目次
過去の実績
コンピューターとの出会い
パソコンを使う目的
Macで四苦八苦
購入履歴
Windowsとの連携
Windows on Mac
ToDo管理
Linux on Mac
Mac Only
Backup管理
Mac システム改善
MacBook Airを購入
MacBook Air 運用
Office ソフト
VMware Fusion 5
Mac mini へ SSD を導入
Mac Book AirとMac miniの共有
MacBook Airと24インチモニター
Apple キーボード Wireless日本語入力の不具合
AirとiPad2の携帯
ScanSnap S510 紙送りの改善
MacBook Air SSD 512GB を購入
Mac mini Late 2012 を購入
旧Mac miniの運用
Pocket WiFi LTE を導入
MacBook Pro 13インチ Retina を購入
ScanSnap iX500 を購入
ToDoソフトの使い分け(まとめ)
Apple Cinema HD Display (23インチ)
Winは2軍へ
所有機器
Windowsの主なソフト
ASUS ZENBOOK Core i7 128GB 中古を購入
LANは、きびしい
WindowsからMacへ
NASで問題
MacからWindowsへ
USB 3.0 RAID HDDケース(HDD2台)を購入
USB 3.0 ポータブルHDDを購入
仮想マシンで何する
Windows 2000 (VMware Fusion 4)
Windows 98 (VMware Fusion 4)
Windows 95 (VMware Fusion 4)
Windows 8 Pro (VMware Fusion 5)
タブレとスマホは、ツールと化す
クラウドで一気に開花
iPhone
iPad
ToDo 再構築
パーソナルクラウド
iPad 4th WiFi Retina 16GB(4台) を寄贈
iPad 4th WiFi Retina 64GB を購入
iPad mini WiFi 64GB を購入
ASUS nexus7 WiFi 16GB を購入
電子書籍を入れるのは?
iPadでの文字入力
iPadでの本の読み方
Townsどうなる
Towns on Windows

閉じる


過去の実績

コンピューターとの出会い

学生時代、バカでかい部屋に1機のコンピューターがあった。
コンピューター言語はFORTRANで、ロト6のようなマークシートに書き込んで、パンチカードに打ち出していた。
打ち込んでいる数式は、電卓でできる程度のもの。

会社に入り、ずっとアナログ生活をしていた。
転機は、プレス部品の見積もりプログラムを修正したこと。
当時は、PC-8801のN88-BASICを使用していた。

その後、会社でMacintoshが導入された。
Macに惹かれたが、70万円もするので富士通のFM-TOWNSを購入。
それでも、本体とモニターとプリンターのセットで55万円。
当然ローンでした。

パソコン通信と音楽三昧とゲーム、MIDIで最初に作った曲は「ドラえもん」。
世間では、NECのPC-9801が全盛期。
エロゲーとコピーがまかり通っていた時代でした。
そして、ピザボックスタイプのMacintosh Quadra 660AVを購入。
しかし、ソフト代が高くて買えないため、使いこなせず。

それから、Windows95の発売。
EPSONのAT互換機を買って、インターネットを始める。
当時のインターネット創世期、制約はいっさいなく、何でも見放題でした。
制限が行われるようになったのは、Windows2000発売の頃でしょうか。
おそらく、インターネットつなぎ放題のプランができてからです。

自作機を何台も作って、自宅でLANを構築。
各部屋に1台ずつ設置し、自己満足。
Mac miniが発売されたので、とにかく買ってみた。
Windowsと使い勝手が違い、手をこまねきながら現在に至る。


パソコンを使う目的

それは、パートナーが欲しいため。

ひとは、常にパートナーを求める。
出会いがあり、親密になる。
友達があり、一緒に遊べる。

その代用が、パソコンであり、スマートホンであり、携帯電話なのだ。
その意義がわかれば、パソコンを使いこなすことが出来る。
パソコンとは、友なのだから何でも頼んでいい。
その答えを出してくれるのは、一緒に歩んでくれる情報機器と言うことになる。


« 前の章