目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

22 / 53ページ

Mac mini Late 2012 を購入

1,目的
新しいMac miniを買ったので、こちらに作業を移行する。

2.設定
Mac mini  127,100円

2.6GHzクアッドコアIntel Core i7

16GB 1,600MHz DDR3 SDRAM - 2x8GB

1TB Fusion Drive


買った理由は、

クアッドコアにしたかった。

メモリーが16GB必要だった。

HDDはSSDを有効活用したい。

以上から、今回の購入に踏み切った。

以前から狙っていた構成だ。


Fusion DriveもメインはSSDを使用し、使わないファイルはSATAのHDDに保存される。

ドライブも2ドライブ表示されるのではなく、1ドライブのみの表示になっている。

だから、大容量のHDDを使った理想的な運用が出来る。

Appleさん、えらい。


Fusion Driveとは、2ドライブを1ドライブのように使える機能。

ハードウェアで操作しているのではなく、ソフトウェア操作らしい。

だから、旧Macでも使えるのではないかと思う。

ただ、Appleが仕様を公開していないので、現在のところ使えない。

OS Xでは、サポートしていると思われるが、設定方法がわからない。

しかし、サードパーティーが今後参入する可能性はある。




3.実績

旧Mac miniのTime Mashineを使わず、新規に構築を行い、以前の環境を約1日で復旧した。


1日中つけっぱなしで、音楽を流している。

TBSのOTTAVA(クラシック番組)が今のところお気に入り。







旧Mac miniの運用

1.目的
新しいMac miniを買ったので、旧Mac miniを有効活用する。

2,設定
OS Xサーバーにしようと、Mountain Lion Serverを1700円でApp Storeから買った。
Serverをインストールして、設定を試行錯誤でやってみたが、Mac miniが起動しなくなった。
起動時に、設定したユーザーが蹴られてしまうようだ。
しかたがないのでSSDをフォーマットして、Mountain Lionを再インストールした。

OS Xサーバは個人的に嫌われているようなので、止めにした。
所持しているブレスレットを付け替え再度考えてみたら、音楽サーバーとファイルサーバーの代替えが出来ることを思いつき、これに決めた。

3.実績
内蔵HDDの設定を128GBのSSDに転送し、久しぶりに旧Mountain Lionの環境に戻った。
復旧作業と新規ファイルの転送とソフトの設定など、まる2日かかって使いこなせそうなシステムに回復できた。
NASのファイルをSATAのHDDのコピーするのに時間がかかり、主に寝る前にコピーしながら、朝方起きたときに再設定するという作業を繰り返した。

CDからエンコードしたMP3とラジコのデータをHDDの保管し、iTunesとSongbirdに登録する作業に時間がかかった。
自炊した書籍のデータは、新Mac miniでの運用にしたので、メイン作業は新Mac miniになる。
旧Mac miniは、音楽専用のマシンとなった。
それでもHDDの空き容量はまだまだあるので、使わないアプリをインストールする予定だ。





Pocket WiFi LTE を導入

1.目的
MacBook Airを外へ持ち出すとき、WirelessGateが繋がる場所しか持って行けない。
どこでも使えるように、Pocket WiFiを導入する。

2.設定
EMOBILEのPocket WiFi LTEに決めた。
元々屋内で使う場合が多く、UMAXでは屋内に弱いと聞く。
2年契約で、月々3880円。
以前は、iPad初代購入前に契約したことがあるが、5400円ほどしたので、途中で解約した。
今回は、元が取れると思う。
また、iPhone5でデザリング解禁になったが、Pocket WiFi LTEのほうが速いと思われる。

3.実績
MacBook Air (Apple)
ZENBOOK (ASUS)
iPad 4th WiFi 64GB (Apple)
iPad mini WiFi 64GB (Apple)
nexus7 16GB (ASUS)
一気に5台も増えたので、無線ルータをPocket WiFi LTEにして正解だった。
2012年12月30日時点。

地元での持ち出しは、MacBook AirとiPad mini WiFi 64GBとnexus7 16GBである。
nexus7については、セミナーを開くことになっており、そのために偶然購入した物。
まだ使いこなすまでにはいかない。
iPad miniで充分用が足りる。

都心に出る場合は、iPad mini WiFi 64GBとnexus7 16GBを携帯するようにした。
スケジュール確認とToDo処理が主役だが、地図検索も役に立つ。




MacBook Pro 13インチ Retina を購入

1.目的
MacBook Proをサブマシンとして使うのではなく、メインマシンの2台目とする。
使用目的をMac miniと完全に分離する。

2.設定
Mac miniには全てのソフトをインストールするが、MacBook Proにはソフトのインストールを限定する。
机の配置がL型なので、正面にMac mini、サイドにMacBook Proを配置した。
こうすると同時に使えるため重宝する。
通常使用は無線LANでの使用になるが、ネットからのダウンロードやアップデートに時間がかかるので、有線LAN使用にした。
Thunderbolt-Ethernetアダプターが標準で付属していたため、追加購入する必要なし。

3.実績
ちょこっと調べ物とか、音楽をタイムリーにならすのには最適である。
ふたを開いて数秒で使えることが、一番の長所かもしれない。
使い方としては、メインのMac miniと同等のことを処理させている。
バックアップや共有ファイルの保管はMac miniにて運用しているが、通常使用はこちらで充分である。
ムダな買い物だと最初は思っていたが、机まわりのレイアウト替えで活かされるようになった。
MacBook Airの出番が少なくなったのは、少し残念に思う。



ScanSnap iX500 を購入

1.目的
ScanSnap S510をある団体に寄贈するため、新機種のScanSnap iX500を購入する。

2.設定
机まわりをレイアウト替えしたため、パソコン机の置き場所も一新した。
従来はサイド机においていたのだが、メインデスクの上の段に移動した。
スキャンする場合、腰を上げないと出来ないが、そう頻繁にすることもないのでよしとする。
設定は簡単に終わったが、iPhoneでのじかスキャンがうまくいかない。
MacBook Airで設定したときはうまくいった。
しかし、日をあらためてスキャンをしようとすると、ScanSnapが認識されない。
いろいろ試してみたが、うまくいかないので、iPadへの転送は別の方法で行うようにした。

3.実績
スキャン時間が短縮出来るようになった。
紙詰まりもなく、スムーズだ。
AmazonでPLUSの裁断機PK-513Lも購入したので、手作業で本をばらすこともなくなり、楽になった。
iPadへスキャンした紙は、MacのDorpboxへ放り込み、iPadでDropboxを開き、GoodReaderで読み込む。
これが一番スムーズである。
アプリしだいでは、直接iPadへ転送できる物もあると思うので、そのへんは要チェックである。

Macで一番懸念していた検索可能なPDFに変換できる機能も、ABBYY Scanが付いてくるので5万円もするAcrobat PRO for Macを買わなくてよかった。
今回の機種は、MacとWindowsが両方インストールできるため、お得感がある。
以前は各OS用に機種が違ったため、今回は導入しやすいと思う。




読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について