twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格162円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ホラー・オカルト 作者 白水銀雪
価格 162円(税込)
タグ 泉鏡花いずみきょうか眉かくしの霊まゆかくしのれい現代語訳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

17 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
32ページ (PDF)
試し読み:2ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
泉鏡花の名作怪談「眉かくしの霊」の現代語訳。


【あらすじ】

境賛吉は、旅の途中、奈良井の駅で急に泊まりたくなった。

旅のあわれを味わってやろうと、硝子張りの明るい旅館をわざと避け、古びた一軒の旅籠屋に宿をとった彼は、翌日、洗面所の蛇口からいたずらに流れる三筋の水の音が、妙に気になった。

さらに夕暮れ時、風呂を使おうと湯殿へ行くと、二つ巴の紋の提灯の暗い明かりのもと、白粉の香りと女の気配を感じ、さらに声まで聞いたのである。

座敷に戻り、外の池を眺めていた境は、やがて自分の部屋の中、姿見に向かった女のうしろ姿を見る。

振り返ったその女は、気持ちの籠もった優しい眉の両方を、懐紙でひたと隠して、「…似合いますか。」

晩方、酒を酌み交わしながらの料理番の話から、女が何者であるかが明らかになるのである。

この本には試し読みが 2 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山関応援イラスト・大阪場所・名古屋場所イラスト付きダイジェスト...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

もっとみる