閉じる


志賀高原大沼池の青く澄んだ水色の湖水

志賀高原大沼池。その湖は登山道を1時間以上歩いた志賀高原志賀山の山麓にありました。湖水の澄んだ青色と湖面のかすかなきらめきに息を呑みます。湖畔の夏の木々の緑色が湖水の青さに映えます。

志賀高原大沼池周辺地図


志賀高原の山並みと大沼池の青い湖水

志賀高原の山道を歩き、大沼池に近づきました。大沼池の青い湖水は見る方角と時間で刻々と変化していきます。湖面を風が吹くと湖の表面が波立ち、夏の陽光を反射してきらめきます。光の角度、風による湖水のきらめきの組み合わせは無限大で同じ色や風景はありません。眺めていると時が経つのを忘れます。志賀高原大沼池参照


奥入瀬渓流の流木とせせらぎ

青森県奥入瀬渓流は人気の散策路です。十和田湖の青い湖水を源として流れる渓流のせせらぎの散策は爽やかです。渓流沿いの流木にミズゴケが生えていました。またミズゴケの中から新しい植物の芽生えも見えます。流木は生命を終えましたが、水を介在して新しい生命のゆりかごとなっているようです。渓流沿いの散策は水と生命の営みに希望を感じさせるものです。奥入瀬花散歩参照

白布の滝周辺地図


十和田湖の夕闇と青い湖水写真

十和田湖は青い湖です。水深は深く327mもあります。見る時間や方角によって、群青色や紺碧にも見えます。夕方十和田湖の湖畔で湖面を眺めていると、湖水の色が変化して行きます。紺碧の湖水と山々のシルエットが素晴らしい瞬間です。この時間はわずか1分、時の経過は無常にも見えますが明日はまた違った風景を見せくれます。参照十和田湖花散歩

秋田県鹿角郡小坂町付近地図


京都大原三千院の手水

京都大原三千院は京都市の北の山間にあります。三千院のある大原の里は鯖街道といわれる街道沿いにあります。ここから大原女と呼ばれる大原の里からの行商人が都・京都まで農産物や、花を運びました。三千院の境内の手水からは涼しげな水音が響いていました。

三千院周辺地図



読者登録

のんさんさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について