目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

15 / 53ページ

Mac mini へ SSD を導入

1.目的
Mac mini Late 2009 にSSDをつなぎ、Mac OSの起動と終了とソフトの高速化を図る。


2.設定
Mac miniに外付けSSDをUSB接続し、高速化。
INTEL SSD 330シリーズ 120GB ・・・8980円で購入
2.5インチHDDケース ・・・1050円で購入

Mac OS 10.8.1 Mountain Lionのディスク化
App StoreでMountain Lionを再ダウンロードする。

インストーラーが自動的に起動しますが、インストーラーは終了。

アプリケーションフォルダーの「OS X Mountain Lion インストール」を右クリックして、「パッケージの内容を表示」をクリック。

「OS X Mountain Lion インストール」→「Contents」→「SharedSupport」→「InstallESD.dmg」まで展開。

「InstallESD.dmg」を右クリックして、「このアプリケーションで開く」→「ディスクユーティリティ」を選ぶ。

「ディスクユーティリティ」が起動し、「InstallESD.dmg」を選んだ状態で、ツールバーにある「ディスクを作成」をクリック。

光学式ドライブにDVD-R DLメディアを挿入し、インストールDVDを作成する。

注意として、DVDの総容量は4.4GBあるので、2層式のDVD-R DLメディアが必要になります。

4.7GBのDVD-Rだと4.3GBぐらいしか書き込みできません。


OS X Mountain Lionのインストール

2.5インチHDDケース(SSD入り)をUSB接続する。

ディスクユーティリティのオプションでパーティションタイプを「GUIDパーティションテーブル」で作成する。

次に、Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマットする。

そして、「システム環境設定」「起動ディスク」パネルでインストールDVDを選んで再起動。



3.導入

起動と終了の確認
起動時間は、27秒になりました。
いままで1分以上かかっていたので、ずいぶん速くなりました。
終了時間は、5秒です。速い!

アプリケーション
起動は1秒以内で起動します。

120GBの容量問題
SSDの容量は少ないため、すべてのアプリケーションとデータを移行できません。
内蔵HDDは1TBありますので、こちらのアプリケーションを利用できないかと考えていたところ、直接起動すれば起動可能でした。
だから、SSDにアプリケーションをインストールする必要はありません。
しかし、ソフトの速度は落ちてしまう可能性が高いので、よく使うソフトはSSDにインストールします。
インストールもCDからではなく、内蔵HDDのアプリケーションをコピーするだけで、SSDに移せます。
これは、予想外でした。
Windows以前のコンピューターはこれができましたが、Windowsではこれができませんでした。
Macは、うまくできていると思います。

Office 2011 for Macは、アプリケーションをコピーしても起動しません。
新規でインストールしなければならないアプリケーションもあるようです。


仮想化マシンの遅延
SSDの容量が100GB残っているので、Windows 7の仮想マシンをSSDに移動した。
最初は、ネットワークが崩れていたので、Windows 7を再起動、そして最適化してくれた。
しかし、レジュームが異様に遅い。
Windowsアプリケーションの動作も変だ。
SSDにコピーしたのに、SATAのHDDより遅いときがある。
しかたがないので、HDDのWindows7に切り替えてしまった。

納得いかないので、ネットで調べるとグラフィック3DをOFFにすると速くなるらしい。
また、仮想ディスクのクリーンアップのボタンが押せる状態になっていたので、押してみた。
仮想ディスク容量が56GBから49GBに減った。

結果は、これだけで速くなった。
仮想ディスクが壊れていたか、再利用領域が邪魔をしていたのかもしれない。
これで、SSD効果が最大限に利用できるようになった。

また、遅い原因としては、ラジオを録音する「ラジ録2」が変換作業でフリーズしたときに限り、仮想マシンの動作が非常に重くなり、アプリケーションの動作もおかしくなることがわかった。
このソフトを強制終了させることによって、動作が機敏になることもわかった。








Mac Book AirとMac miniの共有

Mac Book AirとMac miniの共有

ユーザーの共有化
ユーザーをMac Book AirとMac miniとも、同じユーザー名にする。
システム環境設定を起動する。
「ユーザーとグループ」を開く。
フルネームを「AAAA」とする。(参考)
Apple IDをMac Book AirとMac miniとも、同じIDにする。
Apple IDを「BBBB@me.com」とする。 (参考)
Mac Book AirとMac miniとも再起動する。


共用フォルダ
システム環境設定を起動する。
「共有」を開く。
ファイル共用にチェックを入れる。
共用フォルダに「書類」フォルダを追加する。
オプションのAFPとSMBにチェックを入れ、ユーサーアカウントもチェックを入れる。


画面共有
リモートマネージメントにもチェックを入れておく。
Mac Book Airから、またMac miniからリモート操作ができるようになる。
アクセス許可を次のユーザーのみ「AAAA」を選んでおく。
Mac Book AirとMac miniとも再起動する。


アクセス操作
Finderの「移動」の「サーバーに接続」を開く。
「ブラウズ」で共用したいパソコンを選ぶ。
Mac Book AirならMac miniを選ぶ。
Finderの「共用」にMac miniが現れる。
これで、共用パソコンの操作ができるようになる。



MacBook Airと24インチモニター

MacBook Airと24インチモニター

1.目的

現在、MacBook Airと19インチモニターは、Mini Display PortとVGAケーブルで接続できる。
しかし、メインの位置には24インチモニターがあるので、こちらに表示させたい。


2.設定

24インチモニターには、ディスプレイ切替器でDVI接続してある。
これを取り外すと、Mac mini機とWindows機が常時表示できなくなる。
24インチモニターの背面には、DVIとHDMIとVGAの端子があり、HDMIとVGAが空いている。

DVIとVGAにケーブルを接続すると、DVIしか映らない。
VGAが死んでしまう。
これを解決するには、モニターの設定ボタンを操作しなくてはいけない。
そんな面倒なことはしていられない。


3.実績

HDMIを使ってMacBook Airを接続すると、自然に切り替わって欲しいのでケーブル類を買ってみた。

PLANEX Mini Displayport HDMI変換アダプター PL-MDPHD02
1400円
PLANEX ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル 1m PL-HDMI01-EZ
514円
Amazonで2010円だった。
当日配送ですぐ配達された。

モニターの設定で「HDMI自動切り替え」をオンにして、MacBook Airにケーブルを接続してみた。
自動では切り替わらないようだ。
モニターには、Mac miniの画面が映っているので、自然には切り替わらない。
HDMI優先にはならないようである。

結果

結局、Mac miniを起動しない状態でMacBook Airを接続すると、しっかりモニターのディスプレイにMacBook Airが表示されている

まあ、交互で両画面を24インチモニターで表示させることは少ないと言うことで、これはこれで良しとする。
同時表示は、24インチモニターと19インチモニターを使えばよいので、問題とならない。

ノートパソコン使用時は、デスクトップ機はお休み状態としよう。

今回の買い物も、これまた失敗ではなかったようである。

本当なら、AppleのThunderbolt Displayを買えばいいのではと誰でも思うでしょうが、うちのパソコンデスクには高さ制限で27インチのモニターが収まらない。
且つ、価格が高すぎる。
以上の理由で、はなから買う気はないのである。

しかし、モニター画面は若干黄みがかっている。
DVI接続なら、この問題は出ないと思う。
予算があれば、DVIのディスプレイ切替器(4連)を買う手もある。
今は、Mac miniとWindows機だけであるが、Mac miniの最新機種が出れば買う予定があるので、3台を切り替えるには4連のディスプレイ切替器が必要になる。
また、旧Mac miniとなる現行機種は、VGA接続でも問題ないだろう。
ということで、今は考えないことにする。





Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合

Apple キーボード Wireless

最近、文字入力が勝手に変換されてまともに入力できない
日本語がまともに入力できないのだ。
入力途中で、勝手に変換されてしまう症状が出ていた。
一文字一文字をゆっくり入力すると、正常に入力できるのだ。

そこで、以下を試してみようと考えた。

キーボードの充電式電池をアルカリ電池に替える。
Mac miniには、DVI切替器にWindows機でも使えるように、Windows用のワイヤード  キーボードをつないでいる。
このワイヤード キーボードが、いつも押されている状態になっていないか確認する。
また、スペースキーやエンターキーや漢字キーや英字キーが押されていないか?
さらに、ワイヤード キーボードを外してみる。

自宅に帰る途中でいろいろ考えたが、システム設定を開くと原因がわかった。
それは、ワイヤード キーボードのキー初期設定をしていなかったのが原因だった。
SSDを導入したとき、Apple キーボード Wirelessのキー設定はしたが、ワイヤード キーボードの方は、キー設定をしていなかったのだ。

これで、日本語入力の不具合が解消できた。




AirとiPad2の携帯

1,MacBook AirとiPad2の持ち運びを考える
どちらも外観はアルミ製であるから、キズ防止を目的とする。

2,カバンはビジネス用、インナーカバーは実用性を考える
カバンは、特に買わずに手持ちのものを使用する。
インナーカバーは安く手に入れる。

3,実績
インナーカバーは、「ダイソー」の105円に決定。
ファスナーは使いづらいので、ハサミでちょん切る。
入り口はオープンなので、出し入れ良好





読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について