twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー 作者 酒林ゆき
価格 無料
タグ 目覚め雑貨専業主婦大切な人成長
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

29 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
4ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
『雑貨好きの恋する雑貨たち』、これが、私が夢を追いかけるきっかけになった本です。
大切な人からプレゼントされた、私にとってかけがえのない本です。
この本を開くたびに、今よりずっと未熟だった私を鮮明に思い出すことができます。
あの頃の私に戻ると、今の成長を実感することができるので、
私にとっては、これはとても嬉しいことになります。

「ありがとう」

この本を贈ってもらい、読み終わった時に一番最後のページに書いた言葉。
今も、この言葉が大好きな私です。
今度は、私が、こんな言葉を言ってもらえるような人になりたいと思っています。
それが、私の大切な人への恩返し・・・そんなふうに考えています。

こちらでは、過去の私から今の私になるきっかけを与えてくれた本を読み進めたときのエピソードを記入していきます。

コメント一覧

偶然ではなく必然である…この言葉も、この頃教えていただいたものの一つです。 ふふ・・、そうですね! この本は、私にとって本というより、なんといいますか・・・魂・・・でしょうか? かなり変わった考え方と思いますが、これが本心であることは隠せません。
酒林ゆき : 2012-03-09 17:59:52

酒林ゆきさんは、文面からの判断ですが、変わった気がします。バイタリティというか、ボルテージというか、歓喜のようなものを感じます。 でも読者に大きな夢を抱かせる本は、やっぱり素晴らしいですね。その本は読んだことがありませんが、人生はドラマだから、その本を手にすることもきっと偶然ではないのでしょう。
ブラックサワ : 2012-03-09 17:12:12

facebook コメント一覧