目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


仮想マシンで何する

Windows 2000 (VMware Fusion 4)

1.目的
過去に使ったWindowsのソフトを再利用する。.
過去のWindowsデータを有効利用する。

2.設定
VMware Fusion 4 に、Windows 2000 Professionalをインストールする。
HDDを8GBに設定。
メモリを256MB → 512MBに変更。
ネットワークアダプタ2を追加し、物理ネットワークに直接接続する。
共有をオンにする。

Windows 2000 のインストールは、短時間で完了。
しかし、画面解像度が16色から変更できない。
VMware Tools もインストールできないので、画面も1280X768に拡大できない。

ネットを調べてみると、パッチが必要のこと。
Windows 2000 用セキュリティ問題の修正プログラム (KB835732)
以上のパッチを探して、インストールする。

Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) も、インストールする。
IE6も、インストール。

仮想マシンのハードウェア設定で、共有フォルダにDropboxのフォルダを追加する。

3.実績
過去のデータを再利用するため、以下のソフトをインストールした。

InfoStudio(旧名:超仕事人) ー シェアウェア
テキスト形式で保存し、時系列やGREP検索で管理できる情報管理ツール。

標準の保存場所は"C:¥bun" であるが、仮想ディスク内での利用では有効活用できない。
ワークシートの保管場所を、Dropboxのdata¥InfoStudioフォルダに変更し、直接参照できるようにした。

ネット情報をテキストファイルに保存してあるので、いつでも再利用できる。
忘れてしまった情報を、思い出すことが出来る。
Macのソフトへの流し込みや新たなデータベースの作成が出来るかもしれない。


IdeaTree ー シェアウェア
独自形式での保存、アウトラインプロセッサによる情報管理ツール。

"設定ーファイルー前回ファイル"を記憶のチェックを入れておけば、標準保管場所の設定は必要ない。

InfoStudioと同じような利用方法になると思う。
ただ、Windowsは今後も使うので、Macソフトへの全面移行は極力さけたい。


eMemoPad ー フリーウェア
独自形式での保存、アウトラインプロセッサによる情報管理ツール。

デフォルトのデータ保存フォルダを、Dropboxのdata¥eMemoPadフォルダに変更したいが、設定の保存ができない。
全般タブの「作業フォルダごとの設定を有効にする」のチェックをオンにした。
バックアップタブの「バックアップを作成する」のチェックを外した。
これで起動時のファイルを開くで、eMemoPadフォルダにアクセスできるようになった。

過去のデータが参照できるようになった。
当時は、書籍の情報を手入力でシコシコと入力するしかなかった。
現在のように、PDFで取り込みながらコピーしてデータを流し込むことが出来なかった。
データとして、「東洋医学の知恵」などの貴重な資料がある。

NanaTerry ー フリーウェア
独自形式での保存、アウトラインプロセッサによる情報管理ツール。

NanaTreeの派生版。
NanaTreeの開発が終了したので、新たに立ち上げられた。




Windows 98 (VMware Fusion 4)

1.目的
Windows 9X系のCD-ROMソフトとCD-ROMゲームを動かしてみる。
CD-ROMは、イメージファイルが使えればベスト。

2.設定

Windows 98のFDディスクでは、HDDをフォーマットできない。
Windows 95のFDディスクを使う。

USBのFDDドライブをMacに接続する。
VMwareでは、FDDをイメージでしか読んでくれない。
実FDディスクでは不可能。

MacのディスクユーティリティでFDディスクをイメージファイル化。
イメージの拡張子が、dmgになっており、VMwareでは読めないので、imgに書き換えた。

Windows 98のCD-ROMをMacに挿入し、VMware Fusionで新規作成。

途中、デバイスの追加でフロッピードライブを追加して、「Windows95.img」を起動。
MS-DOS画面で、"fdisk"コマンドを入力。
大容量サポートを"y"にして、ディスクの領域を作成し、FDイメージを再起動。
今度は、Cドライブをフォーマット、"format c:"。

終わったら、FDディスクを「Windows98.img」に変更し、再起動。
Windows 98のCD-ROMを読む為、1の"Start Computer with CD-ROM Support"を選ぶ。
アクティブディスクをA:¥から"D:"に。
"win98¥setup"を入力して、Windows 98のインストール開始。

Windows 98をインストール後、VMware Toolsをインストール。
大画面がサポートされ、マウスドライバーも使えるようになったが、サウンドが出ない。
これでは、ゲームが出来ない。
調べてみると、Creative Ensoniq Audio PCI が必要らしく、「ensw9xup.exe」をダウンロード。
Windows 98でインストールすると、音が出るようになった。

Internet Explorer 6 Service Pack 1をインストール。

Windows Media Player 7.1も、インストール。

3.実績

Doccaのパチンコハウス ー シェアウェア
昼の部と夜の部があるパチンコシュミレーション。
ハンドルを固定したまま、自動で打ってくれるのでラクチン。
久しぶりに打ってみたら、連チャンに入り10万円まで稼げた。
お店は5店舗あり、各店舗でパチンコ台の種類が違う。
1店舗に、16台同じ機種がそろっている。
換金したら、持ち金としてストックされる。
プレーヤーは4人まで同時に打てる。

Doccaのパチスロハウス ー シェアウェア
パチンコハウスのパチスロ版。
店舗は、7店舗まである。

『Pia♥キャロットへようこそ!!2
18禁ソフトは、これしか持っていなかったので、Cドライブにインストール。
MIDIデータは再生できなかったが、ゲームの方は音が出る。
WAVEサウンドだけは、大丈夫のようだ。
とりあえず動いたので、ゲームは中断。
暇なときにやろう。




Windows 95 (VMware Fusion 4)

1.目的
Windows9X系のフリーウェア・シェアウェアを動かす。
既に使わなくなったソフトウェアの資産を生かす為、Windows95を使う。
ゲームが主になるだろう。

2.設定
<Windows95のインストール>
Windows 95のCD-ROMでは、インストールを完了できない。
Cドライブ、もしくは、Dドライブにコピーしてからインストールする。

ディスクイメージ「Windows95B.iso」をマウント。
デバイスの追加でフロッピードライブを追加して、「Windows95.img」を起動。
MS-DOS画面で、"fdisk"コマンドを入力。
大容量サポートを"Y"にして、ディスクの領域を作成し、FDイメージを再起動。
今度は、Cドライブをフォーマット、"format c:"。

終わったら、FDディスクを「Windows98.img」に変更し、再起動。
Windows 95のCD-ROMを読む為、1の"Start Computer with CD-ROM Support"を選ぶ。
CD-ROMでインストールすると完了できないので、CドライブにWindows95ファイルをコピーする。

C:¥>で、"MD win95"を入力し、CドライブにWIN95ディレクトリを作成する。
EドライブにWindows95のCD-ROMがあるとして、copyコマンドでCドライブにコピーする。
C:¥>で、"copy E:¥win95¥*.* C:¥win95"と入力する。
Windows95をインストールする。
"c:¥win95¥setup /IS"で、インストール開始。

ネットワークとインターネットを使えるようにするため、途中の「セットアップ方法」では「標準」ではなく、「カスタム」を選ぶ。
途中、ネットワーク設定で、「クライアント」と「プロトコル」を追加する。
「ファイルの共用」と「プリンタの共用」も、チェックを忘れてはいけない。

<Windows95のセッティング>
Internet Explorer 5.5をディスクからインストール。
Windows Media 7.1をディスクからインストール。

VMware Toolsをインストールするが、ディスプレイドライバーがインストールされない。
VMware SVGA IIドライバーを手動でインストールする。
(設定方法は、画面にメモ帳で表示される)

Creative Ensoniq Audio PCI の、「ensw9xup.exe」をインストール。
再起動で、音が出るようになる。


3.実績



Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)

1.目的
新しもの好きなので、Windows 8 Proをインストールして使い勝手を見る。

2.設定
通常は、新規インストールディスクを買うのだが、ジャストシステムで売っていてポイントが使えたために、2,454円で購入できた。

Windows 7からアップグレードしたが、Windows XPからアップグレードした方がライセンスに余裕があるために、慣れたら入れ替えつもりではある。
Mac miniかMacBook Airのどちらかに入れたいのだが、今回はマシンの速さを活かしたいのと、ノートパソコンでいろいろ検証してみたいので、MacBook Airに入れることにした。
また、Mac mini Late 2012を予約注文しているため、こちらには新規のDSP版Windows 8 Pro(x64)を購入する予定である。

Windows 8 Proには、32ビット版と64ビット版が付いている。
当然64ビット版をインストールした。

Windows 8 Proアップグレード版をクリーンインストールしてみましたが、ライセンス認証が「使用不可」になってしまい、クリーンインストールは出来ませんでした。
そのうちウラワザが出てくるかもしれません。
今回は、Windows 7に個人設定を引き継ぐ形でアップグレードを施しました。
ディスク容量が増えてしまい目的は果たせませんでしたが、特に問題なくスムーズにインストールできました。


3.実績

Windows 8 Pro おまけ

Windows 8 Proに、Windows 8 Media Center Packを期間限定で無料にてインストールできる。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/feature-packs
にて、メールを送ると無料のプロダクト キーを受け取れる。
2013年1月31日までにライセンス認証を受ける必要があるとのこと。


Microsoft Officeのインストール不要

最初から、Microsoft Office 2013 Preview版が入っています。
ですから、当面はOfficeをインストールする必要はありません。
正式版が出るまでのおまけといっていいでしょう。
ProgramFilesにOfficeの本体があるので、そこのアイコンからショートカットを作ってデスクトップに貼り付けると普通に使えます。
ファイルをダブルクリックしても、起動します。

また、Microsoft Office 2013 Previewが配布されていますので、Windows 7にインストールしてみるのもいいかもしれません。

スタート画

MacBook Airはタッチパネルではないため、Windows 8の恩恵を預かれません。
ただ、スタート画面はドラッグパッドで移動は出来る。
しかし、隣のソフトにはトラックパッドで切り替えられないため、使い勝手が悪い。
いちいち、右上角にカーソルを持っていかなければならない。
何とかならんか。
MacのMission Controlに慣れてしまったため、希望は、トラックパッドをすべらしてソフトを切り替えたい。
Appleに怒られるかもしれないけど、2本指ジェスチャーや3本指ジェスチャーを採用して欲しい。