目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


<<最初から読む

44 / 53ページ

ToDo 再構築

1.目的
最適なToDoアプリとソフトを探している。
これぞという最終兵器は、永遠に出てこないと思う。
でも、ベストを目指して日々使いこなす。


2.ToDoの種類

lino
付箋で管理。
しかし、どうも付箋を使うのはしっくりこない。

iPhone ¥Free
iPad ¥Free
Mac Web版
Windows Web版

Wunderlist
1行のタスクならこちらでも大丈夫。

iPhone ¥Free
iPad ¥Free
Mac ¥Free
Windows ¥Free

ToDo
iCloud対応になり、接続が速くなるか。
Mac用ToDo試用版(2週間)を入れる。
試用版ではiCloudの同期は出来ないので、とりあえずToodledoのアカウントを使用。

iPhone ¥450
iPad ¥450
Mac ¥1300

Nozbe
MacとWindowsのデスクトップ版を入れてみました。
無料アカウントでは、5プロジェクト・コンテキストのようです。
有料アカウントをとることは考えていないので、このまま使用。

iPhone ¥450
iPad ¥1300
Mac ¥Free
Windows ¥Free

OmniFocus
老舗だけあって使い勝手はいいんですけどね。
Mac用の値段が高いような気がして、まだ買っていません。

iPhone ¥1700
iPad ¥3450
Mac ¥6900

Things
iCloud対応になってくれれば、Mac版Thingsを即買いなんですけど。

iPhone ¥850
iPad ¥1700
Mac ¥4300

Cloud対応になったThings for Mac bata版が出たようだ。
iOS版も最新なら、設定をタップしてシェイクするとThings Cloudへ移行できる。
Bata Testingをオンにすると説明文が出てくる。
英語だけど、単語だけ追っかけていけば、操作は簡単だと思う。
あとは、Things Cloudで、メールとパスワードを設定すれば、完了。
iPhoneとiPadをCloud化すれば、すぐ同期できるようになる。

8/10
Thingsが、Things Cloudにて運用できるようになった。
App Storeにて、Mac用Thingsを4300円で購入した。
これで、MacBook AirとMac miniとiPhoneとiPadが完全に同期できるようになった。
当面は、ToDoを打ち込むのとアイデア出しに使っていこうと思う。

MacBook Airで使えるのは、かなりアドバンテージだ高くなったように思う。

Producteev
Mac、Windows、iPhone、Android、Google Appsがあります。
紹介だけしておきます。

all ¥Free

2Do
2DoとMacのカレンダー

2DoのiPhone版とiPad版を買っていたのを忘れていました。
2Doは、iCloud経由の同期ができ、両者ともiCloudで設定していたので、MacのカレンダーiCalに2Doが表示されています。

わざわざアプリを買わなくても、もうすでにあるので、これで運用します。
機能面から見ても、他のアプリと比較しても遜色のないものに出来上がっています。
Macで運用する前は、2Doを使っていた時期もあったし、GTDはできないようですが、これで大丈夫です。
2Doで入力した内容は、同期させるとAppleのリマインダーに反映されますから、確認もしやすいです。

GTDの項目は、ウェブブラウザーのiCloudカレンダーから、追加と修正ができるようです。


次期Mac版ToDoの出現を待つ



パーソナルクラウド

1.目的

Pogoplug Mobileを使って、パーソナルクラウドを構築する。

2.設定

Pogoplug Mobile ヨドバシカメラで7,980円にて購入。
SDHC 32GB CLASS10 ドスパラで1,980円にて購入。

SDHC32GBには、Radikoデータを保存。
iPad、iPhone、MacBook Airで聞くつもり。
屋外と屋内で利用予定。

Pogoplug Mobile には、USB2.0端子一基とLAN端子とSDHC端子が装備されている。
バッファローのルーターに、Pogoplug Mobile をLAN接続し、常時接続する。
USB端子には外付けHDDを接続するが、常時ONにするつもりはない。
必要なときだけHDDを使うようにしたい。

HDDは、2.5インチHDDケースと新品または中古でHDDを買ってきて、運用する。
HDDには、ありきたりで動画と音楽を保存。
また、新たなファイルも思案中である。
2.5インチHDDケースは、Wake ON機能があれば便利だが、はたしてPogoplug Mobileでそれが機能するか疑問である。
Pogoplug Mobile にアクセスすると、勝手に電源が入る機能をWake ONという。
2.5インチHDDケースも、Wake ON機能があるものがあるかどうかもわからない。
それは、後日調べてみることにしよう。
でも、SDHC32GBだけで充分かもしれないから、あまり期待しない。

調べてみると、2.5インチHDDケースのWakeON Lan機能が付いているものはなかった。
市販のポータブルHDDを買った方が良さそうなので、近くの電気店で1TBを買った。

機種は、
LaCie 2.5インチHDD rikiki USB3.0 1TBで、価格は11,800円。
Amazonで買えば、3000円は得するが、まあいいだろう。
コンピューターにこれ以上お金をつぎ込みたくないので、ここらで打ち止めとしたい。

LaCieでは、Macと接続してもすぐ使えない。
まずセットアップソフトでフォーマットのセットアップをする。
Mac用とWindows用があるので、どちらでも出来る。
セットアップを進めると、容量確保の画面になった。
FAT領域とMacOS領域の間をスライドして容量が決められる。
ハイブリッドでもよかったのだが、ここはMac専用(100%)にする。

使用目的は、
MacBook Airのバックアップ領域として使う。(タイムマシーン)
MacBook Airの外付けハードディスクとして使う。(メイン)
Pogoplug MobileのUSBにつなぎ、パーソナルクラウドとして使う。(必要時のみ)
とりあえず、自炊本(60GB超)を転送する。
後は必要に応じて転送する。

これだけ用意すれば、MacBook Airはメインマシンと化する。
あとは、バッテリーの時間不足とSSDの容量不足だけだ。

また、Pogoplug Cloudが無料で5GBまるまる余っている。
ここには、ドキュメント類をおいておくつもりだ。




iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈

1.目的
今回諸事情により、資産を得たのでiPad WiFiを4台寄贈する。

2.設定
各1台ずつApple IDを取得するのは予算の都合上ムダなので、1つのApple IDで4台を運用する。
アプリは1台分買えば流用できるため、導入後はiCloudを切って使用しないこととする。
個人持ちにする場合は、Apple IDを別途作成してもらう。

3.実績
Apple TVも同時に導入。
一番役立ったのは、プレゼンテーションではなく、カラオケ大会であった。
YouTubeの曲やカラオケアプリが有効に使われた。

地図検索やWeb検索には問題なく使われている。

WindowsのWordドキュメントは、iPadでPageに変換できるがPageからWordに変換できない。
そこで、Documents To Go Premiumが850円で売られていたので、それを購入した。
これは、Wordが読み込みでき、メールでまたWindowsPCに送ることが出来る。
2013年には、Microsoft Office for iOSが出てくると思うので、そこまでの暫定対策。

PowerPointをKeynoteに変換すると、イメージが変わってしまう。
これはKeynoteで作成した方が良さそうだ。

Excel、通常使用でのnumbers変換は問題ない。



iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入

1.目的
3G回線のiPad 2の買い換え。

2.設定
3G回線から、Pocket WiFi LTEに移行した。
速さは全然違う。

3.実績
iPad miniがあるので、出番が少なくなった。



iPad mini WiFi 64GB を購入

1.目的
電子書籍を気軽に電車内で読むために導入。

2.設定
電子書籍
スケジュール
ToDo
ゲーム

3.実績
iPad 9.7インチに比べて、バッテリーの減りが早いので頻繁に充電しなければいけない。
アルミのユニボディでは冬場は冷たいので、ブックシェルフタイプのカバーを買った。

電子書籍を読みながらメモを取る動作が軽快で、1冊の書籍を短時間で読んでしまった。
書籍は、Kindleアプリから購入し、Kindle様々であることに感謝する。
Amazonが電子書籍を日本で立ち上げたことによる功績は高いと予測する。

単行本を読むのには、iPad miniが最適である。
iPhoneでは小さすぎるし、iPad 9.7インチでは重すぎる。

ScanSnapからのスキャンデータもiPad miniでは、読んでみたくなる。

用途は、
iPad mini・・・個人使用に限る
iPad 9.7インチ・・・他人にプレゼンテーションするとき




読者登録

なんでん屋さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について