目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

48 / 53ページ

iPad mini WiFi 64GB を購入

1.目的
電子書籍を気軽に電車内で読むために導入。

2.設定
電子書籍
スケジュール
ToDo
ゲーム

3.実績
iPad 9.7インチに比べて、バッテリーの減りが早いので頻繁に充電しなければいけない。
アルミのユニボディでは冬場は冷たいので、ブックシェルフタイプのカバーを買った。

電子書籍を読みながらメモを取る動作が軽快で、1冊の書籍を短時間で読んでしまった。
書籍は、Kindleアプリから購入し、Kindle様々であることに感謝する。
Amazonが電子書籍を日本で立ち上げたことによる功績は高いと予測する。

単行本を読むのには、iPad miniが最適である。
iPhoneでは小さすぎるし、iPad 9.7インチでは重すぎる。

ScanSnapからのスキャンデータもiPad miniでは、読んでみたくなる。

用途は、
iPad mini・・・個人使用に限る
iPad 9.7インチ・・・他人にプレゼンテーションするとき



ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入


電子書籍を入れるのは?

iPadへの振り分け

Padに128GBモデルが発売されたが、今持っているiPadで運用する。
今まで自炊した本の容量は、76GBであるから2台に振り分けする。

IPad 10インチ
雑誌系の本を入れる。
紙面がB5以上であるから。

iPad mini 7インチ
単行本系の本を入れる。



iPadでの文字入力

iPadでの文字入力

DayOne
iPad miniに対応していない。
画面のスクロールに制限があり、キーボードが邪魔をして長文が打ち込めない。

長文入力
キーボードが大きいので、iPadの方で決まり。
電車の中では片手で持つことが多いため、iPad miniの方が有利だと思う。
ましてや軽いし。
だから、IPad miniは閲覧専用にした方が良さそうだ。


iPadでの本の読み方

肘をついて本を読む

iPadを少し立てて読みやすい場所におく。
iPadの下に3センチほどの高さの物を置くとよい。
iPadの面が傾斜している方が読みやすいようである。

また、机の高さが少し低いようなので、机に肘をつくと体に負担がかかる。
肘の高さを調整するために、単行本2冊を置いて肘をついた方がよい。

机の高さ調整の為に台になるものを探してきたが、良い物は見つからなかった。
厚さ3センチの木の板が良いのだが、自作して作るしかない。
横幅85センチ×縦32センチ×厚さ3センチの板なんてない。
そこで、畳屋に電話して同じ大きさの物を作ってもらうことにした。
オーダーメイドで1万円くらいかかるそうだ。

厚さ3センチの木のチップを固めた物を切り出し、い草で畳に仕上げるという。
なんか良さそうなので注文することにした。
1週間以上かかるらしいので、気長に待つことにする。

畳を買う前にダイソーで板を買った。
400×300×6mmの板を10枚机の上に敷き詰め、机を30mm高くした。
首尾は上々、手高さは前よりは良くなり、入力のしやすさも向上した。
しかし、まだカラダは前のめりになるのであと30mm高い方がよさそう。
あとは、畳が来るのを待つだけである。






読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について