目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

19 / 53ページ

AirとiPad2の携帯

1,MacBook AirとiPad2の持ち運びを考える
どちらも外観はアルミ製であるから、キズ防止を目的とする。

2,カバンはビジネス用、インナーカバーは実用性を考える
カバンは、特に買わずに手持ちのものを使用する。
インナーカバーは安く手に入れる。

3,実績
インナーカバーは、「ダイソー」の105円に決定。
ファスナーは使いづらいので、ハサミでちょん切る。
入り口はオープンなので、出し入れ良好




ScanSnap S510 紙送りの改善

1,目的
ScanSnapも長年使っていると、紙を送れなくなる。
枚数が多い場合、紙の質が違うとフィーダーが途中で止まる。
これの改善を目指す。


2,使用するもの
コーヒーの空き缶を使う。


3.実績
ローラードラムの使用回数が8000回転(交換期間は10000回転)を超えると、ローラーに紙が食い込まずローラーが空転してしまう。
紙の質により、紙が送れなく不具合が多々出るようになってしまった。

そういうときは、紙をScanSnapにそのまま差し込まず、紙の束を45度起こして差し込むとスムーズに読み込んでくれるときがある。
こういうとき、紙の束とScanSnapの間に空のコーヒー缶を置くと、紙が30度から45度ほど少し起き上がる。
紙が起き上がれば、ローラーに順次、紙が食いついていくようになる。
そうなるとローラーの空転がおさえられるようだ。

コーヒー缶は、蓋付きのPOKKAのaromaxを使った。
これはホッチキスの針入れに使用しているもの。
針のカスが入っているので、少し重たい。
この重さがよいようである。

これを紙の後ろに差し込むと、コーヒー缶は回転して、紙は毎回ローラーの方向に吸い込まれていく。
紙の質によっても効果は変わるが、おおむね良好である。
付属品のローラーを購入する予定ではあるが、それまでScanSnapの品質を維持できることは大変喜ばしいことだ。

また、ローラーの表面に紙の細かいカスがへばり付くので、アルコールで擦らず軽く拭く作業も実施している。
これは、ローラの摩耗による食いつき不良と、表面がツルツルになる現象を押さえるためでもある。




MacBook Air SSD 512GB を購入

1.目的
Apple純正 Samsung 512GB SSD for MacBook Air Mid 2012 購入
SSDが64GBでデータの転送と保存が出来なかったので、交換用SSDを購入した。
256GBでよかったのだが、ネットで売り切れてしまっていたために、512GBを購入した。
これに一からソフトを入れて築き上げていく。

2.設定
Vintage Computer Inc. 59,800円
注文から3日で届いた。
おそらく香港からの発送。

サイトでは、Lion Recovery Disk Assistant をAppleからダウンロードして、OSをインストールしろと書かれてある。
さっそくリンクから落とし、インストール。
OSは、USBメモリに保存してもよかったのだが、USB外付けHDDを選んだ。
しかし、これは失敗だった。

専用の精密ドライバーが2本付属していたので、簡単に裏蓋を外せる。(ネジ10本)
SSDは1本のネジで留めてある。
外せば、基板はすぐ抜けて簡単。
後は、ドライバーでネジを締めながら裏蓋を元に戻す。

そして、USB外付けHDDを接続して、optionキーを押しながら起動。
ここで復元用のディスクが選べるのだが、肝心のパーティションを切ったディスクが選べない。
USB外付けHDDを1パーティションにするか、USBメモリーを初期化して保存すれば使えたらしい。
しかし、インターネット復元ができるようなので、ダウンロードする時間はかかったが、OSはインストールできた。

3.実践

Time Machineで復元すれば、時間はそうかからない。
しかし、ここは一からインストールと設定をしていくことにした。

約1日かけて元の状態に戻し、データ類も転送した。
使用領域は344/499GBになり、150GBほど空き領域がある。

さらに、今朝届いたWindows 8 ProをWindows 7に上書きアップグレードを施した。
今までは64GBしかなかったのだが、今は512GBもあるので、Windows 7の仮想マシンやWindows XP、Windows 98、Windows 95、Windows 2000の仮想マシンもMacBook Airに移動した。
Linuxもインストールできそうだ。
これで、デスクトップからノートパソコンへの依存度が高まった。
もう、USBメモリを常時装着することもないだろう。
後の懸念は、バッテリーの持ち問題だけになってしまった。
これは解決できないので、不問とする。







Mac mini Late 2012 を購入

1,目的
新しいMac miniを買ったので、こちらに作業を移行する。

2.設定
Mac mini  127,100円

2.6GHzクアッドコアIntel Core i7

16GB 1,600MHz DDR3 SDRAM - 2x8GB

1TB Fusion Drive


買った理由は、

クアッドコアにしたかった。

メモリーが16GB必要だった。

HDDはSSDを有効活用したい。

以上から、今回の購入に踏み切った。

以前から狙っていた構成だ。


Fusion DriveもメインはSSDを使用し、使わないファイルはSATAのHDDに保存される。

ドライブも2ドライブ表示されるのではなく、1ドライブのみの表示になっている。

だから、大容量のHDDを使った理想的な運用が出来る。

Appleさん、えらい。


Fusion Driveとは、2ドライブを1ドライブのように使える機能。

ハードウェアで操作しているのではなく、ソフトウェア操作らしい。

だから、旧Macでも使えるのではないかと思う。

ただ、Appleが仕様を公開していないので、現在のところ使えない。

OS Xでは、サポートしていると思われるが、設定方法がわからない。

しかし、サードパーティーが今後参入する可能性はある。




3.実績

旧Mac miniのTime Mashineを使わず、新規に構築を行い、以前の環境を約1日で復旧した。


1日中つけっぱなしで、音楽を流している。

TBSのOTTAVA(クラシック番組)が今のところお気に入り。







旧Mac miniの運用

1.目的
新しいMac miniを買ったので、旧Mac miniを有効活用する。

2,設定
OS Xサーバーにしようと、Mountain Lion Serverを1700円でApp Storeから買った。
Serverをインストールして、設定を試行錯誤でやってみたが、Mac miniが起動しなくなった。
起動時に、設定したユーザーが蹴られてしまうようだ。
しかたがないのでSSDをフォーマットして、Mountain Lionを再インストールした。

OS Xサーバは個人的に嫌われているようなので、止めにした。
所持しているブレスレットを付け替え再度考えてみたら、音楽サーバーとファイルサーバーの代替えが出来ることを思いつき、これに決めた。

3.実績
内蔵HDDの設定を128GBのSSDに転送し、久しぶりに旧Mountain Lionの環境に戻った。
復旧作業と新規ファイルの転送とソフトの設定など、まる2日かかって使いこなせそうなシステムに回復できた。
NASのファイルをSATAのHDDのコピーするのに時間がかかり、主に寝る前にコピーしながら、朝方起きたときに再設定するという作業を繰り返した。

CDからエンコードしたMP3とラジコのデータをHDDの保管し、iTunesとSongbirdに登録する作業に時間がかかった。
自炊した書籍のデータは、新Mac miniでの運用にしたので、メイン作業は新Mac miniになる。
旧Mac miniは、音楽専用のマシンとなった。
それでもHDDの空き容量はまだまだあるので、使わないアプリをインストールする予定だ。






読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について