閉じる


<<最初から読む

9 / 30ページ

千曲川の流れと菜の花畑

長野県飯山市に流れる千曲川(信濃川)は日本で最も長い川です。飯山市に広大な菜の花畑がありました。この菜の花畑をテーマに名曲「朧月夜」ができました。この菜の花、何の花かわかりますか?正解は野沢菜の花です。おいしい漬物になる野沢菜が、春にはこんなきれいな花になるのですね。更に菜の花の種子は、菜種油になります。最近は自動車の燃料にもなっているそうです。千曲川と菜の花畑、自然と文明の調和の姿かも知れません。参照北信州花旅

飯山市菜の花公園周辺地図


京都貴船川の青カエデと川床

京都の夏は暑いといわれます。京都は盆地にあるために夏の気温は確かに沿岸部に比べて高いです。しかし京都に都が築かれて1200年。京都には様々な生活の知恵があります。川床もその一つです。貴船神社に近い貴船川に、涼しげな川床があります。青カエデが直射日光を遮り、貴船川の清流が涼風を運びます。ここは夏でも確かに涼しいです。参照貴船神社京都花の街

貴船神社周辺広域地図


白馬山麓の雪型と山々を映す水田

長野県白馬山麓に塩の道と呼ばれる街道があります。昔は新潟県から塩や海産物を運んだ道です。5月頃塩の道街道沿いを歩くと、残雪の山々が見えます。雪解けのころ白馬の山々の残雪が雪型と呼ばれる模様を造ります。この地方では、雪型を見て田植えを行うそうです。あぜ道にタンポポが咲く、里の水田に残雪の山々が映ります。参照白馬塩の道を歩く

白馬村周辺地図


三浦半島荒崎の海と白波

三浦半島荒崎付近の海は相模湾沿いにあります。相模湾沖には相模トラフと呼ばれる海溝があり、日本海溝へと繋がっています。荒崎沖の海水はきれいです。荒崎では海が深海に繋がっているためか、未知の生物もたくさん採取されます。沖は波が荒いですが、潮溜まりは静かです。参照ソレイユの丘荒崎花散歩

荒崎海岸周辺地図


奈良猿沢の池と興福寺五重塔

奈良猿沢の池は749年に造られてから、約1300年その姿を変えていないといわれています。猿沢の池には七不思議が伝わっています。「澄まず、濁らず、出ず、入らず・・・」この言葉の奥には、当時の優れた水利技術が反映しているのかもしれません。猿沢の池の湖面には興福寺の五重塔が映ります。日本を代表する景観の一つです。参照猿沢池

猿沢の池周辺地図



読者登録

のんさんさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について