閉じる


試し読みできます

 

 

 

眉かくしの霊(まゆかくしのれい) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

 木曾街道きそかいどう奈良井ならいの駅は、飯田町いいだまちから158.2マイルの距離、高さ海抜3200尺に位置する中央線の起点…、などと言い出すより、十返舎一九じっぺんしゃいっくの『東海道中膝栗毛とうかいどうちゅうひざくりげ』を思い出していただく方が、手っ取り早く旅の情趣がき立てられるであろう。
 その膝栗毛の主人公の弥次郎兵衛やじろべえ喜多八きだはちが、とぼとぼと鳥居峠とりいとうげを越すと、日も西の山のに傾く頃だったので、道の両側の旅籠屋はたごやから、女どもが外へ出て、『もしもしおまりじゃございませんか、お風呂ふろいております、どうぞお泊まりなせえ、お泊まりなせえ』と声を掛ける―喜多八が、『まだ少し早いけれど』と心引かれた素振りを見せると…弥次郎も、『もう泊まってもよかろう、なあねえさん』と同意見―すると女は、『お泊まりなさいませ、お夜食はおまんまでも、蕎麦そばでもお好きな方を。お蕎麦でよけりゃあ、お宿代やどだいは安くして上げますよ。』これを聞いて弥次郎、『ぜひとも、安い方がいい、蕎麦だといくらだ。』女、『はい、お蕎麦なら百十六もんでござんさあ。』二人が旅費のとぼしさから、そんならそうしようときめて泊まって、湯から上がると、その約束の蕎麦が出る。さっそくそれを食い始めて、喜多八が、『こっちの方では蕎麦はいいが、つゆの悪いのには閉口する』と愚痴ぐちると、弥次郎は、『そのかわりにお給仕きゅうじが美しいからいい、なあねえさん、』と洒落しゃれかかって、『もう一杯くれねえか。』すると女は、『もうお蕎麦はそれだけでござんさあ。』弥次郎、『なに、もうねえのか、たった二杯ずつしか食ってないってのに、冗談じゃねえ、これじゃあ食いたりねえ。』喜多八、『宿代が安いにしてもひどすぎる。二杯食っただけで我慢していられるものか。』弥次郎…『馬鹿にしやがって、銭は出すから飯をくんねえ。』…情けないことに、こうして二人は、ほんのわずかしかない懐中ふところの金を、結局蕎麦の分だけ余計よけいに使わされて悄気しょげ返る。そしてその夜、故郷の江戸お箪笥町たんすまち引き出し横町、取手屋とってや鐶兵衛かんべえという、金回りのいい知人に偶然って、ふもとの山寺にもうでて鹿しかの鳴き声を聞いた…この奈良井はその場所である…
 …そう思うと、急にここで泊まりたくなった。停車場ステエションを、もう汽車が出ようとする間際まぎわのことだったと言うのである。
 この、筆者の友、境賛吉さかいさんきちは、実は蔓草つるくさのからまる木曽きそかけはしや、寝覚ねざめのとこなどの名所を見物するつもりで、上松あげまつまでの切符を持っていた。霜月しもつき十一月のなかばであった。
「…しかも、その『蕎麦二杯』には不思議な縁があったのですよ…」
 と、境が話した。
 昨夜は松本で一泊した。御存じの通り、この線の汽車は塩尻しおじりで松本、上松両方面へ分岐ぶんきするので、東京から上松へ行く者が松本で泊まったのは妙である。もっとも、松本へ用があって立ち寄ったのだと言えば、それだけで話しはざっと済む。が、それだと、物語のさきゆるんでちょっと辻褄つじつまが合わない。何も詮索せんさくをするわけではないけれど、実は日数が少ないのに、汽車の遊びを欲張よくばった旅で、往路ゆきは上野から高崎、妙義山みょうぎさんを見ながら、横川、熊の平くまのたいら浅間山を眺ながめ、軽井沢、追分おいわけを過ぎ、篠の井しののい線に乗り替えて、姨捨おばすて山に広がる長楽寺の四十八枚の田ごとにうつる月を窓からのぞいて、といった具合ぐあいで、もともと松本に泊まる予定であったのだ。その松本には「いい娘のいる旅館があります。親しくしておりますから御紹介をしましょう」と、名の知られた画家が紹介状を書いてくれた。…よせばいいのに、境はそこへ泊まることにした。昨夜その旅館につくと、なるほど、帳場にはそれらしい束髪そくはつの女が一人見えたが、座敷ざしきへ案内したのはもちろん女中で。…さてその紹介状を渡したけれども、娘など寄って来もしない、…それだけではない。このしもの降りた寒い夜に、女中は出涸でがらしの生温なまぬる渋茶しぶちゃ一杯いれただけで、『お夜食は』とも『おまんまは』とも言い出さない。座敷は立派で卓の木は高級な紫檀したんだ。火鉢ひばちは大きい。が、火の気はぽっちり。で、境が中で灰の白くなっているその火鉢にしがみついて、『とにかく何かあたたかいものでお銚子ちょうしを頼む』と言うと、『調理場で火を落としてしまいましたので、なんにもできません』と、女中ねえさんはひどく素気そっけない。確かに寒いことは寒い、なるほど、火を落としたように、家中いえじゅうひっそりとはしていたが、まだ十一時前である…境が『酒だけでも、』と頼むと、『おあいにく。』『酒はないのか、』『ござりません。』―『じゃ、麦酒ビイルでも。』『それもお気の毒様』だと言う。『ねえさん…、』境は少々強く出て、『どこか近所から取り寄せてもらえないか。』『へいもう遅うござりますので、飲食店は寝てしまいましたでな』…飲食店だと言やあがる。はてな、停車場ステエションから、寒さにふるえながら人力車くるまでくる途中、ついこの近所まわりに、冷たい音を立てて、川が流れて、橋がかかって、両側に遊廓ゆうかくらしい家が並んで、『茶めし』と書かれた赤い行燈あんどんもふわりと目の前にちらついていたのに―ああ、こうなると知っていたら、軽井沢で買った酒の二合びんを、膝栗毛の喜多八きだはちどのではないが、みなめてなどしまわなかったのだが。大きなため息とともにばらをぐうと鳴らして、境が哀れな声で、『ねえさん、そうすると、酒もなし、麦酒もなし、さかなもなし、というのかね。…それでおまんまは。いやつまり、今晩の宿のめしは。』『へい、それが調理できませんので…なにしろ火を落としたあとなもんでなあ。』―何のうらみか知らないが、こうなると冷遇れいぐうを通り越して奇怪きっかいである。なまじっか紹介状があるだけに、喧嘩面けんかづらで、『宿を替えてやる』とも言えない。前世ぜんせおかした何かの罪のむくいとあきらめて、『せめて近所で、蕎麦そば饂飩うどんを注文できないか、』と恐る恐る申し出ると、『饂飩なら聞いてみましょう。』『ああ、それを二杯頼みます。』女中は逃げるような腰つきで尻を持ち上げ、敷居しきいへ半分だけ突っ込んでいたひざを、ぬいと引っこ抜いて面倒めんどうくさそうに出て行く。
 待つことしばらくして、盆にせて突き出されたやつを見ると、どんぶりがたった一つ。腹のいた悲しさに、『姐さん、二つと頼んだのだが、』となじるように言うと、『へい、二杯分、り込んでございますで。』そうですか、わかりました、どうぞおかまいなく、お引き取りを、と言うまでもなく…女中がついッと尻を見せて、すたすたと廊下を行くのを、いじけた目つきで見ながら、境が丼を抱き込むようにしてそのふたを取ると、なるほど、二杯分盛り込んだだけにしるはぽっちりと少なく、饂飩は白く乾いていた。
 きっと、信州の天狗てんぐ秋葉山三尺坊あきばさんさんしゃくぼうたるこの旅館が、飯綱権現いいづなごんげんへ何かの願掛がんかけをし、それがかなうまで客への飲食物の提供をったところへぶつかったのであろう、泣くより笑うべきだ。
 その…饂飩二杯の昨夜ゆうべを、むかし弥次郎、喜多八が、同じように夕暮れの旅籠はたごで蕎麦二杯を出されたことと思いくらべた。少し大げさだが、不思議の縁というのはこれで―急に奈良井へ泊まってみたくなったのである。
 日も木曾の山のに傾いた。宿場しゅくばには一時雨ひとしぐれさっとかかった。
 雨の用意ぐらいはしている。駅前の人力車くるまには乗らないで、洋傘かさで寂しくしのいで、鴨居かもいの暗い軒伝のきづたいに、石ころみち辿たどりながら、『度胸はえたぞ。―さあ持って来い、蕎麦二杯。そうだ、昨夜の饂飩は不意の闇討やみうち、だからまいったのだ―が、今宵こよいの蕎麦は望むところだ。―旅のあわれを味わってやろう』と、境が硝子ガラス張りの明るい旅館一二軒を、わざと避けて、軒に山駕籠やまかご干菜ひばるし、土間のかまどで、こまかく割ったまきで火をいている、わびしそうな旅籠屋をからすのようにのぞき込み、黒い外套がいとうを着たままで、『御免ごめん、』と入ると、頬被ほおかぶりをした親父おやじがその竈の下を吹いている。上がりがまちがだだっぴろく、囲炉裏いろりが大きく、すすけた天井に平たい大形の八間行燈はちけんあんどんの掛かっているのは、山駕籠とついをなして見事に合っている。階子はしごの下の暗い帳場ちょうばに、坊主頭の番頭がいるのも面白おもしろい。
「いらっせえ。」
『蕎麦二杯、蕎麦二杯』と覚悟していた目の前へ、身軽にひょいと出て、丁寧ていねい会釈えしゃくをされたとき、境は『どうせ焼麸やきふだろう』と思っていたしっぽく蕎麦の加薬かやくが、思いがけず上等な蒲鉾かまぼこだったような気がした。
「お客様だよ―つるの三番へご案内。」
 女中も、服装みなり粗末そまつ木綿もめんだが、前垂まえだれがけのさっぱりした、年の若い色白な女で、それが窓や欄干らんかんから松ののぞく中を、のぼるように三階へ案内した。―そこは十畳じき。…柱も天井もがっしりとしたつくりで、とこの趣味にも少しも厭味いやみがない。玄関の様子ようすとはまったく違う、しっかりした家である。
 敷蒲団しきぶとんの綿も暖かい上、さらに見事なくまの皮まで敷いてあるではないか。『ははあ、膝栗毛の時代に、とうげみちで売っていたとかいう、猿の胎児たいじ大蛇おろちきも、獣の皮というのはこれだな、』と境がおどけた殿様の気分になってその熊の皮に腰を下ろすと、すぐに台付きの十能じゅうのうに火を入れて女中ねえさんが上がって来て、惜しもなく銅の大火鉢おおひばちへぶちまけたが、それがまたものすごい量である。青い火の先が、堅くて火力の強いすみにからんで、真っ赤に起こって、窓からみ入る山颪やまおろしの風にさっとえる。三階にこの火の勢いは、大地震のあとでは、そのときの火事が思い出されてちょっと言うのが遠慮されるほどである。
 湯にも入った。
 さて食事だが、―蝶足ちょうあしぜんの上を見ると、蕎麦と同じあつかいにしたのが気恥きはずかしいような料理が並んでいる。わらさの照り焼きをはじめとして、ふっと煙の立つ厚焼きの玉子に、わんの物が真っ白なはんぺんのくずかけ。皿料理は、このあたりで絶品といわれている、かしらのちょこんとした、ふっくりしたまたつぐみを、何と、胸を開いて、五羽、ほとんど丸焼きにしてこうばしくつけてあった。
「ありがたい、…実にありがたい。」
 境は、れない手つきの、それもまたうれしいのだが…その女中にしゃくをしてもらいながら、まるで熊に乗って、仙人せんにん御馳走ごちそうになっているように、丁寧ていねいに礼を言った。
「これは大した御馳走ですな。…実にありがたい…本当に礼を言いたいなあ。」
 心底しんそこからの言葉である。からかっている様子は少しも見えないから、若い女中もかけ引きなしに、
旦那だんなさん、お気に入りましてうれしゅうございますわ。さあ、もうお一つ。」
頂戴ちょうだいしよう。さらにかさねて頂戴しよう。―ところでねえさん、この上のお願いですまないがね、…どうだろう、このつぐみをもっともらって、ここへなべを掛けて、煮ながら食べるというわけにはいかないだろうか。―鶫はまだたくさんあるかい。」
「ええ、ざるに三杯もございます。そのほかまだ台所の柱にもたばにしてかかっております。」
「そいつは豪勢ごうせいだ。―じゃあ少し余分に貰いたい、ここで煮るように言っておくれ…いいかい。」
「はい、そう申します。」
「ついでにお銚子ちょうしを。火が強いからそばへ置くだけでも冷めはしない。…調理場からここまでは行き来が遠くって気の毒だ。三本ばかり一度に持っておいで。…どうだい。剣豪の岩見重太郎いわみじゅうたろうが注文をするようだろう。」
「おほほ。」
 今朝、松本で、顔を洗った水瓶みずがめの冷たい水とともに、胸が氷にざされてしまったから、何の考えも浮かばなかったのだが、ここで暖かに心が解けると、…わかった、昨夜ゆうべの宿屋が饂飩うどん虐待ぎゃくたいした理由わけが―紹介状を書いてくれた画伯がはくは、近頃でこそ有名になったが、若い放浪の時代に信州路しんしゅうじ遍歴へんれきして、その旅館には五月いつつきあまりも閉じこもった。それにもかかわらず、たまった旅籠代はたごだい催促さいそくもせず、さらに帰る際にはちょっとした旅費まで心着けてくれた親切なうちだと言ったのである。が、ああ、それだ。…そのおなじ人の紹介だから、きっとこの自分も旅籠代をとどこおらした上、旅費を貰うつもりだと思ったに違いない。…
 その時、
「ええ、これは、お客様、お粗末そまつなお食事、申し訳ないことでして。」
 と袖口そでぐちの小さいこん色のうわりに、おなじ色の幅広はばひろ前掛まえかけをした、せて、色のやや青黒い、陰気だが実直そうな、まだ三十六七ぐらいの、五分刈りの男が丁寧ていねい襖際ふすまぎわに正座した。
「とんでもない、…本当に御馳走様ごちそうさま。…番頭さんですか。」
「いえ、当家とうけの料理人でございますが、ひどく気のかない者でございまして。…それに、なにぶんこのような辺鄙へんぴな山の中の家のこと、まったくお口に合いますものもございませんで。」
「とんでもありません。」
「それにつきまして、…ただいま、鶫を、貴方様あなたさま、何か鍋でめしあがりたいというお言葉を、女中へお言いつけいただいたそうでございますが、どのようにいたして差し上げればよろしいのやら、その女中もやっぱり田舎者いなかものでございますので、よくお言葉の意味がわかりかねまして。それゆえ失礼ではございますが、ちょいと手前てまえがおうかがいに出ましたのでございますが。」
 境は少なからず面くらい、
「そいつはどうも恐縮きょうしゅくです。―遠いところを。」
 とうっかり言った。…
「いや、冗談じょうだんのようですが、本当によく三階まで。」
「とんでもございません。」
「まあ、こちらへ―お忙しいんですか。」
「いえ、お食事は、もうみなさんへ差し上げました。それに、お客様も、貴方様のほか、お二組ぐらいしかございませんので。」
「では、まあこちらへ。―さあ、ずっと。」
「はッ、どうも。」
「失礼かもしれないが、まあ、一杯ひとつ。ああ、―ちょうどお銚子が来た。女中ねえさん、お酌をしてあげて下さい。」
「は、いえ、手前飲めませんもので。」
「まあまあ一杯ひとつ。―弱ったな、どうも。つぐみを鍋でと言っても、…その何ですよ。」
「旦那様、帳場でも、あの、こう申しておりますの。鶫は焼いてめしあがるのが一番おいしいんでございますって。」
「お食事にもつけて差し上げましたが、これを頭から、その脳味噌のうみそごとするりとな、ひとかじりにめしあがりますのが、おいしいんでございまして。ええ、とんだ田舎の食べ方ではございますがな。」
「お料理番さん…私は決して、この料理をとやかく言ったのではないのですよ。…弱ったな、どうも。実はね、以前ある宴会の席で、その席にいた芸妓げいしゃが、木曾の鶫の話をしたんです―だいぶ酒が乱れて来て、何とかぶしというのが、あっちこっちではじまると、木曾節というのがこのときうたわれて、―地名を聞いても魅力的な土地だから、うろ覚えに覚えているが、『木曾へ木曾へと積み出す米は』何とかっていうのでね…」
「その通りでございます。」
 とひどく堅苦かたくるしく猪口ちょくをおくと、料理番は二つに分かれた煙草たばこ入れから、吸いかけた煙管きせるを取り出して、金属製の火鉢ひばちだ、遠慮なくそれをコッツンとたたいて、
「…『伊那いな高遠たかとあまごめ』…と言うのでございます、なあ、よね。この女中の名でございます、お米。」
 すると、
「あら、何だよ、伊作いさくさん。」
 と女中は笑って横目でにらんで、
「旦那さん、―この人は、うちが伊那なもんでございますから。」
「ほう、武田勝頼たけだかつより様と同国ですな。」
「まあ、勝頼様は、こんな男ぶりじゃありませんが。」
「当り前よ。」
 とむッつりした料理番は、苦笑いもせず、またコッツンと煙管をはたく。
「それだもんですから、伊那の贔屓ひいきをしますの―木曾でうたうのは違います。―『伊那や高遠へ積み出す米は、みんな木曾の余り米』―と言いますの。」
「さあ…それはどっちにしろ、ひとまず置いといて…ともかくその『木曾へ、木曾へ』の唄をきっかけに出た話なんですが、私たちも酔っていたので、そのあとの贄川にえかわだか、峠を越した先の藪原やぶはら、福島、上松あげまつのあたりだか、よくは覚えていないけれども、ともかくその芸妓げいしゃが、客と一緒に、鶫網つぐみあみを掛けに木曾へ行ったという話をしたんです。…『まだの暗いうちに山道をずんずんのぼって、案内の者の指図さしずの場所で、かすみを張っておとりげると、夜明け前、霧の白々しらじらと見え始める頃に、向こうの山のいただきから、ぱっとこちらの山のへ渡る鶫の群れが、むらむらと来て、羽ばたきをして、かすみに掛かります。それを一羽ずつ全部とりつくして、すぐにたれを付けて焚火たきびで焼いて、あぶらの熱いところを、ちゅッと吸って食べるんですが、そのおいしいことといったら、』…と、話をしてね…」
「はあ、まったくその通りで。」
「…ぶるぶるふるえるほど寒いから、煮え返ったような熱燗あつかんで、一杯飲みながら、息もつかずに、幾口いくくちか鶫をかじって、『ああ、おいしい』と一息ついて、焚火にしがみついていたその芸妓が、すっと立つと、案内していた土地の猟師が二人、『ぎゃッ』と叫んだ―その、なんですよ、芸妓の口が血だらけになっていたんだとさ。生々なまなましい半熟はんじゅくの小鳥の血でね。…と、この話をしながら、うっとりしたようにその芸妓は手巾ハンケチで自分の口を押さえたんですがね…その手巾にたらたらと赤いやつがみてきそうで、私は思わず顔を見ましたよ。さわるとなよなよとたわみそうな、せぎすな、すらりとした、若い女でした。…聞いてうまそうだと感じた以上に、その時、東京で想像しても、この光景は本当にすごかっただろうと思った。何しろけわしく、高く、深く、峰と谷の重なり合った木曾の山中の白々しらじらと夜の明ける頃です…暗い着物のすそに焚火をからめて、すっくりと立ち上がったという。当然、目の下に見える峰よりも高いところに、霧の中から綺麗きれいな首が。」
「いや、旦那だんなさん。」
「話は下手でも、何となく不気味だね。その口が血だらけなんだから。」
「いや、ごもっとも。」
「『ああ、それでよく無事だったな、』と私が言うと、『どうして?』と聞くから、『そういうのが、あわてた銃猟家じゅうりょうかや、勘違かんちがいした猟師に、峰の向こうの笹原ささはらからねらたれて二つの弾丸たまを食らうんだ。…場所といい…時刻といい…昔から、夜待ち、明け方の鳥網とりあみには、魔がさして、あやしいことが起こるというが、実際それは魔がさしたんだ。だって、本当に綺麗きれいな鬼になったじゃあないか。』…『どうせそうよ、…私は鬼よ。―でも人に食われる方の』…などと言いながら、『でもこわいわね、ぞっとする。』と、また口を手巾で押さえたものさ。」
「ふーん。」と料理番は、我を忘れて声を沈ませ、
「ええ。旦那、へい、どうも、いや、全く。―実際、あぶのうございますな。―そういう場合には、必ず事故があるもんでして…よく、そのねえさんは御無事でした。そのかたの行かれた場所がどこでございますかは存じませんが、この贄川にえかわの上流、御嶽おんたけの登りぐちの、岐阜寄りの山のあいだは、つぐみがたくさんれるのでして。―ところで、その芸妓衆げいしゃしゅうは東京のどちらのかたで。」
「なに、下町の方ですがね。」
「柳橋…ですか」
 と言って、料理番はのぞくように、境の顔をじっと見た。
「…あるいはその、新橋とかいうところのかたで…」
「いや、その真ん中ほどです…日本橋の方だけれど、単なる宴会の席での話ですよ。」
「はっきりおところがわかっても差しさわりがございませんならば、参考のために、その場所をうかがっておきたいくらいでございまして。…この、深山幽谷しんざんゆうこくのことは、人間の智慧ちえには及びません―」
 女中もうつむいて暗い顔をした。
 境は、この場合誰でもそうするだろう、身を乗り出しながら、
「何か、この辺で変わったことでも。」
「…別にその、これと言うほどのことはございません。しかし、流れに瀬がございますように、山にも深いふちがございますので、気をつけなければなりません。―ただいまさしあげましたつぐみは、これは、ちょうど一日二日続けて、珍しく上の峠の入り口で猟があったのでございます。」
「さあ、その鶫のことですが。」
 境はあらためて猪口ちょくを受けながら、
「料理番さん。きみのお料理でぜんにつけて下すったのが、見てもうまそうな上、かんばしく、あぶらの垂れそうな鶫だったので、ふと、今の芸妓げいしゃの口の血の一件を思い出してね。もっとも私は坊さんでも、肉をっているわけでも、何でもありませんから、それを食っても構わないんだけれど、見たまえ。―窓の外は雨と、もみじを模様にして、霧が山をっている。峰の中には、雪をいただきに乗せて、雲をつらぬいてそびえたのも見えるじゃありませんか。―だから、どんな拍子ひょうしかで、僕がひょいと立ちでもした時、口の血に染まった首が窓から上へ出ると…野郎でこのつらだから、その芸妓のような、すごく美しい、山の神の化身けしんのようには見えないだろうがね、それでも落ち残ったかきだと思って、窓の外からからすつかれないとも限らない、…ふとそんな変な気がしたものだから。」
「お米さん―電燈でんきくのが、なぜか遅いでないか。」
 料理番が沈んだ声で言った。
 時雨しぐれは晴れつつ、木曾の山々に夕暮れが迫った。奈良井川ならいがわの瀬の音が響く。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格162円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について