目次
自分探し
いつもの角を曲がれば
残った物は
猫に鈴をつける方法
クリスマスプレゼント
奪命
ラベル
君の好きなもの
気になる展開
耳かき
近づく手
仕事と私
俺の部屋
執着
ショウガツ
電車で彼と
猫の気持ち
猫の気持ち、その後
双子
オセロゲーム
夢の中で
ウサギと亀
星と花火
君の微笑み
アンパン
冷蔵庫の中には
運命の人
ボタン
赤頭巾
隣の席
時を早送りして
Thank you
一番星、みつけた
父の退職
シミュレーション
どっち?
誰のための
貴方の話
ため息
妖精の羽
湖の女神
電話
味覚
愛を感じるとき
実を結ぶには
告白
私の…
そこにあるのに見えないもの
どんな夢
生き方
大きな手
あやつりの
おすそ分け
女らしさ、男らしさ、人間らしさ
煮干し
匂いを辿って
強く
窓際の彼
彼と本屋で待ち合わせ
いってらっしゃい
角度
強くなるために
優しい貴方
仕切り
本当に頑張ったのは
約束
母子
秘伝のスープ
続きは明日
様々な経験
父の想い
春の目覚め
理由
どこに行きたい?
生まれ変わる前には
小さな世界
双子だもの
どんな人なら
まだ。ずっと。
笑顔の先には
同じことを同じように
ハイタッチ
幸せな人生
笑顔で
節電
いつでも。いつか。
不思議なカメラ
不思議なカメラ 2
何も言えずに
雨宿り
身にまとうもの
人の心は
エイプリルフール
四月一日
間違い電話
花びらと君
桜の木
季節によって
タイムポスト 1
タイムポスト 2
気付いてくれる?
選挙?
伝えにくい言葉
成長すると
秘密の…
彼の。私の。
君が望んだ嘘
まるで…
彼女
もっとたくさん
幸せと不幸
消えていく…
どっちが
手放したくなくて
願いを三つ
契約
笑って
夜中の散歩
笑い声
介護ロボット
暗闇の中
落し物
私の家
君の手料理
私の好きな世界
全部いっしょに
恋文
家宝
リセット
バイバイ
バスター
意味
喫煙所
この場所で
我が家のルール

閉じる


<<最初から読む

71 / 140ページ

秘伝のスープ

村には祭の日に巫女が作り、皆を幸せにする伝統のスープがある。
そのレシピを私が継ぐ事になった。
先代は木ベラを手に「これで混ぜるだけ」と。
マタタビ製の木ベラ?猫族の私は匂いでおかしくなりそうだ。
「巫女が一番苦労するのはこれの誘惑に負けずにスープを作ることにゃ」

続きは明日

入院中の楽しみはあの子と色んな話を作る事。
数多のチューブに繋がれたあの子も物語を紡ぐ時は楽しそうだった。
病室は私達次第で海底や宇宙になった。
どの話にも終わりはない。いつも「続きは明日」で手を振った。
昨日の続きが今日、今日の続きは明日といつまでも続くと思ってた。

様々な経験

「今までにいろんな経験をしてきたわ。初恋もしたし、失恋もした。飲酒も喫煙も受験も浪人も就職も結婚、出産、育児も経験した」
妻は私に詰め寄った。
「不倫と離婚の経験はまだなんだけど」
探偵社の名前が書かれた報告書が目の前に置かれた。
「それはあなたが協力してくれたようね」

父の想い

母とはよく話した。でも内容はほぼ父への不満だった。
プライドが高く人の気持ちがわからない母。
入院中も見舞いに来る父に文句ばかり言っていた。
自分が大切にされている事がわかっていないようだった。
今、煙になって昇っていく母は、号泣する父を見て満足しているのだろうか。

春の目覚め

春はいつもすっきり起きる事ができない。
冬が起こしても二度寝三度寝は当たり前。
その度に世界は暖かくなったり寒くなったり。
「いい加減にして」
冬の声に春は寝ぼけて言う。
「桜が咲いたら起きるから」
「あなたが起きなきゃ咲くわけないでしょ」
冬がキレ、季節はずれの雪が降る。

読者登録

雪月さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について