目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

12 / 53ページ

MacBook Air 運用

1.目的
MacBook Airを使いこなす。

2.設定

MacBokk Airのカバー
カバンに入れても傷つかないように、ダイソーで黄色のカバーを購入。
情報を仕入れたいのなら、青色のカバーが風水では良いが、お金で黄色は出入りがはげいい意味合いがある。
データーの入出力が激しい効果と、活用の多さをねらって、黄色(蛍光色)にした。


3.実績

モニターに表示

Mini DisplayPort to VGA アダプタ ¥1,800
Apple純正 ¥3,400
IOデータのディスプレイを使っていないので、有効利用する。
直接Dsub-15のケーブル接続する方法と、ディスプレイ切替器を使う方法がある。
ディスプレイ端子は既に使っているので、切替器からケーブル接続する方法が良いだろう。
切替器経由だと、切替器の電源が入るか疑問があるが、やってみる価値はある。

後日談)
MacBook AirのUSBからの給電が充分あり、切替器の電源は入りました。

今日は、MniDisplay - VGAアダプターとiTunesカード10000円分。
ヨドバシカメラでは、2枚購入すると2枚目が半額になるセールをしている。
アダプター3400円とiTunesカード7500円の10,900円の買い物となった。

ポータブルHDD

ポータブルHDDは必要ない。
使う用途が見つからないし、もったいない。
だから買わない。
ポータブルHDDケースがあればいい。
中身のHDDのみ用意すれば、用は足りる。

2.5インチHDDケースを所有していた。(ATA用)
あと、ケーブルだけのATA、SATA用USBケーブルもある。
ATAの40GBと20GBを所有。
40GBは、MacBook AirのTime Mashineとして使用。
20GBは、予備として使う。


使い勝手 その1

シンプルに使えるお薦め無料エディター iText Express。
以前はインストールしていたが、使う用途がなかった。
今回は、使いこなせるだろう。
Jedit X Standardとの併用使用となる。

1テキストファイルに何でもいいからどんどん書きこんでいく。
目的別にファイルを作成する必要がない。
テキストファイルに長文と単文を書いていく。
分類するのは、あとで各ファイルにコピーペーストすればよい。

iPadやiPhoneで作ったファイルも、MacBook Airに集約すれば、まとまりのある文章になるだろう。
iPhone、iPadは単文形式。
MacBookは、長文専用になる感じがする。
なら、他のアプリは必要なくて、エディターのみあれば用は足りる。
極端な例だが、それでいいと思う。

iPad の方が入力は速い?


Airより、iPadの方が、書き込みはすらすらといく。

考えたことがそのまま書き込める感じだ。

Airでは、一時考えてから入力することが多い。

でも、iPadの入力には、もたつき感がある。

Airのキーボードの方が、ノート型で慣れているせいもあるのか、入力はスムーズだ。



データ活用編

携帯性の有効活用

部屋で、居間で、外の施設で、休憩時間に、電車で座り、何かする。
データを持ち込んで加工する。
持ち込んだデータから新規ファイルを作成する。
どちらも、ノートパソコンならではの利用法。
会社では思いつかなかったアイデア。
場所を変えるとひらめくアイデアと実用法。
周りの環境が与えてくれる新たなヒラメキ。
また、情報類と情報網。

スマートフォンでも出来るが、キーボードの方がスムーズに入力できる。
アプリを参照しながら、別のアプリで編集。
これらもパソコンならでは。
入力だけなら、B5サイズのノートパソコンで十分。
いろいろしたいなら、A4サイズ以上のノートパソコン。
いろいろ用途は考えられるが、入力はノートパソコンの方が軽快である。

MacBook Airは、土日と夜中の作業専門とする。


ToDoに詰め込む

Thingsは、やろうとしていることを何でも書き込む。
たとえToDoにならなくて、翌日消してもいいじゃないか。
ようするに、メモ帳みたいなもの。

ノートパソコンでにらめっこする環境をつくる。
デスクトップとは、意味合いがちょっと違う。
デスクトップは、正面。
ノートは下向き。


Airの利便性ノウハウ

Airは、即興性の書き込みには向かない。
iPadが有利。
理由は、どこでもカバンから取り出せる。

Airは、じっくり案を練ることに有利。
理由は、大局観のノウハウを利用できる。

座って入力することに意義・重要性がある。
腕を組むことが出来るキーボードポジションが絶対必要。
デスクトップでは出来ない、見下ろし型のフェイスポジションが重要。
本を読むポジション、ヒューマンナチュラルポジションに近い。
シンキング・アウトプットが出せるポジションであるといえる。


データの集約はクラウドで

テキスト類は、Dropbox。
その他リアルタイム性のファイルは、SugarSync。
ネット環境上で編集が出来てバックアップしたいファイルは、Google Drive、SkyDrive。
バックアップと永久保管したいファイルは、Yahoo Box。

Officeファイルは、SkyDriveで直接編集する。
Office2011 for Macは、2.7 GBのディスクを消費する。
Office2007 Parsonalは、1.5 GBほどディスクを消費する。
頻繁にWordやExcelのファイルは作成しないので、これで決まり。
Office ドキュメントは、SafariのSkyDriveで作るのがベスト!







Office ソフト

Office 2013

hotmailを持っていれば、いきなりSkyDriveに保存できる。

Office 2011 for Mac

アップデートで、SkyDriveに保存できるようになった。
WordドキュメントがOpenOffice.orgで開いてしまうので、OpenOffice.orgを削除した。

iWork

アップデートで、iCloudから開けて、iClodに保存できるようになった。


VMware Fusion 5

1.目的
VMware Fusionを使いこなす。

2.設定
Fusion 5 PROへのアップグレードは$49.99。

3.実績
アップグレードしてみたところ、速さが40%増したようです。
Windows7とXPのリジュームも速くなったかんじがしますし、サスペンドも同じです。
これで$49.99は、安いと思います。


画面解像度
MacBook Airの解像度は1366×768であるため、VMware Fusionの解像度を1280×720にした。
さらに、使用時はフルスクリーンで行うので、ウィンドウが画面からはみ出ないようになった。
Tmidi Playerは、シングルウィンドウだと画面からはみ出てしまうので、Fusionのツールバーを隠しても大丈夫のようだ。


共用設定
Windows 7は、MacOSXのフォルダが見えなくなっている仕様みたく、Mac側の「書類」のドキュメントやピクチャー類をOFFにする必要がある。
Fusionの共用はオンにするが、共用フォルダには何も追加せず、ミラーフォルダのチェックも全て外す。
書類のファイルには、ネットワークからマシンを選び、ファイルの場所まで辿っていく。
そうすると、Windows 7からMacのファイルが見えるようになる。






Mac mini へ SSD を導入

1.目的
Mac mini Late 2009 にSSDをつなぎ、Mac OSの起動と終了とソフトの高速化を図る。


2.設定
Mac miniに外付けSSDをUSB接続し、高速化。
INTEL SSD 330シリーズ 120GB ・・・8980円で購入
2.5インチHDDケース ・・・1050円で購入

Mac OS 10.8.1 Mountain Lionのディスク化
App StoreでMountain Lionを再ダウンロードする。

インストーラーが自動的に起動しますが、インストーラーは終了。

アプリケーションフォルダーの「OS X Mountain Lion インストール」を右クリックして、「パッケージの内容を表示」をクリック。

「OS X Mountain Lion インストール」→「Contents」→「SharedSupport」→「InstallESD.dmg」まで展開。

「InstallESD.dmg」を右クリックして、「このアプリケーションで開く」→「ディスクユーティリティ」を選ぶ。

「ディスクユーティリティ」が起動し、「InstallESD.dmg」を選んだ状態で、ツールバーにある「ディスクを作成」をクリック。

光学式ドライブにDVD-R DLメディアを挿入し、インストールDVDを作成する。

注意として、DVDの総容量は4.4GBあるので、2層式のDVD-R DLメディアが必要になります。

4.7GBのDVD-Rだと4.3GBぐらいしか書き込みできません。


OS X Mountain Lionのインストール

2.5インチHDDケース(SSD入り)をUSB接続する。

ディスクユーティリティのオプションでパーティションタイプを「GUIDパーティションテーブル」で作成する。

次に、Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマットする。

そして、「システム環境設定」「起動ディスク」パネルでインストールDVDを選んで再起動。



3.導入

起動と終了の確認
起動時間は、27秒になりました。
いままで1分以上かかっていたので、ずいぶん速くなりました。
終了時間は、5秒です。速い!

アプリケーション
起動は1秒以内で起動します。

120GBの容量問題
SSDの容量は少ないため、すべてのアプリケーションとデータを移行できません。
内蔵HDDは1TBありますので、こちらのアプリケーションを利用できないかと考えていたところ、直接起動すれば起動可能でした。
だから、SSDにアプリケーションをインストールする必要はありません。
しかし、ソフトの速度は落ちてしまう可能性が高いので、よく使うソフトはSSDにインストールします。
インストールもCDからではなく、内蔵HDDのアプリケーションをコピーするだけで、SSDに移せます。
これは、予想外でした。
Windows以前のコンピューターはこれができましたが、Windowsではこれができませんでした。
Macは、うまくできていると思います。

Office 2011 for Macは、アプリケーションをコピーしても起動しません。
新規でインストールしなければならないアプリケーションもあるようです。


仮想化マシンの遅延
SSDの容量が100GB残っているので、Windows 7の仮想マシンをSSDに移動した。
最初は、ネットワークが崩れていたので、Windows 7を再起動、そして最適化してくれた。
しかし、レジュームが異様に遅い。
Windowsアプリケーションの動作も変だ。
SSDにコピーしたのに、SATAのHDDより遅いときがある。
しかたがないので、HDDのWindows7に切り替えてしまった。

納得いかないので、ネットで調べるとグラフィック3DをOFFにすると速くなるらしい。
また、仮想ディスクのクリーンアップのボタンが押せる状態になっていたので、押してみた。
仮想ディスク容量が56GBから49GBに減った。

結果は、これだけで速くなった。
仮想ディスクが壊れていたか、再利用領域が邪魔をしていたのかもしれない。
これで、SSD効果が最大限に利用できるようになった。

また、遅い原因としては、ラジオを録音する「ラジ録2」が変換作業でフリーズしたときに限り、仮想マシンの動作が非常に重くなり、アプリケーションの動作もおかしくなることがわかった。
このソフトを強制終了させることによって、動作が機敏になることもわかった。








Mac Book AirとMac miniの共有

Mac Book AirとMac miniの共有

ユーザーの共有化
ユーザーをMac Book AirとMac miniとも、同じユーザー名にする。
システム環境設定を起動する。
「ユーザーとグループ」を開く。
フルネームを「AAAA」とする。(参考)
Apple IDをMac Book AirとMac miniとも、同じIDにする。
Apple IDを「BBBB@me.com」とする。 (参考)
Mac Book AirとMac miniとも再起動する。


共用フォルダ
システム環境設定を起動する。
「共有」を開く。
ファイル共用にチェックを入れる。
共用フォルダに「書類」フォルダを追加する。
オプションのAFPとSMBにチェックを入れ、ユーサーアカウントもチェックを入れる。


画面共有
リモートマネージメントにもチェックを入れておく。
Mac Book Airから、またMac miniからリモート操作ができるようになる。
アクセス許可を次のユーザーのみ「AAAA」を選んでおく。
Mac Book AirとMac miniとも再起動する。


アクセス操作
Finderの「移動」の「サーバーに接続」を開く。
「ブラウズ」で共用したいパソコンを選ぶ。
Mac Book AirならMac miniを選ぶ。
Finderの「共用」にMac miniが現れる。
これで、共用パソコンの操作ができるようになる。




読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について