

Songbird
録音したradikoデータを聞くための音楽プレイヤー。
今は、Mac版のSongbirdを使用。
mp3データをNASに入れると、ライブラリが自動で更新されるため、今も手放せない。

iTunes
NASへ保存したCDの楽曲中心に使っていたが、現在WindowsのiTunesは未使用。
今はMacのiTunesで聞いている。

TMIDI Player
パソコン通信時代、ニフティ・サーブのフォーラムからダウンロードしたMIDIを聞くためのMIDIプレイヤー。
このフォーラムでは、著作権のある音楽をアップロードすることが許されていた。
アニメからクラシック、自作曲まで、様々な曲をダウンロードできた。
このソフトには、カラオケのように画像や歌詞表示できる機能がある。
Macには同様のソフトがまだ無いため、今も手放せない。

GOM PLAYER
動画専門のプレイヤーソフト。

Mozilla Firefox
タブ形式を採用していたので、2年前から使いだした。
ブックマークをMacとWindowsで同期できる、アドオンの「xmarks」が便利。
1passwordとEvernoteのアドオンが使えるため、第一線で活躍。

Sleipnir
IE、Lunascape、Sleipnirの順に使い続けてきた。
IEと同じように表示され、レイアウトの崩れが少ないので、サイトを見るとき使い分けている。

Evernote
気になるサイトはすべて保管。

Dropbox
WindowsとMacの共通データを保管。
特に、iPhoneからテキストファイルを保存する専用の場所になっている。

SugarSync
ドキュメントデータの専用保存場所。

VMware Workstation 8
Windows2000時代から使い続けている仮想化ソフト。
古いOSを起動してみたものの、用途はほとんどなかった。
ほとんど、使わなくなったソフトを入れるだけ。

見直されたのは、ロト6やナンバーズのソフトに熱中したときから。
宝くじ解析専用になってしまった。
また、試験的にソフトをインストールするときは使用した。

Mac版のVMware Fusionはフル活用している。

うんづ
富士通パソコンFM-TOWNSのエミュレーター。
お嫁に出したFM-TOWNSを出戻りさせるきっかけをつくったソフト。

お気に入りだったのに、捨ててしまったCD+Gをもう一度聞きたい。
ずっと気になっていた「ON THE CUTTING EDGE」を探し出し、輸入業者から新品を購入してしまった。
今は、実機のFM-TOWNSで見ている。
CD+Gとは、絵が出るカラオケCDのこと。



読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について